ハライチ岩井 デス推し能力とsora tob sakana 風間玲マライカ卒業発表を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

ハライチ岩井さんがTBSラジオ『ハライチのターン!』の中でより強力になりつつある自身のデス推し能力についてトーク。sora tob sakana 風間玲マライカさんの卒業発表などについて話していました。

魔法の言葉

(岩井勇気)まあ澤部さんのその(第三子誕生が)ネットニュースになるかならないか問題を脅かすというかね。

(澤部佑)えっ? それを脅かす?

(岩井勇気)まあ一応ね、さっきも言ってましたけども。「デス推しだ」なんて。有安杏果さんが卒業しちゃったりとか。あとは欅坂の子も卒業とか。俺の推していた人がどんどん卒業したり。ベイビーレイズJAPANは解散とか。

(澤部佑)一緒に番組をやって応援していたね。

(岩井勇気)そう。ベイビーレイズJAPANが解散。あとはBiSHが1人脱退とか。

(澤部佑)恐ろしいね……。

(岩井勇気)で、sora tob sakanaっていうアイドルと番組をやっているじゃないですか。で、「次、sora tob sakanaなんか一緒にやっているけどね」なんて言っていたら、もう収録日の今日、1人脱退って……。

(澤部佑)うおっ、ええっ!?

(岩井勇気)発表をしていまして。

(澤部佑)ああ、もうじゃあ笑えないわ。

(岩井勇気)これはちょっともう……これはゾッとしたね。

(澤部佑)もう笑えなくなっちゃったよ。

(岩井勇気)本当に。「まさか!」って。

(澤部佑)怖い!

(岩井勇気)いや、そうなんですよ。私もsora tob sakanaとやってまだ1クールぐらいなんで、スパンも短くなってきているっていう。

(澤部佑)ああ、能力に磨きがかかってきているんだ。ええっ?

(岩井勇気)これはちょっともう、ヤバい事態ですね。

(澤部佑)ヤバいことになっているね! はー! 気をつけないとな。

(岩井勇気)もうだから、アイドルの方とかね、ライバルアイドルとかがいたら言ってもらえれば……。

(澤部佑)もう殺し屋に依頼するみたいなことだね。

(岩井勇気)まあ、料金によりますけども。

(澤部佑)「あのアイドルを推してください……」みたいな。

(岩井勇気)「よーし、わかりました。ちょっと推してきまーす」(笑)。

(澤部佑)「ふぅ……これで安泰だ」って(笑)。

(岩井勇気)っていう感じですよ。いや、もう寂しいですけどね。まあ別に普通に一緒に昨日も仕事をしましたし。

(澤部佑)まあ、それはしょうがないよね。

(岩井勇気)女優になるみたいな感じらしいですよ。

(中略)

(岩井勇気)まあでも今週はこれ、ネットニュースにどっちがなるか、勝負ですね。

(澤部佑)ああ、デス推し……sora tob sakana?

(岩井勇気)sora tob sakana1人脱退。

(澤部佑)「また岩井の!」みたいな。

(岩井勇気)だから破壊が取るか、創造が取るか、みたいな。

(澤部佑)子供が生まれたという……。そんな難しい話じゃないよ。別に(笑)。そんな重い話じゃないよ。

(岩井勇気)破壊か創造かですよ。本当に、現代の人間が好きなは破壊なのか創造なのかっていう。

(澤部佑)なるほどね。破壊寄りだけどね。現代社会。そこをただすべく……。

(岩井勇気)これはだから考えものですよね。破壊が……いま、破壊寄りだけも、それでいいのか?っていうね。もうこれの結果が破壊だったら、もう日本の未来はないっていうことですね。

(澤部佑)まあ、でもどっちもならないっていうのがいちばん確率高そうですけども(笑)。

(岩井勇気)フハハハハハハハッ! 「虚無」(笑)。

(澤部佑)虚無説が、たしかにいちばん有力そうだけどね(笑)。

(岩井勇気)またこのさ、sora tob sakanaの妹分がいて。パンダみっくっていう……。

(澤部佑)妹分みたいなのがいるんだ。

スポンサーリンク

パンダみっくにもデス推し

(岩井勇気)そうそう。4人組かな? いて。それも1回、ゲストで来てくれて。sora tob sakanaもいるから。「妹分です」なんて。「まあ、じゃあなんか応援していこうかな。sora tob sakanaもろとも」って。で、それが何ヶ月か前に話す機会があったんですけども。で、昨日かな? なんかパンダみっくがVTRで出てくれて見たら4人組だったんですけど、4人中3人、メンバーが変わっていて。

(澤部佑)ダメだよ、それはもう。言うな。お前、それはもう。ダメだよ。もう!

(岩井勇気)ちょっともう……これは本格的ですわ。

(澤部佑)脱退とかじゃないんだ。もう。チェンジまで能力をもう?

(岩井勇気)脱退だけどね。たぶんね。

(澤部佑)脱退の後……なのかな? ええっ? それはもうそういうのを目撃しても、もう……言うから。言うから、世間に気づかれちゃうから。それはもう発信しなきゃバレないから。

(岩井勇気)いや、怖いんだもん。自分の内だけに秘めておくのが。

(澤部佑)自分の能力が?

(岩井勇気)うん。

(澤部佑)いや、そうね。

(岩井勇気)そうなのよ。

(澤部佑)なんかとんでもないことになりそうだな。でもなんか、映画化いけるんじゃない?

(岩井勇気)えっ? 映画化?

(澤部佑)世界……この地球の悪の組織と戦って。岩井が「がんばれ!」って推す力で敵と戦うっていう(笑)。「がんばれ! がんばれ!」「うううーっ、応援するなー!」みたいな。

(岩井勇気)敵みたいな。だから敵のさ、敵だけども俺に対して敵のいいところをやっぱりみんなでプレゼンするんだろうね(笑)。

(澤部佑)フフフ、敵を倒すべくね。うん。

(岩井勇気)「ここがいいんですけど」って。

(澤部佑)「こんな悪いことをしていますけど実は、優しいんですよ」って。

(岩井勇気)「優しいんですよ」ってみんながいいところを調べてさ。で、「ああ、こんな優しいところもあるんだ」って。みんなも調べているからだんだんとさ、その敵に感情移入しちゃってさ。最終的にだから俺がデス推しで倒すころにはみんな泣いてるんだよ(笑)。

(澤部佑)フハハハハハハハッ! 「うううー、やめてくれよー!(泣)」って(笑)。でも、地球のために……って。ああ、いいね。いい話だね。複雑になっているけども、よさそうだけどもね。

(岩井勇気)うん(笑)。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする