スポンサーリンク

星野源とSuperorganism・Orono お互いの好きな楽曲を語る

星野源とSuperorganism・Oronoと小田部仁 友達になったきっかけを語る 星野源のオールナイトニッポン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Superorganism Oronoさんとライターの小田部仁さんがニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』に出演。星野源さんとお互いの楽曲の中で好きなものを話し合っていました。

(星野源)ちょっとメールが来ております。三鷹市の方。「スーパーオーガニズム、大好きです。大好きなお二人がお知り合いだなんて、興奮しております。源さんとオロノさん、お互いの作品で好きな作品、楽曲はありますか?」。

(Orono)うーん、(いい発音で)『Pop Virus』。

(星野源)ヴァイラス?

(Orono)『Pop Virus』, Best song.

(星野源)ありがとう。

(Orono)Best song ever in J-POP history. フフフ(笑)。

(小田部仁)「日本のJ-POPの歴史においていちばん最高の曲です」。

(星野源)嬉しい!

(Orono)『Pop Virus』、そのままだよね、本当に。

スポンサーリンク

Best song ever in J-POP history

(小田部仁)本当にね、さっきも言ったけど、ライブの時にめちゃめちゃ興奮していたよね。

(星野源)嬉しい。

(小田部仁)「Oh, Yeah!」とかって言って。「あのMPCを叩いているのは誰?」「STUTS!」「Yeah! Fuck me!」みたいなことを言っていて(笑)。

(Orono)アハハハハハハッ!

(小田部仁)それはダメでしょう?っていう(笑)。

(Orono)超盛り上がったね! 大好き。全部がよかった。でも、『Pop Virus』だけすごい聞いてる。毎日聞いてる。

(星野源)毎日聞いてる? ありがとう。

(Orono)フフフ(笑)。

(小田部仁)バンドメイトのエミリーにも実は僕、音源とかを遅らせてもらっていて。そしたらすごいやっぱり『Pop Virus』が好きだっていうのがメールで来たりとかしていて。めっちゃ、個人的に盛り上がってめっちゃ聞いてるみたいです。エミリーも。

(星野源)うれしいわー。スーパーオーガニズムはまだアルバム1枚だけだもんね。

(Orono)そうですね。

(星野源)全部好きです。

(Orono)嬉しい。

(星野源)さっき聞いた曲(『Something For Your M.I.N.D. 』)も好きだし。

(小田部仁)星野さんはなんで好きなんですか?

(星野源)なんだろうね? やっぱり、なんて言うんだろう? 自由さを感じるっていうか。自分たちの尺度で音楽をやっている感じがするっていうか。あと、あれは何人だっけ?

(Orono)8人。

スポンサーリンク

自由さと不思議なバランス感覚

(星野源)8人で国籍も違う人たちが一緒にやっていて。でも、なんて言うんだろうな? その中で不思議なバランス感覚があって。自由なんだけど、破綻していないっていうか。なんか音楽が好きだっていうこととか、自分たちが好きなものとか。自分たちのパーソナルな部分。そういうものを全部持ち寄って音楽を作っている感じが「これからの音楽だな」っていう感じがして。そのシステムにはまっていないっていうか。そんな感じがすごいいいなって。

(Orono)照れる(笑)。

(星野源)フフフ(笑)。

(Orono)いや、でもシステムにははまると思うよ。

(小田部仁)なに? なんの予言なの、それ? これから?

(Orono)でも、さってあのアルバムを終わらせた時点では全然、レコード会社と契約もなにもなかったし。ただ単に楽しいからやっているっていうだけだったから。ねえ。

(星野源)そうそう。システムになってきちゃうよね?

(Orono)システムになってきて、それでなにを作るのか?っていうのが自分でいま、すごい楽しみ。

(星野源)これからね。

(小田部仁)でも、そのシステムの中にいろいろとつらいことだったりとか、なんか苦しいこともあったけど、それでも音楽は作るんだもんね。結局ね。

(Orono)だって楽しいもん。それだけ。

(星野源)素晴らしい。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました