スポンサーリンク

カンニング竹山 Twitter尻出し写真投稿を語る

カンニング竹山 Twitter尻出し写真投稿を語る たまむすび
スポンサーリンク
スポンサーリンク

カンニング竹山さんがTBSラジオ『たまむすび』の中で、Twitterに自身のお尻を出した画像を投稿した理由について話していました。

(赤江珠緒)今日はさっそくニュースに参りたいと思いますが。ニュースたまむすB。まずはこちらからです。『悲報 カンニング竹山のお尻はそんなに不適切?』。お笑い芸人のカンニング竹山さん(44)が昨日、お尻の半分がのぞくセクシーショットを自身のTwitterで公開しました。これはHKT48の指原莉乃さんがTwitterで写真集の一部カットを公開したところ、Twitter社により不適切な内容を含んでいる可能性があると判定され、閲覧に制限がもうけられたことを受けて、竹山氏が『なら、俺の尻はどうなのか?』と画像を投稿。いまのところ不評の方が多い模様ですと。竹山さん、写真があるじゃないですか。手元に。

(カンニング竹山)昨日の朝ね。夫婦で撮ったんです(笑)。

スポンサーリンク

カンニング竹山 尻出し画像


※リンク先で画像が見れます

(赤江珠緒)(笑)。これ、奥さんが撮ったんですか!?

(カンニング竹山)奥さんにたのみまして。意外とね、30分くらいかかるのよ。これ、ライトの関係とか。

(赤江珠緒)(笑)。いらないよ、そんな情報!

(カンニング竹山)で、ライトもさ、家だからそんなのないから、カーテンで調節していくしかないのね。

(赤江珠緒)あ、なるほど。なるほど。元が、指原さんの写真集なんですね。これね。

(カンニング竹山)そう。なんか指原が写真集出すらしくて。

(赤江珠緒)3月22日発売の写真集で、まだタイトルは決まってないんですが。

(カンニング竹山)キレイなお尻ですよ。

(赤江珠緒)ソファーのね、ところにちょっと黒い、上だけ長いTシャツを着て、お尻をちょっと見せているという状態。これを再現したものなんですね?

(カンニング竹山)そうなんですよ。これ、指原の写真はキレイだからね。ぜんぜんね、エロチックでもなんでもないんですよ。

(赤江珠緒)もう横に竹山さんがあると、本当にキレイに見えます。

スポンサーリンク

指原莉乃・カンニング竹山 比較画像


※リンク先で画像が見れます

(カンニング竹山)余計にキレイに見えるでしょ?なのに、その不適切がどうたらこうたらってなっていたから。っていうツイートを見たから、こりゃおかしい!と。Twitterなんかもっとさ、まんまのやつとかガンガン貼ってるやつとかいるわけ。

(赤江珠緒)はあはあはあ。

(カンニング竹山)それをさ、やめなきゃいけないのに。指原のこれが不適切っておかしくない?って思ってさ。で、俺は撮ろう!と。で、朝、妻を起しまして。

(赤江珠緒)自宅のこれはソファーですか?

(カンニング竹山)『ちょっとたのみがある。これを撮りたい。手伝ってくれ』って(笑)。で、文句をいろいろ言われながら。そうするとね、大変なのよ。このポーズってね、自然にしてるように見えるけど、すっごい腰が痛いわけ。不自然なポーズなの。これ。

(赤江珠緒)はー。立膝っていうか、そういう感じでね、ソファーに。

(カンニング竹山)そう。すっごく不自然なの。で、これ、首を横にひねるのとかも、ものすごい痛いわけ。

(赤江珠緒)そうね。指原莉乃さんも腰もちょっと曲がっているし。S字にちゃんとこう、なっているし。それでいて、首もカメラの方に向けるとなると。はー!

(カンニング竹山)で、結局ね、これ、30分くらい撮るのかかったんだけど。これ、『痛い痛い痛い!』って言ったらカミさんがね、カミさんは別に芸能の人でもなんでもないのに、『グラビアの子たちはね、こうやってね、みんな努力して撮ってるのよ!』って言われながら(笑)。

(赤江珠緒)(笑)

(カンニング竹山)『なんで俺、怒られてるんだろう?』って(笑)。

(赤江珠緒)じゅんちゃんに怒られた(笑)。そうですか。なんか竹山さん、だって太もものところとか、なんか虫に食われてるみたいな感じになってるよ。

(カンニング竹山)うん。これ、できものの痕ね。昔のね(笑)。

(赤江珠緒)もう、いろんなものが不適切。まったく美しくないんだもん。本当に。

(カンニング竹山)いや、でも日曜の朝からね、ちょっと笑っていただこうと。

(赤江珠緒)ああ、そうですか。なるほど、なるほど。

(カンニング竹山)でも、不評って、意外とね、Twitterとか評判よかったですよ。

(赤江珠緒)そうですね。でもね、やっぱり写真で『あ、いいポーズだな』とか『キレイなポーズだな』ってなるのは、だいたい人間の体の構造からして不自然なぐらいポーズをとった方がキレイになりますよね。

(カンニング竹山)ああ、そう?

(赤江珠緒)『こんなに曲げたら普通の動きではこんなことしないから、これはちょっとおかしいな、自分で』って思っているんだけど。写真であがってきた時は、それの方がキレイに見えてますよね。

(カンニング竹山)ああ、そう?そんなもんなのかな?

(赤江珠緒)そんなもんですね。

(カンニング竹山)振り向きとか。赤江さん、この間、雑誌に載ったやつ、あったじゃん。道路にしゃがんでるやつ。あれも不自然だったの?

(赤江珠緒)(笑)。ああ、週刊現代さんね。あれもかなりね、創意工夫が見られた・・・(笑)。

(カンニング竹山)(笑)

(赤江珠緒)ただしゃがんでいただけですけど(笑)。ねえ、そうなんですよ。そうかー。ただボーッと立っていると、ボーッていう風になっちゃうんだね。

(カンニング竹山)だから、2つの要素がありますね。3つの要素があるのかな?指原が写真集を出したからみなさん、写真集を知ってください。指原の写真集を買ってあげてくださいっていうのが一点。もう1個は、これは別に不適切じゃないでしょ?こんなことで不適切って言ったら、おかしいでしょ?もっとひどいのがいっぱいあるんだから、そっちをどうにかしなさいよ!っていう、一石を投じた系ね。

(赤江珠緒)ふんふん。

(カンニング竹山)それとあともう1個は、朝から俺、ちょっと受けたかった系(笑)。

(赤江珠緒)(笑)。そうですか。竹山家で行われたことでございます。

(カンニング竹山)はい。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました