宇多丸 映画の意味の通らない邦題問題を語る

宇多丸 映画の意味の通らない邦題問題を語る アフター6ジャンクション

Warning: Undefined property: stdClass::$ByLineInfo in /home/wp419058/miyearnzzlabo.com/public_html/wp-content/themes/cocoon-master/lib/shortcodes-amazon.php on line 666

宇多丸さんが2022年12月6日放送のTBSラジオ『アフター6ジャンクション』の中で映画の邦題問題についてトーク。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』など、意味の通らない邦題がついてしまう問題について、宇垣美里さんと話していました。

(宇多丸)メールです。「ウタさん、宇垣さん、こんばんは。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』第3作目の公開日が全米は5月5日。それに先駆け、日本で5月3日」。えっ、日本の方が早いの?

(宇垣美里)そんなこと、あるんですね。なんで? すっげー嬉しい!

(宇多丸)「そして気になるのは邦題です。前作『Guardians Of The Galaxy Vol. 2(英題)』は……」。これ、当然お母さんからもらったカセットテープ、ミックステープが元になってるわけですが。

(宇垣美里)そうそう。意味があるのよ。

(宇多丸)「邦題は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』と……」。

(宇垣美里)なんでリミックス!?

意味が通らない『リミックス』

(宇多丸)これは当時から私も大批判していました。「なんでリミックスなのか? 劇中でヒット曲が流れるからか? にしても、全然リミックスじゃないし、超ダサく理解しがたい邦題でしたが、今回の邦題は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3』に決定。『ザ』がないだけで原題とほぼ同じ。一安心しました。でもついこの間、宇多丸さんが山崎貴監督が新作ゴジラを手がけるということでタイトルを『メモリー・オブ・レガシー ゴジラ』『ウィンド・オブ・アース ゴジラ』『ボーイズ・オブ・ネイチャー ゴジラ』『ネイチャー・オブ・ラブ ゴジラ』と予想し、つまらないいならぬダサいい感じが企画として面白そうなので、『ガーディアンズ』の邦題予想特集もしてほしかったです(笑)」。ということで。

(宇垣美里)たしかに。『リミックス』の後、どうするねん?って話ですよね。

(宇多丸)まず私、とにかく皆さんもおわかりかと思いますが。『リミックス』なんて言うとなんかディレクターズカットみたいな感じ、しちゃうじゃん? 別バージョンみたいになっちゃうからよくないよって言っていて。で、『リミックス』のまま残っちゃっていて。で、今度は『VOLUME 3』じゃん? だからさ、『VOLUME 1』『リミックス』『VOLUME 3』とか、これ、おかしいじゃん?

(宇垣美里)2の名前も変えていただきたいところですよね。

(宇多丸)だって『ジェダイの復讐』を『ジェダイの帰還』に変えたりしてるんだから。別にそういうのをやったって、いいじゃないね? 直すのをね。

(宇垣美里)「あの時、間違えてました。ごめんなさい」って。

(宇多丸)もしくはもう、やけくそで。もうね、2作目が『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』。で、3作目が『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:メガミックス』みたいな。「いや、もうダメ! もう無理! 意味的にも、もう無理!」みたいな(笑)。ほら、『ワイルド・スピード』……まあ『ワイルド・スピード』自体も邦題だからね。『ワイルド・スピード MEGA MAX』とかさ。あれ、原題は『Fast & Furious』だからさ。

(宇垣美里)どうやって決めているんでしょうね?

(宇多丸)でもね、もう『リミックス』担当者はね、たぶんね、この『リミックス』の名前をつけた人はあちこちで言われまくって、ボコボコにされていると思うんですよ。っていうか、その人がつけたってバレてなくても飲み屋とかで「あの『リミックス』とかつけたやつ、マジでさ!」みたいなのを聞いてたり……(笑)。

(宇垣美里)「映画、ちゃんと見たのかよ?」みたいな(笑)。

(宇多丸)「まずさ、音楽のことをわかっているふりしてて、ダサいよね!」とか。「本当! そういうの、一番ダサいっすよね!」みたいな(笑)。そういうつらい思いを……。

(宇垣美里)横で聞いて心がチクチクみたいな。

(宇多丸)そんな可能性もありますからね。

(宇垣美里)だとしたら、ごめん。ちょっと言い過ぎたわ。

今からでも改められる

(宇多丸)いや、言い過ぎじゃないよ! だって向こうから……ダメよ。今からでもね、改めるには遅いっていうことはないから。人間は変われますから。ましてや映画のタイトル、変われますから。映画のタイトル、でも結構変わるんですよ? たとえば今さ、『007』の2作目って『007 ロシアから愛をこめて』だったんですけども。公開時は『007 危機一発』ですからね。

(宇垣美里)ああ、そうなんですね。

(宇多丸)そういうの、あったりしますから。

(宇垣美里)じゃあちょっと「ごめん」って勝手に直している可能性もあるんですかね?

(宇多丸)そうですね。あと、邦題がついてるのが割と取れて。割と原題に近いものになったりとかっていうのもある。ややこしいのはだから、やっぱり『ワイルド・スピード』みたいな場合だよね。『ワイルド・スピード』って英語圏で言っても通じないわけだからさ。

(宇垣美里)そういう問題、ありますよね! なんとかして好きな映画の話をしたいのに。英語で。でも、できないみたいな。

(宇多丸)だから「出てる人はヴィン・ディーゼルが出てて……」みたいに言えばもう……「ヴィン・ディーゼルとポール・ウォーカーが出てて」って言えば、だいたいは「はいはい」ってなるけど。

(宇垣美里)『新感染』とかもね、通じないから。あれ、たしか『釜山行き』みたいな。とにかく名前、違うんですよね。だから「マ・ドンソク」って言い続けるしかないみたいな。「マ・ドンソク パンチ ゴー」みたいな、そういうことしか言えない(笑)。

(宇多丸)「マ・ドンソク ゾンビ」でもうわかると思うけどね(笑)。それは1作しかないからね(笑)。みたいな、ということで。邦題つけ会議は昔、僕の前の番組で元の映画をもっとヒットさせてあげよう特集っていうのでやりましたけどね。

(宇垣美里)ああ、善意だったんですね?(笑)。

(宇多丸)はい。善意です。田舎の喫茶店風の名前をつけて。「もっとヒットさせてあげよう」なんてことを言いましたけども。ええ。ゴジラも本当に楽しみにしています。やってくれると信じています! 『STAND BY ME ドラえもん』もかなり来てますからね……。

<書き起こしおわり>

TBSラジオ ときめくときを。
ラジオ放送局「TBSラジオ」のサイト。TBSラジオの周波数は。PCやスマートフォンではradiko(ラジコ)でもお聴きになれます。全国のラジオ34局ネットワークJRN(JapanRadioNetwork)のキーステーション。記事や番組内容、オンエア楽曲、最新イベント・グッズ情報などのコンテンツを毎日更新中!!

タイトルとURLをコピーしました