スポンサーリンク

渡辺志保 Kanye West『Jesus Is King』を解説する

渡辺志保 Kanye West『Jesus Is King』を解説するINSIDE OUT
スポンサーリンク

渡辺志保さんとDJ YANATAKEさんがblock.fm『INSIDE OUT』の中でカニエ・ウェストの新作アルバム『Jesus Is King』を解説していました。

(渡辺志保)というわけで、さっそくカニエ・ウェストのアルバム『Jesus Is King』の話をここから始めたいと思います! (BGMを聞いて)わっ、神々しい! 神々しいよー! たまたまこのタイミングで『INSIDE OUT』、ゲストがない回にしてたんですよね。

(DJ YANATAKE)そう。本当はさ、最初の発売日の方にもうちょっと寄せていたんだよね。で、俺が志保に「どうすんの?」って言ったら「いや、ヤナさん。出ないっすね、これは!」って。「本当に?」「私、出ない気がする」って延ばしたらちょうどハマったんだよね。

(渡辺志保)そうそう。「予定日には産まれない気がする」みたいな(笑)。

(DJ YANATAKE)っていうか、さすがですね。その読みが(笑)。

(渡辺志保)私もさすがだと思いました(笑)。

(DJ YANATAKE)いちばん最初の情報の時、だってキム・カーダシアンのツイートもあったし。出ると思っていたから「えっ、やんなくていいの?」って思ったら「いや、ヤナさん。出ません」「マジで?」みたいな(笑)。

(渡辺志保)まあ、カニエのことだからね。私もだから最初のアナウンスからはもう「五分五分だな」と思ってて。「当たるも八卦、当たらぬも八卦。出たらラッキー」みたいな感じで構えてたんだけど。まあ「無事出なかった」というのも変ですが。まあ、そもそもね、9月27日に発売予定だったカニエ・ウェストのニューアルバム『Jesus Is King』が10月25日、日本時間でいうと10月26日深夜1時なんですけれども。アメリカですとね、10月25日のお昼時間。12時から1時にかけてリリースされたということで。で、何度も変更になって。「10月25日に出ます」っていう宣言からは……だから一応宣言通り、25日内には出てるというところでね。そこでギリギリ帳尻合わせたみたいな感じですよね。

(DJ YANATAKE)最初はでも、慎重だったよね。「いや、それもどうですかね?」って(笑)。

(渡辺志保)そうそう。ひとまず……だからこの『INSIDE OUT』でも前に言ったけど。まあすごいいろんなところでサンデーサービスをやり始めちゃったから。これはもう気が済むまでサンデーサービスをいろんなところで、20ヶ所とかでやってから、ポンと出すんじゃないかなって思っていたんですけども。

(DJ YANATAKE)ああ、言ってたね(笑)。

(渡辺志保)一応、IMAXシアターで現在すでにUSでは公開中の『Jesus Is King』と合わせて10月25日に出るというところでした。で、ちょっと最初にそのリリースに至る経緯をみなさんと振り返りたいと思うんですけれも。さっきもヤナタケさんがおっしゃってた通り、最初にキム・カーダシアンが8月末だったかな? Twitterで手書きのトラックリストをつぶやいて。そこで「9月27日にリリース。『Jesus Is King』」っていう。ちょっとこれ、タイトルっぽいねっていう感じのメモ書きみたいなものTwitterでアップしたんですよね。

(渡辺志保)ただ、そこから遡ること約1年。2018年。去年の9月にはカニエ・ウェスト自身が自分のTwitterで「新アルバムは『Yandhi』です」っていう。「ガンジー(Gandhi)」をもじって『Yandhi』という。で、かつジャケ写も一緒に発表したんですよ。MDの写真。覚えてらっしゃる方がいるかもしれませんけども。MDの写真がそのままジャケ写になりますということで『Yandhi』を2018年9月に出しますっていう風にアナウンスをした。

(渡辺志保)ただ、その後。2018年の11月にキッド・カディとのステージ、パフォーマンスをしてその後にカニエさん自身が「俺、まだアルバムの準備ができてないことに気づいた」っていうツイートと共に『Yandhi』はもう闇に葬られたということになります。

(DJ YANATAKE)1回、なんかリークしたみたいな話があったけども。それが本当かどうかもわからないし。あと、リングトーンとしてね。

(渡辺志保)そう。リングトーンっていわゆる着メロ、着うたなんですけども。そのリングトーンとして『Yandhi』がリークされたっていうのが今年……つい最近ですよね? あったんだけども。それもまあ、よくわかんないリークだったっていうところです。で、今年に入って、2019年1月からなんかもうすでにおなじみっていう感じになっていますけども。サンデーサービスというね、自分が主催するちょっとスピリチュアルなイベントを催しはじめ。4月にはそのサンデーサービスがなんとコーチェラフェスティバルで行われて。初めて公式にストリーミングもされることになりまして。

我々もそこですね、「なんだ、これは?」という感じでそのサンデーサービスを一緒に楽しむことができたという。ちなみにこの時のコーチェラのサンデーサービスって1曲、このアルバム『Jesus Is King』にも収録されてる曲をパフォーマンスしているんですよね。カニエ自身はこの今年の4月のコーチェラでまたちょっと気持ちがガラッとね刷新してアルバムを作り変えたみたいにも言っているんですけども。1曲、この『Water』という曲に関しては既にコーチェラで披露をしていた。で、私もこのアルバムで『Water』を聞いてて、たぶんその時の『INSIDE OUT』でも言っているんだけども。「これが新曲らしいんですよね」みたいな話をしていて。

(渡辺志保)それで今回アルバムの中で聞いて「ああ、たしかにこの曲、やってたわ!」みたいな感じでですね、ちょっと記憶がよみがえるところがありました。

(DJ YANATAKE)最初の時ってさ、チャンス・ザ・ラッパーも参加していなかったっけ? これに。

(渡辺志保)『Water』には参加してたのかな?

(DJ YANATAKE)たしかそうですよ。

(渡辺志保)『Water』の中に? そうそう。で、これも後から話すんですけど。たぶんね、いろんな人が参加してたけど、どんどんバッサバッサと切られて。それでこの完成形になったっていう感じらしいので。まずはちょっとここでね、すでにコーチェラで披露をされておりました『Water』をちょっとだけ聞いていただきたいと思います。

Kanye West『Water』

(渡辺志保)はい。いま聞いていただいたのは今年のコーチェラでカニエさんが披露してくれました『Water』という新曲。フロム『Jesus Is King』。お届けしました。

(DJ YANATAKE)すいません。このコーチェラでやった時に『Ultralight Beam』をやって。そこにチャンス・ザ・ラッパーは参加していたんですね。俺がチャンスの件は間違えました。訂正します。

(渡辺志保)で、だから1回、その『Yandhi』プロジェクトは全部終わっちゃって。今回のこの『Jesus Is King』に『Selah』っていう曲が入っているんですけども。そこで「Everybody wanted Yandhi Then Jesus Christ did the laundry」っていうラインが入っていまして。「みんな『Yandhi』を聞きたがっていたけど、神様が洗濯をしたので『Yandhi』はなくなりました」っていう。

(DJ YANATAKE)ああ、もう完全に宣言しているんですね。「なくなった」って。

(渡辺志保)そう。リリックの中に入っているんですよ。だから、「もう世俗の音楽は作らない」という風にまで、いまや言っているカニエ・ウェストなんで。こう、「神様にキレイキレイしてもらったから、もう『Yandhi』はないです」っていう風に言っていて。

(DJ YANATAKE)じゃあ、もう『Yandhi』は出ないわけだね。デトックスのようなアルバムになってしまいましたね。

(渡辺志保)そういう感じです。で、結局さっきもお話しした通り、10月25日。IMAXシアターでの劇場公開に合わせてこの『Jesus Is King』がリリースされる運びになったという。で、25日になった瞬間ぐらいですかね? カニエが「ファンのみなさんへ」みたいなツイートをはじめて。「ずっと待っててくれてありがとう。『Everything We Need』『Follow God』、そして『Water』の最終ミックスを仕上げています。アルバムが出るまで寝ません」っていうトンデモツイートをしていて(笑)。

(DJ YANATAKE)あの、マイク・ディーンかなんかが寝てる風なのを叩き起こされるみたいなミームが流行っていましたね。

(渡辺志保)流行っていましたね。で、カニエの相棒であり、去年ちょっと仲違いしたんですけど仲直りしたコンシークエンスという盟友というか、カニエの右腕的な存在の彼がいますけど。その彼がリリース時間の数時間前にですね、「我々、朝4時までかけてマスタリング、最終ミックスまで終えました。なのでみなさんは今日のお昼頃(ランチタイム)には『Jesus Is King』を聞くことができると思います」っていうのを……。

(DJ YANATAKE)すごいよね。本当なんだろうね。

(渡辺志保)ご丁寧にツイートしてくれて。

(DJ YANATAKE)で、もうそこから配信会社の人たちも「カニエのデータ、いつ来るんだ?」みたいにやっていたんだろうね。

(渡辺志保)朝4時に8時間かけてやっと最終ミックスが終わりましたっていう……もう絶対カニエのチームで働きたくないって思いますよね。なんか前々作の『The Life Of Pablo』の時もチャンス・ザ・ラッパーが最後までこのミックスのやり直しを求めていて。それでめっちゃ遅れたみたいなことだったし。で、トラヴィス・スコットのNetflixで見れる『Look Mom I Can Fly』でも直前までマスタリング、ミックスの修正していて。最後の最後に『SICKO MODE』のドレイクのバースが届いて発売するみたいな。トラヴィスとかカニエだからそれは許されるものの……これ、本当に。

(DJ YANATAKE)でも、そういう話を聞けば聞くほどね、さっきの話じゃないけどもDEV LARGEを思い出しますよ。もう全部作り終わって。「うん。やっぱりあれ、やり直そうかな?」みたいな。で、そこからやり直しをして……歌入れかなんかをやり直すのかと思ったら、曲がまるっと変わることとかあるからね。それ、目の当たりにしてきたんで。なんかそういう話を聞くと思い出しちゃうね。完成した後に思いついちゃうんだろうね(笑)。

(渡辺志保)なるほどね。天才が考えることってのは世界共通なのかもしれないですね。なので、そこで最終までミックスが終わらなかったという曲が『Everything We Need』ということで。これはタイ・ダラー・サインが参加していて。私はこの曲がいちばん『The Life Of Pablo』シーズンを思い起こさせるようなバイブスがあったんですよね。なのでちょっとみなさんにも軽く聞いていただきたいなという風に思います。というわけで、『Jesus Is King』から2曲目をお届けしましょう。『Everything We Need』。

Kanye West『Everything We Need』

(渡辺志保)はい。お届けした曲はカニエ・ウェストの最新アルバム『Jesus Is King』から『Everything We Need feat. Ty Dolla $ign & Ant Clemons』。アント・クレモンズさんはずっとサンデーサービスにも参加していたシンガーの方ということですね。

(DJ YANATAKE)なるほど。ちょっとすごいジェネラル・クエスチョンというか。そもそも問題なんですけど、「ゴスペルアルバム」みたいな言われ方をされてるじゃないですか。で、たしかにこういうコーラスみたいのとかがすごく多いから、そういう風にも思うんですけども。まず、歌詞としてはすごいそういうキリスト教的な?

(渡辺志保)歌詞についてもあとで触れようと思っていて。で、これを出す前に「もうカースワーズ(下品な言葉)は使いません」っていう風にカニエさんご自身も宣言をしていて。で、順を追って話すと……まあ、今回はだからすごいタイトルからしてもそうですけど。キーになっている、そしてこのアルバムの90%を占めているのはその宗教色が濃いという点。そして「Christianity」って言いますけども。キリスト教への信心深さとか、そういったところに比重が置かれてるんですよね。

(DJ YANATAKE)それって仮に今後さ、日本語和訳みたいなのがいっぱい出てきた時に、日本人がわかる世界なのかな? そういうキリスト教のって。

(渡辺志保)キリスト教の信者の方は日本にもたくさんいらっしゃるからわかるとは思うけど。でも一般的にはわかるのだろうか? でも、いままでのカニエっぽいラインももちろんあるので。そういう面白さを見出すことはもちろんできると思います。

(DJ YANATAKE)なるほど。ありがとうございます。

(渡辺志保)それで、待ちに待ったカニエ・ウェストの『Jesus Is King』。日本時間だと金曜日の深夜1時。日付変わって土曜日の午前1時にリリースされたっていう感じなんですけど。私はちょうど家でですね、夫も一緒にいて。「出たよー!」っていう感じで。うちの旦那さん、黒ちゃんっていうんですけども。「黒ちゃん、カニエが出たよ!」って。それで速攻で2人で聞くっていう。で、いまは私、家で音楽を聞く時はだいたいApple TV経由でAppleMusicをテレビで映しながら聞くんですよ。で、最近はUIというか、デザインが変わって。曲が流れるとカラオケみたいにリリックが自動的にクロールされて表示されるの。だからその場で歌えるみたいな(笑)。

(DJ YANATAKE)ああ、カラオケみたいにね(笑)。

(渡辺志保)そう。だから「ハレルヤ!」とか言いながら。「ヤバいね、これ!」みたいな感じで。「高揚してきた!」みたいな。そういうテンションで「最高!」みたいな感じで聞いたんですよ。で、先にアウトラインから話しますと、11曲27分のアルバム。短い!

(DJ YANATAKE)やっぱり短いよね。

(渡辺志保)で、この間出たダベイビーのアルバム『KIRK』も13曲35分っていうすごい短さでしたけど。今回のカニエ・ウェストの『Jesus Is King』は11曲入り27分。前作の『ye』は7曲入り23分なので。曲の数は増えているけれども、1曲の長さっていうことで言うと今回の『Jesus Is King』はもうギュッと1分未満の曲とかも。

(DJ YANATAKE)「あ、もう終わっちゃった!」みたいな。

(渡辺志保)そうそう。「あ、もう終わっちゃった!」って。それであっという間に2周目、3周目みたいな感じで。マラソンが大変でしたね。さらにその前の『The Life Of Pablo(TLOP)』に関しては20曲66分の長さだったんですよ。で、やっぱり私はカニエファンで、そのカニエのクリエーションを心ゆくまでたっぷりと味わいたい人間なので。その私にとってはやっぱり正直、その11曲27分。まあ30分に満たないアルバムっていうのはすごい……はっきり言って残念っていうか。なんかちょっと物足りなさを感じてしまうし。

これが50分とか60分ぐらいの尺のアルバムだったらどんな展開になってたんだろうなっていうのも考えてしまう。ただ、さっき聞いてもらった『Water』とか。たとえばこれだけがシングルになっても絶対に成立しない曲だとは思うし。この後にかけますけども『Follow God』とかも、これだけがポロッと出ても「ああ、なんか神様の曲を歌ってんな」みたいな感じで。やっぱりシングルでは成立しないストーリーっていうのがこの『Jesus Is King』の中には確実にあって。

(DJ YANATAKE)だから最近『INSIDE OUT』で話していた一発屋とか。もう1ラインだけ当てちゃえばヒットするみたいなのとは全然反対のところにあるっていうことだね。なんか「もうアルバムの時代じゃない」みたいに言っていたけども、カニエみたいなアートフォームとしてアルバムを捉えているような人たちには、こういうアルバムっていう形が必要なんだっていうのを思い出させられましたね。

渡辺志保とDJ YANATAKE 2019年バイラル(口コミ)ヒット曲特集
渡辺志保さんとDJ YANATAKEさんがblock.fm『INSIDE OUT』の中で2019年のヒップホップのバイラル(口コミ)ヒット曲を特集。TikTokなどをフックにしてバズった曲の数々を紹介していました。 (渡辺志保)今日は...

(渡辺志保)そう。私はそう思いました。だからやっぱりカニエっていうのはアルバムアーティストなんだなっていう。で、それをここまで心血注いだ感じで作るっていうのは、それはやっぱり彼のアーティストとして素晴らしいところだなって。

(DJ YANATAKE)だからDJとしては、「DJでかける曲」みたいな感じとしては『ye』の時も……ぶっちゃけ『Yikes』もじゃあクラシックかって言ったら、あんまりいままでのカニエ作品としてはパンチがないなと思っていて。DJ的な意味でね。

(渡辺志保)「クラブでみんな踊る、沸かせる」っていう観点ではね。

(DJ YANATAKE)そうそう。だから今回とか、ひょっとしたらもっとそうなっちゃうかもしれないっていうか。いまのところ。特にゴスペルっぽい曲とかかけにくいだろうし。だけど、アルバムとしての全体像みたいなのはさらに高みに行ってるようなこともあるだろうから。だから一概にシングルヒットだけが全てじゃないっていうのも「ああ、やっぱりそうなんだ」みたいなね。

(渡辺志保)そうですね。ただ、やっぱり強し!って思ったのは、今日もSpotifyのUSチャートを私は見ていたんですけども。1位から15位まで、全部この『Jesus Is King』の曲が入っていて。途中でセレーナ・ゴメスとかトラヴィス・スコットの『Highest In The Room』とかが入っているんだけども。基本的には1位からずっとカニエの曲が占めてるんですよね。だからみんな、それだけ当たり前だけども聞いているっていう。

(DJ YANATAKE)TIDALもそうだったね。もう全部カニエが占めていたね。

(渡辺志保)そうなんだ。だからそういうところでやっぱり強さというか、みんな待ってたんだなっていうのは証明されたのかなという風に思っています。

(DJ YANATAKE)なんだかんだね、気になっている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
INSIDE OUT
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました