スポンサーリンク

佐久間宣行とオークラ お笑いの「いじり」問題を語る

佐久間宣行とオークラ お笑いの「いじり」問題を語る 佐久間宣行のオールナイトニッポン0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

オークラさんがニッポン放送『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』に出演。佐久間さんとお笑いの「いじり」問題について話していました。

(佐久間宣行)神奈川県の方。「私はいわゆるバラエティー番組にある『いじり』の流れが苦手です。今年の元旦にあったナイナイのおもしろ荘でぺこぱが優勝しましたが、私は彼らの誰も傷つけない笑いを見て衝撃を受けました。これからは彼らのような誰も傷つけない笑いというのが広がっていくのでしょうか? お二人はこれからのお笑いがどのような方向に進むとお考えですか?」。

(オークラ)ちょっと2枚目のメールにしてすごくないですか?(笑)。これは……。

(佐久間宣行)フフフ、でも最近のかが屋とかそのへんも、いじりのネタってなくなってきたよね。スケッチに近いネタというか。

(オークラ)そうですね。はい。いや、これって難しい問題ですよね。結局、いじりがなくなるかなくならないかって。

スポンサーリンク

「いじり」と「いじめ」の境界線

(佐久間宣行)そうそう。「いじり」と「いじめ」の境界線は難しいからな。本当に。あの、「返せる」って思っている人に言うのとはちょっと違うしね。だからゴッドタンとかでも昔はおっぱい見せてっていう企画があったんだけど、それはもうやらないわけ。なんでかっていうとそれは「見せてもらえない」っていう前提のもとでそこに至るまでのコントを見せるものだったんだけども、芸人さんがみんなMCクラスになっちゃったから、そういう風に言うのはもうパワハラだろうっていうことなのでやらないとかね。

(オークラ)うんうん。

(佐久間宣行)でもキス我慢はできるんだよね。あれはやろうと思えばできる。あれはそういうシチュエーションの中の企画だからね。とかっていうことだと、たしかに取捨選択してやれない企画っていうのが出てきてはいるよね。

(オークラ)あと、バラエティー全体がいまあるMCの人たちのところに行く時って、最初の一巡目ってちょっとおもちゃにならなきゃいけないじゃないですか。それが「ハネる」っていうことじゃないですか。だからそこを「いじり」と取るかどうかっていうのはありますよね。

(佐久間宣行)そうね。MCと絡むことをいじりと考えるかどうか。

(オークラ)そうですね。多少そのいじりの一面もありますけどね。それはこれから時代がいろいろと変わっていくんじゃないかなとは思いますけどね。

(佐久間宣行)でも微妙にゴッドタンをやっていても、おぎやはぎとか劇団ひとりも昔はもっとキツく行っていたところを、いまは優しく行って引き出しながら、そいつのポンコツぶりもいじるんじゃなくて、そっちから踏む超えてくるように誘導するようになったなっていうのは撮りながらわかるね。そっちの方がたぶん気持ちよくみんな笑えるんだろうなって。やっぱりあの人たちは一流だから。

(オークラ)そうですね。少し泳がせている時間が長くなりましたね。

スポンサーリンク

泳がせる時間が長くなった

(佐久間宣行)そうそう。泳がせている時間がゴッドタンでも長くなりましたね。

(オークラ)全体的には思いますね。そんなすぐにバサッと行かないというか。

(佐久間宣行)バサッと行かないね。まあそれでもなにも見つからなくて「これはカットだな」って思うこの間来た曇天三男坊みたいなこともあるんだけど(笑)。

(オークラ)フハハハハハハッ!

(佐久間宣行)実はね、「この若手知ってんのか!?」って放送したんだけど、最後のラストのラストに曇天三男坊っていうのを呼んだのよ。2年ぐらい前にめちゃくちゃハネたドンちゃんを呼んだんだけど。結構泳がせたんだけども、なにも生まずに……今度、未公開ネタでちょっとだけ流れると思うんだけど(笑)。

(オークラ)佐久間さんが好きですもんね。曇天三男坊ね。

(佐久間宣行)俺、この2年間ぐらい「ここはドンちゃんハメられないかな?」って言うのをオークラさんが「はい、来た。ドンチャンス!」って言うのよ(笑)。

(オークラ)フハハハハハハッ!

(佐久間宣行)「ドンチャンス、ありませーん」って言うんだけど。俺はもうドンちゃんを毎回入れようと思うんだけど(笑)。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました