吉田豪とプー・ルイ ギュウゾウを語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

プー・ルイさんが『猫舌SHOWROOM』火曜日『豪の部屋』の中で吉田豪さんとギュウゾウさんについて話していました。

(吉田豪)まあでも、いろいろとあったこともどんどん風化していった感じですかね?

(プー・ルイ)そうですね。本当に。

(吉田豪)結果、上手くいって。

(プー・ルイ)結果、上手くいったのは渡辺(淳之介)さんがね、上手くいったんでよかったんじゃないですかね(笑)。

(吉田豪)僕が好きなエピソードが、ちょうど武道館をやるっていうのを発表するのができなくなったようなぐらいのタイミングがあったじゃないですか。あの時にBUBKAでギュウゾウさんとBiSのメンバーの対談があったんですよ。覚えてます?

(プー・ルイ)はい。ありました。

(吉田豪)で、ギュウゾウさんはそのころにはもうただのオタの身になっていたんで、すごいテンションが上って浮かれていて。で、メンバーがその時、へこんでいたんですよ。ちょうど「武道館ができなくなった」ってわかった瞬間だったみたいで。すごい落ちていたのにギュウゾウさんは何も気づかないで。「ねえ、そんなのへこんでたってしょうがないよ! 楽しく行こうよ!」みたいな感じでノリノリでやっていて……。

(プー・ルイ)アハハハハハッ!

(吉田豪)で、その後のフリーライブでその(武道館ができなくなったという)発表をして。で、ギュウゾウさんがガチへこみをして僕に謝罪文を送ってきて(笑)。「豪ちゃん、ワシはとんでもないことをしてしまった……返信は不要です。ワシは空気が読めないばかりに……」みたいな(笑)。

(プー・ルイ)アハハハハハッ! いや、そんな。

(吉田豪)っていうような事件がありまして。

(プー・ルイ)意外と気にするんですね。

(吉田豪)すごい気にするんですよ。実は。

(プー・ルイ)その時だけですよ。別にメンバーがへこんでいたのは。

(吉田豪)まあね、「上手く転がしゃあいい」ぐらいになる人たちですよね。

(プー・ルイ)そうです、そうです。さすがに言われた直後はね、一応人なんで(笑)。

(吉田豪)人ですよ(笑)。武道館を目指していたのができなくなったら、へこむだろうけど。

(プー・ルイ)まあ、横アリができたんだから。

(吉田豪)なんの問題もないですよね。

(プー・ルイ)なんの問題もないです。

(吉田豪)その時期はギュウゾウさんがだんだんおかしくなっていく流れが楽しくて。たしかBUBKAの、誰もインタビューだったかな? BiS絡みのインタビューで、それを読んだヒラノノゾミさんが激怒して……とか。

(プー・ルイ)フハハハハハッ!

(吉田豪)で、それを読んだオタにも激怒されて。オタが「いますぐギュウゾウ、ここに来いよ!」とか呼び出されてギュウゾウさんがそこに行くとか。いろんな「右翼を呼び出しちゃったよ……」みたいな事件とかがあった時期ですよ。みんなが熱くなっておかしくんっていたっていう。

スポンサーリンク

ギュウゾウ・BiSヒラノノゾミ対談記事ネット炎上騒動

吉田豪が語る ギュウゾウ・BiSヒラノノゾミ対談記事ネット炎上騒動
吉田豪さんが雑誌BUBKAのUstream番組『豪STREAM』の中で、誌面に掲載された電撃ネットワークギュウゾウさんとBiSのヒラノノゾミさんの対談記事がネットで炎上気味になって...

(プー・ルイ)たしかに。ノンちゃんのキレるの、私また見たいんですよ。

(吉田豪)フハハハハハッ!

(プー・ルイ)見たくないですか?

(吉田豪)面白かったですけどね(笑)。ギュウゾウさん、ノンちゃん推しなのにブロックされるっていうね(笑)。

(プー・ルイ)アハハハハハッ! えっ、いまもですか?

(吉田豪)いまもかな? どうなったんだろう?

(プー・ルイ)さすがにいまはしていないような気がするけど。

(吉田豪)最高でしたよ。

(プー・ルイ)ノンちゃんこそ大人になったっていうか。もうなにかを諦めたのかわからないですけど。

(吉田豪)そういう風なの、なくなったんですか?

(プー・ルイ)しないんですよ。私、YouTube始めた1個大きい理由にまたノンちゃんのキレ芸を見たいっていうのは裏テーマであって。でも全然怒らない。

(吉田豪)へー!

(プー・ルイ)それを言うと、なんか嫌な顔をするだけ。

(吉田豪)怒らないんだ。

(プー・ルイ)「キレているの、見たいんだよね」っていうと、……みたいな顔をするけど、キレないですね。

(吉田豪)ギュウゾウさんで言うと、去年ぐらいですかね? 僕の大好きな話があって。プー・ルイさんのダイエット炎上騒動があったじゃないですか。あの時に、本当に深刻な……結構大事になっていたじゃないですか。大事になっていることにギュウゾウさんが一切気がついていなかった事件っていうのがあって。

(プー・ルイ)ああ、なんかそれ、見た!

(吉田豪)大変な状況の時にギュウゾウさんが僕に話しかけてきて。「炎上してますね」みたいな話をしていたら、「豪ちゃん、俺さ、いますっごい楽しいんだよ。今回の炎上が!」って言っていて。「なんでですか?」って聞いたら「いままでさ、BiSはどんなにがんばってもこんなに炎上しなかったじゃん? うれしくてねー!」って言っていたら……(笑)。

(プー・ルイ)フフフ、それ、なにで言ったんですか? 私、あんまり見ていなくて。

(吉田豪)僕とばったりなんかのライブで会った時、普通に雑談で話していたのを僕が言いふらしたんですよ。

(プー・ルイ)ああ、そういうことか!

(吉田豪)ギュウゾウさん、ひどいんですよ。あれが本当の揉め事だっていうことに気づいていないんですよ、あの人!(笑)。「うれしい!」っていう(笑)。

(プー・ルイ)ああ、プロレスだと思ったっていうことですか?

(吉田豪)プロレスっていうか全然……だから渡辺さんもプー・ルイさんもへこんでもいない。楽しいことになったな。やった、ついにBiSが世間に届いた!っていう(笑)。

(プー・ルイ)違う! アホか!(笑)。

(吉田豪)アホなんですよ(笑)。本当にそれがわかっていなくて。「見ればわかるじゃないですか! これ、深刻な事態ですよ!」っていうのがひとつもわかっていない。天才でしたよ。

(プー・ルイ)天才すぎ!

(吉田豪)「いやー、プーちゃんよかったよねー!」って言っていて。全然よくないっていう(笑)。

(プー・ルイ)なんにもよくないですよ!

吉田豪とギュウゾウ BiSプー・ルイ活動休止騒動を語る
吉田豪さんがRADIO BERRY『ギュウゾウと里咲りさのアイドルパンチ!』にゲスト出演。BiSプー・ルイさん活動休止騒動やギュウゾウさんの天才的な空気の読めなさについて話していま...

(吉田豪)超大変だったタイミングだったじゃないですか。

(プー・ルイ)大変でした。

(吉田豪)あの渡辺さんですらヤバいと思っていたぐらいの時期で。

(プー・ルイ)そうですね。私はもうすごい炎上していたから、Twitterとか見ないようにしていました。ここでいま、自分で傷つきにいく必要もないじゃないですか。

(吉田豪)それでギュウゾウさんが浮かれていることに気づくこともなく。

(プー・ルイ)なんか怒られているなとは思ってたんです。なんか、ひさしぶりに開いたらDMが来ていて「ごめんなさい」みたいなことで。「ん? なんで誤っているんだろう?」っていう感じでした。

(吉田豪)へー(笑)。わかっていなかったんですね。天才的なんですよ。

(プー・ルイ)すごいですね。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする