スポンサーリンク

佐久間宣行『ウレロ☆未開拓少女』収録の裏の密かな戦いを語る

佐久間宣行 フリーにならない理由を語る 佐久間宣行のオールナイトニッポン0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

佐久間宣行さんがニッポン放送『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』の中で『ウレロ☆未開拓少女』の収録の裏で行われた番組女性APとの密かな戦いについて話していました。

(佐久間宣行)それと先週から今週にかけて1個あったのが、ウレロの収録って結構長いんですよ。長いんで1個の収録があって休憩時間が20分とか30分とかあって。カット割りとか直しをしてもう1回、リハを40分とかやって。それで昼休憩が1時間とか。朝から何回もリハをやるけど、休憩も結構あって。みんなで無駄話をする時があるんだけども。そん時に、もう10年ぐらいずーっと一緒にやっている制作会社でシオプロという会社のAPさん、女の子がいるんだけども。ゴッドタンが好きで入ってきてくれて、「辛い頃、ゴッドタンに励まされたんです!」って入ってきてくれたの。10年ぐらい前から。

その時はもうすごくおとなしいはおとなしいけどもお笑い好きで。なんかコロコロとよく笑う女の子だったんだけども、まあもう10年も一緒にやっていて。で、もともとリアクションが小さかったんだけども、それがどんどん小さくなってきていて。で、俺とかオークラさんの雑談とかでは――10年お笑いを見ているから――全然笑わないのね(笑)。で、そもそも声もすごいちっちゃくて。ゴッドタンの会議で俺とオークラさんが並んでいて、いちばん奥の方にそのAPがいるんだけども。

「おい、◯◯さん。ちょっとブッキング、どうなってるの?」って言ったら(小声で)「ああ、それは……まだそれ、終わってませんけども……」って。あのね、古いたとえで言うと中森明菜の記者会見みたいなんだよ(笑)。もしくは、平田オリザの芝居ね。これ、演劇ファンしか知らないけども(笑)。フハハハハハハハッ! いや、会議の時は全く聞こえないのね。で、最近はシオプロも番組をたくさん抱えていて彼女も忙しいから、めちゃくちゃ最近はもう無の表情になっていて。で、今日、そのウレロの時に話していて、みんなで盛り上がっている時にもその子だけ笑っていなくて。

スポンサーリンク

笑わないAPを笑わせたい

オークラさんと「今日はこれ、あれだな。APを笑わせなきゃダメだな。1日、休憩時間の合間ごとに勝負していこう」ってなって(笑)。ウレロの収録はちゃんとやる。リハもやるけども、合間にはそのAPを笑わせるっていうことをやろうかなと思って。で、俺も「じゃあ笑わせるんだったらエピソードトーク、用意しねえとか……」って思って。で、いろいろと思い出しながらやっていたの。で、まず昼にウレロのリハーサルがあって、最初の休憩時間が来ました。その時になんの話をしようかなって思ったら、よく考えたらあちこちオードリーの収録があって。

あちこちオードリーってトーク番組なんだけども、1本目が三四郎とアルピーと宮下草薙で。まあラジオスペシャルみたいになって。ディレクターの石井くんも見に来てくれて、それも盛り上がったんだけども。2本目がスピードワゴン小沢くんと劇団ひとりがゲストだったの。で、スピードワゴンの小沢くんに挨拶に行こうと思って楽屋に行って。「コンコン……」ってノックしてガチャッと開けたら小沢くんが「うわーっ!」って大声で言うの。「え、なんすか?」「惜しい、佐久間さん! 惜しいよお!」って言うから。

「えっ、なんかあったのかな? 俺、収録でなんかミスったのかな?」って思ったら「佐久間さん、いまね、オザケンの新譜を聞いていたのに。ちょうど終わったところで佐久間さんが入ってきた! 一緒に聞きたかったー!」って(笑)。フハハハハハハハッ! 小沢さんらしいでしょう? で、俺はこのエピソードをポロッと話したの。そしたら周りのスタッフは「小沢さんらしいな! ゲラゲラッ!」って笑って。で、パッとそのAPを見たら、無表情(笑)。こんなもんじゃあ全然笑わない。でも、まあまあ面白いじゃん? まあまあ……めちゃくちゃ面白いトークじゃないけど、まあまあ面白いじゃん。でも、クスリともしないのよ。

で、「うわっ、これは結構大変だな……」って思って。その後、ウレロのリハーサルがもう1個終わった後で……リハーサルをやりながらも。もちろん演出して直しているんだけども、どこかでエピソードトークを探している自分がいるのよ。「この後、あいつを笑わせたい」って思って。で、その時にハッと思い出したの。「ああ、あった!」って思って。で、戻って控室でそのAPがスイーツみたいなのを食べていたから。もう本当に今度は振りかぶらないでサラッと話そうと思って。「この間さ……うちの会社の社長とかと飲みに行ったのよ」って。

これ、すげえ珍しいんだけども。前、ここのフリートークで1回、話したけども。自分の役員室に冷蔵庫を入れるかどうか悩んでいるっていう取締役がいたじゃん? で、その取締役と社長と飲みに行くことになったの。偶然、少人数で。で、結構そこでいろんな話をしていたんだけども、その取締役がベロンベロンに酔っ払って。「佐久間、今日は楽しいぞ! 社長もいて、佐久間もいて……」って。酔っ払っていて。で、「お会計です」って来たのよ。そしたら社長が「おうおう、俺が払うよ」っつったら、その取締役が「当たり前だよ!」っつって(笑)。

「いやいやいやいや! いくら酔っているとはいっても……」「いちばん偉いんだから。当たり前だよ!」っつって(笑)。そんな感じで結構なテンションで突っ込んでいて。で、社長をパッと見て。「怒っているのかな?」って思ったら爆笑をしていたからよかったんだけども。まあまあ、テレ東はおもしれえなと思いながら。それが前日のエピソード。で、それを話したらスタッフにも結構ウケたんだよ。ウケた、ウケた、ウケた……オークラさんも笑っている。それでパッと見たらそのAPは羊羹を食ってるんだよね(笑)。

「ええっ、俺の話し方が悪いのかな?」って。フハハハハハハハッ! 「あれ? いまのはまあそこそこ面白いだろう?」って思ったんだけど、話しても全然ダメだから。これはもう、ちょっとツボが違う。お笑いのトークじゃないのかな?って思って。それで最近、うちの奥さんが爆笑をしていて。それで会議で話したら女性たちが爆笑した話っていうのがあったから、その話を……男はあんまり面白いとは思わないのかもしれないんだけど。

スポンサーリンク

女性には鉄板のエピソードトーク

それが先々週の金曜日ぐらいに朝、起きたらお腹と背中がめちゃくちゃ痛かったの。めちゃくちゃ痛くて。立っていたら「うわっ、痛い。これ、もしかしたらぎっくり腰の始まりかな?」っていうぐらいの感じで。でも、お腹の方も痛いなって思って。それで原因不明だったの。前日にちょっとイスを並べて休み時間の間、一瞬寝たりしちゃったから。それが原因かなとか思いながらも、痛くて。「うわっ、今日は会議が詰まっているのに。ダメかな?」って思って。

で、常備薬とか探したんだけども、家には何もなくて。「これは病院に行かなきゃな」って思ったんだけども。奥さんに「ちょっと痛いのよ、お腹が……」って言ったら「ええっ? じゃあ、これ飲みなよ」ってなんか奥さんの生理痛の薬をバッと渡されて。「生理痛の薬でしょう? こんなの、効かないよ……」って思ってゴクッと飲んだの。そしたら2、3分で痛みがスーッとなくなったのね。それで気づいたのよ。「えっ、生理痛ってこんなに辛いの?」って(笑)。

この話ね、まあ俺は軽い話のつもりで話したんだけど、会議で話すと女性陣が爆笑すんのよ。「お前、いまさら知ったのかよ!」みたいな感じで(笑)。「お前、生理ってめちゃくちゃ痛いんだよ!」みたいな感じで女性陣がめちゃくちゃ爆笑しているからサラッとその話をしてみたの。そしたらやっぱり女性のADたちが……うちのチーフADって女の子たちだから。もうみんな大爆笑しているのよ。「めちゃくちゃ面白いっすよ!」みたいな感じで笑っていて。「やっぱりこれ、女性は笑うのかな?」って思ってパッとそのAPを見たら、携帯を見ていた。「ああ、そうっすか……」みたいな。「もうこれ、終わりだな。俺、こいつとはやっていけないかもしれない」って思って。フハハハハハハハッ! そうなんだよ(笑)。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました