スポンサーリンク

神原孝と吉田豪 河村唯を語る

河村唯 吉田豪の職業を探る SHOWROOM
スポンサーリンク
スポンサーリンク

元アイドリング!!!の河村唯さんが『猫舌SHOWROOM 豪の部屋』に出演。アイドリング!!!プロデューサーの神原孝さんと吉田豪さんが河村さんについて話していました。

(吉田豪)神原さんから見た河村さんはどういう人なんですか?

(河村唯)なんで?

(神原孝)「ゆがんでるな」っていう……(笑)。

(吉田豪)「ゆがんでる」(笑)。

(神原孝)真面目なの。

(吉田豪)すごい真面目なのはわかります。

(河村唯)真面目ですか? 真面目じゃないよ……。

(神原孝)「真面目」って言うと「真面目じゃないです」って言うんだけど……基本は真面目なんです。

(河村唯)なんですか、これ? 三者面談? やだー!

(吉田豪)フフフ、大人たちが(笑)。

(神原孝)なんかこう、いじられると「そうじゃないです!」ってなるのが面白くて。みんなそれをスイッチにしていじるっていう。

(河村唯)どういうこと? えっ、知らなかった。

(吉田豪)バラエティー的にだから、変にバラエティーがわかっている人の反応よりはそっちの方が楽しいわけですよね。

(河村唯)えっ、知らなかった。だからそういう風に私のことを言うの?

(吉田豪)だと思いますよ。

(神原孝)ただ、企画が時々壊れるっていう(笑)。

(吉田豪)フハハハハハハッ! ガチすぎて(笑)。

(神原孝)「ああーっ! やっちゃった!」ってスタッフがみんな思うっていう(笑)。

(吉田豪)計算がないからこその面白さもあるし、アウトなこともあるっていう。

(神原孝)「やってもうたー!」っていう(笑)。

(河村唯)「やってもうた」(笑)。すいません。たしかによく泣いてましたもんね。

(吉田豪)何度かあったんですか? 「これはちょっとオンエアーできなかった」みたいなのは? 入りすぎて。

(河村唯)入りすぎてはないですよね?

(神原孝)オンエアーはしているけど。ボツにはなっていないよね。でも、ロケで使われていないとかはあるかもしれない。

(河村唯)そうですね。えっ、なんかあったかな?

(神原孝)意外と後半は「河村に向いているか、向いてないか」は会議で語られていた。

(吉田豪)ああーっ。

(神原孝)「これは河村に行くとヤバいぞ。やめておこう」っていうのはあった。

(河村唯)えっ、超嫌なやつじゃないですか。超めんどくさい。

(神原孝)フフフ、いやいや、おいしいっていう。

(吉田豪)全然。よかったからこうなっているんでしょうし。本当に厄介だったらただ使われなくなるだけで。

(河村唯)ああ、そういうこと?(笑)。

(吉田豪)結果、面白くなりそうな人だっていうことでたぶんプラスになっていたんだと思いますよ。

(神原孝)使い道がちゃんとあったっていう。

(河村唯)ああー。……ビール飲んじゃおう(笑)。

(吉田豪)フハハハハハハッ! どんどん飲んじゃいましょう!

(河村唯)もうこんな話しないから。もうやだー! すいません(笑)。

(神原孝)いや、素晴らしいよ。

(吉田豪)そんなんだったら上京して早々につまり、壁にぶつかるわけですよね。「これ、どうなんだろう?」とか「私、やっていけるのかな?」みたいに思わなかったんですか?

(河村唯)その「私、やっていけるのかな?」が悔しかったんですよ。「なめんなよ! 静岡のやつでもいけるぜ!」みたいな感じで、10年(笑)。

(吉田豪)フハハハハハハッ! なめられたくないだけで?

(河村唯)気づけ、気づけ!っていう。すいません、はい(笑)。

(吉田豪)心が折れたら負けだと思って?

(河村唯)そうそうそう。なにを東京に負けてやがる、みたいな感じの構え。

(吉田豪)でもそれで何度も泣いたりしていたわけじゃないですか。

(河村唯)フフフ、そうそう。たしかにいっぱい泣いた。すいません、企画でいっぱい泣きましたね。本当に悲しいんですよ。

(吉田・神原)フハハハハハハッ!

(吉田豪)でも、そこがいいんだと思いますよ。

(河村唯)それだけはなんか……企画中、本当に悲しい。

(吉田豪)特に悲しかったのはなんですか?

スポンサーリンク

黒ひげ危機一発でメインボーカルを決める

(河村唯)結構最新で言うと、ほら。黒ひげ危機一発でメインボーカルを決めるっていう。私は歌いたいからこの棒に命を賭けたら、黒ひげが飛んだんですよ(笑)。

(吉田豪)テレビ的には最高においしいっていう。

(河村唯)めちゃめちゃ悲しい! 泣きました……(笑)。

(吉田豪)フハハハハハハッ! 本気でやった人が飛ばすっていうのは最高なわけですよ。テレビとしては。

(河村唯)そう。テレビとしてはね。でも河村唯としては最低なんですよ。「これ、飛ぶな、飛ぶな……えいっ! ああっ、飛んだーっ!」って(笑)。

(吉田豪)歌への思いが死ぬほどある人だから。

(河村唯)そうそう。だってCDで前に映れるとか。当時はあんまりありえなかった。「前に行けるなんてありえない。こんなチャンス、ありえない。この棒に賭けるぞ、えいっ!」で飛ぶって結構悲しいんですよ。

(神原孝)新体制になって要はメンバーの方のがんばりでメインボーカルが決まりますっていうのがたまたま決めれなかったんで、めんどくさくなって黒ひげ危機一発に……(笑)。

(吉田豪)めんどくさくなってなんですか(笑)。

(河村唯)そう。それで「バラエティーで決めちまえ!」みたいなノリがあったんですよ。奇跡じゃないですか、そんなノリ。やった!って思って。

(吉田豪)「私にチャンスが回ってきた!」みたいな。

(河村唯)「チャンスを平等にくれる。ありがとう、大人!(バンッ!)ああーっ!」って(笑)。

(吉田豪)フハハハハハハッ! 「飛んだーっ!」って(笑)。

(神原孝)あれからしばらくみんな、黒ひげを出すと嫌がるっていう(笑)。

(河村唯)結構トラウマ。

(吉田豪)うわあ。(コメントを読む)「黒ひげPTSD」(笑)。

(河村唯)アハハハハハハッ! 結構たしかに黒ひげはあまり好きくないな。でも。そうなんですよー。

(神原孝)あそこからでも、アイドリング!!!のメインボーカル決めは演出の嶋田に毎回俺が「いま、このシーズンでがんばった5人を挙げろ」って言って、挙がった名前がメインボーカルになるっていうので。だから歌える、歌えないは関係なかった。

(吉田豪)なるほど。

(神原孝)ともかく番組がベースだから、番組でがんばったっていう評価をおくるっていう。で、演出の嶋田が言った5人をとにかく俺がメインボーカルにしてっていう。

(吉田豪)歌とかダンスのスキルも関係無くっていう。

(神原孝)関係無く。全然関係ない。

(河村唯)たぶんアイドリング!!!だけですよね(笑)。

(吉田豪)フハハハハハハッ!

(神原孝)だから尾島がセンターに来たりしていたっていう(笑)。

(河村唯)ああ、ねえ(笑)。あとね、二期生とか。あれ、嬉しかった。

(神原孝)二期だけでやったりとか(笑)。

(河村唯)無謀な(笑)。

(吉田豪)がんばったらいくらでもそうやって下剋上ができる。

(神原孝)そう。ルックスは関係ないっていう(笑)。

(吉田豪)フハハハハハハッ!

(河村唯)でもちょっと悲しかったのが、『ユキウサギ』で5人、結構メインにさせてもらって。「二期生メイン、やったね!」って言っていざPVを見たらビジュアル担当の方が担当をしていたから。「ああ、ビジュアルはダメだったんだー!」って(笑)。

(吉田豪)フハハハハハハッ!

(神原孝)PVは商品だよ!

(河村・吉田)フハハハハハハッ!

(吉田豪)なるほどね。PVはテレビとは違うから(笑)。

(神原孝)そうなんです。

(河村唯)「ああ、悲しいね!」って言って(笑)w。

(吉田豪)野武士たちが(笑)。

(河村唯)そう(笑)。「整形はしたくないよね」って言って。あったね。ありました(笑)。

(吉田豪)そんなことがあったんですね(笑)。

(河村唯)いまはよき思い出。ありました、ありました。

(神原孝)いい話だな(笑)。

(吉田豪)悔しさはあった?

スポンサーリンク

PVは別物

(河村唯)でも「PVはまあ、しょうがないよね」っていうのはちょっとありました。本当にかわいいんですよ。ちゃんとね、メインどころっていうか。わかっている。「自分が白いバックでこうやって映る、こういう映り方だ」っていうのがわかっている……。

(吉田豪)ちゃんと「かわいい」をビジネスにできる人っていう。

(河村唯)そうそうそう。

(神原孝)番組のことをよく知らない人がPVを……ポニーキャニオンが発注した人が撮っていたから。最終的なチェックは俺らするけども、途中のオフラインの段階で「まあこれでいっか」って……。

(吉田豪)フフフ、なるほど。知らない人が見たらセンターとか、推すのはこの子だなって。客観性を重視(笑)。

(河村唯)二期生が怠ってきちゃったところだからね、そこは(笑)。

(神原孝)「これが一般市民だ」っていう(笑)。

(吉田豪)フフフ、まあね、アイドリング!!!の話になるとその話になるんですよ。バラエティー番組としては面白かったんですけど、ある時期から明らかにかわいいメンバーをフックアップし始めた感じがあって。僕は初期アイドリング!!!のあのゴツゴツした感じが好きだったから寂しいなって思いつつも。

(河村唯)ええーっ、嬉しい。

(神原孝)門澤時代。

(河村唯)で、ゴツゴツに戻そうとして(笑)。ゴツゴツ時代(笑)。「ゴツゴツ時代」ってなんですか?(笑)。

(神原孝)バラエティータレントだからさ。アイドルじゃねえから。そもそも。みんな間違えている。番組発のバラエティータレントを育てようとしていたのに。

(吉田豪)なるほど。そういうことなんですね。羞恥心とかと同じっていう?

(神原孝)そうです、そうです。たまたまアイドルグループになっただけで。

(吉田豪)女性だったからアイドルグループって呼ばれているだけであって、基本的にはバラエティータレントっていう。なるほど。じゃあ、たしかにそういう意味ではアイドリング!!!がバラエティータレントをちゃんと生み出しているのも正解なわけですね。

(神原孝)正解です。モデルとかね、そういうことじゃないから。

(河村唯)ああ、なるほど(笑)。そういうことか。よかった。でも途中からね、たしかに迷っちゃいましたね。

(神原孝)そういうのも必要だけどね。

(河村唯)そうそうそう。アイドル戦国時代でしたよね。当時ね。懐かしい。もう戦国時代は……。

(吉田豪)まあ、戦国時代って言われなくなって久しいですね。戦国時代って呼ばれる前から活動しているグループが本当に貴重というか。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました