スポンサーリンク

吉田豪・玉袋筋太郎 ラーメン研究家 橋本真也を語る

吉田豪・玉袋筋太郎 永遠の中学生 橋本真也の魅力を語る たまむすび
スポンサーリンク
スポンサーリンク

TBSラジオ『たまむすび』に吉田豪さんと橋本かずみさん、橋本大地さんが出演。玉袋筋太郎さんらと、凝り性の橋本真也さんが練習そっちのけでラーメン作りにハマッた話をしていました。

(吉田豪)次、行きますか?

(玉袋筋太郎)根っからの凝り性。練習そっちのけでラーメン研究の筋。橋本真也さんがそうだったんだよね。

(吉田豪)そうなんですよ。やっぱりなんでもハマるんで。美味しんぼにハマッた時は、これからは料理だ!ってモードになって。『お前の友達、ラーメン屋はいるか?』とかお弟子さんに聞いたりして。で、西村修さんから『いる』って聞いた瞬間に、『そいつに麺の作り方を教われ!』っていう感じで。で、面倒くさいからはぐらかしたんですけど、結局道場に近いラーメン屋さんから美味しいスープの作り方を教わりに行ったりとかして。

(玉袋筋太郎)おお、おお。

(吉田豪)結果的にはもう、出汁のために鶏ガラからなにから、全部試して試行錯誤。

(玉袋筋太郎)うん。一杯作るの、すごい大変だったんだから。値段が。

(吉田豪)真ちゃんラーメンっていうラーメン屋をやろうとした説がありますよね。

(玉袋筋太郎)橋本真也?

(橋本かずみ)やる気はなかったんですよ。『やれば?』って言ったんだけど、『こんな金がかかるラーメン、作りたくない』って。

スポンサーリンク

原価無視 材料費はガンガン使う

(吉田豪)要は本当に材料費、ガンガン使っちゃうんですよ。

(小林悠)ああ、こだわっちゃうから。

(吉田豪)こわだりすぎちゃうんで、一杯いくらになるんだ?みたいになっちゃうんですよね。

(玉袋筋太郎)原価計算できない人ですね。

(吉田豪)全く。

(玉袋筋太郎)言ってみりゃあ。だって、一杯のラーメン十万円ぐらいしちゃうんだから。

(小林悠)おかしいですよね。

(吉田豪)あの、豆腐作りにハマッた時は、それですよね。

(橋本かずみ)お豆腐作った時は、一丁二万円ぐらいしましたね。

(玉袋筋太郎)一丁二万!なんだよ、その豆腐作り。

(橋本かずみ)お金、かけすぎて(笑)。

(小林悠)実際、味は美味しいんですか?こだわった分。

(橋本かずみ)いや、固すぎて。お豆腐が。ぜんぜん美味しくなかったです。

(吉田豪)って言ったらキレたっていうね(笑)。

(一同)(笑)

(橋本かずみ)もう二度と作らない!って言ってましたね。

(玉袋筋太郎)(笑)

(吉田豪)基本、だからなんでもハマッちゃう人なんですよね。

(橋本かずみ)そうですね。

(吉田豪)過剰に。だからもう本当、トラック野郎にハマッたら、デコトラで入場するって言い出したりとか。で、松方弘樹さんにハマッたことがあって。で、その時に、ちょうど橋本さんが選手会長をやっていた時に、謎のことがあったんですよ。ずーっとプロレスってジャージがあるじゃないですか。代々。橋本さんの代に突然、ジャージじゃなくて学生服みたいになったことがあったんですよ。マオカラーのスーツに。

スポンサーリンク

新日本プロレスのマオカラーのスーツ

(玉袋筋太郎)マオカラーね!そう。

(吉田豪)なんでか?って思って。マオカラーって、詰め襟みたいな。

(玉袋筋太郎)服部校長が着てるやつ。

(吉田豪)そうです。そうです。

(小林悠)(笑)

(吉田豪)あれが何か?って言ったら、松方弘樹が着ててかっこよかったからっていう(笑)。

(一同)(笑)

(吉田豪)それをプロレスに導入したんですけど、素材がジャージじゃないから、本当ダメなんですよ。あの、スポーツマンが着るやつじゃないんですよ。

(橋本大地)あれ、そういう理由だったんですね。

(吉田豪)そうですよ。

(橋本大地)あ、知らなかったっす(笑)。

(吉田豪)みんな文句言ってたらしいですよ。なんで俺たち、こんなの着なきゃいけないんだ!って(笑)。

(玉袋筋太郎)ある意味、荒勢イズムだよ。荒勢。相撲の荒勢さんも常にマオカラーだったからね。うん。マオカラー。

(小林悠)憧れちゃう人が多いんですね。

(吉田豪)で、大人になってから、だからおもちゃ、子どもの頃にそんな買えなかったとかで、大人になって急にその、さくらやホビー館の存在を知った時に衝撃を受けて。いきなり30万円ぐらいおもちゃを買って。それから、もうお風呂で1人でずーっとおもちゃで遊んだりっていうね。

(玉袋筋太郎)そういう旦那さんだったんですね。

(橋本かずみ)そうですよ。お風呂で、プシューッ!って言って、ウルトラマン同士を戦わせてましたから。いつも。

(小林悠)なんでお風呂なんですか?

(吉田豪)もう当時、トップレスラーの頃ですよ。まあ、誰にも邪魔されない世界っていう。

(小林悠)ああ、もう自分の世界で。

(玉袋筋太郎)そもそも奥様との馴れ初めもね、ちょっとこうなったら聞いてみたいっていう感じなんですけども。

(小林悠)そうですよ。こんな、かわいらしい。

(橋本かずみ)なんだったっけ?

(橋本大地)『なんだったっけ?』じゃねーよ。だってもともと、あれじゃん?

(橋本かずみ)トニー・ホームに負けて・・・

(玉袋筋太郎)トニー・ホーム!

(吉田豪)はいはいはい。連敗しましたよ。

(橋本かずみ)で、札幌にちょうど行ってた時に、部屋に電話をしたら、『負けたから、俺、もう帰る!』って言ったんで、『私も一緒に帰る』って言って。その日はでも、小鉄さんと飲みに行く約束をしてたんで。私(笑)。

(玉袋筋太郎)いちいち、いいのが出てくるなー。

(橋本かずみ)それで、『まあ約束があるから、小鉄さんと飲んでから帰ってきなさい』って言われて、小鉄さんと飲んで、次の日帰って、空港で大きなぬいぐるみを買って、道場にお見舞いに行って。

(吉田豪)負けたから。

(玉袋筋太郎)そう。そしたら、その日から家に居ついていたという。

(吉田豪)ええっ、いきなり?

(橋本かずみ)そう。

(玉袋筋太郎)らしいですね。ねえ。居ついたらしいですね。それは、警備員の渡辺さんから聞きました。

(橋本かずみ)懐かしい(笑)。

(玉袋筋太郎)ホイッスル渡辺さんから聞きました。

(吉田豪)いましたね!(笑)。

(玉袋筋太郎)うん。いるんだよ。いいですな、そっからですか!つながったのが。ねえ。いいねー。

<書き起こしおわり>


吉田豪・玉袋筋太郎が語る 破壊王 橋本真也の狙撃の腕前
TBSラジオ『たまむすび』に吉田豪さんと橋本かずみさん、橋本大地さんが出演。玉袋筋太郎さんらと破壊王 橋本真也さんのスナイパーとしての一面について語り合っていました。

吉田豪・玉袋筋太郎 ラーメン研究家 橋本真也を語る
TBSラジオ『たまむすび』に吉田豪さんと橋本かずみさん、橋本大地さんが出演。玉袋筋太郎さんらと、凝り性の橋本真也さんが練習そっちのけでラーメン作りにハマッた話をしていました。

吉田豪・橋本かずみ 命を張って戦った男 橋本真也を語る
TBSラジオ『たまむすび』に吉田豪さんと橋本かずみさん、橋本大地さんが出演。玉袋筋太郎さんらと命を張って戦い続けた橋本真也さんについて話していました。

吉田豪・玉袋筋太郎が語る 橋本真也と闘魂三銃士伝説
TBSラジオ『たまむすび』に吉田豪さんと橋本かずみさん、橋本大地さんが出演。橋本真也さん、武藤敬司さん、蝶野正洋さんの闘魂三銃士の超絶エピソードを話していました。

https://miyearnzzlabo.com/archives/27659

タイトルとURLをコピーしました