スポンサーリンク

カンニング竹山 毒蝮三太夫にマジギレされた話

カンニング竹山 毒蝮三太夫にマジギレされた話 たまむすび
スポンサーリンク
スポンサーリンク

カンニング竹山さんがTBSラジオ『たまむすび』の中で、テレビ番組で共演した毒蝮三太夫さんにマジギレされてしまった話を紹介していました。

(カンニング竹山)『ゆうゆうワイド』もさ、俺、この間、マムシさんと一緒に仕事をしたんですよ。

(劇団ひとり)はいはい。

(カンニング竹山)で、僕も『ゆうゆうワイド』を聞いていたから。マムシさんのキャラってみんな、知っているじゃないですか。「バカ野郎、この野郎」って知っているじゃないですか。で、マムシさんに「おう、竹山。お前、何回も会ったことあるよな?」「あ、はい。先生、何回も僕、会ったことあります」「そうだよな」っつって。「ああ、わかってくれているんだな」と思ったわけ。で、テレビの本番中にあまりにも話が長いから、「話、長えよ! 次、行けよ!」みたいなことをツッコミとして言ったの。

(劇団ひとり)はいはい。

(カンニング竹山)そしたら、マムシさんがブチ切れちゃって(笑)。

(劇団ひとり)(笑)

(吉田明世)ええっ!?(笑)。

スポンサーリンク

ブチ切れた毒蝮三太夫

(カンニング竹山)「なんだ、お前! その言い方は!」って(笑)。「いや、そういうつもりじゃないんですけど……」って。そしたら周りの人が後で、「マムシさん、竹山くんはキレるキャラの人ですから」って。「本当か、お前? そんなやつなのか、お前!」って(笑)。

(劇団・吉田)(笑)

(カンニング竹山)意外と一方的な愛が強すぎちゃって。結構知らなかったっていうね(笑)。

(吉田明世)ずっと聞いていると身近に感じていますしね。

(カンニング竹山)そう。身近に感じすぎちゃって。

(劇団ひとり)意外と人の毒には寛容じゃないんですね(笑)。

(竹山・吉田)(笑)

(カンニング竹山)人の毒に寛容じゃなかったっていう(笑)。でも、いい方でしたけどね。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました