スポンサーリンク

Superorganism・Orono NHLを語る

Superorganism・Orono NHLを語る Inter FM
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Superorganism・OronoさんがInterFM『Oh Wow, Very Cool!』の中でNHLについてトーク。応援している選手や推し選手などについて話していました。

(Orono)この番組はスーパーオーガニズムのオロノが雑談しながらクールな音楽をかけていく超面白い番組です。最近、カナダに行ってきました。なんでかって言うと、ホッケーの試合が見たくて行っただけです。で、ホッケーの試合に行きました。ボロ負けです。6-2で負けました。超悲しかったです。

でも、面白かった。まあまあいい席だった。その前、初めて行った時は本当、角のゴールキーパーのところで見れたんだけど。それはそれでめっちゃ怖かった。なんでかって言うと、パックが飛んできたから。真上を飛んだから。で、死ぬかと思った。けど、それもそれで面白いし、負けたけどまあいいかな。でも、がんばってほしいね。カナックスは。

だから、ホッケーが最近大好きでホッケーの絵を書いてます。「テーマは教育」って言われて。「それで書いてください」って言われた絵なんだけど、ホッケー選手の絵を書いてます。かっこいいから。ただ単二。っていうところで音楽を聞きましょう(笑)。まずはスーパーオーガニズム『Sprorgnsm』。

ディレクターのヤマモトが「ホッケーの話、行きましょうか」ってポロッと言っていたのがめっちゃ面白しくて。じゃあ、ホッケーの話。ホッケーね、12月に試合に初めて行って、それ以来めっちゃハマっているの。好きなチームがバンクーバー・カナックスっていうチームなんだけど、クソ弱い。50年間チームやってるのに、1回も優勝したことがなくて。本当、ちょっと悲しいんだけど。でもすごく応援していて。見るのが楽しいんですね。

で、いちばん見てた時はめっちゃ病んでたの。12月。なんか朝起きて、8時ぐらいにテレビでちょうど試合がやっていて。それをボーッとしながら3時間ぐらいずっと見て、死んでた。でも、なんかそのホッケーを見ることに対してすごく安心感を覚えて、ホッとしてたね。けど、病んでた(笑)。好きな選手は、Elias Pettersson。スウェーデン人の新星のやつで。

スポンサーリンク

Elias Pettersson

今年ちょうどNHLを始めた人なんだけど、めっちゃめっちゃ上手い。で、かっこいいかな? かっこいいっていうか、いちばんリスペクトする点は同い年だっていうところで。ちょっと仕事の内容がミュージシャンに似てて。彼らもほぼ毎日、移動しながらいろんなところで試合してるから。ツアー中のミュージシャンって感じがあって。そういうところにもすごく共感して。ホッケー選手たちに。それでなんかハマッたっていうのもあると思う。そう。だから12月、めっちゃ病んだ時のオロノにこの曲を捧げます。スーパーオーガニズム『Relax』。

スポンサーリンク

Superorganism『Relax』

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました