スポンサーリンク
スポンサーリンク

渡辺志保 Beyonce『The Lion King:The Gift』を語る

渡辺志保 Beyonce『The Lion King:The Gift』を語る INSIDE OUT
スポンサーリンク
スポンサーリンク

渡辺志保さんがblock.fm『INSIDE OUT』の中で映画『ライオン・キング』関連でビヨンセが発表したアルバム『The Lion King:The Gift』を紹介していました。

(渡辺志保)というわけでいろんなことがあったので、ちょっと私もゆっくりじっくりひとつのアルバムを聞き込むというようなところまでまだ至っていないんですが。ちょっと渡辺志保的ニュースとしてはやなりビ、ビ、ビヨンセが動いた!っていう『ライオン・キング』の件ですけども。アメリカでは実写版の『ライオン・キング』が封切りになりまして。初週の週末の興行成績がなんと1億8500万ドル(約200億円)ということで。今年に入ってナンバーワンの成績を記録しているということです。

で、みなさんご存知だと思うけど、『ライオン・キング』、もともとはディズニーのアニメ作品ですけども実写版にあたって声優。主役のシンバ役を務めているのがチャイルディッシュ・ガンビーノことドナルド・グローヴァー。で、そのシンバのお相手のナラ役を務めているのがビヨンセというわけで。まあすごい気合が入っているなと。それだけでもめちゃめちゃ予算がかかっているなという感じがします。

その映画の封切りに合わせてビヨンセが『The Lion King:The Gift』というアルバムを出しました。このアルバムはサウンドトラックというよりはビヨンセがキュレートした『ライオン・キング』の……ビヨンセさんの言葉を借りるならば「Sonic Cinema(聞く映画)」という。サウンドトラックとはまたちょっと違う意味合いを持つ、もっとストーリーテリングな意味を持つもう1枚のサウンドトラックみたいな感じですかね? なので以前、『ブラックパンサー』の映画が公開された時にケンドリック・ラマーとTDEのメンツがキュレートして作ったインスパイア・アルバムと似たような立ち位置かなと思います。

ただ、『ブラックパンサー』のアルバムよりももっと映画本編にグググッと寄っているのがこの『The Lion King:The Gift』でして。実際に劇中で使われているセリフをインタールードで挟みながら、それでストーリーが展開をされていくので。本当に聞くシネマ、Sonic Cinemaっていう感じがしますし。で、舞台はもちろんアフリカの映画ですから実際にアフリカンミュージックのプロデューサーや現地のアフリカのアーティストも多数参加している。

方や、ファレル・ウィリアムズとかジェイ・Z、もちろんチャイルディッシュ・ガンビーノやケンドリック・ラマーとか、そのへんのアーティストも参加しておりますし、プロデューサーとしてはケンドリックが参加している『Nile』という曲ではTDEのインハウスプロデューサーのSounwaveが参加していたり。ジェイ・Zが参加している曲はジャスト・ブレイズが手がけていたりとか、そういった流れもある。

で、プロデューサーのクレジットでひとつ私がいますごく気になっているのはジ・インターネットのシドもこのアルバムにプロデューサーとして参加していて。ビヨンセとシドがこうやって絡むのって初めてなんじゃないかなと思っているのでちょっとこのへんをディグっていきたいなと思っています。

(DJ YANATAKE)すごいね。今年いちばんってアベンジャーズを超えたの? すげえな!

(渡辺志保)それはちょっとわからない。マーベルのこと、私はよくわからないから。ちょっと調べます……。

(DJ YANATAKE)『エンドゲーム』のオープニングを超えていたら相当すごいヒットだなって思うけども。ちょうど今日、『エンドゲーム』が歴史上1位の興行収入の映画になったんですよ。まあ、それは置いておいて……。

(渡辺志保)まあ、ちゃんと細かいところは調べます。で、『ライオン・キング』のアニメってみなさん、見たことあるんですかね? 男子はあんまり見たことないのかな?

(DJ YANATAKE)僕はありますよ。

(渡辺志保)94年にオリジナルは公開されていたんですけども。で、もともとそのシンバっていうキャラクターはお父さんの力を借りず、自分で切磋琢磨してキングへの階段を上っていくみたいなストーリーなわけで、その「シンバ」っていう名前は結構ヒップホップのリリックに出てくるんですよ。それでお父さんはムファサっていうんだけど、ムファサもよく出てくる名前で。だからJ・コールがずっとシンバのストーリーをシリーズ化してラップしていたから。

J. Cole『Simba』


(DJ YANATAKE)うんうん。

(渡辺志保)だから最初にチャイルディッシュ・ガンビーノが声優を務めるって聞いた時に「J・コールはいったいどんな風に思っているんだろう?」とかね、ちょっと考えちゃったんですけども。「ずっとシンバのことを歌ってきたのはJ・コールなのに!」って思ったんですが、それは置いておいて……という感じです。というわけで、この『The Lion King:The Gift』から1曲、お届けしたいと思います。ガーナ出身のダンスホールシンガーのフィーチャリング楽曲。プロデュースはディプロ。Beyonce feat. Shatta Waleで『Already』をお聞きください。
Beyonce feat. Shatta Wale『Already』

(渡辺志保)さっき興行収入の話をしたけども、7月に公開された映画としては記録を破ったという、そういうことのようです。で、日本公開は8月9日からということですので、私も楽しみにしております。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
INSIDE OUT
miyearnzzlaboをフォローする
スポンサーリンク



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました