スポンサーリンク

磯部涼と宇多丸 dodo『kill more it』と『im』を語る

磯部涼と宇多丸 dodo『kill more it』と『im』を語る アフター6ジャンクション
スポンサーリンク
スポンサーリンク

音楽ライターの磯部涼さんがTBSラジオ『アフター6ジャンクション』に出演。宇多丸さん、宇内梨沙さんにdodo『kill more it』と『im』を紹介していました。

im

(磯部涼)じゃあ、ちょっとまた移民とラップっていうのから離れて、今年の夏に急に人気が出た感じがすごく印象的だったのをかけたいんですけども。dodoっていうアーティストなんですが。

(宇多丸)dodoさん。前からいらっしゃいましたよね?

(磯部涼)dodoは川崎の特集をやった時にも紹介したかなと思うんですけども。彼は川崎の中原区の出身なんですけど。BAD HOPも川崎出身なんですが、BAD HOPとは本当に正反対と言ってもいいような表現っていうか。いまでも自宅の子供部屋を「10goqstudio(天国スタジオ)」っていう自分のスタジオにしてて。その中である種悶々とした内容の曲ばかりを作ってきたんですけども。

それがいま、すごく人気が出ていて。2019年を代表するフレッシュメンと言ってもいいようなラッパーになりつつあるんですけ。dodoくんも元々は高校生ラップ選手権に参加しているんですが、HIYADAMが優勝したのとは結構対照的に、大会では結果を出せなかったりとかして。その後、サイプレス上野をディスった曲を出したりとかして。それでまた彼はいろいろと大変な目にあっていくというか。

dodoくん、曲を書くのにはライムを凝るので時間がかかるらしいんですけど。それで、すごい勢いで上野くんをディスる曲を出してしまったら、上野くんがものすごい速さで返して来て。「えっ、これまた返さなきゃいけないのか?」って感じで。それで出したらまた返してきて……みたいな感じで。それでほぼ、dodoくんはどんどんとノイローゼ状態に追い込まれて。自分が始めたことなんですけども。

(宇多丸)まあまあ、それはしょうがねえだろっていう感じもね。

(磯部涼)「こんなにやらなきゃいけないのか?」みたいな。で、しょうがねえだろっていうのもそうなんですけども、彼曰く「ラップの呪いみたいなものに自分がかかってしまったような気がした」みたいな。要するに、dodoくんみたいな性格からすると、見た目もいわゆる強面じゃない感じのタイプなんですけども。そういうdodoくんみたいな人だったら、ラップをやってなかったらそんな曲で喧嘩するとか、あるいはひょっとしたらクラブで会ったら怒られるかもしれないみたいなのって、普通だった体験しないはずだったのに、ラップをやってしまったがゆえに、そういう感じで追い込まれてしまったっていう。

(宇多丸)まあまあ、ディスんなきゃなかなかないと思うけどね。

(磯部涼)でも、まあ彼いわく、たとえばXXXテンタシオンっていう殺されちゃったアメリカのラッパーとかも、ラップをしていなかったら死ななかったかもしれないし。ラップをすることっていうのは確実にリスクを上げることだっていう風に思ってしまって、ラップがちょっと怖くなってしまった時期があって。で、いまこのかかっている『kill more it』っていう曲。これも空耳的な曲なんですけども。「kill more it」っていうのが「キモい」に重なっていて。

(宇多丸)ああ、うん。

(磯部涼)で、曲のサビで「キモい? ねえ、俺キモい?」って問いかける歌で。ビデオもすごい印象的なんですよ。セルフィーで上半身裸になったdodoくんがそのセルフィーに向かって「キモい? ねえ、俺キモい?」ってずっと問いかけているっていう。

(磯部涼)それっていうのも上野くんとのビーフがあった時に曲のコメント欄に「キモい」みたいなことをいっぱい書かれたと。その呪いをあえて自分にかけるようにして作った曲だということなんですけども。でも、そのセルフィーのビデオについてまではひょっとしたら紹介したかもしれないけども。その後、人気が出てきて恵比寿でやったリリースライブでは満員のフロアがみんな「キモい」の大合唱になって。自分に問いかけていたのがお客さんと一緒に「キモい」って言うことによってその呪いが昇華されるみたいなことがあって。

スポンサーリンク

dodo『kill more it Live』

(宇多丸)うんうん。

(磯部涼)それでその後、dodoくんの活動っていうのは憑き物が落ちたようにポップな曲をどんどんと作っていくというようなところがあって。で、そのdodoくんの持っていたナイーブさみたいなものがいわゆるサグでハードなラップとはちょっと違う等身大というか、不良とは違う等身大のよさとして受け入れられ始められてるところがあって。最近の曲もまたいいなと思いますね。

(宇多丸)これは、聞けるの?

(磯部涼)はい。それでは今日ご紹介する最後の曲ですね。今年の9月1日に発表されたばかりのdodo『im』です。

スポンサーリンク

dodo『im』

(宇多丸)はい。dodoくんで『im』でした。なんかね、ちょっと抜けた感じがあっていいんじゃないかなって。いや、しかしどれもそれぞれに面白かったですし、どれもちゃんと「今」っていう感じがしましたね。

(磯部涼)バラバラの楽曲ですけども、なにかそこから見えてくるものがあるかなって。

(宇多丸)いやー、面白かった。ありがとうございます!

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました