ハライチ岩井 落合福嗣とのプロ野球観戦を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

ハライチの岩井さんがTBSラジオ『ハライチのターン!』の中で『グラゼニ』で共演した落合福嗣さんと神宮球場でプロ野球観戦をした話をしていました。

(岩井勇気)この間ちょっとね、人生で初の野球観戦をしてきて。

(澤部佑)珍しいね!

(岩井勇気)そうなんですよ。しかもね、落合福嗣くんと。

(澤部佑)おおーっ! 行ったの? すごいことしてるじゃん!

(岩井勇気)はい。落合監督の息子ね。この間、『グラゼニ』っていうアニメのアフレコをちょっとさせてもらった時、主演で福嗣さんがいて。で、声をかけてもらって連絡先を交換した時、「今度野球観戦に行きましょうよ」って言ってくれていたんだけど。まあ、社交辞令だろうと思っていたんだけどさ。

ハライチ岩井 アニメ『グラゼニ』アフレコと声優・落合福嗣を語る
ハライチの岩井さんがTBSラジオ『ハライチのターン!』の中でアニメ『グラゼニ』のアフレコ体験についてトーク。主役・凡田夏之介役の声優・落合福嗣さんについても話していました。 ...

(澤部佑)まあね。

(岩井勇気)先週、LINEが来て。「いつ行きます?」みたいな。

(澤部佑)おおっ、すごいよ、それは。

(岩井勇気)「おおっ、本当に行くんだ!」ってなったから。「○○が空いています」って返信したの。そしたら「あ、その日は俺も空いてますわ。神宮球場に行きましょう」ってなったのよ。で、行った日、その日が神宮だからヤクルトスワローズと中日ドラゴンズの戦いで。落合監督が監督をやっていた中日ですから。当日、『グラゼニ』のスカパー!の女の人も来ることになって、3人で行こうみたいな感じになったのよ。

(澤部佑)うんうん。

(岩井勇気)で、待ち合わせしたの。神宮球場で。それで待っていたら落合さんとスカパー!の人が来て。「中に入りましょう」みたいになって。で、福嗣さんが「そろそろシーズンが終わるんで、人が多いですね」みたいなことを言うから、「まあ、そうっすね」って言って。「……シーズンってなんですか?」って(笑)。

(澤部佑)フハハハハハッ! それは別に野球用語じゃないから(笑)。

(岩井勇気)「どういうことなんですか、シーズンって?」って。もうそのレベルだから、俺。野球全くわかんないから。で、教えてくれる感じでたぶん俺、言っているから。で、「6球団あって、1シーズンリーグ戦をして、3球団に絞られて、そこから1位を決める戦いをやって。その後に……」みたいな説明をしてもらって。落合監督の息子に(笑)。

(澤部佑)すごい贅沢(笑)。

(岩井勇気)で、「行きましょう」ってなって。とりあえずビールを買ってさ。で、「席につきますか」なんて言って。3塁とホームベースの間の席の前の方ね。

(澤部佑)じゃあいい席何じゃないの?

(岩井勇気)そう。で、なんかすごいのね。福嗣さんが。隣のおじさんとかとめちゃくちゃしゃべるの。「デカくてごめんね」みたいな。福嗣さん、デカいから横にかぶっちゃって。「おじさん、1人?」みたいな。周りの人とすげーしゃべっていて、すげーなって思って。でも本当にさ、「最近野球見に行かないんですよ。今年も全然行ってないし、久々に来ましたわ」みたいな。「今年、1回東京ドームに行っただけかな」みたいな感じで話していて。その時に写真を撮ったらしくて、それを見せてもらったらもう法王が座る席みたいなさ(笑)。上の方のVIPのボックス席みたいなのがあるんだけど、そこで観戦している様子を。金持ちそうな夫婦と観戦している様子が出てきてさ。「ああ、ああ……福嗣くんだ……」って思ってさ(笑)。

(澤部佑)やっぱり福嗣くんだね。

(岩井勇気)まさに福嗣くん!って思って。「よくこの席で俺と見てくれているな」って思って。で、全く俺が野球をわかんないからさ。もう始まるまで「セ・リーグとパ・リーグってなんですか?」とか「ルールって違うんですか?」「優勝すると野球ってどうなるんですか?」とか。そんなことを聞きまくっていたらさ、福嗣くんも呆れたのか、「あっ、なんか虫が飛んできましたよ!」とかさ。「ファウルボールが来たりするから、危ないですよ!」とか。「あっ、見てください。マスコット。つば九郎とつばみちゃんって言うんですよ!」みたいな。いよいよ子供を連れてきたみたいな(笑)。

(澤部佑)フハハハハハッ! もう諦めてるんだ(笑)。

(岩井勇気)諦めちゃってさ(笑)。「ああっ、なんか申し訳ないな」って。楽しませてくれようとしてくれているのかもしれないけど。「なんかちょっと、ああ……ごめん!」って思ったりとかさ。で、野球場でまたいいのが、試合が始まるまでずーっとなんかやってるのね。野球場って。

(澤部佑)飽きさせないように。

(岩井勇気)そう。なんかチアガールが踊ったり。あとはマスコットが出てきたり、始球式をやったりとかっていう流れがあって。つば九郎とつばみちゃんっていう燕のスワローズのキャラクターが踊っていてさ。で、遠くでもう1体、踊っているキャラクターがいて。「あれ、なんだ?」って思って見たら首から上だけ鳥の人間のキャラがいてさ。首から上だけ赤い鳥なのよ。で、ユニフォーム着ていて。1体だけ怖いのよ。で、調べたらトルクーヤっていうヤクルトのキャラで。で、ヤクルトを背負ってんの。つば九郎とつばみちゃんは踊っているんだけど、そいつだけなんか誰も見ていないのね(笑)。

(澤部佑)まあ、かわいそうだな(笑)。

(岩井勇気)かわいそうだなって思って。で、試合が始まるんだけど。福嗣さんは当然中日側っぽい感じなのね。応援も。でも、『グラゼニ』の主人公のチームはスワローズを模しているみたいな感じなんだよ。俺とスカパー!の人はヤクルト側をちょっと応援していてさ。で、福嗣さんの前でヤクルトを応援するのもなんだかな……って思いながらやっているんだけど。で、ヤクルトの先発のピッチャーがさ、その日が初先発のピッチャーで。

(澤部佑)ふんふん。

(岩井勇気)たまたまはじめて見に行った日に。高橋奎二っていう21歳のピッチャーだったんだけど。これはもう初先発、日がかぶったってことだから、応援しよう!って思って。そしたらさ、すごいよね。1回、2回と0点で抑えて。で、2回の裏になったら福嗣さんとスカパー!の人が「ちょっとつまみを買ってきます」って席を離れたの。そしたら2回の裏ね。バレンティンっていう……すごいね、あの人。バレンティンっていう人。

(澤部佑)フフフ(笑)。

(岩井勇気)バレンティンっていう人。バコーン!って打ってヒットを出してさ。

(澤部佑)ヒット(笑)。

スポンサーリンク

バレンティンがバコーン!(ヒット)

(岩井勇気)で、その後の雄平ね。雄平がもうすごいのよ。バコーン!って打って。

(澤部佑)フハハハハハッ! 「バコーン!」って(笑)。

(岩井勇気)バコーン!って打つのよ。で、ヒット。これで1点入るのよ。

(澤部佑)いや、ヒットでしょう? バレンティン、雄平がヒットの感じ? それ、ホームランの感じでしゃべっているけど。ヒットなのね。

(岩井勇気)バレンティンがバコーン!って打って、ヒット。で、雄平がバコーン!って打って、ヒット。

(澤部佑)なんかスタンドまで行っている感じでしゃべっているけど(笑)。

(岩井勇気)「うおおおーっ!」ってなって。「すげーっ!」ってなって。でも俺、1人しかいないから。みんな買いに行っちゃっているから。「うおおおーっ!」って盛り上がって。でさ、「すげーな!」って。で、3回も高橋奎二が0点で抑えるわけよ。そしたら4回の表。中日のビシエド。ビシエドがさ、バコーン!って。

(澤部佑)ヤバい! 行った(笑)。これは行きましたね(笑)。

(岩井勇気)ビシエドがバコーン! ホームラン。

(澤部佑)ホームラン、来た!(笑)。これは行っているのね?

(岩井勇気)これはもうすごい。でさ、ボコボコ点が入っちゃって。4回の表で5点、取られちゃうんだよ。「うわーっ!」ってなって。

(澤部佑)ちょっとね、打たれちゃったか(笑)。

(岩井勇気)「くっそー! なんだよー! 勘弁してくれよー! 高橋奎二なのによ!」っつってさ(笑)。「もうおしまいだよ、これ……」っつって。そしたらさ、高橋奎二がもう代えられちゃって。「うわーっ!」ってなって。そう思っていたらよ、6回の裏でバレンティンね! バレンティン。バコーン!って。

(澤部佑)フハハハハハッ! 行った?

(岩井勇気)行った。バコーン!って。点を取って。で、雄平。バコーン!

(澤部佑)フハハハハハッ! すごい!

(岩井勇気)連発、ホームラン。で、5点取り返すんだよ。

(澤部佑)おおっ!

(岩井勇気)で、「おおおーっ! バレンティン、雄平、ばんざーい!」って言って。

(澤部佑)すげえハマってるな(笑)。

(岩井勇気)で、めっちゃくちゃ盛り上がってさ。「すげー!」なんて言っていたらさ、スカパー!の人もバーッ!って盛り上がった時にさ、その人が持っていたソーセージの盛り合わせを皿ごとバコーン!ってブチまけて(笑)。

(澤部佑)フハハハハハッ!

(岩井勇気)皿ごと。ソーセージを(笑)。

(澤部佑)ホームランと同じ音だよ(笑)。ダメよ(笑)。

皿ごとソーセージをバコーン!

(岩井勇気)スカパー!の人が持っていた皿をさ、バコーン!ってブチまけちゃってさ。で、前にいたサラリーマンの白シャツにマスコットがビャビャビャビャーッ!ってついちゃってさ。で、サラリーマンの人も「うわーっ!」ってなってさ。よりによってしかも中日ファンなのね。

(澤部佑)うわーっ!

(岩井勇気)で、「ああ、すいません、すいません!」ってなって。でさ、スカパー!の人もお母さんだから。もうさ、持っていたハンカチでパンパンパン!って。「すいません、すいません!」って言って拭いて。でも黄色の色が抜けなくてさ。で、子供がいるから、子供の服のためにしみ抜きのスプレーみたいなのを持っていてさ。いきなりそれをブワーッてシャツにかけだして。サラリーマンもなんかわからないものをかけられているから。「えっ、なんすか、これ? 大丈夫ですか? 大丈夫なやつですか、これ?」って(笑)。で、ビビッちゃってさ。でも、それをかけて叩いていたら落ちて。きれいに落ちて。サラリーマンも「ありがとうございます」って言って。「いや、絶対にありがとうございますジェねえだろ?」っていう(笑)。

(澤部佑)フハハハハハッ!

(岩井勇気)「そもそもかけられているんだから。絶対にありがとうございますじゃねだろ?」って思ってさ(笑)。で、そのままの点で。1点リード状態で。1点、最初に入って。で、5点取られて5点返しているから1点リードの状態で。それで9回の表。抑えれば勝ち。2アウトを取りました。そしたらさ、あと1アウトですってなったら神宮球場はヤクルトのホームだから。マイクアナウンスと大画面でさ、バーン!って。「あと3球!」みたいなのが出るの。で、煽りが出てさ。観客も「うわーっ!」って。「3」ってなって。1ストライク取ったら「2」みたいなのが出てブワーッと盛り上がるんだけど。

(澤部佑)うん。

(岩井勇気)なんかちょっとひどくない?って思って。ホームだからって。「おらーっ! あと3球だぞ! あと2球!」みたいな感じなのよ。

(澤部佑)どこもそういうもんじゃない?

(岩井勇気)サッカーだとありえないのよね。やっぱりね。その煽りみたいなのって。なんか野球だなって思ってさ。紳士のサッカーっていうスポーツだとありえない感じだなって。球場ごとそれをやっているから。なんか怖いなって。で、そのまま打ち取って勝ったんだけどもさ。で、めちゃめちゃ盛り上がって。「うわーっ、初の野球観戦、楽しかった!」って。

(澤部佑)おお、よかったね。

(岩井勇気)で、帰りも「ありがとうございました。楽しかったです!」「喜んでくれてよかったです」みたいな感じで福嗣さんも言ってさ。で、帰ったんだよ。で、次の日。福嗣さんから「昨日の写真です」って福嗣さんが自撮りした俺と福嗣さんの2ショットみたいなのがあって、LINEに送られてきて見たらさ、福嗣さん、デカいじゃん。で、俺もすげー楽しそうにしているから、見たら俺、すっごい彼女みたいな顔してて(笑)。

(澤部佑)フハハハハハッ! 寄り添っている感ね。

(岩井勇気)そう。そんな感じで写っていてさ。「ああ、女だな、俺」って思って(笑)。

(澤部佑)そう見られていたかもな。周りにね。

(岩井勇気)まあ、楽しかったですよ。

(澤部佑)いやー、よかったね。ちょっと擬音の使い方だけちゃんとして。

(岩井勇気)えっ?

(澤部佑)ホームランの音とソーセージをブチまけた音、一緒じゃダメだから。

(岩井勇気)いやいや、ソーセージをブチまけた時、すごかったけどね。バコーン!って。

(澤部佑)フハハハハハッ!

(中略)

(澤部佑)じゃあ、スポーツ観戦、行くかもね。ありかもね。

(岩井勇気)神宮はよかったね。

(澤部佑)神宮、気持ちいいもんね。

(岩井勇気)神宮はよかった。上も開けていたし。

(澤部佑)ちょっと暑さも収まってきて。

(岩井勇気)で、台風の次の日だったんだよ。で、めっちゃ晴れていて、風もあって。

(澤部佑)気持ちいいね。がんばって選手名も覚えたね。

(岩井勇気)ビシエドね。バレンティン、雄平。ビシエド、すごいから。打った時。

(澤部佑)ビシエドのホームランの音はなんだっけ?

(岩井勇気)バゴォーン!

(澤部佑)雄平のヒットの音は?

(岩井勇気)バコーン!

(澤部佑)フハハハハハッ! そんな差はついてなかったよ、さっき!

(岩井勇気)バレンティンのヒットはパコーン。

(澤部佑)全然違うよ! 全然違うじゃん! ソーセージは?

(岩井勇気)バゴォーン!

(澤部佑)フハハハハハッ! ビシエドと一緒なんだよ。ソーセージ、ビシエドと一緒なんだよ!(笑)。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする