スポンサーリンク

吉田豪が語る ギュウゾウ・BiSヒラノノゾミ対談記事ネット炎上騒動

吉田豪が語る ギュウゾウ・BiSヒラノノゾミ対談記事ネット炎上騒動 豪STREAM
スポンサーリンク
スポンサーリンク

吉田豪さんが雑誌BUBKAのUstream番組『豪STREAM』の中で、誌面に掲載された電撃ネットワークギュウゾウさんとBiSのヒラノノゾミさんの対談記事がネットで炎上気味になっている件について語っていました。

(吉田豪)そして、電撃ネットワークギュウゾウさんとBiSのページ。ほら、いま一部で話題じゃないですか。

(コンバットREC)ちょっと僕、それさっきぜんぜん知らなくて。楽屋で聞いたんだけど。なんか、それ聞いているうちにこっち始まっちゃって、よくわかんないままだったんですけど。なにが起きてるんですか?

(吉田豪)まあ、本が出るか出ないかぐらいのタイミングで、『これはひどすぎる』みたいな感じでtwitterで話題になってまとめができるぐらいのレベルになっていて。

(コンバットREC)それは早売りで買った人がっていうこと?

(吉田豪)で、読んでみたらそこまでの内容だったっけ?っていう感じ。

(コンバットREC)なにで叩かれてるんですか?そもそも。

(吉田豪)だから辞めたメンバーを、まだライブ見に行ってるのが考えられない!みたいにこのBiSのヒラノさんが言っていて。みたいなのを、『これを表に出す意味があるのか!?』みたいなのとか。BiSのヲタは結構熱い人が多いので、大変な騒ぎになっているのがいまで。久しぶりにギュウゾウさんにDMしましたよ。『大変そうですね!』っていう感じで(笑)。

(コンバットREC)それで?別にギュウゾウさんが言っているわけじゃないよね?

(吉田豪)ギュウゾウさんが聞き手で。で、文章は平賀さんっていう別の方なんですけど。『なぜこれを出すのか?』とか、『聞き手の問題が・・・』とか。

(サミュL)ギュウゾウさんを責める人って、あんまりいないんですよね。だいたい責めてるのは・・・

(吉田豪)でも、多少ギュウゾウさんを責める人もいたけど。ギュウゾウさんがさすがなのが、BiSのヲタがなんか集まって。ヒラノさんヲタとかが集まって飲んでいる時に、『ギュウゾウ、てめーBUBKA持ってこいよ!』みたいな、酔った勢いでつぶやいた人がいて。『わかりました。いまから行きます』って。

スポンサーリンク

ギュウゾウさんのバックボーン

(コンバットREC)(笑)。あのね、ギュウゾウさん、街宣車乗っていた人なんで・・・

(観客)(爆笑)

(吉田豪)いや、でもそれは普通に和気あいあいと一緒に飲んでたんだけど。ギュウゾウさんのそういうバックボーンをみんなどんぐらい知ってるんだろう?ってちょっと・・・ただのヲタだと思っているのかもしれないけど。

(コンバットREC)だから、アイドルヲタの人、みんな口悪くて。そんな『テメー、この野郎』みたいなことを気軽にネットとかで言うと、大変なことになりますよ!相手、ギュウゾウさんがどういう人かね、ちゃんと・・・

(吉田豪)ギュウゾウさんのバックボーンはね、そんなに知らない人がたぶん。ヲタ仲間の中ではいないのかな?ってちょっと思った。

(サミュL)でもやっぱり、その牙はほとんどこのライターさんに向かってましたね。

(コンバットREC)さすがにギュウゾウさんに向けづらいから(笑)。

(サミュL)俺は、だと思いましたね。数少ないそういうのに、ギュウゾウさん、バチっといった感じしましたもん。

(コンバットREC)ギュウゾウさんは街宣車に乗ってたし、柔道も空手もブラックベルトですからね。どこを取ってもね、みなさまが勝てる要素は無いです!

(吉田豪)電撃ネットワークが売れ出して、街宣車乗っていろんなところ乗り込んでた時に、『あ、テレビで見たことある!』って言われて、右翼活動を止めた人なんですよ(笑)。そういう側の人なんですよ。元々。あの、ね。太田プロとか行って『たけし、出てこい!』って言っていた人ですよ(笑)。

(コンバットREC)あの、たけしさんの家の前で街宣車乗って。『出てこい!』って言っていた人ですよ(笑)。で、(北野)篤くんがギュウゾウさんだったっていうのを後年知ってね(笑)。それで再会したんだっけ?あの2人(笑)。あれ、面白かったよね。

(吉田豪)『あの時来てた右翼ですか!?』って(笑)。

(一同)(爆笑)

(吉田豪)そういう人だからね。で、僕が聞いたいちばんいい話があれじゃない。当時、宝島30が皇族関係で大問題を起こして拳銃撃ち込まれたりしてた時に、宝島30編集部に抗議の電話をかけて。『おいテメー、この野郎!殺すぞ!』って言ってたら、『あなた、右翼なんだったらいままでの歴代天皇言えますか?』って返されて、言えなくて。その編集者が言えて、『あいつ、すげー!』って言ってたのが町山(智浩)さんだったっていう(笑)。

(観客)(爆笑)

(吉田豪)よく出来た話。町山さん右翼撃退事件っていうね。

(コンバットREC)でもだから、ギュウゾウさんの右翼時代、いま付き合いのあるいろんな人とすでに関わっていて。右翼として関わっているという(笑)。

(吉田豪)で、ギュウゾウさんがでもその時論破されて悔しかったから、その後宝島本誌から取材をオファーされた時に、『もう悔しいからね、30分遅刻してやりましたよ!』っていう(笑)。電撃の活動と右翼が要はたぶん同時進行だったという(笑)。

(コンバットREC)で、なにが問題なの?俺、いまだにわかんないんだけど。

(吉田豪)(ツイートを読む)『みんな知ってます、街宣車』。あ、そうなんだ。

(コンバットREC)元メンバーの?なに?

(吉田豪)いや、BiSを辞めた人たちが、それぞれのアイドル活動をやっているわけですよ。で、ギュウゾウさんはそっちにも行っている。で、『私は何度も辞めたいと思ったけど辞めないでがんばっているのに、なんで辞めた人のところに行くんですか?』みたいな話をしてるわけですよ。

(コンバットREC)でも別に、それは彼女の意見なら別にいいよね?

(吉田豪)そうそうそう。まあ、いいんだけど、そういうやりとりを出す必要があるのか?みたいに・・・

(コンバットREC)あ、こういう会話をしててもカットしよろって言ってる?

(吉田豪)これは、お互い誰のプラスにもならないことなんだから、出す必要はないだろ?っていうような話だね。

(コンバットREC)なんかすごいそれって、編集者的な意見っていうか。

(吉田豪)まあ、ライターの人が言っていたっていうのもあるしっていうね。

(コンバットREC)ファンの人もでも、そういう目線で怒っているの?ふーん、そうなんだ。

(サミュL)まあ、どこまでがあれなのか、よくわかんなかったですよね。

(コンバットREC)それで、ギュウゾウさんと平賀さんっていうまとめた人が怒られてるの?

(吉田豪)うん。

(コンバットREC)そうなんだ。なんかよくわかんないな。

(サミュL)『本当にこれは原稿チェックを受けてるのか!?』みたいな。

(吉田豪)また、問題があったのがあれだよね。辞めた元メンバーの現場っていうのが、元メンバーが何人もいるのに、思いっきり下の注釈で特定しているように名前を間違えたっていう。それで怒っている人がいたっていうやつだよね。

(コンバットREC)まあ別に・・・なんか、そんなに怒りっぽいの?BiSのファンの人って、そんな怒る人が集まってるの?

(吉田豪)いや、運営に結構翻弄されたりとか、いろいろあって。熱い人が多いのは間違いないっていう。

(コンバットREC)なんかあとさ、この前さ、PVの監督の丹羽さんにさ、なんかギュウゾウさんとかJOJO広重さんとか怒っているのが俺、タイムラインで見たんだけど。あれもなんか?

(吉田豪)『Yahoo!ニュースにならなきゃダメだ!』みたいに追い込んで、みたいなやつでしょ?

(コンバットREC)あれもどんぐらいガチなの?あの出来事っていうのは?もう本当にやってるの?それは。

(吉田豪)それは当事者しかわかんないからね。ただ、意外とBiSのガチヲタの人とかは、『あれはプロレスでしょう』みたいに言ってたりした。

(コンバットREC)どうなの?BiSって基本的に残酷ショー的な、割とアウトプットじゃないですか。それが本当に残酷ショーとしてやっているのか?それともそうじゃないものを、そう見せてるのか?どっちなんですか?

(吉田豪)残酷ショー的な要素は強いけど、残酷ショーに見せかけるものもあるんじゃないかと、ガチヲタほど疑っている感じ。で、この前ちょっとメンバーの人と話したら、『ガチなんですけどね』とは言っていた。

(コンバットREC)あ、ガチなんだ。

(吉田豪)いや、メンバーがそう言っているだけで。わからないですよ。

(コンバットREC)あ、じゃあ真相は・・・

(吉田豪)プロレスラーに『ガチですか?』って言って『ガチです』って答えるようなもので。

(コンバットREC)わからないっていうところを楽しんでいるってことなの?みんな。ふーん、なるほどね。まあ、本当にガチだったら嫌だよね。

(吉田豪)よく言ってるのはだから、救いのないAKBとかそういうような話はよくしてる。

(コンバットREC)そうだよね。ブレイクがない。それはキツイよね。

(吉田豪)ブレイクがないし、たかみなとかそういうようなまとめ役がいないAKBみたいなことはよく言っていて。

(コンバットREC)まあ、それキツイですよね。ガチだったらちょっとさすがに残酷すぎですよね。どうなんでしょう?ある程度ね、フェイクであってほしいですけどね。ちょっと、あんまり詳しくない立場で言うと。

(吉田豪)まあ、でもね、本当アイドルに興味がなかったギュウゾウさんがこんだけハマり、こんだけ・・・

(サミュL)っていうか、それってすごいですよ。

(コンバットREC)っていうか、それを俺はすごく微笑ましく見てるというか。ギュウゾウさんがアイドルで盛り上がってるのって、すごい、いいよね。

(吉田豪)そして盛り上がった結果、こうやっていろんなことに巻き込まれ・・・面白いことになってるなとは正直、思ってますよ。こっちは(笑)。

(サミュL)だってギュウゾウさんがヲタの人とかとね、夜な夜な飲み歩いてるのがすごいし。

(吉田豪)そうそう(笑)。それこそ宇多丸さんとかがアイドル好きなことを、正直ね、半笑いで言っていたような人がっていう。

(コンバットREC)最近のギュウゾウさんね。『宇多丸くーん、やっとワシもアイドルがわかったよ!』みたいな。その感じがいいよね。宇多丸さんに対してそう言ってるだろうなっていう。

(吉田豪)(笑)。微笑ましい。BiSの現場でギュウゾウさんがリフトされてるのを見るたびに、微笑ましい気分になるもん(笑)。

(一同)(笑)

(吉田豪)ギュウゾウさんが口上とか言ってんだよ、だって(笑)。微笑ましいなーって。

(コンバットREC)いままでのギュウゾウさんを知ってるとね、本当にでもなんか・・・基本的にはだからこのページって、申し訳ないんだけどBiSがどうこうとかじゃなくて、ギュウゾウ萌えのページとして、よしりん先生がHKTに会ってデレデレしてるのと同じ読み方をしてるっていうか。ギュウゾウ萌えで。ギュウゾウさんとか、アイドル性が高いんだよね。

(吉田豪)高いね。

(コンバットREC)そういうページとして読んでるけどね。こういうこと言ってると、怒られるのかな?

(吉田豪)何号か前で最初にギュウゾウさんとBiSで、俺仕切りの対談、あったじゃないですか。あれがちょうど武道館の発表直前だったのが、武道館ができなくなったことが当日か前日に判明して。翌日の重大発表ができなくなりましたっていう段階で。で、ギュウゾウさんが来て、すっごい無邪気にその話をしてたんだけど。どうやらそのできないっていうのが本格的だったものらしい。で、その日のフリーライブが、みんなものすごいエモーショナルで泣いたりしながらやってるのを見て、ギュウゾウさんが俺のところにすごい反省したDMを送ってきて。『豪ちゃん、俺はなんにもわかってなかった・・・』みたいな(笑)。

(一同)(笑)

(吉田豪)『なにもわからないであんなにはしゃいでしまって・・・』みたいな。『これは返事はいらないです。日々反省です』みたいな(笑)。ギュウゾウさん、いいなー!と思って。それで(笑)。

(コンバットREC)あー、やっぱギュウゾウさんは本当にいいよね。

(吉田豪)アイドル性、高いよね(笑)。

(コンバットREC)いいよね(笑)。ギュウゾウさんとよしりん先生でさ、両方右翼同士でアイドルの話させるっていうページはどう?そういう対談はどう?(笑)。

(吉田豪)なるほどね(笑)。

(コンバットREC)思想は一緒でしょ?(笑)。

(吉田豪)日の丸かなんか、後ろに掲げて。

(コンバットREC)話している話はアイドルの話っていう。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました