スポンサーリンク

吉田豪と大森靖子 平賀さち枝と『さっちゃんのセクシーカレー』を語る

吉田豪と大森靖子 平賀さち枝と『さっちゃんのセクシーカレー』を語る SHOWROOM
スポンサーリンク
スポンサーリンク

大森靖子さんが『猫舌SHOWROOM 豪の部屋』に出演。吉田豪さんと平賀さち枝さんや『さっちゃんのセクシーカレー』について話していました。

(吉田豪)でも、大森さん、ニューシングル、素晴らしかったですよ。最高!

(大森靖子)えっ、ありがとうございます。

(吉田豪)カップリングも全部いい。

(大森靖子)あっ、さち枝ちゃん。

(吉田豪)平賀さち枝との……あれ、予告編の時点で「これ、めちゃくちゃいい曲!」って思っていましたけども、超いいですね!

(大森靖子)超超いいでしょ?(笑)。

(吉田豪)相当いい(笑)。

(大森靖子)レコーディング、すっごい空気でしたよ(笑)。

(吉田豪)フハハハハハハッ! ああー。

(大森靖子)だからね、言ったら向こうはなんとも思っていないんですよ。でも私だけがいろいろと思っているから。

(吉田豪)この話もね、大好きなんですよ。

(大森靖子)あ、さっちゃんの話ですか?(笑)。

(吉田豪)そう(笑)。この両者の関係。『さっちゃんのセクシーカレー』話とかも全部好きなんですよ。

さっちゃんのセクシーカレー
avex trax (2015-07-15)
売り上げランキング: 37,328

(大森靖子)れいりえ(黒宮れい×金子理江)みたいな気持ちなんですよ。気持ち的には。あんなに美しくはないかもしれないけども。私的には。

(吉田豪)2人だけの世界?

(大森靖子)そうなんですよ。でも、向こうはそこまで思っていないっていう(笑)。っていうことがさらに今回、やったことでもうさらにそれに直面するっていうことで。私はむしろちょっと絶望しています。

(吉田豪)2人の声のバランスも本当にいいし。めちゃくちゃいいですよ。

(大森靖子)だって私がいちばん……『さっちゃんのセクシーカレー』っていう曲にあるんですけども。どんな彼氏がいても、結構ね……言っていいのかわからないけど(笑)。なんか一緒にいる人とか周りの友達とかによって服装とか方向性が結構揺れる子なんで。そこがまたグラグラしていてエロいっていうのもあるんだけど。「私だったらこうできるのにな」とか。やっぱり彼氏面じゃないですけども、思うのがいっぱいたまっているから。「見てろよ!」って思って今回曲を書いたんですよ。

(吉田豪)めちゃくちゃよかった。歌詞もよかったです。

(大森靖子)メロディーもね、「さち枝はここの音域だから!」みたいな(笑)。気持ち悪い気持ちでね。

(吉田豪)フフフ、大森さんのその気持ち悪さがいいんですよ。本当にね、この曲が発表された時のコメントの差が最高でしたからね。大森さんが過剰な思いをブログでぶつけているのに比べて平賀さんのサラッとした感じ(笑)。

(大森靖子)あのね、もっと長いコメントを出して。しかも「平賀さんへ」すぎて、映画のことを結構すっ飛ばして書いちゃって。「映画じゃなくて、さち枝だ!」みたいなコメントを書いていたんですよ。3000字ぐらい書いて。

(吉田豪)異常です(笑)。

(大森靖子)そしたら「映画を大切に思っていないのはどうなんだ?」っていう普通の真っ当なツッコミをされて。「ここのコメントはここをのけていいですか?」みたいな。「でも、この3000字のコメントが私のさち枝への作品だから、これを一部でものけたら私の作品ではなくなるから。このコメントはもう出しません!」っていう面倒くさい……(笑)。それにも落ち込むんですよ。「まだこんなに面倒くさい人間なんだ、自分は」みたいな。

(吉田豪)うん。だいぶ大人になったはずが。

(大森靖子)そう。「まだこんなことをやるんだ」みたいな。一緒に仕事をしているのは山戸(結希・監督)さんとかなのに。「山戸さんも好きなのにこんなことをやっちゃうんだ……」みたいに落ち込んで。そうなんですよ。で、誰も意味がわからないようなブログを……(笑)。

(吉田豪)あれに僕はもうビンビン来るわけですよ。「うおーっ、最高!」っていう(笑)。それを踏まえて聞くと、本当にこの曲、すげえいい!っていう。

(大森靖子)アハハハハハハッ! 昔ね、そう。「靖子ちゃん、頑張ってないじゃん!」って言われたんですよね。

(吉田豪)はいはい。だったらしいですね。

(大森靖子)そう。

(吉田豪)ちょうど平賀さんが同じ時期に同じ世界でデビューして。平賀さんが先にCDを出して。で、かわいいし、曲もいいしっていうことで脚光を浴びて、みたいなタイミングだったんですよね。

(大森靖子)そうなんですよ。で、同じ監督にドキュメンタリー映画を撮ってもらったんですよ。で、なんか「どっちなんだよ?」みたいになるじゃないですか。お互いにやっぱりライバルだから。そしたらなんか、そのドキュメンタリーを面白くしようとして。

(吉田豪)仕掛けとしてね。

(大森靖子)平賀さんを使って煽られたんですよ。で、「平賀さんは『自分の方が頑張っている。靖子ちゃんは頑張っていない。なのに、なんでお前は靖子ちゃんを撮っているんだ?』って言ってたよ」みたいな。「ああ、私は頑張ってないんだ。頑張らないと……」みたいな。

(吉田豪)フフフ、そこで大森さんが変わったわけですね。

(大森靖子)そこで完全に変わりましたね。もうプチッて行きましたね。

(吉田豪)スイッチが入って。

(大森靖子)で、そこの界隈的に、下北とか高円寺とかなんですけど、いいイベントだけ選んで出演して……みたいな。自分の名前を保つみたいな。そういうのが基本のやり方だったんで、もう誘われたら全部出ようみたいな方に。もうみんながやっていないことを全部やってやろうっていう。

(吉田豪)だからあの時期の異常にライブの本数が増えてアイドルイベントとかにガンガンに出ていたりしたのは、そういう流れにあるわけですね?

(大森靖子)「出ないべ?」っていうイベントにも全部出るっていう。

(吉田豪)うん。なぜなら「頑張っていない」と言われたからっていう(笑)。

(大森靖子)はい(笑)。でも、やっぱりかわいくない分、頑張らないとっていうのは基本的にはありますね。

(吉田豪)なるほど。さっちゃんのあの小動物的なかわいさ、ありますからね。

(大森靖子)本当にかわいい。さっちゃん、でも鬼……最初に会ったぐらいから、そういう風にめちゃめちゃグラグラしているけどかわいい。でも、鬼で。天然の鬼で。

(吉田豪)「天然の鬼」(笑)。

(大森靖子)天然の鬼なんすよ。自分のライブで、もう1人シンガーソングライターの女の子が見に来ていて。で、「一緒に歌おうよ!」みたいな感じでステージに上げて歌っていたんですよね。で、「この曲を一緒に歌おうよ」って知らない曲をその子に振るんですよ。で、その子は歌えないんですよ。で、さっちゃんは歌えるじゃないですか。で、その子がスベるっていう(笑)。「お、鬼だ、こいつ!」っていう(笑)。

(吉田豪)フハハハハハハッ!

(大森靖子)「最高だな!」って思って帰るっていう(笑)。「今日もさっちゃん、最高だったな! もう、大好き!」って思って(笑)。ちゃんとヤバいやつなんですよね。

(吉田豪)『さっちゃんのセクシーカレー』っていう曲が本当に好きなんですよ。

スポンサーリンク

大森靖子『さっちゃんのセクシーカレー』

(大森靖子)フフフ。いいよね(笑)。

(吉田豪)いや、いい曲なんですけども。大森さんの一方的な思いが詰まった(笑)。平賀さんに『さっちゃんのセクシーカレー』の件とか聞いたんですか?

(大森靖子)聞いてないです(笑)。

(吉田豪)勝手に自分のことが歌にされているわけじゃないですか?(笑)。「ありえない!」っていう(笑)。

(大森靖子)ありえないよね(笑)。

(吉田豪)「私のライバルといえばさっちゃん」っていう(笑)。

(大森靖子)向こうはなんとも思ってないのに(笑)。そう。さっちゃんの中ではね、わかんないけどたぶん青葉市子ちゃんとか、ねえ。そういう人の方がライバルっぽいというか。だろうなって勝手に思っているだけですけども。全然、たぶん眼中にないのに勝手にライバルにされて(笑)。

(吉田豪)ライバル視して、さっちゃんへの熱い思いを全部歌にして(笑)。アニメのエンディングテーマで(笑)。意味がわからないと思うんですよ(笑)。

(大森靖子)私の中ではめっちゃ意味があって。その少年ジャンプの漫画だったし、少年ジャンプということは自分のライバル。友情、努力……あ、さっちゃんだ! みたいな(笑)。

(吉田豪)これがまずね、世間に伝わっていないんですよ(笑)。これこそ「通訳」が必要なんですよ(笑)。

吉田豪 好きな仕事「タイムキーパー」と「通訳」を語る
大森靖子さんが『猫舌SHOWROOM 豪の部屋』に出演。吉田豪さんの好きな仕事「タイムキーパー」と「通訳」業務について話していました。

(大森靖子)すごいなんか自分の中ではね。「原作、読んでないだろ?」ぐらいにことを言われたけど。「違う。読んだ上で……」って(笑)。

(吉田豪)「ライバルといえば!」って(笑)。

(大森靖子)そう。スベりました(笑)。

(吉田豪)最高の曲ですよ! 料理がテーマでライバルだし……じゃあ、さっちゃんでカレーだ!っていう。

(大森靖子)もう自分の中ではそれこそ「ピコーン!」ですよ(笑)。でも、全然伝わらなかった(笑)。「なんでこの曲なの?」みたいな感じになって。「そ、そうだよね……」って(笑)。

(吉田豪)大森さんのそういう不器用なところが好きなんですよ。言葉足らずな(笑)。

(大森靖子)いや、もう気をつけるぞって思いましたね。

(吉田豪)もうこういうことはしないように。

(大森靖子)だから主題歌が来ないんだって思って。本当に反省を……(笑)。

(吉田豪)あんないい曲だったのに。

(大森靖子)ねえ。いい曲。自分でもめっちゃ好きな曲。

(吉田豪)(コメントを読む)「次は『豪ちゃんのセクシーカレー』で」(笑)。

(大森靖子)「『豪ちゃんのセクシーカレー』」(笑)。かわいい。(因縁の)カレーだから(笑)。

(吉田豪)カレーだから(笑)。

(大森靖子)曲、できそうだね(笑)。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました