スポンサーリンク

宇多丸 桐生ちあり『東京』を語る

宇多丸 桐生ちあり『東京』を語る アフター6ジャンクション
スポンサーリンク

宇多丸さんが2020年12月1日放送のTBSラジオ『アフター6ジャンクション』の中で桐生ちありさんの『東京』を紹介していました。

(宇多丸)続いては、これはご自身から自薦というか。割といろんな方からおすすめでCDをいただいたりするんですけども。これは『南波一海のアイドル三十六房』というイベントで南波一海さんとかタワーレコード嶺脇さんとか。いずれ劣らぬアイドルシーンの目利きたちが「あなたはぜひこれをBUBKAの宇多丸さんの連載宛とアトロク宛で送った方がいい」って言われて。それでご自身が直接送っていただいた作品で。

桐生ちありさんという方。元々グループで活動されていたんだけど、ソロで活動されるようになって。で、桐生さんも限りなくセルフプロデュース感がある活動というかね。で、最近、『あお』というEPを出されたんですけど。その前のEP『白』というのに入っている、こちらを今日はお聞きください。桐生ちありさんで『東京』。

桐生ちあり『東京』

(宇多丸)はい。ということで桐生ちありさん。『東京』を聞いていただきました。素敵ですよね。これ、編曲はthat’s all folksという方がやっていたりしますけども。なんかメランコリックな、ゆったりしたジャズ・ファンク風味というか。まあ、でも曲はすごく切ないというか、こういうジャンルならではのすごく透明感ある歌声で。

(宇垣美里)うんうん。

(森田秀一)これも桐生ちありさんご自身で作詞をされていて。

(宇多丸)だからすごく今のシーンを象徴するようなね。

(森田秀一)いや、自主制作でここのレベルまで達しちゃうなんて、一昔前では考えられないですよね。

(宇多丸)すごいよね。まさにそれを象徴するような桐生ちありさんですね。この『東京』は8月に発売されたちょっと前の曲ですけどね。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アフター6ジャンクション
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました