スポンサーリンク

三角絞め ジャン=クロード・ヴァン・ダムのボルボトラック股割りCMを語る

三角絞め ジャン=クロード・ヴァン・ダムのボルボトラック股割りCMを語る アフター6ジャンクション
スポンサーリンク
スポンサーリンク

三角絞めさんがTBSラジオ『アフター6ジャンクション』に出演。初心者向けおすすめジャン=クロード・ヴァン・ダム作品を紹介する中で、伝説のヴァン・ダム・ボルボトラック股割りCMについてプレゼンしていました。

(宇多丸)さあ、ということで今日は映画の紹介に行く前に前菜があると……?

(三角絞め)ああ、そうですね。まず前菜として……。

(宇多丸)あ、フィギュアも持ってきていただいて。これは『ユニバーサル・ソルジャー』かな?

(三角絞め)まずネットで「ボルボ ヴァン・ダム」って……これ、カタカナでもいいですけども。検索をしていただくと「The Epic Split feat. Van Damme」っていうボルボのトラックのCMが引っかかります。これ、グーグルで大丈夫です。で、そのCMを見てほしいんです。これ、ノースタントでヴァン・ダムが2台のトラックの間で股割りをするという。

(宇多丸)得意の。足を開いて。

スポンサーリンク

Volvo Trucks『The Epic Split feat. Van Damme』

(三角絞め)これをまず見て……これ、ノースタントでやっているわけですから、まず尊敬の念を高めてほしい。

(宇多丸)なるほど。「見て」ってラジオのリスナーの方は?

(三角絞め)リスナーの方は手持ちの機械とかパソコンとかで「ボルボ ヴァン・ダム」です。そのヴァン・ダムは「バンダム」でも引っかかります。

(宇多丸)あ、ちなみにいま我々、その映像を拝見しております。要するにさ、説明をすると腕を組んだヴァン・ダムのバストショットから始まって、グーッとカメラが引いていくと、めちゃめちゃ安定しているからまさかと思ったらトラックの……これ、普通なら死にますよ?

(熊崎風斗)股が裂けそう! 180度の開脚で……えっ、すごい! これは!

(三角絞め)これ、本当にノースタントでやっているんですよ。

(宇多丸)これ、めっちゃ危なくない?

(三角絞め)そうです。でもこれを「じゃあ、やるよ!」っていうヴァン・ダムの心意気。そしてこの映像が見せる奇跡。

(宇多丸)たしかに。

(熊崎風斗)これ、トラックの運転手さん、運転大変ですよ。ちょっとでも離れちゃったら……。

(三角絞め)まあ、そうですけど……トラックの運ちゃんもすごいんだけども。そこじゃなくて、そのヴァン・ダムの「ヴァン勇(蛮勇)」を……ヴァン・ダムの勇気!

(宇多丸)ああ、フフフ(笑)。ヴァン・ダムの勇気こと「ヴァン勇」。なるほど、上手い! ちなみに後ろでいま、エンヤが流れていますけども。

(三角絞め)この曲がCMで流れているんですね。ちなみにこれ、アメリカの映画批評サイト・ロッテントマトで100点を獲得して多くの人が絶賛をした映画『パディントン2』でパロディーにされています!

(宇多丸)ああ、この。そうかそうか。

スポンサーリンク

『パディントン2』のパロディー

(三角絞め)あの『パディントン2』で! いま、『ゲーム・オブ・スローンズ』がいま、見た人の常識になるっていうことを宇多丸さんがよく言っていますけども、それと一緒です。

(宇多丸)だからいま、ヴァン・ダムは常識になっている。

(三角絞め)これを通過しないで、もうなにも語れないですよ。

(宇多丸)なるほど。た、たしかにね……(笑)。

(三角絞め)だからみなさん、「ヴァン・ダム ボルボ」で検索してください!

(熊崎風斗)でもたしかにいま、「尊敬する」っていうところでは1分とかの動画で「すっげー!」ってなりました。

(宇多丸)いや、すごかった。あと、見せ方が上手いよね。最初はただ腕を組んでいるだけかなと思いきや……グーッと回って。ドローンなのかなんなのか、わかりませんけども。

(三角絞め)すごいいい分析! さすが! その通りなんですよ! 俺、そういう分析、できないもん! いい語り!

(宇多丸)絶句しちゃいましたよ……(笑)。

(三角絞め)僕も絶句しました(笑)。

(熊崎風斗)あの宇多丸さんが固まりましたよ、いま。なかなかない(笑)。

(三角絞め)最高だなと思って。よかった!

(宇多丸)なにが正解かわからないんですよ(笑)。三角絞めさん、いつもそうなんだけども。どう返すのが正解か、よくわかんないっていう(笑)。

(三角絞め)いや、常に正解ですよ。ありがとうございます。本当に。

(熊崎風斗)ちょっと腹筋が痛いんですけども……(笑)。

(宇多丸)はい。そんな感じで今夜はJCVDことジャン=クロード・ヴァン・ダムの初心者でも楽しめる作品をSKJMこと三角絞めさんに紹介していただくという特集です。

(中略)

(三角絞め)5本目は『エクスペンダブルズ2』です。

(宇多丸)おおー。いいですね。やっぱりね。『エクスペンダブルズ』は言わずと知れた……。

(三角絞め)はい。その2で、2012年の映画ですね。これ、1から見ても2から見てもいいみたいなところで。で、傭兵軍団が悪党を倒すみたいなストレートなアクション映画です。で、この映画ではヴァン・ダムは悪役なんです。でも『HiGH&LOW』みたいに全員が主役みたいな映画なんで。で、ヴァン・ダムの悪役名が「ジャン・ヴィラン」っていう。もう「ヴィラン」っていう名前なのが「なんだ、これ?」っていう感じなんですけども(笑)。

(宇多丸)そんな名前、ある? ジャン・ヴィラン……そんな名前だっけ? ひでえな。投げやりもいいところだろ!

(三角絞め)でも、そんなあれだけど、出番は少ないけども存在感は本当に抜群なんですよ。

(宇多丸)ジャン・ヴィラン……本当だ。

(三角絞め)かっこよさを堪能してほしい。ほら、これです。

(宇多丸)ああ、『エクスペンダブルズ2』。でもすごい冷酷な悪役。クライマックスもちゃんとタイマン対決もあるし。

(三角絞め)そうなんですよ。これ、僕も公開初日に5回見ました。本当に。100点つけました。すごいよかったです。

(宇多丸)ヴァン・ダムファンとして。初日に5回。

(三角絞め)初日に5回です!

(宇多丸)たしかにさ、回数無理じゃね?っていうさ……。

(三角絞め)いやいや、もう朝から。

(宇多丸)このヴァン・ダムの見どころとしては?

(三角絞め)とにかくグッドシェイプでちゃんと求められた動きを……本当に自分の長所の回し蹴りとか開脚キックとか、そういう長所をバシッと決めている。

(宇多丸)僕の記憶にあるところだと、中盤でさ、冷酷に殺すところで。クルッと回転した飛び蹴りでナイフを胸にボーン!って叩き込むっていうのがあって。これがすごいよかった。

(三角絞め)そうなんですよ! 本当にあのシーンだけで生きていける。本当にかっこいいの。

スポンサーリンク

『エクスペンダブルズ2』ナイフをキックで叩き込むシーン

(宇多丸)あれはね、たしかにヴァン・ダムのアクションもそうだし、こういう役もできることも含めてすごい魅力が炸裂なシーン。俺も覚えているぐらいだから。

(三角絞め)そうなんですよ。宇多丸さん、タマフル時代のシネマ大掃除2012の中で「ヴァン・ダム、よかったです。今回のヴァン・ダムの悪役は素晴らしかった。『エクスペンダブルズ2』でなにがよかったかと聞かれたら、僕は『ヴァン・ダムがよかった』と最初に言っています。僕は大満足」と絶賛をしています。本当に。これ、本当にありがたいです。

(宇多丸)サイモン・ウェスト、間違いないです。

(三角絞め)ただ、この映画で本当に注意してほしいのは、途中でチャック・ノリスが出るんですよ。

(宇多丸)ああー!

(三角絞め)これがね、面白いんですよ……(笑)。

(宇多丸)持っていくんだよね(笑)。

(三角絞め)恐ろしいほど面白いんですよ。もう本当にショックで!

(宇多丸)あの……フハハハハハハハハッ! あのさ、それまでの強さの……物語の世界観、あるじゃん? こいつはこのぐらいの強さとか、こうすると死ぬとか、こうすると勝つとか。そういうルールを全部ひっくり返すんですよね。

(三角絞め)そうなんですよ。僕、『エクスペンダブルズ2』の公開後に『エクスペンダブルズ2』のサーチとかするわけじゃないですか。そうするとね、みんなチャック・ノリスの話ばっかりなんですよ。ヴァン・ダムの話をしている人もいるんですけど、みんな「チャック・ノリスが……チャック・ノリスが……」ですよ。

(宇多丸)しかもチャック・ノリス、本当にあの一場面しか出ないですもんね。

(三角絞め)そうなんですよ。本当にチャック・ノリスには忸怩たる思いが……。

(宇多丸)フハハハハハハハッ!

(三角絞め)いや、チャック・ノリスは悪くないんですよ。でも、あれですよ。チャック・ノリス、別にいいですよ。僕もチャック・ノリス、嫌いじゃないですし。『エクスペンダブルズ2』で話題になってもいいや。ヴァン・ダムもかっこよかったし。でも、その翌年にこのヴァン・ダムのボルボのCMをやった時、もうTwitterはヴァン・ダムの話題で騒然ですよ。もうヴァン・ダムサーチをしても心が踊るわけですよ!

(宇多丸)エゴサーチならぬ、ヴァン・ダムサーチ(笑)。

(三角絞め)みんなね、「ヴァン・ダムすごい! すごい!」って。そしたら、「あっ、チャック・ノリスだ!」みたいなことを言い出すやつがいて。「なんだ?」って思ったら、そのCGで作ったチャック・ノリスの開脚動画みたいなのが出てきて。飛行機の上で開脚。しかも頭の上で誰かが組体操をやっているみたいな動画が出てきたんですよ。これね、まあ別にチャック・ノリスは悪くないんですけども。でも、このCGを作ったやつ。ちょっと来いよ、お前!っていう。

スポンサーリンク

チャック・ノリスのCGパロディー動画

(宇多丸)フフフ(笑)。

(三角絞め)ヴァン・ダムは体を張ってやって。それをチャック・ノリスで「パロディーでござい、すごいだろ?」なんて……それはヴァン・ダムに対して本当に失礼だぞ!っていう。

(宇多丸)チャック・ノリスはそういうね、チャック・ノリス最強みたいなギャグネタとして定番なんですよね。

(三角絞め)そう。でもヴァン・ダム、ちゃんと体を張っているじゃんっていう。それをなんかその小手先のCG技術でつまらねえ動画を作りやがって!って。その人、海外の人なんですけども、他の動画とか4000回ぐらいの再生回数なんですけど、それだけ飛躍的に高くて。

(宇多丸)チャック・ノリスの力を借りて。なんなら、ヴァン・ダムの力を借りているわけだからね。

(三角絞め)もう本当に許せないと思った。あの野郎!

(宇多丸)まあでも気持ちはわからなくもないな。だってようやくさ、完全ポジティブにジャン=クロード・ヴァン・ダムが捉えられたこのタイミングで……なのに、それすら茶化すか、お前は!っていう。

(三角絞め)本当にそうなんですよ! なんでこんなに代弁をしてくれたのか……もうありがとうございます。本当に。でもね、その後に株を上げたのがチャニング・テイタムなんですよ。

(宇多丸)ほうほう。チャニング・テイタム?

(三角絞め)『22ジャンプストリート』かな? その宣伝を兼ねて。撮影中で。やっぱりヴァン・ダムと同じように動く椅子みたいなところで真似をするわけですよ。エンヤを流して。

(宇多丸)ヴァン・ダムの真似を。

(三角絞め)そしたら「ああーっ!」って。失敗をするという動画なんですよ。でも、僕たちは『マジック・マイク』とか見たら、チャニング・テイタムがこのぐらいのことできないなんて思わないじゃないですか。

(宇多丸)ひょっとしたら、できるのに?

(三角絞め)できるけど……ヴァン・ダムを立てているわけですよ!

スポンサーリンク

チャニング・テイタムのパロディー動画

(宇多丸)ヴァン・ダムじゃなきゃダメだと。

(三角絞め)そう!

(宇多丸)開脚、股割りはヴァン・ダムじゃなきゃできないよ!っていう。

(三角絞め)そう! その心意気……チャニング・テイタムはできているのう!っていうね。

(宇多丸)フフフ、やっぱりCG製作者と比べると?

(三角絞め)そう。あのCGを作ったバカ!

(宇多丸)フハハハハハハハッ!

(三角絞め)いや、バカじゃないですね。その子だってチャック・ノリスによかろうと思って作ったんですよ。俺の心が悪かった。

(宇多丸)そうだよ。ひょっとしたらそのチャック・ノリスファンで。「チャック・ノリスにも華を持たせてくれよ」かもしれないですよ。

(三角絞め)そうですよね。だっていま、チャック・ノリスは体も張れないし。「でも俺がせめてCGで作ってあげよう」って……俺、いますげえひどいことを言いましたね。

(宇多丸)フハハハハハハハッ!

(熊崎風斗)ここで反省をされるっていう(笑)。

(宇多丸)それぞれにそれぞれの思いがあるっていうね。

(三角絞め)だから「カニと修造」ですね。

(宇多丸)フフフ、でも『エクスペンダブルズ2』は短いながらも見どころがあるという。

(三角絞め)そう! 本当にだからみなさん、『エクスペンダブルズ2』は見てほしい。映画として本当に「なんでこの銃撃戦がこうなるんだろう?」っていうのはあるんですけども。とにかく面白いっちゃ面白いんですよ。

(宇多丸)まあ『エクスペンダブルズ』シリーズは一定の面白さがありますからね。

(三角絞め)これ、結構いろんなところで配信されているので。レンタル屋にもあるだろうし、ぜひ見ていただきたいですね。

(宇多丸)ぜひ『エクスペンダブルズ2』。2012年の作品でした。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました