スポンサーリンク

カンニング竹山予言『すぐに加藤浩次に赤江珠緒の本性がバレる』

カンニング竹山予言『すぐに加藤浩次に赤江珠緒の本性がバレる』 たまむすび
スポンサーリンク
スポンサーリンク

赤江珠緒さんがTBSラジオ『たまむすび』の中で、初回好視聴率でスタートしたテレビ番組『この差ってなんですか?』の話をし、カンニング竹山さんが、赤江珠緒さんの本性はすぐに加藤浩次さんにバレると予言していました。

(カンニング竹山)赤江さん、これもすごいですよ。今日、本番前、話していたんですけどね。昨日から始まった赤江さんと加藤さんの番組が、超好視聴率と。

(赤江珠緒)あ、TBSのね。

(カンニング竹山)これ、なんて番組でしたっけ?『この差って何ですか?』。これ、超好視聴率ですよ。

(赤江珠緒)あ、良かったです。おかげさまで。

(カンニング竹山)あの、皆さんあんまりね、興味のない人も多いかもしれないですけども。テレビの裏事情とか、ラジオでしゃべってもしょうがないんだけど。日曜日のゴールデンタイムっていうのは、もう日本テレビさんが強いんですよ。

(赤江珠緒)ああ、ねえ。村がありますから。ダッシュ村が。

(カンニング竹山)で、世界に旅に行く『Q』があって。で、その後、裁判所があって。もう強いんですよ。これ、みんな結構どこもね、諦める枠なんですよ。にもかかわらず、赤坂がやりましたね。これ、2着ですけど、1着と2着の差がね、いままでは競馬で言うと大差。もしくは、8馬身差ぐらいで負けていたんですよ。

(赤江珠緒)ほー!

(カンニング竹山)今回、2馬身、1馬身半ぐらいまで詰めているね。数字で言うと。

(赤江珠緒)ああ、そうですか。ねえ。本当によかったですけどもね。これに関しても、ちょっとメールをいただいておりまして。(リスナーメールを読む)『珠ちゃん、竹山さん、こんにちは。昨夜の珠ちゃんの新番組のスペシャル、見ました。求められているのでしょうが、せっかくの珠ちゃんの普段この番組で見せる良さが活かされていなくて、正直、こじんまりと妙にまとまってしまってないかな?と思ってしまいました。もちろん、知っていることもありましたが、互いの差で知らなかったことが知ることができて、よかったです』と。

(カンニング竹山)はー!

(赤江珠緒)なにを求められているのか・・・リスナーさん、私はあれが普通の赤江ですから。

(カンニング竹山)あのね、俺、リスナーの方にそろそろちゃんとね、言わなきゃいけない時期だと思うんですよ。たまむすびを聞いているリスナーの方は、赤江珠緒という人はね、やっぱりね、ちょっとこう、ポンコツでおかしいとか、破天荒でおてんばだとか。実は朝の顔とぜんぜん違うんだよということで、このラジオを好きで聞いてくださっていると思うんですよ。これは、このたまむすびを聞いてらっしゃるラジオリスナーの方の特権なんですよ。

(赤江珠緒)(笑)

(カンニング竹山)たとえば朝、モーニングバードでしたっけ?モーニングバードからたまむすびと同じキャラでいって、昼間のしゃべりも同じようなことでいって、今度、夜に始まったあれも素の赤江さんってことでやっちゃうとね、たぶんですけどね、上り詰めるスピードも早いけど、飽きられるスピードも早いんですよ。

(赤江珠緒)(笑)。そうなんですか?

(カンニング竹山)そう。ちゃんと、朝はちゃんとニュース読めますよと。夜はバラエティーもちゃんと、そこそこおかしくできますよと。

(赤江珠緒)いや、ちゃんとできてたかどうかね、私も自信ないんですよ。あの、『この差ってなんですか?』、収録番組なんで。あっちは。生放送じゃないんでね。倍ぐらい時間撮っているのかな?放送用の。

(カンニング竹山)大体2倍だね。収録は。

(赤江珠緒)撮りますから。どこが使われているか、ちょっとまだね、放送を見れてなくて。どこが使われているか、わからないんですけども。あのですね、情報をね、私がプレゼンしなければいけない立場ですから。で、それをクイズで答えていただくというね、立場なんで。私がボケた日には、もうね・・・

(カンニング竹山)まあまあ、そうですよね。僕も見てないから、なんとも言えないですけど。

(赤江珠緒)できた部分のあれば、まあできてない部分もありました。たしかに。ありましたけど、そのへんを上手く、編集していただけるという。これ、生放送との違いは編集のプロが入りますから。そのへん、キレイにまとめていただけるんじゃないかと。

(カンニング竹山)ただ、やっぱりね、僕も昨日蕎麦屋で飲んでたもんで、見ていないんで何とも言えないんですけど。あの、きっとですよ、きっとこう思います。その、『この差ってなんですか?』に関しては、たぶんね、間もなく加藤さんにすぐあなた、バレますよ。

(赤江珠緒)(笑)

(カンニング竹山)あの人はもうね、気づくの早いですから。もう、狙った獲物は加藤さんは外さないですから。

(赤江珠緒)たしかに、初回からちょっとね、若干ね、あれ?ってなったところ、あったんですよ。

(カンニング竹山)でも加藤さんね、あれ?ってなった後、1回様子見たんだと思うんですよ。

(赤江珠緒)でもね、加藤さんが1回であれ?ってなったのには原因があって。初回のゲストに大吉先生がいらっしゃったんですよ。で、大吉先生がちょいちょい私に罠を仕掛けようとして。『つまずけ、つまずけ・・・』みたいなオーラを送って来られたんで、なんか加藤さんが、おやっ?って思われたみたいで。あれがなかったら、普通に進行していたと思います。スーッと。つつがなく。

(カンニング竹山)ただ、番組は続きますからね。これ、たぶん加藤さんに捕まるのはもう、時間の問題ですね。

(赤江珠緒)(笑)。逃げきれるか?

(カンニング竹山)加藤さんから逃れられる奴は、誰もいないからね。

(赤江珠緒)そうですか(笑)。

(カンニング竹山)あの人はもう、そうですよ。ロックオンした人は、外さないですからね。狙った獲物は外したことないから。ビシーン!って撃ってくるから。もう、すぐバレますからね(笑)。

(赤江珠緒)(笑)。できるかぎりね、逃げて行きたいと思いますけども。いや、でもね、ご覧になって下さった方、ありがとうございました。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました