スポンサーリンク

PUNPEE『Love Jam Vol.4』ORIGINAL LOVEとのライブ共演を語る

PUNPEE『Love Jam Vol.4』ORIGINAL LOVEとのライブ共演を語る SOFA KING FRIDAY
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PUNPEEさんがJ-WAVE『SOFA KING FRIDAY』の中でORIGINAL LOVE presents「Love Jam vol.4」でORIGINAL LOVE・田島貴男さんとライブ共演した際の模様をトーク。共演の経緯やPSG『愛してます』、ORIGINAL LOVE『グッディガール』などについて話していました。

(PUNPEE)お送りしたのはORIGINAL LOVE feat. 私、PUNPEEで『グッディガール』のエクステンデッド・ミックスバージョンになります。いきなりメッセージです。山梨県の方。「PUNPEEさん、こんばんは。いつも楽しく拝聴しています。ラジオのおかげで毎週素敵な金曜日の夜になっています。『Love Jam』、1月13日最高でした。すぐ隣に60歳ぐらいのおばあちゃんもPUNPEE氏の『ゆったり体揺らして……』でハンズアップしていました。幅広い世代の人が音楽を一緒に楽しんでる空間、とっても温かい気持ちになりました。披露されたORIGINAL LOVEさんのアルバム収録曲『グッディガール』、もう一度聞きたいです。お体に気をつけて、これからも素敵な楽曲を生み出してください」。ありがとうございました。というわけで、かけました。

それと、神奈川の方。「PUNPEEさん、こんにちは。『Love Jam』、お疲れ様でした。PUNPEEさんのライブを生で初めて見て圧倒されました。またPSGが3人揃うというビッグサプライズもあり、マジで嬉しかったです。『愛してます』で田島さんの生『Oh Yeah』が聞けて最高でした。楽しい時間をありがとうございます」。これ、「Oh Yeah」じゃなくて本当は「Hey Yeah」みたい感じらしいんですね。「ヘーイ、イエーッ♪」みたいな。なんですけど、「そういや、あの頃……」っていうフックだから「ソイヤー♪」って田島さんが言っていて(笑)。「『ソイヤー』とは言ってないっすよね?」ってことを言った記憶があります。

「ソイヤー」ってISH-ONEくんが言っていましたね。それを思い出したっていう、そんな感じでした。ありがとうございます。先日、1月の13日にZeppダイバーシティで行われた ORIGINAL LOVE presents『Love JAM vol.4』に私、出てまいりました。共演にサニーデイ・サービス、ORIGINAL LOVEというですね、大先輩2人に混じりまして。「若手」といっても結構歳いってるんですけど、自分も出演させていただきました。

編成はイリシットツボイさん、なかじまはじめさん、原島“ど真ん中”宙芳とDJ ZAIちゃんっていう3DJ・1ドラムのセット。で、ドラムをサンプラーみたいなSPっていうパットがあって。サンプリングした生じゃないドラムをそこにアサイン、割り振って叩いているんですよね。そのサンプリングされた音のドラムを。だから生ドラムをそれと混ぜて、盛り上がるとその生ドラムにしたりだとか。去年やった『Seasons Greetings’18』っていうスタジオコーストでやった自分のワンマンと同じ編成で今回もやらせていただきました。

今回、『bless You!』っていうORIGINAL LOVEさんの4年ぶりのアルバムが発売されるということで、その中に入る曲なんですけど。この『グッディガール』っていう自分の参加した曲なんですけど。

bless You! (完全生産限定盤)
ORIGINAL LOVE
ビクターエンタテインメント (2019-02-13)
売り上げランキング: 529

今回、1月13日も『Love Jam』っていうのに出させていただいて。で、経緯としては、去年。実はもう1年前ぐらいにオファーが来ていて。1月か2月ぐらいに。なんでかっていうと、田島さんが一昨年に出した自分の『MODERN TIMES』っていうアルバムを聞いてくれていて。それもツイートしてくれていて。そこの時に、まだ『Love Jam』の3が終わったぐらいかやる前にオファーが来て。「ぜひやりたいです。挑戦したいです」っていうことになってから、ライブを去年、何月か忘れちゃったですけど見に行って。

PUNPEE ORIGINAL LOVEを語る
PUNPEEさんがJ-WAVE『SOFA KING FRIDAY』でORIGINAL LOVE・田島貴男さんのライブを見に行った際の模様についてトーク。ライブ後に田島さんと話したことや、好きな作品などについて話していました。

その後に、「アルバムにも参加してほしい」っていう感じで成り行きでどんどん決まっていった感じでした。その『Love Jam』のボリューム4を見てもらった人はわかると思うんですけど、自分がやっているPSGっていう、いまはやっているんだかよくわかんないですけど。やったりやんなかったりっていうグループ。弟(5lack)と同級生のGAPPERっていうのでやっているグループが10年前……ちょうど10年前に出した『DAVID』っていうアルバムに『愛してます』っていう曲が入っていて。

その曲でORIGINAL LOVEの『EYES』っていうアルバムに入っていた『I Wish』っていう曲をサンプリングしてるんですね。で、そこからいろいろと紆余曲折あったんですけども。で、そのアルバムを聞いてくれていてっていうところのきっかけから。「聞いてるんだよ。あの例の曲もいろいろあったね」的な感じになって。『Love Jam』って結構イベント的に田島さんが呼んだ人たちとセッションをするっていう、ひとつのエクスクルーシブみたいなのがあって。呼んだんだアーティストの方とセッションをするっていうのがあって。

で、「もしもそれをやるんだったら『愛してます』を『I Wish』絡めてできないですかね?」みたいな話になったら、「ああ、もう全然やろう!」みたいになって。「うおおーっ!」みたいな。「10年を経て、この……!」みたいな風になって実現に至りました。リハーサルの時に田島さんが来てくれたんですけど、やっぱり声がすごい大きくて、すげえ通っていてデカい。もう体が楽器みたいな。内臓から全部響いているんじゃないかって。肺から胃から腸まで響いているんじゃないか?っていうぐらいブワーッてなっていて。

なんかの時に田島さんが昔、言っていたのは「自分はあんまりイヤモニは使わない。割ところがし……モニタースピーカーの音をたよりにずっとデカい声で歌ってきたから声とかが鍛えられている」っていう話をしていて。リハーサルの時にそれを「おおっ!」って体感したっていうか。「ああ、すげえ!」ってなった感じでした。で、PSGのメンバーもリハーサルの時に結構みんな「うおおーっ! 感慨深え!」みたいになっていて。GAPPERとかもずっとニヤニヤしていて。

GAPPERってテンションが上がるとずっとニヤニヤするんですよね。なんかこう、かっこいいものとかを見たりすると笑いが止まらなくなっちゃうタイプっていうか。なので、ORIGINAL LOVEさんの昔からのヘッズとかファンの人とかも、「こんな曲をサンプリングしたりしてる人がいたんだ」みたいな。それをきっかけに、この前の『Love Jam』で知ってくれた人とかもいたみたいで。すごい嬉しかったので感謝という感じでした。で、この『I Wish』をサンプリングしてるっていうのは星野源さんが自身のラジオでも言ってくれていて。「PSGの『愛してます』っていう曲はこれが元ネタ、サンプリングソース」っていうことを言ってくれていて。

星野源 PSG『愛してます』とオリジナル・ラブ『I Wish』を語る
星野源さんがニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』の中で大好きなイントロの曲としてPSGの『愛してます』を紹介。さらにそのサンプリング元のオリジナル・ラブ『I Wish』についても紹介していました。

なんか、そのこととかも田島さんと話したんですけど。「若い人がこの曲をまた再発見してくれてよかったね」みたいなことを言っていて。「へー!」って。なんかそういう風に考えてくれるのは嬉しいことだなと思った感じでした。なんか個人的にサンプリングソースの元の方とサンプリングした人が一緒にやるっていうのを聞いて思い出すのが、アイズレー・ブラザーズの『Between the Sheets』っていう曲をノトーリアス・B.I.G.が『Big Poppa』っていう曲でサンプリングをしていて。

そのビギーが亡くなっちゃった後にアイズレー・ブラザーズをやる時、絶対にその『Big Poppa』のラインをロナルド・アイズレーが歌うんですよね。歌ってから始めるっていうのがあって。「うおっ、これ、サンプリングをした人のがこのフレーズを歌ってくれるのとか、最高だな!」とか思いながらも見た記憶があって。

スポンサーリンク

The Isley Brothers『Big Poppa Between the sheets Live』

それが結構自分の中でリンクしました。はい。というわけで、ここでコマーシャル!

タイトルとURLをコピーしました