スポンサーリンク

プチ鹿島 中日ドラゴンズ イチローと村田修一獲得説を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 28

プチ鹿島さんがYBS『キックス』の中でまだ所属チームが決まらないイチロー選手と村田修一選手についてトーク。その2人を中日ドラゴンズが獲得に動いたという噂をスポーツ新聞の記者に直撃し、掴んだ情報を紹介していました。



(プチ鹿島)ということでイチロー選手。話をちょっと戻すとあの大物でみんなからオファーが殺到すると思われていたダルビッシュもやっと年明けの昨日、一昨日に(契約が)決定したわけですよ。これ、なんでそんなに(メジャーの)FA市場が動いてないのか? と調べたら、なるほどという理由があって。いま、「贅沢税」っていうのがかかるらしいんです。これ、なにか?っていうと、年俸総額が基準を超えたチームに課されるペナルティーなんです。

(塩澤未佳子)ほう。

(プチ鹿島)これが2017年には約228億円というルールがあるんです。1チームが……それはそうでしょう。お金持ちのチームが「あれもほしい、これもほしい」って選手をかき集めたら、それは強くなるに決まっているじゃないですか。そういう不均衡を少しでも無くすため、選手の年俸総額が228億円(1億9500万ドル)を超えたチームはペナルティーで税金をかけようよっていうのが贅沢税なんです。これが最近、また上がったらしいんですよね。その総額を超えたチームはいままでは1年目は17.5%だったんですけど、これから20%、贅沢税がかかるようになる。2年連続で基準を超えると30%。3年連続だと50%。

(塩澤未佳子)えっ、そんなに?

(プチ鹿島)そうなんです。だからわかりやすく言うと、年俸が300億だったとしますよね? そしたら228億円を引いて、残りに30%、50%って……もしくは、もっと行くとさらに12%が上乗せされる。44億円とか超過すると。だからお金持ちにはいい選手を取ったその分だけ、贅沢税をかけようという、そういうことなんです。で、これってルールは面白くて。1年でもその基準を超えないで……つまり贅沢税に引っかからない風に我慢をすると、3年連続、4年連続とか超えているチームも最初に戻るんですよ。だから、その次の年に超えたとしても(1年目の)20%でいいわけ。

(塩澤未佳子)ああ、そうなっているんだ!

(プチ鹿島)だから今年、ちょっと我慢しておけば、今年のオフに(FAで)もっと大物たちが控えているんですって。だからちょっとみんな様子見で、ダルビッシュとかが出ても……だってダルビッシュ、お高いでしょう? 入れるということは、年俸総額が上がるわけですから。だからこれを様子見していたという。

(塩澤未佳子)そういうことだったんですか!

(プチ鹿島)それが大きな要因のひとつと言われていました。だからそれがやっと動き始めたということで。たとえばじゃあ、こういうのって人気物件からどんどん片付いていくじゃないですか。そうすると、やっぱりそこまで行かない物件にもやっと目が回ってくるというので、まだ契約が決まっていない……まあイチローだって大物ですけど、一時期に比べれば、ね。じゃあイチローを取る、取らないっていうのはメジャーの判断になるじゃないですか。だからイチローもそろそろ決まるんじゃないかと。

(塩澤未佳子)そうですか。

スポンサーリンク

イチロー、日本復帰の可能性

(プチ鹿島)ところが、年明けぐらいの日本のスポーツ新聞を読んでいると、イチローがメジャーの市場が動いていないから、契約が全然、自分の方に回ってこないわけですよ。だから日本に復帰するんじゃないか?っていう、そういう記事も出てきていたんです。実際にヤクルトに復帰した青木宣親選手。あの選手なんかも復帰の背景はアメリカのFA市場の歴史的なスローペースで、「じゃあ日本に帰ったほうが早いよ」って。

(塩澤未佳子)ああ、それで?

(プチ鹿島)だってそうでしょう? 宙ぶらりんのまま契約を待って、土壇場でどことも契約をされないよりは、早々に古巣のヤクルトがオファーをかけてくれるんだったら、じゃあ日本に帰るという。それも要因のひとつだと。

(塩澤未佳子)はー!

(プチ鹿島)その例もあるから、イチローももしかしたら日本に帰ってくるんじゃないか? というので、有力と言われているのはオリックス。もともとの所属球団ですね。ところが、もう1球団張り切っているところがあって、中日です。やっぱり地元名古屋のスーパースターですから。イチローは。愛工大名電。

(塩澤未佳子)そうですね!

(プチ鹿島)で、松坂大輔を取ってすごい……だってキャンプの初日で松坂グッズが150万円ぐらい売れたっていうんですよ。普通のキャンプで。もう年俸1500万円はペイできているんじゃないか?って。マスコミも来るし。で、中日が松坂に次いでイチローも取るんじゃないか? 松坂が帰ってくるんだから、動くよ!っていう記事を見たんで、昨日、スポーツニッポンの中日番の記者の方に直接聞いてみたんですよ。

(塩澤未佳子)へー! そしたらなんて言ってました?

(プチ鹿島)結論から言うと、イチローの日本復帰は可能性は低いって言われている。と、中日は判断しているんですって。だけど、「なんでそういう記事が出るんですか?」って言ったら、中日はほら、地元ですから。地元のスーパースターですから、毎年オファーは一応かけているんですって。

(塩澤未佳子)そうだったんだ!

(プチ鹿島)だって、もしこれでイチローが急に「日本に戻ります」って言って、その時に声をかけているのがオリックスだけだったら、オリックスに戻るでしょう? そうすると地元名古屋のファンは、「またイチローを取られたよ!」って。もともと名古屋のスーパースターなのに、そもそも神戸にドラフト4位で持って行かれちゃって。何やってんだ?っていうのがずーっとこの20年、30年あるんですって。だから一応儀礼的かもしれないけど、イチローにはずーっとオファーをかけている。だけどイチローそのものはやっぱりメジャーでやりたいから、帰ってくることはないだろうな。だけど地元ファンの手前……もちろん、帰ってきたらうれしいという球団の手前、オファーはかけている。

(塩澤未佳子)ほー!

(プチ鹿島)だけどイチローの気持ちを考えると、おそらく日本の復帰はないんじゃないか?っていう、そんな感じなんですって。地元は。でも、僕はそこはさらに食い下がって、「でも万が一、アメリカがダメになって急転直下で日本に復帰となったら、じゃあオリックスが大本命なんですね?」って言ったら、ちょっと雰囲気が変わって。「違います。オリックス大本命とまでは言い切れません」と。というのは、やっぱりイチローはオリックスに恩義を感じていて。いまも練習場とかを借りてトレーニング、やっているでしょう? オーナーとかともよくお食事をしているから、恩義を感じていることは確か。だけど、自分がいた頃のチームとガラッと変わっているし。そもそも本拠地が変わっているじゃないですか。神戸のオリックス・ブルーウェーブだったのが、いまは大阪のオリックス・バファローズ。

(塩澤未佳子)はいはい。

(プチ鹿島)でしょう? だからそこまで思い入れはないんじゃないか? だから万が一日本になると、中日も手を上げればわからないですよって。あとさらに、これは『デイ・キャッチ!』では時間がなくてお伝えできなかったんですが、僕は野次馬ですから。「巨人を自由契約になった村田修一選手はどうなりますか?」って。いま、どこからもオファーがなくて、独立リーグでまた待っていますという。「これ、中日が取ることはないんですか?」って。チラッと噂を聞いたことがあるんですよ。

(塩澤未佳子)そうなんだ。

中日、村田修一獲得の噂

(プチ鹿島)だって中日の森監督ってみんな若手監督の中で人情味を売りにした昭和っぽい監督じゃないですか。だから松坂でこれだけ大騒ぎになっているんだから、同じ松坂世代の村田修一選手を土壇場で取るなんてことはないんですか?って言ったら、そしたら、「そういう噂は一時期、聞いたことがある」って。

(塩澤未佳子)なに!

(プチ鹿島)ただ、だけど、「やっぱりチームのバランス。若手を育てて行きたいバランスを考えると、いま現状はそういう話は立ち消えて、可能性としては少ないんじゃないかと思っている」と。ただ、その記者さんが「私の憶測ですけど……」っていう話を聞かせてくれて。憶測という話で聞いていただきたいんですけども。これ、シーズンが開幕して三塁手とか怪我した場合。当然、補強をしなくちゃいけない場合。だからこれ、中日だけじゃないですけども、内野手が怪我した場合、村田修一選手に白羽の矢、緊急補強という可能性はある。だから村田さんはいま、なにを言っているか?っていうと、(NPB・日本プロ野球に復帰できる期限の)7月ぐらいまでは独立リーグで体をなまらせないようにプレーをしてオファーを待つっていう。そういうことなんですって

(塩澤未佳子)そうなんだー!

(プチ鹿島)だから2月、3月中には決まらない可能性があるけど、もし開幕して誰か怪我人が、主力選手の内野手に出て……ってなったら、緊急補強はあるかもしれない。それはもちろん中日の可能性もあるし、他の球団の可能性もある。

(塩澤未佳子)ああ、そういうことですか。

(プチ鹿島)でもやっぱり噂はあったらしいんですね。このプチアンテナに引っかかってくる。「中日が村田を取るんじゃないか?」みたいな噂はちょっと僕、聞いていたんです。そしたら、やっぱり中日番の方も「そういう噂は一時期聞いたことがある」って。もう、取っちゃえばいいのにね。

(塩澤未佳子)フフフ(笑)。

(プチ鹿島)でも落合さんがこの間、講演会で「私が監督だったら村田を取っています」って。だからそれはまた、落合さんは政治家だから。その「村田を取らない」っていうセンスのなさの当てこすりなのかもしれないですけどね。各球団とか中日に対するね。「僕だったら取っていますよ」っていう。むしろ、それを落合が講演会で言ったら、もう取りづらいっていう逆のあれもあるじゃないですか。それもさっきの北朝鮮と韓国の情報戦みたいな感じでね。こっちを先にやっちゃえば、もうその手は打てなくなるとか。まあ、そこまで読んでいるのは僕だけですけども。

(塩澤未佳子)アハハハハッ!

(プチ鹿島)でも落合さんは「僕が監督だったら村田を取っていますよ」って講演会で言ったっていう。

(塩澤未佳子)はー! 面白いですねー。

(プチ鹿島)だって村田選手、去年巨人でそんなに出番はなかったけど、打っているんですよ。これでオファーがかからないっていうのは、高すぎるのか、大御所すぎるのか、なんかこう、ねえ。

(塩澤未佳子)理由がね。

(プチ鹿島)なんかあるのかな?ってね。大物すぎて……ほら、会社でもそうじゃないですか。そこにパッとやると、新人が……とかね。あるのかな? でもそれは怪我したり、誰かがインフルエンザで休んだとかなったらそんなことは言ってられないから。これから可能性はある。村田選手、がんばってほしいですよね。あの方も松坂世代ですから。

(塩澤未佳子)はい!

(プチ鹿島)ということで、根掘り葉掘りスポーツ新聞の記者に聞いてみました。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事