スポンサーリンク
スポンサーリンク

G.G.Ujihara オードリー若林のヒップホップ愛を語る

G.G.Ujihara オードリー若林のヒップホップ愛を語る INSIDE OUT
スポンサーリンク

G.G.Ujihara(ゴンゴール氏原)さんがblock.fm『INSIDE OUT』にゲスト出演。オードリー若林さんに自身の曲を聞かせた際の反響や若林さんのヒップホップ愛などについて話していました。

(渡辺志保)ちなみに私のところに質問が届いていまして。(質問を読む)「氏原さん、若林さんは楽曲についてどんなことを言っていますか?」と。

(G.G.Ujihara)ああ、本当にマジで答えると「すごいいいよ」って言ってくれますね(笑)。

(渡辺志保)ああ、そうなんだ(笑)。

(Young Hastle)ああ、感想がもう来てるんだ?

(G.G.Ujihara)いや、このEP(『YOUNG UJIHARA』)の感想はまだ来ていないんですけども。まあ、前に作っていたやつとか。「このままガチでやった方がいいよ!」みたいな感じですね。

「このままガチでやった方がいいよ!」

(渡辺志保)ああ、すごい! へー! それはめちゃめちゃモチベーションになりますよね?

(G.G.Ujihara)なります。めっちゃなりますね。

(渡辺志保)えっ、普段はどういうタイミングで曲を? リンクとか送るんですか?

(G.G.Ujihara)リンクを送りますね。

(渡辺志保)へー! ちゃんとフィードバックをくださるんだ。

(Young Hastle)それ、すごい優しいね。

(G.G.Ujihara)あの人、すごいヒップホップ好きなんでね。

(渡辺志保)若林さん、すごいっすね。いまもじゃあずっと追ってらっしゃる?

(G.G.Ujihara)結構追ってますよ、あの人。本当に好きなんだなって思って。

(渡辺志保)マジか!

(Young Hastle)チェッカーだな!

(渡辺志保)ねえ。チェッカーだな。

Young Hastleがきっかけで仲良くなった

(G.G.Ujihara)だってハッスルくんのことが好きだってことであの人と仲良くなれたんですからね。

(Young Hastle)えっ、そうなの?

(G.G.Ujihara)そうですよ。

(渡辺志保)ええーっ? そうなんだ。

(G.G.Ujihara)カミナリっていうお笑い芸人のコンビ、いるじゃないですか。カミナリも最初にしゃべった時に「ラップ、好きなの?」ってなって。「誰が好きなんですか?」「Young Hastle」って。

(渡辺志保)すごーい!

(G.G.Ujihara)だから、ありがとうございます。

(Young Hastle)若林さんはどんな感じだったの?

(G.G.Ujihara)若林さんは最初、俺がちょっとエンターテイメントでディス曲を作って。で、マネージャー経由で送って。そしたら「1回、会おう」ってなって。「好きなラッパー、誰ですか?」っていう話の中でハッスルくんって……。

(Young Hastle)へー! 嬉しいな。

(渡辺志保)えっ、すごい。じゃあ本当にガチのリアルヒップホップトークの上で? そうなんだ。

(Young Hastle)やっぱり若林の「若」と「ヤング」で。あれなんだろうな?

(DJ YANATAKE)フハハハハハハハッ! そこ?

(G.G.Ujihara)それはちょっと無理やりすぎません?(笑)。

(渡辺志保)考えたこともなかった(笑)。

(Young Hastle)一応、確認しといて。

(G.G.Ujihara)一応、確認しますね(笑)。

(Young Hastle)1回、HAREMのライブに若林さん連れて見に来てくれたもんね。それで1回、お会いしたことがあるんだよね。

(渡辺志保)すごーい! そうなんだ。

(DJ YANATAKE)でもやっぱりハッスルのユーモアサイドの曲のテーマとかがさ、たとえばお笑いの人が聞いた時に「このテーマで歌になっちゃうんだ!」みたいなのはお笑いの人も引っかかる要素なんじゃないかな?って思いますけどね。

(G.G.Ujihara)ああ、あると思います。

(Young Hastle)嬉しいっす。

(渡辺志保)なるほどね。じゃあ、そんなリリースされたばかりの『YOUNG UJIHARA』から……フフフ、この『YOUNG UJIHARA』っていうネーミング(笑)。

(G.G.Ujihara)そう。おかしいっすもんね(笑)。俺、おかしいと思っています(笑)。

YOUNG UJIHARA
YOUNG UJIHARA

posted with amazlet at 19.07.09
Steal The Cash Records (2019-07-07)

(渡辺志保)紹介する時に「間違っているんじゃないか?」ってちょっと思っちゃうけども。リリースされたばかりのコラボEP『YOUNG UJIHARA』からここで1曲、お届けしたいと思います。曲紹介をお願いします。

(G.G.Ujihara)Young Hastle&G.G.Ujiharaで『No Pressure』。

Young Hastle&G.G.Ujiharaで『No Pressure』

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
INSIDE OUT
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました