スポンサーリンク

MARIA Weny Dacilloの魅力を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

SIMI LABのMARIAさんがゲスト出演したblock.fm『INSIDE OUT』の中で、刺激を受けているラッパーとしてWeny Dacilloの名前を挙げていました。

Maria?? 渾身のニュー・アルバム『Pieces』発売中だよ?!!二人で話せて嬉しかった? #blockfm #inside_out

shiho watanabeさん(@shiho_watanabe)がシェアした投稿 –


(渡辺志保)いままたね、ヒップホップが……MARIAちゃんもアルバムの中の『Real Money』っていう曲でいろいろ語っているけどさ。



(MARIA)うんうん。

(渡辺志保)またいま、ヒップホップがいろんな形でメディアに出ていたりとか。いろんなタイプのアーティストが出てきたりするわけじゃないですか。で、MARIAは『高校生ラップ選手権』でもさ、メディアに出ながら……かつ、すごい素直な気持ちでラップをしているような超若い子とかを同時に見ているわけじゃないですか。それって、自分が……私はライターとかって立場だから違う見方だと思うけど、同じアーティストとか同じラッパーっていう目線でそういう現場を常に見てきたというのは震わされるようなところとか、あったのかな?って思ったり。

(MARIA)それはね、ぶっちゃけそんな震えてないけどね、とか言って(笑)。

(渡辺志保)アハハハハッ!

(MARIA)やっぱり、フレッシュだろうが長年やっている人だろうが、ポテンシャルがいちばん大事で。持っている人、持っていない人ってかなりはっきりしていて。だからあんまりニューカマーだからフレッシュか?っていったらそういうわけでもなくて。ただ、やっぱり好きなことをやりたくて、しかもそれがかっこよく表現できている人には刺激される。近々のところだと、Weny。

(渡辺志保)ああっ、そうなの!

(MARIA)『ビッチと会う』。あれとか、めっちゃ素直にやっているけどかっこいいし。言葉のアプローチも変につっかからないというか。でも、かっこいいみたいな。

スポンサーリンク

DJ CHARI & DJ TATSUKI『ビッチと会う feat. Weny Dacillo, Pablo Blasta & JP THE WAVY』



(渡辺志保)そうだね。

(MARIA)間の取り方も上手みたいな。そういうのが大事かなと思ったり。だから結局ポテンシャルかな、みたいな。たしかに彼は『高校生ラップ選手権』ではあんまり自分の本領を発揮できなかったかもしれないけど。でも私はあんまりフリースタイルにとらわれない考え方だから。どちらかと言うと作品も聞きたいっていう派だから。そういういま、いろいろ出てきている子たちの中ではだいぶ好きな方。

(渡辺志保)ああ、そうかそうか。いいですねー。ちょっとMARIAさんが大人に見えた瞬間(笑)。

(MARIA)大人だよー! もう、大人だわ(笑)。

(渡辺志保)どうしても、すっげーなんかいつまでも、ドギャルみたいなさ、イメージが私があるっつーか。

(MARIA)たぶんあのへんよりもパーティーしてるけど。午後の2時に帰っちゃうから。

(渡辺志保)夜通し遊んでね(笑)。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事