スポンサーリンク

Superorganism・Orono Kanye West, Kacey Musgraves, Vampire Weekendを語る

Superorganism・Orono Kanye West, Kacey Musgraves, Vampire Weekendを語る Inter FM
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Superorganism・OronoさんがInterFM『Oh Wow, Very Cool!』の中でKanye West、Kacey Musgraves、Vampire Weekendについて話していました。

Father Of The Bride (140 Gram Vinyl) (W/Poster) [12 inch Analog]

(Orono)木曜日の夜11時を回りました。InterFM 89.7。オロノがお届けする『Oh Wow, Very Cool!』。今月からスタートしたラジオ番組。軽く自己紹介を。スーパーオーガニズムのオロノです。ボーカルやってます。サングラスが好きです(笑)。今回の放送は事前収録なので触れられませんが、ちょうどカリフォルニアで開催されているコーチェラフェスティバルにスーパーオーガニズムが参加している最中です。13日に一度出演を終えて、20日にもう1ステージ、控えています。どういう感情なんだろう? コーチェラを終えたオロノはいったい何を考えてるんだ、彼女は?

たぶん寝てると思います。たぶん特にそんな思っていないと思う。でもまあ、いちばんいま……まだやってないけど緊張してるのは、バックステージでアリアナ・グランデに出くわすとか、そういうのがちょっと怖いっすね。マック・デマルコが普通に歩いてるとか。怖くはないけど、焦る。ちょっと焦る(笑)。普通に焦る。まあ、フェスを終えて日本に帰ってきたらコーチェラの話もたっぷりしたいと思っています。まずはスーパーオーガニズムの曲から始めましょう。

スポンサーリンク

Superorganism『Sprorgnsm』

スーパーオーガニズム、始まってもう2年経っちゃったよ。どうする? 早いよ! なにが起きたんだよ? ちょっと待って。2年経ったっけ? いま、2019年……2年か。2年でいま、ここ。InterFMにいるよ。はあ?(笑)。どういうこと? 意味がわかんないっす。ロンドンを拠点とするスーパーオーガニズムのボーカルとして、私は活動しています。

現在はロンドンと日本を行き来してる生活? 楽曲制作やライブツアー、フェスなどがないオフの時はどんな過ごし方をしてますかね? うーん。寝てる。寝て、最近はホッケーが大好きで。ちょうど朝、起きて。朝飯食って、コーヒー飲んで、ホッケーの試合が生でやってて。それは2時間ぐらいボーッとしながら見て。で、絵を描いて、本読んで、文章を書いて……みたいな。めっちゃ充実してる生活を送ってます。Thanks Mam and Dad.

なんかめっちゃめっちゃ幸せってる。で、幸せを感じる時に自分がよくやっちゃうのが、「いや、絶対に来週あたり病む気がする……」とか思っちゃって。で、実際に病んじゃうの。でもそれは、そういう考え方になっちゃうからであって、なんか自分を騙してるというか。なんかやっちゃうんだよね。頭の中で。そういうのを最近はあんまりしないようにしている。だからもう幸せでいいじゃないか。何が悪いんだ? みたいなのをすごく最近は意識して。

だから、いま聞いてるお前も、そうするんだよ! お前、いま病んでいたら、ラウンドワンにでも行って、ローラースケートでもしてこい! カニエを聞きながら。丁度いいじゃん? ちょうどいいセグウェイじゃん、それ。いま、カニエをめっちゃ聞いててさ。カニエ、大好きなの。で、実はカニエにハマッたのは遅くて。本当に最近。カニエは素晴らしい、カニエは素晴らしいってみんな言っているのは本当にわかっていて、もう素晴らしいってこともわかっていたんだけど。実際にこう、ハマッたことがなくて。

で、なんとなく去年の11月、12月あたりに急になんかカニエを聞き出して、それ以来止まってなくて。カニエ、本当に天才だな!って思って。もう毎日のようにずっと聞いてます。これ、次かける曲は初めて……初めてじゃないけど、カニエの曲ですっごいもう「この曲、本当にヤバいな!」って思って、1日中何度も何度も聞いてた曲で。『Father Stretch My Hands Pt. 1』。

スポンサーリンク

Kanye West『Father Stretch My Hands Pt. 1』

カニエね、本当に好き。歌詞がもうアホすぎて最高。今回、なんか適当に選んだつもりなんだけど、なんかすごいそういう、「幸せを感じてるんだったら、そのまま感じろよ!」みたいな感じの曲をかけていきたいと思います。そのいまハマってる曲がケイシー・マスグレイヴスの『Butterflies』っていう曲で。

彼女はグラミーを今年、取った人で。たぶん……Album Of The Year? I think.……だと思うんだけど。なんか、前までは全然彼女のことはのカントリーミュージシャンだと思ってて。別に嫌いとかそういうわけじゃなかったんだけど、ちゃんと聞いたことがなくて。そしたら、バンドメイトのTucanとか仲のいい友達とかから「ケイシー・マスグレイヴス、聞いた? めっちゃいいよ、あのアルバム」とかって言われて。「あ、そうなんだ」と思って『Butterflies』っていう曲を聞いたら、もうなんか……幸せでいっぱいなの。この曲。

「私、恋してる。嬉しいわ!」みたいな。すっごいその正直というか、素直な曲で。そういうなんか「感情をさらけ出そうよ!」みたいなのをすごく思いました。で、コーチェラ、見れるかな? 見れてたらいいな。見たい。けど、どうでしょう? 教えてください。オロノさん、次回、見れたか(笑)。じゃあ、かけます。ケイシー・マスグレイヴス『Butterflies』。

スポンサーリンク

Kacey Musgraves『Butterflies』

『Butterflies』 by Kacey Musgraves. What a great song. It’s very feels good. なんか、うーん。たぶん19だからなんだけど。まだクソガキだからなんだけど、どうしても、なんか「世界はクソだな!」とか思ったりしちゃうんですよね。それを追い払うような曲を流してこうと思って。今回は。次ね、最近よく聞いている曲。ヴァンパイア・ウィークエンドの新曲たちをめっちゃ聞いていて。

本当に「やってくれたな、あいつら!」みたいなのをすごい思ったんですけど。なんか全部いいんすよね、シングル出たの。これ、次にかけるのはジ・インターネットのスティーヴ・レイシーがフィーチャリングされてるやつで。めちゃくちゃかっこいいし。PVもあのジョナ・ヒルが監督をやったPVで、めっちゃかっこよくて。ジェリー・サインフェルドが出てるし、最高! 聞いてて気分が良くなっちゃう。ウキウキしちゃう。『Sunflower』 by Vampire Weekend。

スポンサーリンク

Vampire Weekend『Sunflower』

いや、ヴァンパイア・ウィークエンドはすごく重要なバンドで。12歳、13歳の時に初めて聞いて人生が変わったバンドなんですけど。なんかスーパーオーガニズムを始めてすぐに、あのなんか業界の人から「オロノ、お前、ヴァンパイア好きだよな? エズラが自分の番組でかけてたぞ。お前らの曲を」って。で、「えっ、マジか!」と思ってApple Musicのサブスクリプションを買って、全部聞いたんですけど……かけてないんですよ。

「えっ、なんだよ!」と思って、冗談半分でエズラにバンドのTwitterアカウントから「お前、かけてないじゃん。なんだよ?」みたいなツイートをしたら、10分後に返事が返って。「ごめん、次、かけるわ!」って言ってくるんですよ。

で、調子に乗って中学生の時にエズラについて物語を書いていたんですよ。めっちゃ妄想して。キモいのじゃないけどそんな……まあ、キモかったけど。で、それのスクショを撮って、「お前、読めよ」みたいに送ったら、読んでくれたんですよね! 曲もかけてくれて。

で、それを初めて聞いてる時のリアクションを自分で録音したんですよ。携帯で。それがいま、ここにあるんですよ。でも、聞いてません。じゃあいま、流してみましょう。めっちゃキモいと思う。ウヒウヒずっと言っていると思う。

っていうわけよ(笑)。全部かけちゃったけど、ヤバいな。そういう時期もあったんだね。自分。そう。なんかその物語が、エズラとリヴァース・クオモが同じ学校にいて。敵同士で。で、なんかケイティ・ペリーがヒロインで。そのリヴァース・クオモとエズラがケイティ・ペリーに惚れちゃって、ケイティ・ペリーを取り合いするみたいな、そういう物語だったんだけど。『Glee』のパクリで。あのね、本人が読んでくれちゃった。リヴァース・クオモにも会ったし。エズラはまだ会っていないけど。ケイティ・ペリーも会っていない。はあー……。フフフ(笑)。わー、謎だ。わー、意味わかんねえ(笑)。

そう。ヴァンパイア・ウィークエンド、大好きで。そういう面白い話があっていま、かけました。っていう感じかな? そろそろ終わりますか。フフフ(笑)。なんか変な方向に行きましたね、最後の方は。流すとは思ってなかったっす。でも流して、なんかいいなと思った。あと、エズラに連絡したいなと思った。うん。面白かったかな? うん……よろしく!(笑)。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました