中島愛 休業中に坂本真綾とNegiccoに救われた話を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

中島愛さんが『猫舌SHOWROOM 豪の部屋』にゲスト出演。吉田豪さんと休業中に坂本真綾さんとNegiccoさんに救われたことについて話していました。

(吉田豪)(コメントを読む)「坂本真綾さんの話をしてほしい」。

(中島愛)真綾さん。真綾さんはもう本当に大先輩ですから。私、しばらくお休みをしていて復帰するきっかけになったのが「『たまゆら』っていうアニメのイベントで広島県の竹原でイベントをするから歌手として出てほしいんだけど……」っていま所属しているFlyingDogの方にオファーをいただいたのがきっかけだったんですけども。

(吉田豪)はいはい。

(中島愛)そこで坂本真綾さんも歌唱ゲストとしていらっしゃって。で、打ち上げで隣の席で飲んでいて。で、その時に真綾さんに「もう1回歌をやりたいなら、『やりたい』って言っていいんじゃない?」って一言いってもらったのが私、すごい復帰するきっかけになりましたね。でもその後に「ただ、次始めたら絶対に責任を持たないとね」みたいな男らしい一言が……(笑)。

(吉田豪)フフフ、かっけー!

(中島愛)そう。すごいかっこよくて。別に「いままであなたは責任なかったよね」みたいに突かれるとかじゃなくて、「やるとなったら責任持たないといけないけど、でも言いづらいんだったらもう1回ぐらいは『やりたい』って言っていいんじゃない?」って。日本酒だったかな? 飲みながら真綾さんがおっしゃって。それですごいギアが自分に入りました。

(吉田豪)じゃあ腹をくくって。なかなか自分がやりたいことを言いにくい人だったけども、腹をくくってもう1回、ちゃんと歌がやりたいって。

(中島愛)そう思いましたね。あの時、隣に席に座るのがちょっと最初は遠慮していたんですけど、勇気出して座ってみてよかったなって思いますね。

(吉田豪)もともと仲はよかったんですか?

(中島愛)いや、全然大先輩で。歌詞の提供をいただいたりとか、マクロスのライブでゲストにいらしたりとかはあったんですけど、もう立ってリハーサルを見ているぐらいの感じの距離感で。私は。たとえば連絡先を……その時かな? 『たまゆら』のイベントで写真を撮ったのを送りあおうっていうことではじめて連絡先を聞いてくださって。そこではじめて距離がちょっと近づいたくらいで。もうそれこそ全然フランクには行けないですけども。お会いした時は話しかけてくださいます。

(吉田豪)その坂本真綾さんがきっかけになって、じゃあ好きなことを言う流れになっていったのかもしれないですね。

(中島愛)そう。本当にこの2年の流れを最初に作ってくださったのは真綾さんなんですよ。

(吉田豪)1回、僕もインタビューしたんですよ。

(中島愛)あ、私それ、読んだ気がします。

(吉田豪)へー。ミュージックマガジンかな?

(中島愛)そうかも。読んだ、読んだ。どうでした? 真綾さん、どんな?

スポンサーリンク

ラジオ好き・坂本真綾

(吉田豪)当然歌手として大好きで。でも、いちばん印象に残っているのが「ラジオが好きだっていうことですけど、どういうのがお好きなんですか?」って聞いたら「FMです」って言われて。僕の考えるラジオ好きとは違ったっていう(笑)。

(中島愛)アハハハハハハッ!

(吉田豪)どうしても「ラジオ好き」っていうとAMを考えるんで(笑)。「J-WAVEです」みたいな(笑)。

(中島愛)ああ、たしかに。真綾さんの語り口とかもね、FMなイメージが。

(吉田豪)そうです。「FM側だ」っていう。まあ、FMとAMで人種は違うなっていうのは思いましたね。

TBSラジオ タマフル関係者結婚式で起きたAMとFMの文明の衝突
コンバットRECさんがTBSラジオ『タマフル』に緊急出演。番組ディレクターの結婚式でタマフル関係者が感じたAMラジオとFMラジオの文化の違いと歴史的な敗北について話していました。 ...

(中島愛)たしかに。AMラジオ好きの方はね、また違う方向にディープだったりしますからね。

(吉田豪)腐った感じが出ますからね(笑)。

(中島愛)いやいやいや!(笑)。

(吉田豪)そう。それは思いましたね。

(中島愛)真綾さんは憧れです。本当に。

(吉田豪)NegiccoのNao☆ちゃんも坂本真綾さんが大好きで……っていう流れ、ありましたからね。

(中島愛)ありますね。だから真綾さんの曲をNao☆ちゃんがカラオケとかで歌ってくれると私、すごい嬉しいんです。「聞けたー!」みたいな(笑)。

(吉田豪)(コメントを読む)「AMは(スタダの)ダスト側」(笑)。

(中島愛)アハハハハハハッ! そんなことないよねー(笑)。ダスト側ではないよね。そんなことはないですよ。たしかにね、ちょっと人は違う感じがしますけど。

(吉田豪)でもそんないい話があったとは。

(中島愛)しかもその『たまゆら』のイベントのちょっとした待ち時間で……あの、体育館でイベントをやらせていただいていたんで。隣の駐車場にちょっと止めたワゴンの中が……。

(吉田豪)おっ、早々と1万、行きました!

(中島愛)えっ、なになに?

(吉田豪)見ている人数が1万人に。放送終了の30分前にして行きました。これ、結構早いペースです。

(中島愛)あ、本当ですか? 1万人、ありがとうございます!

(吉田豪)こんなにブックオフの話にニーズがあるんですか、世の中に(笑)。

吉田豪と中島愛 ブックオフ・ハードオフの魅力を語る
中島愛さんが『猫舌SHOWROOM 豪の部屋』にゲスト出演。吉田豪さんとブックオフ・ハードオフでのディグ活動の魅力を話していました。 #猫舌SHOWROOM 「豪の部屋」2時...

(中島愛)ちょっとブックオフ好きだけでなんかイベントやりましょう? ブックオフの回みたいなの、やりたい(笑)。

(吉田豪)へー、すげえ!

(中島愛)そう。いい話としては、そのワゴン車の中で待機していた時、私が一生懸命に歌う練習をしていたら真綾さんが後ろの席からピョコッと出てきてくださって「本当にいい声だね」って言ってくださって。で、私は「真綾さんです、いい声は!」っていう風に……。

(吉田豪)「むしろ、あなたが!」っていう(笑)。

(中島愛)でもそこで褒められたのもちょっと自信になっちゃったみたいなことがありました。1万人ってすごい! いま、この私の雑談を1万人が聞いてくれているんですか?

(吉田豪)基本、2時間でギリ1万人に行くかな?っていうぐらいの感じなんですよ、ペースとして。だから今日は早いんですよ。

(中島愛)ありがとうございます。ブックオフ、ありがとうございます。ハードオフもありがとうございます(笑)。

(吉田豪)フフフ、「ブックオフ、ありがとうございます」(笑)。

(中島愛)ありがとうございます(笑)。

(吉田豪)ちなみに、休業中はどんなことを考えていたんですか?

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする