スポンサーリンク
スポンサーリンク

メラニーと宇多丸『なぜオスカーはおもしろいのか?受賞予想で100倍楽しむ「アカデミー賞」』を語る

メラニーと宇多丸『なぜオスカーはおもしろいのか?受賞予想で100倍楽しむ「アカデミー賞」』を語る アフター6ジャンクション
スポンサーリンク

メラニーさんが2020年1月15日放送のTBSラジオ『アフター6ジャンクション』に出演。宇多丸さんと自身の著書『なぜオスカーはおもしろいのか?受賞予想で100倍楽しむ「アカデミー賞」』について話していました。

(日比麻音子)ここからはカルチャー界の重要人物を迎えるカルチャートークのコーナー。今夜のゲストはメラニーさんです。改めましてよろしくお願いします。

(メラニー)よろしくお願いします。

(宇多丸)はい。改めましてメラニーさんのご紹介、日比さんからお願いします。

(日比麻音子)はい、ご紹介します。TBSラジオ『ジェーン・スー 生活は踊る』のパーソナリティ、ジェーン・スーさんの高校時代からのご友人でいらっしゃいます。今年でキャリア20年目を迎えた生粋のアカデミー賞予想マニア。毎年アカデミー賞発表の日は有給を取って会社を欠勤。そして家でアカデミー賞の中継を見続けていらっしゃいます(笑)。

(宇多丸)楽しいんだよね。キャッキャキャッキャと。最高ですよ。うん(笑)。

(日比麻音子)そして『ウィークエンド・シャッフル』時代の第89回から毎年予想を披露していただいています。前回の第91回では合わせて24部門ある中で15部門を的中されていました。

(宇多丸)どんどんと的中率が上がっているというね。

(メラニー)いや、去年はでもそんなに……。

(宇多丸)なんか「難しくなっている」なんてことはおっしゃっていましたね。ということで、今年もよろしくお願いいたします。今夜は一昨日、第92回のアカデミー賞のノミネートが発表されたということで、ノミネート分析をしていただくんですが。その前に、メラニーさんね、ずっと有給を取ってアカデミー賞を見てるとかは全部、趣味の領域だったのについに! ついに、もうね。

(メラニー)まさかね、こんなことになるとは……(笑)。

(宇多丸)大事なお知らせ。本を書かれたということで。これはもちろん、アカデミー賞の予想に関する本ということでしょうか?

初の著書刊行

(メラニー)そうですね。予想だけでもないんですけど、一応あのタイトルは『なぜオスカーはおもしろいのか? 受賞予想で100倍楽しむ「アカデミー賞」』ということで。星海社さんからから税別960円で1月24日に発売になる予定なんですけども。

(宇多丸)おめでとうございます! いや、すごいですねー! 本当にね。まあでもメラニーさん、お話ももちろん本当に面白い。映画好きだったらめちゃめちゃ、なんならその映画本編を見てなくても予想そのものも面白い。アカデミー賞は面白いという話でもありますし。いずれやっぱりね、もうこんな話は遠からず来るだろうなというのは思ってましたけども。

(メラニー)そうですか? 私は全然想像もしてなかったので、本当にびっくりでしたが。

(宇多丸)なかなかお仕事しながらでね、大変だたっとは思いますが。

(メラニー)そうですね。でも文章を書いたりするのは結構好きなので、楽しかったです。

(宇多丸)ちょっといち早くゲラ段階で私、拝読させていただきまして。

(メラニー)ああ、ありがとうございます。そうなんですね? ありがとうございます。

(宇多丸)そのおなじみの予想メソッドももちろんそうなんですけど、やっぱりメラニーさん、その映画業界に非常に詳しいから。たとえばその配信系の作品をどう扱うか、みたいな。近年の映画賞でも非常に話題じゃないですか。そんな中でやっぱりね、Netflixの映画の出し方とか、その一方でアマゾンはこうだ、みたいな。そこの目の付けどころとかがすごく本当に……「映画を見ないで予想」とか言ってたけど、本当に映画を真剣に。特に作り手全体のことをリスペクトとしながら映画という産業に関わっていらっしゃるメラニーさんならではの視点で。結構で目からウロコで。「ああ、そうか。あんまりそんなことを考えてなかったけども……」みたいなのがすごくあって。

(メラニー)ありがとうございます。すごいうれしいです。宇多丸さんにそんなこと言っていただいて。

(宇多丸)いやいやいや、そういう部分も面白かったし。本当にめちゃめちゃ読みやすく、そしてためになり。そしてやっぱり今年以降のアカデミー賞も楽しみになるという、素晴らしい……映画本のまた新しい角度だなって思いました。

(メラニー)すごいうれしい! ありがとうございます!

(宇多丸)これだけ映画本が山ほど出ていて、やっぱりこの角度はなかったんだからさ。

新しい角度の映画本

(メラニー)そうですかね? そのへんもなんか私、全然よく分からない中で……「こんなんでいいのかな?」と思いつつ書いたところもあったんで。

(宇多丸)いや、実際のところだってもう映画、詳しいんだからさ。全然もう自信を持ってっていう感じですよね。ああ、ご自身からどんな内容なのかを改めて。すいません。俺がベラベラと喋っちゃって。

(メラニー)いえいえ。でも本当に私が今までアカデミー賞予想っていうのを長年やってきた、そのやり方というか。予想する方法みたいなものがひとつと、それから「アカデミー賞は楽しい」っていうことが私としては一番伝えたいことだったんで。自分が思うところのアカデミー賞ってこんな風に楽しいっていうことをメインに書いた感じですかね。はい。

(宇多丸)それこそ、その単純な作品評価順……「順」って言ったってね、別に作品にその絶対的な順番があるわけじゃない氏。だからアカデミー賞ってそういうのも含めたパワーゲームと、そのアメリカエンターテイメントのショーとしての面白さもあるし。そこですよね。

(メラニー)うんうん。そうですね。その社会情勢とかを結構反映して結果が決まったりとかっていうこともあるので。

(宇多丸)近年は特にね。

(メラニー)そうなんですよね。そのへんの流れとかを見ながらの予想の仕方みたいな。まあ少なくとも私はこう予想しているっていうようなことを書かせていただいてる感じですかね。

(宇多丸)まあとにかくこの番組を聞いているような方だったら本当にもう最高の1冊だと思います。960円、安い!

(メラニー)ありがとうございます(笑)。

(宇多丸)メラニーさんの著書『なぜオスカーはおもしろいのか? 受賞予想で100倍楽しむ「アカデミー賞」』という本です。星海社から税別960円で1月24四日に発売されます。なんかトークショーとかももうチケットが完売しているとか。ヤバいですねー。

(メラニー)そうですね。一応、今週の週末に1回あるのは完売してるんですけど、また2月13日にもう1回、イベントをやる予定にしていまして。で、そのチケットは今週の土曜日に発売になるので、またそちらの方も。

(宇多丸)それはぜひ、じゃあ先に今。せっかく言っちゃったから情報を……。

(メラニー)でもそれ以外の情報がないんです(笑)。

(宇多丸)ああ、場所とかは?

(メラニー)場所とか……ごめんなさい、ここになくて(笑)。

(宇多丸)ああ、そうですか。OK。じゃあ、追って。そんな感じでここから先はぜひ第92回アカデミー賞のノミネートについてお話をうかがっていこうと思います。

(メラニー)はい。

メラニーと宇多丸 2020年・第92回アカデミー賞候補を語る
メラニーさんが2020年1月15日放送のTBSラジオ『アフター6ジャンクション』に出演。宇多丸さんと発表されたばかりの第92回アカデミー賞のノミネーションの顔ぶれについて話していました。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました