スポンサーリンク

杉作J太郎と村瀬秀信 文春野球を語る

杉作J太郎と村瀬秀信 文春野球を語る ラジオ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ライターの村瀬秀信さんが南海放送『爽快!杉作J太郎のガンバレカープ大放送』にゲスト出演。杉作J太郎さんと文春野球コラムについて話していました。

(杉作J太郎)村瀬さんと言えば本が出たばっかりというかね。村瀬さん、基本的には文春野球というね、僕とこの番組のディレクターの藤田さんが1年間、監督という名前でやらさせていただいて。

(村瀬秀信)1年間、ありがとうございました。

(杉作J太郎)あの1年間、なんとかね。あれ、大変だったんですよ。藤田さんも「嫌だ、嫌だ」って言ってね。

(村瀬秀信)あ、そうだったんですか?(笑)。

(杉作J太郎)僕が矢面に立っていたんですよ。「Jさん、僕はもう辞めさせてもらいます。僕はもう嫌ですよ!」みたいなね。

(村瀬秀信)そうだったんですか!

(杉作J太郎)ほんで、僕も言っていたんですよ。「俺も嫌なんですよ!」みたいなね。

(村瀬秀信)道理で2人とも電話に出てくれなかったわけだ(笑)。

(杉作J太郎)それはね、まあさっきも村瀬さんに会って早々に言っていましたけども。やっぱりね、面白かった、面白くないをカウントで付けるのがね。「HIT」っていうやつですよね。あれがどうしたもんかなっていうね。

(村瀬秀信)まあね。あそこのところはすごく難しい問題ではあるんですけども。

(杉作J太郎)あのね、村瀬さんなり文春の人の気持ちもわかるんですよ。野球も対戦しているから、コラムも対戦っていうのも。僕は逆の考えなんですよ。野球が対戦しているんだったら、コラムぐらいは仲良くしようよっていう。だから僕はね、他のチームの人たちともっと仲良くなれると思ってやったんですよ。

(村瀬秀信)はいはい。

(杉作J太郎)でもあれだとね、やっているとモメる一方なんですよ。

(村瀬秀信)そうなんですよ。意外とギスギスしちゃっているんですよ。

スポンサーリンク

HIT数でモメる

(杉作J太郎)あれはね、これ文春の人も聞くかな? ぜひ聞いてもらいたいけども。あれはチームとチームの対抗心を助長させるだけなんだよね。ファン同士は僕はもうちょっと仲良くした方がいいと思いますけどね。

(村瀬秀信)そうですね。最終的には書き手同士もギスギスしちゃったりしていたんですよ。

(杉作J太郎)誰ですか? 書き手同士がモメたりしました?

(村瀬秀信)やっぱりね、みんな本気になってくるとやっぱり「ズルいじゃないか!」とかあるんですよ。

(杉作J太郎)ズルい?

(村瀬秀信)たとえばヤクルトとかだと、長谷川さんがつば九郎とかを代打に出したんですよね。「あ、そんな有名人を出してズルいじゃないか!」とかね。

(杉作J太郎)ああーっ!

(村瀬秀信)あとはロッテだと梶原さんっていう球団広報の方とか。

(杉作J太郎)真中さんも書いていたじゃないですか。

(村瀬秀信)真中さん、伊藤智仁さんとかですからね。でも、それは戦い方ですから。

(杉作J太郎)ズルいっていう人、いたでしょう?

(村瀬秀信)いました。

(杉作J太郎)言ってましたよ、藤田さんも。「あれはないわ!」みたいな。

(村瀬秀信)でもそれも長谷川さんの人脈がなせる技っていうところで、ひとつのライターとしての総合力という意味で。

(杉作J太郎)まあだからね、対決さえしなかったらモメなかったと思いますよ。

(村瀬秀信)そうですね。

(杉作J太郎)だから僕ね、ネットの記事とかよく分かるんですけど。読んだ、読まないみたいな。うーん、どうなのかな?っていう風には……まあ、そんな話じゃないんですよ。今日は。これはなにもわざわざいま、言わなくてもいい。村瀬さんは文春野球のコミッショナー。僕もね、村瀬さんが「やらないか?」って言ったからやったんですよ。村瀬さんだから受けたんですから。

(村瀬秀信)ありがとうございます!

(杉作J太郎)そうじゃなかったらね、文春の仕事なんか受けるわけないんだから。

(村瀬秀信)フハハハハハハハハッ!

(杉作J太郎)僕はね、「文春なんか」ってことはないですけど、週刊文春とかの文春砲が嫌いなんですよ。文藝春秋の方はまだわかります。政治とか財界の話は。でも年端もいかない芸能人の、それも女の子……ただでさえアップアップで一生懸命やっている子を叩くっていうのは大人の男子のやることなのかな?っていうね。

(村瀬秀信)ねえ。でもそれを僕に言われると困るんですよ(笑)。

(杉作J太郎)いやいや、わかります。でも、村瀬さんだから受けたのよ。

(村瀬秀信)でも一度も原稿を落とさずに1年間、やっていただいてね。藤田さんも無理を言って。

(杉作J太郎)まあだから、それは担当の人もそうですけども。やっぱり会社の姿勢はいろいろとあるだろうけども。僕は文春、目崎さんっていう僕の仲間もいるんで。目崎さんなんかもやっぱり同じ産湯につかっていないだけで、本当に同じ銭湯に通ってね。

(村瀬秀信)ああ、そうなんですか?(笑)。

(杉作J太郎)そうなんですよ。おまけに僕の学校の後輩ですから。だから、目崎さんなんかはちゃんとしっかりしている。しっかりした人物です。

(村瀬秀信)そうですか。ずいぶん偏っていますね(笑)。

(杉作J太郎)だから、その会社自体が……会社の方針はちょっと物申したいだけで。罪を憎んで人を憎まずじゃないけども。

(村瀬秀信)でも、書いてある原稿でね、杉作さんの原稿であり、藤田さんの原稿っていうことで。ひとつ違うものが出せたんじゃないかな?っていうね。

(杉作J太郎)あとで機嫌を取っておいてくださいよ。ずいぶんと機嫌を取るのが大変だったので(笑)。

(村瀬秀信)本当、藤田さんのおかげで日本一、アドゥワ誠情報が豊富な媒体になりました。ありがとうございます(笑)。

(杉作J太郎)だいたいこの藤田さんも最初は代打だったから。だから嫌々やったんですよ。もともとはほら、温泉スッポン芸者っていう人がいて。その温泉スッポン芸者がやるはずだったんだけど、それがやらないもんだから。

(村瀬秀信)そうでしたか(笑)。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました