スポンサーリンク

Superorganism・Orono Perfume・中田ヤスタカ・きゃりーぱみゅぱみゅを語る

Superorganism・Orono Perfume・中田ヤスタカ・きゃりーぱみゅぱみゅを語る Inter FM
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Superorganism・OronoさんがInterFM『Oh Wow, Very Cool!』の中でPerfume、中田ヤスタカ、きゃりーぱみゅぱみゅについて話していました。

(Orono)で、Superorganismとしては明日からカリフォルニア州インディオのエンパイア・ポロクラブで開催される大きなフェス、コーチェラフェスティバルに出演します。すごいね。土曜日、13日と20日の土曜日に出ます。出る……よね? すごいよね。まさか、こんなに早く出れるとは思ってなかったです。20代後半ぐらいに出れたらいいかなと思っただけなので。こんな早く出れて、「へー」って思いました。フフフ(笑)。で、今年は20周年っていうことで、ラインナップもすごいっすよね。

で、すごいんだけど、もう去年フェスをやりすぎて、ほとんどみんな見てるから。あとフェスやるの、疲れるし。特に見たいっていうバンドがいないんですよね。でも唯一、見たいアーティストがいて。それがPerfumeなんですよ! めっちゃ意外じゃないですか? Perfumeが大好きで。Perfume愛しているんですよ。中田ヤスタカさん大好きで。もう本当、邦楽は基本的にずっと苦手で。そう思ってたのに、中学生の時にきゃりーぱみゅぱみゅを聞いて「ヤバい。日本来てる!」って思っていたんですよね。

まあ、残念ながらPerfumeが出るのは日曜日で、たぶん見れないんですけども。まあ、Perfumeのことを……今回はPerfume回にします。Perfumeが大好きだから。Perfume関連の曲をいっぱいかけていきたいと思います。じゃあ、まずはいちばん最初に聞いたPerfumeの曲『レーザービーム』でお願いします。

スポンサーリンク

Perfume『レーザービーム』

(Orono)いやー、もう本当、大好き。これはたぶんPerfumeの曲で初めて聞いた曲で。たぶんね、6年生の時に発表会みたいなので友達が『レーザービーム』の踊りをやるっていうのをやってて。友達だったから、一緒にはやらなかったんですけど、練習をずっと見てたんで、振り付けとか覚えてましたっていう話。で、本当に好きで。だから今回はもう中田ヤスタカさんとつながるための回っていうことにして(笑)。もっと……だってあれが出たのが2011年? もう8年たっているじゃないですか。でも、なんであんなに新しく聞こえるの? なんであんなに未来的な音を出せているの? 意味がわからん! なんでそれが日本でとどまっているのか?っていうのが本当に謎なんですよ。だから、中田さん。もっとアメリカでやりましょうよ、なんか。聞いてください。フフフ(笑)。やります。通訳でもなんでもやるんで。つなげるんで。誰かと。無理やり。なんて、それを思ったのがここ1、2年で。Perfumeを聞き直していて。「すごい! やっぱりPerfume、ヤバいな! 本当に天才だな!」って思ってた時があって。その時、いちばん大好きだった曲が『ナチュラルに恋して』なんですね。

スポンサーリンク

Perfume『ナチュラルに恋して』

(Orono)本当、この曲大好き。これ本当に好き。全部好き。なんかこれは『レーザービーム』よりちょっと古いらしくて。その1年前かな? で、この曲のすごいところは80’s感が半端ないところで。なんかいま、80’s系の音って流行ってるじゃないですか。それを予測してたというか、すっげー先を見ているな!っていうのにこれを聞いて感動して、バンドの仲間に「見て、これ!」「これ、ヤバいな!」って。そういうモーメントがあったっていのを覚えています。

でも中田ヤスタカさんのことはその前から普通に知っていて。たぶん小5ぐらいの時からきゃりーぱみゅぱみゅが大好きで。なんかあのCSでMTVを見ていたんですよ。US TOP100をたぶん土曜日に見てて。他に見るもんがないから。で、「いま、アメリカでどういうのが流行っているのかな?」みたいなのを見ていたりしたんですけど。

それとはたぶん関係なく、きゃりーをピックアップアーティストみたいなので、そのファーストシングルの『PONPONPON』のPVがかかっていたのを見て。もうPVもわけわかんないし、曲も意味わかんないし。日本でこんなのあったんだ! みたいにすごい感動したんですよね。で、いまでもよく聞いて。渋谷に行く時とか、これを聞いて。「はぁーっ!」って思います。『PONPONPON』。きゃりーぱみゅぱみゅ。

スポンサーリンク

きゃりーぱみゅぱみゅ『PONPONPON』

(Orono)きゃりーぱみゅぱみゅさん、1回イギリスの……『サウス・バイ・サウスウエスト』っていうテキサス州オースティンで毎年やる、なんかこれから這い上がりたいバンドが何百組も集まるカオスなフェスがあるんですけど。それのイギリス版で『The Great Escape』っていうのがあって。それにきゃりーが去年、出ていて。

それに自分たちも出ていたんですけども。BBCのおっさんから連絡が来て。あの世界のBBCっすよ? 世界のBBCが「日本語をしゃべれるやつがいないから、オロノ。お前がインタビューしてくれないか?」みたいなことを急に、直前に言ってきて。「いいよ」って言って、きゃりーさんの部屋に行って、超くだらない質問を聞きまくっていうエピソードがあります。「スタバでなに飲むの?」とか。フフフ(笑)。ガキみたいな質問だけを聞きました。

で、その何日か後にたぶんロンドンでの公演もあって、行かしてもらって、1人で見て踊ってました。すっげー楽しかったっす。また行きたいです(笑)。ということでここでもう1曲、きゃりーの曲をかけましょう。『チェリーボンボン』。

スポンサーリンク

きゃりーぱみゅぱみゅ『チェリーボンボン』

(Orono)エンディングです。きゃりーぱみゅぱみゅ、Perfume、中田ヤスタカさん特集となりました。なんでかっていうと、彼らと友達になりたいからです。彼らとなんかしたい。彼らに会いたいっていうか、もうもっと売れてほしいんすよね! アメリカとかで。もったいなくて。日本でとどまってほしくないんですよ。だから、何か企みましょう。企んでください(笑)。っていうわけですよ。フフフ(笑)。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました