スポンサーリンク

吉田豪 ハーリー木村を語る

吉田豪 ハーリー木村を語る アフター6ジャンクション
スポンサーリンク
スポンサーリンク

吉田豪さんがTBSラジオ『アフター6ジャンクション』に出演。宇多丸さんと歌手のハーリー木村さんが傷害事件で逮捕されたニュースについて、木村さんをインタビューした際の模様を交えながら話していました。

(宇多丸)そんなこんなで、まあ吉田さん、お願いします。で、今回はアイドルソングの前に芸能関連最新ニュースが?

(吉田豪)そうですね。僕ぐらいしか気づかなかったニュースを1個、拾ってみようということで。先月9日、「ルパン三世歌手逮捕。知人男性に暴行容疑。ウルトラマンも」っていう報道があったんですよ。知っています?

(宇多丸)いや、知らなかったです。

(吉田豪)この見出しだと本当にチャーリー・コーセイとかみすず児童合唱団かって思うじゃないですか?

(宇多丸)合唱団の誰かが(笑)。

(吉田豪)違うんですよ。ウルトラマン80や未来警察ウラシマンの主題歌を歌ったハーリー木村さんだったんですよね。

(宇多丸)ふんふん。

(吉田豪)ルパン三世のセカンドシーズンのエンディングテーマも歌っていたけど、正確には海援隊の『JODAN JODAN』とかを作った人っていう。

(宇多丸)ああ、そうなんですね。

(吉田豪)それで僕が去年の12月にインタビューしたばっかりだったんですよ。

(宇多丸)へー!

(吉田豪)そしてこの事件の伏線みたいな話を全部話していたっていう。

(宇多丸)ほうほう。伏線? まず、今回の事件はどういう事件だったんですか?

スポンサーリンク

インタビューと事件の伏線

(吉田豪)この事件、ちょっと不思議な事件だったのでネット上でちょっとバズったんですよ。公園でオカリナを演奏していた男性にハーリー木村さんが声をかけて仲良くなって同居をするようになったら、その男性が彼の手料理を食べなかったためにぶん殴って110番通報をされたという。

(宇多丸)なるほど。じゃあハーリーさんは割とそういう……。

(吉田豪)フレンドリーというか……(笑)。まあ、わからないですけども、そういうタイプの人ではあるんですよ。

(宇多丸)まあ、腹が立っちゃって殴っちゃったという。

(吉田豪)で、ちょうど僕が取材をしたんですけども。その2年ぐらい前から歌手活動を再開させていたんですよね。で、再開直後のコンサートが実は2年前。姫乃たまさんというアイドルの方との共演のイベントがあったんですけども。「国家権力に身柄の自由を奪われているため開催中止」っていう風になったイベントがあって。

(宇多丸)それって逮捕っていうかなんていうか……。

(吉田豪)本人に確認したら案の定、傷害事件で……みたいな。「僕、傷害は何度もあります」っていう。要するに、はじめて報道されたからこうなっているだけで、割と……で、もともとはゴダイゴの周辺で活動をしていた人なんで。それで「まあ、今日はいいか」っていうことでドラッグ経験も全部話してくれて(笑)。

(宇多丸)フハハハハハハッ! 「今日は」じゃないよ(笑)。

(吉田豪)「この機会だから全部話そう」っていう感じで。だからすごいバイオレント&ドラッグの話を全部話してくれて。

(宇多丸)まあ昔気質のミュージシャンの方はね。

(吉田豪)だってジョー山中さんとかとレコーディングしている人なんで。もともとデビューはミュージカルの『ヘアー』とかそのへんなんで、まあしょうがない!っていう。

(宇多丸)まあ当時、非常にバタ臭い線っていうかね。ウルトラマン80だってね、英語が混ざっていたりとか。そういうことだから、まあまあまあ、その時代だ。

(吉田豪)で、今回の取材ができたきっかけっていうのが木村さんがTwitterとかを始めていたんですよ。で、Twitterとかそういう窓口になっているマネージャーがわりの若い衆がいて。取材にも同席してくれたんですけども、その人がその木村さんと一緒に音楽活動をやっていて。で、もともと大ファンで。「いま、どうしているんだろう?」ってすっごい探していたら、ある日宮城県で「木村さんに殴られた」という人を発見。

(宇多丸)そっちか!(笑)。

(吉田豪)で、その人からつながって木村さんの行方にたどり着いて。

(宇多丸)足取りを掴むには、まず暴力事件から?

(吉田豪)検索をしていたらそれが引っかかったことで木村さんが表舞台に再び出てきたという流れがあって。この人も木村さんとすっかり仲良くなって一緒に住んでいたみたいな話をしていて。

(宇多丸)ああー、いろいろとつながるというか。

(吉田豪)だから今回の件で驚いているような人でも、僕のインタビューを読んでいれば驚かなかったはずっていう(笑)。

(宇多丸)ああ、「例によって」というか。一種のマーキングとしての暴力事件(笑)。

スポンサーリンク

一種のマーキングとしての暴力事件

(吉田豪)「またか」っていう(笑)。

(宇多丸)「ここにいるよ」っていうのを示すという。なるほど、なるほど。

(吉田豪)そういうことだったという。

(宇多丸)でもハーリー木村さん。ウルトラマン80とかもそうだし、ウラシマンとかもね。

(吉田豪)曲、素晴らしいですよ!

(宇多丸)まさに今週の謎の企画。アトロクでアニソン総選挙をしたらなにが1位になるのか考えよう特集……(笑)。

(吉田豪)エヴァなのか?っていう(笑)。

(宇多丸)それでコンバットRECとこの間、ずっと話していて。「ウラシマンでしょ!」とかって言っていて。「それはあんたが好きな曲だろ! すでに企画がズレてるじゃねえか!」みたいな話はしていたんだけども。まあまあでも、すごいかっこいい曲をいっぱい歌っているんで。

(吉田豪)ぜひとも。ベスト盤も出ています!

木村昇 オール・タイム・ベスト~HARRY Works~
木村昇
日本コロムビア (2016-11-02)
売り上げランキング: 13,317

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました