スポンサーリンク

渡辺志保 10月17日グッチ・メイン・デーを語る

渡辺志保 10月17日グッチ・メイン・デーを語る INSIDE OUT
スポンサーリンク
スポンサーリンク

渡辺志保さんがblock.fm『INSIDE OUT』の中で10月17日はラッパー、グッチ・メインの日であることを話し、今年の10月17日に発表されたグッチ・メイン関連の楽曲を紹介していました。

(渡辺志保)そして、ここで続いて、またしても熱いアトランタ・シットをかけさせていただきたいんですけども。まあ10月10日にアメリカではそのミリオン・マン・マーチの20周年記念イベントが行われまして。一昨日かな?10月17日。この日もですね、ヒップホップにとってはとても重要な記念日。全世界共通グッチ・メイン(Gucci Mane)・デー!イエーイ!という(笑)。あの、わけわからん!っていうようなね、記念日だったんですけども。

10月17日ってグッチ・メインの日ということでギネスに載っている・・・わけじゃないんだけど。まあ、グッチ・メインの日なんですよ。で、なんでか?っていうと、グッチ・メインがね、率いているレーベルが1017 Brick Squadということでね、1017=グッチ・メインのナンバーと言いますか。彼のおじいちゃんが住んでいた家に由来する番号らしいんですが。なので、10月17日はいま監獄にいるね、グッチ・メインをみんなで盛り上げよう!っていう日だったんですね。

スポンサーリンク

グッチ・メイン・デーに新曲をリリース

で、その日にグッチ・メイン自身も3曲、新曲をドロップしまして。あとは、もうね、我らがアイコンでございますトリニダード・ジェームズ(Trinidad James)くん。トリジェイくんもグッチ・メインとの曲を発表したりとか。

同じくアトランタ出身のアイラヴマコーネン(iLoveMakonnen)くんもですね、グッチ・メインへのトリビュートソングを出していて。マコーネンくんも自分のシグネチャーのお人形さんにね、アイスクリームの絵をほっぺに描いたりして。

みんながグッチ・メイン、やんややんや!っていうような日でございました。で、ちなみにグッチ・メイン、本当さ、日本だとちょっといまいち、あんまり支持されているのかどうか、うーん・・・?っていう感じなんですけども。やっぱりアメリカではグッチ・メインを崇拝してる若手も多くて。フェッティ・ワップ(Fetty Wap)の『Wap』もグッチ・メインがもともと金のことを『Guwop・Gwap』っていうスラングをね、グッチ・メインが広めたんですけども。

その金=Gwapの『Wap』から取ってFetty Wapっていうね、名前にしてるんですね。で、リリックの中でも『グッチ・メインみたいにトラップ(Trap)をレペゼンしてるぜ』っていう。で、トラップ・ラップっていう種類のラップがあるんですけど。まあ、音楽ジャンルのトラップとは違うんだけどさ。トラップって、いけない白い粉なんかを売りさばく町中のスポットのことをトラップ。で、それで金を稼ぐことをトラップって言うんですけども。まあ、そういった毎日を、ハスラーライフを描いたラップなんかも、グッチ・メインとかヤング・ジーズィー(Young Jeezy)とかが当時広めたっていうことで。

あの、いまをときめくフェッティ・ワップもそういう風にグッチ・メインに多大な影響を受けていると。彼もすごく『1738』っていう数字をバンバン言ってますけども。これはレミーマルタンに由来する数字ですけども。そういうのもグッチ・メインの真似してるのかな?なんて思ったり思わなかったりというような感じでございますので。ここで、10月17日。監獄の中にいるグッチ・メインにですね、思いを届けるようにこの曲、聞いていただきたいと思います。グッチ・メインで『I Wouldn’t Do It』。

スポンサーリンク

Gucci Mane『I Wouldn’t Do It』

はい。というわけで2曲目のチューン、お送りしましたのはグッチ・メインで『I Wouldn’t Do It』ということで。10月17日は世界共通ナショナル・グッチ・メイン・デーということで、みなさん、グッチへの思いを短冊に書いて。いまからでも遅くないので、窓のね、際の方にかけておいていただければと思います。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました