スポンサーリンク

カンニング竹山 ロシアW杯 日本代表快進撃とサッカー評論家の変化を語る

カンニング竹山 ロシアW杯 日本代表快進撃とサッカー評論家の変化を語る たまむすび
スポンサーリンク
スポンサーリンク

カンニング竹山さんと赤江珠緒さんがTBSラジオ『たまむすび』の中でサッカーロシアワールドカップについてトーク。日本代表の快進撃によって大きく意見を変えたように思えるサッカー評論家について話していました。

ロシアワールドカップ完全選手名鑑 2018年 7/18 号 [雑誌]: ワールドサッカーダイジェスト 増刊

(カンニング竹山)そんな中、やっぱりどこに出ても、情報番組なんか出てもみんなワールドカップ、ワールドカップで。

(赤江珠緒)それもね、重なっていますから

(カンニング竹山)夜中にちょっとテレビつけたらサッカーやっていて。にわかサッカーファンみたいなね。

(赤江珠緒)体力的にはなかなか厳しくなってきましたもんね。

(カンニング竹山)そうなんですよ。いちばん、あんまり言っちゃいけないことかもしれませんけど。俺とかどうしても心に引っかかるのは……それはプレーを見てから「意外と強かった」っていう考えもあるかもしれないけど。テレビに出てくるサッカー評論家の人とかさ、元選手たちっていっぱいいるじゃん? ほとんどの人はさ、初戦のコロンビアと戦う前はみんな「2:0で負ける」とか、なんだかんだずっと言っていたじゃん? それがコロンビアに勝ってさ、ワーッ!って日本中が盛り上がるわけじゃない? そうしたら「負ける」って言っていた人が「どうもすいませんでした」なんて。そんなコーナーも2、3週間前にあったじゃない?

(赤江珠緒)はい。

(カンニング竹山)そしたら今日の夜にさ、正式には明日の朝だけどベルギーとやるじゃん? ベルギー、めっちゃ強いじゃん。言ってもね。

(赤江珠緒)世界ランキング4位かなんかですもんね。

(カンニング竹山)決勝トーナメント、俺もテレビで見ましたけど、俺みたいな素人が見てもさ、決勝トーナメントのサッカーってすげえなっていうのをやっているじゃん?

(赤江珠緒)連日すごいわ。本当にすごいレベル。

(カンニング竹山)そんな中でも「強い、強い」って言われていたベルギーじゃん。赤い悪魔なんつって。背も高いし、強いじゃん。もう予選リーグの時から強いって言われていたじゃん。でもさ、昨日や今日になってあれだけ「コロンビアに負ける」って言っていた人がさ、平気で「2:1で勝つ」とかいい出してんのよ。

(赤江珠緒)アハハハハハッ!

スポンサーリンク

コロンビア戦前とは真逆の態度

(カンニング竹山)いや、俺はおかしいと思うんだよ。俺ね、世の中のみんな、サッカー評論家みたいに出てくる人がベルギー戦になると急に「2:1で勝ちます」とか「3:○で勝ちます」とかさ。下手したら「1:1でPK戦まで持ち込んで勝ちます」とかさ、結構みんな言うわけ。いやいや、待て待て! ちょっと前まで「コロンビアに負ける」って言っていたし、本当の真のサッカー評論家なら正しいことを言うべきなんじゃないかって思うわけ。もちろん、やってみなきゃわかりませんよ。僕も日本を応援していますし、勝てばいいなと思うけど、それを細かくちゃんと分析するのが評論家じゃないですか。

(赤江珠緒)まあね。ただ、今回のロシア大会は番狂わせが……決勝トーナメントも本当に下位の方が勝っていくっていう、ねえ。

(カンニング竹山)実際にそうなっているんだけども、評論家という人は我々にわかがわからない、ちゃんとした事実を……「いや、みなさんわかります。気持ちはわかりますが、たしかにベルギーは強いんです。私の気持ちは1:0で日本ですけども、長年サッカーを見てきた中で言うと、申し訳ないけど2:0で日本は実力では負けます」ぐらい言えばいいのに……。

(赤江珠緒)そうかそうか。竹山さんがおっしゃるのはそういうことだね。そこに私情を挟まずに客観的に分析した結果はどうだって言ってほしいのね。

(カンニング竹山)そう。それをやっぱり経験者だし評論家だから言わなきゃいけないんじゃないか。なぜなら、さっきも言ったようにその人たちはほんの2、3週間前まで、コロンビアVS日本の時に平気で「2:0で負けます」って言った人たちなのよ。みんな。

(赤江珠緒)ああ、そうかそうか。その時にはすごく冷静だったんですね。

(カンニング竹山)冷静だったのに。

(赤江珠緒)その時には冷静に力を分析していたんだけど、だんだん熱くなって来ちゃって。で、母国だから応援したいっていう気持ちがあるから。「いいや、もう勝つでしょう!」って(笑)。

(カンニング竹山)それだったら俺、評論家の意味なくね?って思うわけよ。

(赤江珠緒)でも、そうか。戦いってそうかもしれない。いろんな戦いにおいて、やっぱりみんな、特に素人とかは気持ちだけで「行っちゃえ!」みたいな気持ちになりますけども。そういう時に冷静に相手のチームの力具合と自分のところの力具合とを分析できる人がいないとロクなことにならないっていう。

(カンニング竹山)そう。我々は素人だからわからないじゃない? たとえばボクシングの試合とかさ、俺が素人目で見て「しょっぱい試合だな! なんだよ、これ勝ちだろ?」とか言うけど、元ボクサーとかの評論家の人が出てきてさ、「いやいや、これは違うんですよ。この手数を見てください。ジャブで派手じゃないけどめっちゃ当たっています。これが1ポイントになるから……」とか解説があると、「はー、なるほど」って思う時があるじゃない? そういうことを俺は求めたいんですけども。

(赤江珠緒)それはね、竹山さん。いま言われてちょっと考えましたけど、深い意見ですね。そうだわ。

(カンニング竹山)でもそうじゃないとおかしいと思うよ。それを平気でさ……。

(赤江珠緒)ちょっとね、たとえると悪いかもしれないけど、かつてあった戦争とかでもそうじゃない? 1回やりだすと、やっぱり戦っている国民としては国が大事だから。「行け行け! ワーワーッ!」ってなるんですけど、そういう時に本当に分析をできていた人もいたわけですもんね。「いや、勝てないって」みたいなね。

(カンニング竹山)きっといたんだろうね。

(赤江珠緒)「戦力的には圧倒的に劣っている」って言う人も必要なわけですもんね。

スポンサーリンク

サッカー評論家の役割

(カンニング竹山)それをたぶんテレビとかで言うと、その人が叩かれたりするからその人も嫌なのかなとも思うんですけども……いや、あなたは叩かれてもいいんだよ。なぜならあなたは評論家なんだから。誰よりもサッカーに詳しいし、見ているんだから本当のことを言うべきだって。もちろん、その人がコロンビアとやる時からはじめから、「2:1で日本が勝ちます!」とか「点数はわからないですけど日本にかなり勝機ありますよ、これ」とか言っているんだったらまだしも、ほとんどの人が「負ける」って言っていたのよ?

(赤江珠緒)そうですね。いや、今回ね、私もただただワールドカップのメッシさんが好きだから。メッシさんのアルゼンチンとかのプレーを見たいという思いで。で、そのスーパープレーとかを見ると素人目にも「わあ、すごい!」みたいに。で、盛り上がって自分の中でも楽しかったんですけど。っていう話を先週の火曜日かな? 「でもワールドカップって通の人じゃないと言い出しにくいところ、あるよね」って山ちゃんと。なんとなくそれを私が「海だ」みたいなたとえをしたことがネットニュースになっちゃって。

(カンニング竹山)ほう。

(赤江珠緒)えらい名言みたいになっちゃって。それでもう3年ぐらい連絡を取っていなかった、昔テレビ朝日で一緒に『スーパーモーニング』っていう番組の司会をしていた小木(逸平)アナウンサーから「いいこと言った!」みたいなメールが来たりして。

(カンニング竹山)アハハハハハッ!

(赤江珠緒)「えっ、私なんで? 小木っち、ラジオ聞いていたのかな?」って思って。「えっ、そんな褒めてもらえるようなことじゃないよ」って言ったら「ネットニュースになっているよ」とか言われて。大事になっていたんでちょっと自分でもあわあわしていたんですけど。

(カンニング竹山)うん。

(赤江珠緒)でも、それでたとえるとね、にわかな人は海の浅瀬で遊んでいるような人。通な人は沖で遊ぶ。でも、ワールドカップは海だから自由に遊べばいいじゃないかみたいな意味合いでなんとなく言っただけなんですけど。

(カンニング竹山)名言だね、たしかにね。

(赤江珠緒)でもそれがそんな大事になるって恥ずかしいんですけど。それで言うと、竹山さんがおっしゃるようにその段階ごとに意見が全部揃わない方がよくないですか?

(カンニング竹山)それが正しいと思うの。

(赤江珠緒)それが正しくないですか? 沖で泳げる人は沖なりの意見がちゃんとあって。浅瀬は浅瀬で「タコとかが予想とかしていて『勝つ』って言ってたから勝つんじゃない?」とかのレベルの話をしていてよろこんでいるとかね。

(カンニング竹山)だから漁師と我々水際でごちょごちょやっているのと全然違うじゃないですか。

(赤江珠緒)それがやっぱりひとつの意見に全部ならなきゃいけないみたいになっているのは……だから週末の日本の(ポーランド戦での)戦い方。あれも最後の10分がどうのこうのとかね、いろいろと賛否両論ある。でも、あって当然じゃないですか。それで言うと。

(カンニング竹山)そういうこと。

(赤江珠緒)それが全部逆に、100%みんなが支持してもおかしいし、100%みんなダメだって言っても気持ち悪いですもんね。

(カンニング竹山)わかってらっしゃる。赤江さん、俺が言いたいのはそういうことよ。

(赤江珠緒)そういうことですよね。

(カンニング竹山)じゃあ俺、あと1個だけいい? これ、ちょっとみなさん、ネットニュースを騒がすかもしれないですけど。今回のワールドカップ、盛り上がったこのことによって俺がいちばん切に訴えたいこと。もうどの番組……昼の情報番組、朝の情報番組を見ても、結局さ、いちばん多い特集はさ、「世界のイケメンサッカー選手」みたいな。「こいつがイケメンだ!」っていうのやるでしょう?

(赤江珠緒)はいはい(笑)。

(カンニング竹山)俺はあれを見るたび、もうどえらいことを言いますよ。俺は中学の時からの自分の感覚ね。「ほら、見てみろ! 結局モテるのはサッカー部だ!」って(笑)。

(赤江珠緒)アハハハハハッ! うわっ、結構な浅瀬!

(カンニング竹山)これが俺の意見! 結局サッカー部がモテるんだよ!っていうね(笑)。

スポンサーリンク

結局モテるのはサッカー部(カンニング竹山)

(赤江珠緒)フハハハハハッ! これはね、ネットニュースにならないと思います!

(カンニング竹山)ネットニュースにしてほしい。「カンニング竹山吠える 結局サッカー部か、モテるのは!」って(笑)。

(赤江珠緒)フフフ(笑)。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました