スポンサーリンク

吉田豪と古森結衣 HKT48時代を振り返る

吉田豪と古森結衣 HKT48時代を振り返る SHOWROOM
スポンサーリンク
スポンサーリンク

元HKT48の古森結衣さんが『猫舌SHOWROOM 豪の部屋』に出演。吉田豪さんとHKT48時代を振り返っていました。

(吉田豪)だから本当にね、ちょうどある意味時事ネタ感が出たというか。リアルタイム感がすごい出ましたよね。早めにブッキングをしていたらこういうタイミングになるとは。

(古森結衣)いやー、いろいろな偶然が重なり……みたいな。

(吉田豪)簡単に言うと、HKTの初期メンバーでありながら、ちょっとややこしいことになった人なわけですよね?

(古森結衣)そうですね。揉め事事件に……。

(吉田豪)「揉め事事件に」?(笑)。

(古森結衣)フフフ、なんかそうですね。文春がやってきたりとか。

(吉田豪)「文春がやってきたりとか」。すごい時事ネタ感があるじゃないですか(笑)。

(古森結衣)アハハハハハハハッ! そうですよね。でも本当にHKTを辞める時、最後に家族で写真を撮りに行こうってなって……。

(吉田豪)ちょっと、まずはHKTのいい話を先にしましょう。

(古森結衣)ああ、そうですね。HKTはいいグループですよ!

(吉田豪)最初に言っておく(笑)。

(古森結衣)でも本当に、いまでもそれこそ本当に連絡を取るし。卒業の時に指原さんと村重が赤坂ブリッツのコンサートの時にお花を贈ってくれたりとか。いいグループだなって思いましたね。

(吉田豪)指原さんが来る前は僕、全然知らなくて。指原さんぐらいしか僕は接点がなかったから。指原さんを通じて見ている限り、本当に指原さんがうまいことやっているなって。

(古森結衣)いやー、そうですね。でも来てくださっていろいろと変わったから。そうですね。最初はでもちょっと大変だった時は大変でしたね。

(吉田豪)HKTってどんな感じだったんですか? 最初は。

(古森結衣)なんか本当に仲のいい学校みたいな感じでした。歳が違う子が集まりつつ、部活みたいな感じのイメージの方が強かったかもしれないですね。

(吉田豪)他所よりも若い感じだったんですか? 平均年齢も。

(古森結衣)めっちゃ若かったです。だから本当に部活っていう感じですかね。レッスンが多かったので。毎日毎日、レッスンをやっていたので。うーん。部活でした。でも本当に、何ひとつウソではないんですけど、めっちゃ仲良かったっす。一期生だったし。これは言っておきたい(笑)。

(吉田豪)これはね、放送前にも言っていたから、たぶん本当です(笑)。

(古森結衣)本当に仲が良かったんですよ。誰と誰が仲が悪いっていうのもなくて。

(吉田豪)女性同士ってどうしても集めると派閥もできてややこしいことになりがちで。僕もよく言われるんですよ。「3人いたら確実に派閥ができる」って。

(古森結衣)ああ、もう最悪ですよ!(笑)。3人は最悪ですよ。

(吉田豪)むしろ人数が少ない方が面倒くさいんですね。

(古森結衣)でもなんか、あの時はみんなが本当に「売れたい、売れたい!」みたいな感じの相乗効果というか。それでみんな本気だったので。

(吉田豪)ややこしいことは全然なく。

(古森結衣)なかったですね。最初は。

(吉田豪)「最初は」。どういうことですか?

(古森結衣)フフフ(笑)。でも本当になかったですけど……。

(吉田豪)途中からなにかあったんですか?

(古森結衣)やっぱりグループが分かれちゃってからじゃないですかね。

(吉田豪)ああ、チーム制みたいになるとライバル心も出るけども……みたいな感じですかね。

(古森結衣)そうですね。本当に明確に分かれるから。レッスンの時間も含めて。楽屋も含めて。それこそお給料の面も含めて……みたいな。

(吉田豪)待遇の差がわかりやすく?

(古森結衣)そうですね。出ちゃうので。それぐらいからは大変になったかな?って。いま思うとありますね。

スポンサーリンク

HKT48内のお給料事情

(吉田豪)給料の差っていうのははっきりとわかっちゃうんですか?

(古森結衣)めちゃめちゃはっきりとでした。

(吉田豪)だって伝えられるわけでもないですよね。「うちら、上がった」とか。

(古森結衣)いや、なんか聞いちゃって。

(吉田豪)「聞いちゃって」(笑)。

(古森結衣)私、容赦なく聞いちゃうタイプで(笑)。

(吉田豪)「いくら?」みたいな?(笑)。

(古森結衣)「いくらになった?」みたいな(笑)。特に当時、13歳とかだったんで、そういうのが嬉しくて。

(吉田豪)そういうデリカシーないんですね(笑)。

(古森結衣)ないです、ないです。「お金をいただける……あら、嬉しい!」みたいな感じだったんで。聞いちゃって、「ああ、そうなんだ」みたいな。

(吉田豪)「あれ? 私たちよりも高い?」みたいな。

(古森結衣)そうです。

(吉田豪)何の差なんですか?

(古森結衣)やっぱり公演に出る回数だと思うんですよ。それこそ研究生の子たちは1回出るごとにフン……みたいな。で、チームに入っている子たちはドン! みたいな感じで。効果音で伝えると……(笑)。

(吉田豪)フハハハハハハッ! 額が違うという(笑)。

(古森結衣)そうです(笑)。変わりましたね。

(吉田豪)その握手とかの分も反映されるんですか?

(古森結衣)当時は全くなかったんですよ。たぶん私が辞めた後からそういうのが出てきたと思うんですけど。当時はなかったけど、やっぱりみんな調べていましたね。自分がどの部が売れたとか。「あっ、(宮脇)咲良は全部売れた!」とか。

(吉田豪)まあ、人気の差がもうはっきりとわかるわけじゃないですか。早い段階で。

(古森結衣)そうなんですよ。あれは結構……でも私、結構握手で人気だったんですよ。なんかまとめ出しで200枚の人とかいて。

(吉田豪)へー! ねえ。いまちょうどまとめ出しが問題視されているわけですけども。

(古森結衣)まとめ出し(笑)。リアルタイムですね(笑)。

(吉田豪)まとめ出しがつながりを誘発するのではないか?っていう(笑)。

(古森結衣)そう。ダメなんですよね(笑)。

(吉田豪)どうなんですか? まとめ出しっていうのは。単純に嬉しい?

(古森結衣)まとめ出しがあることによって、帰るのがいちばん遅くなったんですよ。

(吉田豪)うんうん。まとめ出しの人って最後にやるんですよね。

(古森結衣)そうなんですよ。だから、本当にギリギリにまとめ出しの方が来られるから、その枠は全部正直そのスペースに立っていなきゃだから。いちばん最後に車に乗るんですよ。だからちょっと優越感がありましたね。

(吉田豪)ああ、そういう感じなんですね(笑)。

(古森結衣)私、そういうタイプです。「ああ、お疲れ、お疲れー!」みたいな(笑)。

(吉田豪)「私だけ仕事が延びちゃった」とかじゃなくて「やったー!」って?

(古森結衣)嬉しかった。「お疲れ! がんばった! みんな、お疲れー!」みたいな(笑)。もうなんか、それは多かったですね。幕張メッセとかで当時、やっていたじゃないですか。すごい気分がよかったですね。

(吉田豪)人気があると、そこはいいわけですね。人気ない側がいかに心が折れていくかっていうのはいっぱい聞くわけですよ。

(古森結衣)そうですよね。本当に死にたくなると思いますよ。

(吉田豪)ですよね? あそこで手持ち無沙汰になっている感じって辛いと思うんですよ。

(古森結衣)当時、本当に携帯とか持っていけなかったんで。それこそ。

(吉田豪)そうなんですか? 時間を潰すものが。

(古森結衣)なかったですね。

(吉田豪)僕の仲のいい、元NMBの木下百花っていうのはそういう合間の時間が暇だからってテレビを持っていってましたよ。

(古森結衣)ねえ、もう本当にヤバい!(笑)。

(吉田豪)テレビとゲーム機持っていって、つないでゲームやっていましたよ(笑)。

(古森結衣)本当にヤバい!

(吉田豪)握手の前に1回、会ったんですよ。で、「えらい大荷物持ってますね」って言ったら、「ああ、ちょっと暇なんで。テレビ持っていくんで!」って(笑)。

(古森結衣)本当にヤバい。本当にヤバいですね! さすがすぎる。

(吉田豪)注意をされないポジションに行った人ですからね。

(古森結衣)そうですね。域が違う。

(吉田豪)基本、そういう携帯すら持ち込めない?

(古森結衣)ダメでしたね。本当に。なんなら自分が出て、違うメンバーとしゃべるぐらいですよ。時間を潰せるのは。でも、握手会は楽しかったです。当時、本当に三部とか四部とかだけだったんで。

(吉田豪)いまはもっと規模が違うわけですよね?

(古森結衣)そうですね。20とかやっていますよね? 大変だ……。

(吉田豪)最近、本当に考えているんですよ。握手がそろそろ問題視される時代が来るんじゃないかって。

(古森結衣)ああー、逆に。

スポンサーリンク

握手がそろそろ問題視されるかもしれない

(吉田豪)いろんなことが……それこそ、「恋愛禁止が人権問題になる」とか、いろんなことが言われ始めているじゃないですか。握手もたぶん人権問題になると思っていて。

(古森結衣)いや、そうですよね。

(吉田豪)まず肉体疲労も尋常じゃないし。

吉田豪と槙田紗子 アイドル握手会の過酷さを語る
元PASSPO☆の槙田紗子さんが『猫舌SHOWROOM 豪の部屋』に出演。吉田豪さんとアイドルの握手会の過酷さについて話していました。

(古森結衣)ずっと立ちっぱなしだし。本当にそうだな。AKB、大丈夫ですか?

(吉田豪)フハハハハハハッ! 無邪気な(笑)。

(古森結衣)ヤバい(笑)。ごめんなさい。普通にこれ、ただただ第三者の目です。一般人としていま、しゃべりました(笑)。

(吉田豪)ですね(笑)。大丈夫、大丈夫。そんな感じでゆるゆると。たぶん、そういうようなことをみんないまは聞いたり話したりしたいと思うんで。そういうようなことを経験者でありながら、いま一般の視点がある人が話すっていう。そういう場でいいと思います。

(古森結衣)でも本当に大丈夫? だといいんですけども。

(吉田豪)いろいろと心配になりますよね。単純に。

(古森結衣)本当に心配ですよね。結構。なんか……「私は辞めさせられたけど」って(笑)。

(吉田豪)「辞めさせられた人間が言うのもあれだけど……」みたいな(笑)。

(古森結衣)「あれ? ごめんなさい。もういないですけど!」って思いながら(笑)。

(吉田豪)肉体疲労はどうだったんですか? 四部ぐらいだったらそれほどでもない?

(古森結衣)全然ですね。特に若かったから、楽しかった。本当に楽しかったんですよね。だから本当に辞めた後の方が死にたくなったぐらいで。当時は本当に楽しかったな。

(吉田豪)48は単純に楽しい?

(古森結衣)楽しかったですよ。

タイトルとURLをコピーしました