スポンサーリンク

cherry chill willと渡辺志保 ラッパーの写真撮影を語る

cherry chill willと渡辺志保 ラッパーの写真撮影を語る INSIDE OUT
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォトグラファーのcherry chill willさんがblock.fm『INSIDE OUT』にゲスト出演。ラッパーたちの写真を多く手がけるcherry chill willさんが渡辺志保さんと撮影や初の写真展『Beats & Rhymes + PIXXX』について話していました。

(渡辺志保)というわけで、今日2組目のゲストの方をお呼びしたいと思います。フォトグラファーのcherry chill willさんです。

(cherry chill will)はい。こんばんは、cherry chill willです。

(渡辺志保)なんか、いい声つくってませんか?

(cherry chill will)バレた? バレた?(笑)。

(渡辺志保)さすが……いやいや、今日はね、1組目のJP THE WAVYくんをお迎えして、2組目にはこのOGですよ。OGをね……。

(cherry chill will)いや、OGじゃないけどね(笑)。

(渡辺志保)ここに、やっとお迎えすることができましたが。cherry chill willさんね、おなじみの方もたくさんいらっしゃると思うけど、「誰?」って思っている方もいらっしゃるかもしれないが……もういままで日本中のありとあらゆるラッパーを撮ってきて早何年みたいな。

(cherry chill will)いやいや、そんなことはないですけどね。はい(笑)。

(渡辺志保)ちなみに、代表的な作品として何か挙げていただくならば?

(cherry chill will)代表的な……たぶんみなさん僕のことを知ってくれているのは、ANARCHYとか。

スポンサーリンク

cherry chill willの代表作

(cherry chill will)あとはMACCHOくん。OZROSAURUSとか。

(cherry chill will)KOHHとか。

KOHH : photographed by cherry chill will. #2016 #kohh #cherrychillwill

cherry chill will.さん(@cherrychillwill)がシェアした投稿 –

(cherry chill will)THA BLUE HERBのBOSSさん。

. . . 俺は北海道函館出身で、JUN(cherry chill will.)は青森県八戸出身。海峡隔てて生まれ育った。俺は札幌に行ってラッパーになった。JUNは八戸でラッパーだった。1998年頃、俺は函館に凱旋ライブに行った。その時、JUNは海峡越えて観に来ていた。一瞬、俺等の人生はすれ違った。会話もなく、それで終わりがよくある事だが、物語には続きがあった。それからJUNは東京に行ってシスコのヒップホップ店に入った。そこで俺等の音楽も扱っていた。シスコがなくなり、JUNはカメラマンになった。 そして、遂に俺等は知り合った。俺等はお互い気付かぬ内に、20年近くかけて同じ未来に導かれて来た。 未来は俺等の…ってやつだ。 . . ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB) . . . #beatsandrhymespluspixxx #japanesehiphop #hiphop #photography #illbosstino #thaboss #thablueherb #cherrychillwill

cherry chill will.さん(@cherrychillwill)がシェアした投稿 –

(DJ YANATAKE)あと、あれじゃない? DEV LARGEの横顔じゃない?

(渡辺志保)そうかも!

Rest In Music #dl #devlarge #大峠雷音

cherry chill will.さん(@cherrychillwill)がシェアした投稿 –

(cherry chill will)そうですね。DEV LARGE、BUDDHA BRANDとかですかね。

(渡辺志保)なるほどね。もう出るアルバム、出るアルバム、ジャケ写もしくはアー写はね、このcherry chill willさんが撮っているんじゃないか?っていうほどの売れっ子フォトグラファーですが。もともとcherry chill willさん……「チェリーさん」って呼んだほうがいい? 私、「ジュンさん」って呼んでいるんで。

(cherry chill will)それでいいんじゃないかな?(笑)。

(渡辺志保)ジュンさんはでも、もともとヤナタケさんとはかなり深くて長いお付き合いなんですよね?

(cherry chill will)僕は高校を卒業してすぐに東京に上京してきたんですけど。そん時にすぐにCISCOレコードという、いまはなきレコード屋さんがあるんですけども。そこにバイトで最初に入ったんですけど。その時の上司というかトップがいまのヤナタケさんです。で、僕を入れてくれた最終面接に登場したのもヤナタケさんです。

(渡辺志保)ええーっ! ちなみに、最終面接の時のヤナタケさんってどういう感じなの?

(DJ YANATAKE)(笑)

(cherry chill will)ハンパじゃないっすよ! みなさんね、いま気軽にね、「ヤナさん!」とか「ヤナタケさん!」って言ってますけど……僕は言えませんからね。

(渡辺志保)ああ、そうかそうか。「柳川さん」とお呼びせねば。

(cherry chill will)そうです。いまだにね、ちょっとそれを言う後輩とかを見ると、イラッとするというか。「お前、知らねえだろ?」っていう……みたいなところがあるぐらいの大御所さんです。僕の中では。

(渡辺志保)そうですよね。でも、そのCISCO時代の思い出とか、ありますか? いいエピソードとか。悪いエピソードでもいいですけど。

(cherry chill will)いいエピソード……CISCOでですね、毎回セールがあって、その時に企画をいろいろ社員から出すんですよね。会議があるんですけど。その時に僕が言ったことを柳川さんがやってくれたことがあって。「ミックステープでDJ DENKAのミックステープを聞きたい!」って言ったら、「それ、いいね。やろう!」って言ってくれたっていう。覚えてないと思いますけどね。

(DJ YANATAKE)ええと、1ミリも覚えてないです(笑)。

(渡辺・cherry)(笑)

(cherry chill will)こういう人です。全然覚えてないんですけど、僕はもうはっきり覚えていますね。

(渡辺志保)じゃあもう、初企画みたいな感じでDJ DENKAさんの。

(cherry chill will)いやー、もうぺーぺーだったんで、うれしかったですね。それは。

(渡辺志保)へー! 素晴らしい。

(DJ YANATAKE)でも本当にいい企画だと思ったんだろうし、あと、なんかやっぱり若い子がさ、なんか出してきた企画は積極的にやりたいなみたいなのはね。

(cherry chill will)当時僕も19才とかハタチぐらいだったんで。うれしかったですね。

(渡辺志保)ひえー、そうかそうか。そしてね、今日はこうして我々の番組にお越しいただいているということですけども。それで私もジュンさんと親しくなったのはジュンさんが写真を撮り始めてからなんですけども。そもそも、しかもみなさん、ジュンさんのインスタとかTumblrとかを見てもらえばわかるんですけど、本当にミュージシャンの方を多く撮っていて。特に日本語ラップのシーンを深く撮ってらっしゃるんですけども。きっかけというのはあったんですか?

(cherry chill will)きっかけは、まあCISCOがちょうど終わるぐらいの時に、家族ができて、子供が生まれて……みたいなのがあって。その時に、普通に家族写真。子供を撮りたくて、カメラを買って撮りだしていたんですけども。そのタイミングでクラブに遊びに行っていて。で、RYUZOくんとDABOくんとHAZIMEくんがやっている『GOLD』っていうイベントがあったんですけど。そこでRYUZOくんに「撮らせてもらっていいですか?」みたいな。まあ、遊びで撮らせてもらって。そしたらそれがすっごく面白くて。

(渡辺志保)へー!

(cherry chill will)こんな世界があるんだ!って思って撮りだしたのがきっかけです。で、もう本当プライベートでいろんなクラブに行って、ステージ勝手に上がっちゃって撮って……みたいなのを繰り返していくうちに、そしたらそれをなんと柳川さんが拾ってくれたんすよ。

(渡辺志保)なんと、ここでも柳川さんが。

(cherry chill will)僕にいちばん最初にお金を払ってくれたのが柳川さんです。それがDJ WATARAIの『つつみ込むように』のリミックスのアルバム。

(渡辺志保)はい。COMA-CHIさんとやったやつですね。

(cherry chill will)COMA-CHIさんとDABOくんがやったやつ。「それのリリースパーティーの写真を撮ってくれ」って言われて。で、撮ったその写真が翌年にリリースされるDABOくんの『HI-FIVE』っていうアルバムの中ジャケに使われるんですよ。

(渡辺志保)えーっ、すっごい!

(cherry chill will)そっから、仕事がグッと来るようになりました。

(渡辺志保)なるほど。渋谷のヒップホップドラマっていう感じがしますけど。で、本当にお写真を見ていただいたらわかるんですけど、ジュンさんの写真の魅力ってやっぱりその、ライブ中のアーティストの熱さを捉えるのがもうすっごい神級だなと私は思っていて。

(cherry chill will)ありがとうございます。

(渡辺志保)もちろんスチールのお写真を撮られたりもしてらっしゃいますけども。私がいちばんジュンさんのお写真でいいなと思うのは、やっぱりライブ中のラッパーのふとした表情とかめっちゃ熱い表情とかを切り取るのが神ってるなという風に思うんですけども。なんかそのへんは意識されてらっしゃるんですか?

(cherry chill will)最近、すごくそういうのを聞かれる機会が多いんですけど……本当、無意識なんですよね。まあ、当たり前じゃないですか。もうラッパー自体がかっこいいから。ラッパーに限らず、ミュージシャンはみんな、ステージに上がっている時っていちばんかっこいいと思っているんですよ。それをただ、僕はシャッターを押しているだけなんで。特に狙っていないっていうか。まあ、たぶん誰でもかっこよく撮れるんじゃないか? ぐらい、ラッパーはみんなかっこいいですよ。

(渡辺志保)本当っすか? でも、その「かっこいい」というご自身の思いがあるからこそですよね。きっとね。

(cherry chill will)まあ……そうですね。僕が無意識になってシャッターを切れるぐらい熱いライブをする人っていうのはやっぱり人気がありますよね。MACCHOくんもそうだし、ANARCHYとかKOHHとか、こっちが飛ばされちゃう。無意識になっちゃう。で、自然にシャッターを押しちゃうっていう。

(渡辺志保)そのライブの現場でいちばん食らったな、みたいな時のセッションってありますか? なんか覚えてらっしゃる現場。海外のアーティストでも、日本のアーティストでも。

(cherry chill will)いちばん、やっぱり最初に食らったのはDJ KRUSHさんのポートレートを撮ったことがあったんですけど、その時はもうKRUSHさんの眼光の鋭さにヤラれたっていうのと、あとはMUROさんもそうですね。あと、みなさん知っているかもしれないですけど、DEV LARGEがあのブッダの復活の時にやったライブっていうのはすごく印象的だし。MACCHOくん、ANARCHYとかも常にハイライトを作ってくれるライブで。あとはTHA BLUE HERBのBOSSさんもそうですね。

(渡辺志保)うんうん。

(cherry chill will)やっぱり言葉が強い人はすごくいいヴァイブスをステージで出していますね。はい。

(渡辺志保)なるほど。ちなみに写真を撮る時、ライブの現場でもスタジオで撮る場面でも、緊張することってあるんですか?

(cherry chill will)ほぼほぼないっすね。うーん、こっちが緊張するっていうのは、あんまりないですけど。やっぱりのめり込んじゃうから、のめり込みすぎて、お客さんが見えないっていうのだけは結構気にしています。

(渡辺志保)ああー、なるほどね。

(cherry chill will)主役はやっぱりお客さんとステージにいるアーティストなんで。そういうところは目立たないようにしているんですけど、よく、「そのヒゲでよく言うね」とは言われますね。

(渡辺志保)まあジュンさんね、ルックスが結構特徴的で。ヒゲが長いのよ。

(cherry chill will)そうなんですよね。

(渡辺志保)だから結構、現場とか行ってもヒゲの長いちょっと恰幅のいいフォトグラファーがいれば、それは間違いなくcherry chill willさんだという感じが。

(cherry chill will)そうですね。すいません。本当ご迷惑をおかけします。

(渡辺志保)いや、とんでもございません。で、今日はちょっとcherry chill willさんにも曲を1曲、持ってきていただいておりまして。ご自身がラッパー時代だった時のレア音源を……(笑)。

(cherry chill will)(笑)。出すねえ、ここで出すんだ、なるほど(笑)。

(渡辺志保)……ではなく?

(cherry chill will)ではなく、ではなく。

(渡辺志保)今日、『INSIDE OUT』でかけさせていただける曲があるということなんですけども。

(cherry chill will)このままじゃあ、紹介しちゃいます。DJ HAZIME feat. MACCHO, NORIKIYO, 般若&DABO『Beats and Rhyme』です。

スポンサーリンク

DJ HAZIME feat. MACCHO, NORIKIYO, 般若&DABO『Beats and Rhyme』

(渡辺志保)はい。いま聞いていただいておりますのはMACCHO, NORIKIYO, 般若&DABOで『Beats and Rhyme』。プロデュースド by DJ HAZIME&DJ WATARAI。ちなみにこの曲を選んでいただいた理由はございますか?

(cherry chill will)明日から始まる僕の初の写真展『Beats & Rhymes + PIXXX』っていうタイトルでやるんですけども。まあ、ジャパニーズ・ヒップホップ・フォト・エキシビジョンっていう感じなんですけど。まあこれは僕がこの曲『Beats and Rhyme』からインスパイアされてつけたタイトルでして。

(渡辺志保)いい話。

(cherry chill will)やっぱり特にMACCHOくんのリリックっていうのが僕の中で……MACCHOくんと僕、同い年なんですけど。そこでやっぱり、たどってきた年代っていうか、リンクしたのは本当最近なんですけど。ずっと僕はもう10代の頃からMACCHOくん、オジロ大好きだったっていうのもあって。このリリックの中で出てくる「オールドスクールなまりのBrand New Shit」とか、「リリックの中身は自分の分身 どの口が何言うかが肝心」っていうのを全部、僕の中で自分の写真っていうものに全部ひっくり返しても僕のやっていることにリンクするというか、僕のスタイルにリンクするっていうのがすごくあって。

(渡辺志保)ああ、なるほど。はい。

(cherry chill will)で、この曲のタイトルを拝借させてもらって個展にしました。HAZIMEくんとかWATARAIさんにもしっかり許可をいただいて。「やってもよろしいでしょうか?」「おう、いいよ」っていう。

(渡辺志保)そうだったんですね(笑)。じゃあ、明日からいよいよ個展がスタートということで、場所は渋谷NOS ORG(ノス オルグ)。なにかスペシャルな催しもあるんですか?

(cherry chill will)はい。明日(6月6日・火)が初日でオープニングパーティーということでSIMI LABからOMSBとB.D.、DJ HAZIME、DJ WATARAIにDJをやっていただくという。

(渡辺志保)豪華すぎ(笑)。オープンは何時ですか?

(cherry chill will)6時からですね。

(渡辺志保)仕事帰りにフラッと寄っても良し。誰でも入れる感じですか?

(cherry chill will)はい。もちろん、一般の方でも。いっぱい来ていただきたいなと。で、今回僕、はじめてこういう作品をしっかり出すというので、いろんな方に……日本語ラップじゃなくても、ヒップホップ、音楽好きな方に見ていただきたいなと思っていて。入場無料にさせてもらって。初日からみなさんに来ていただきたいなと

(渡辺志保)かしこまりました。めちゃ楽しみ。私のぜひぜひうかがおうと思ってますし。ちなみにこういうドープな写真を撮り続けてらっしゃるcherry chill willさんですけど。たとえば近い将来、こういうところで俺の写真が見れまっせっていう、東京にいなくてもここで見れます、みたいな、そういう作品リリース物みたいなものはありますか?

(cherry chill will)リリースですね。これから出るやつは、ちょうど6月7日にSUMMITから出るTWINKLE+のファーストアルバムのジャケット。あと、中ジャケなんかにも写真が使われています。あと、C.O.S.A.くんの新しいやつも出ますし。あと、SUMMITのテーマソングのジャケットもやらせてもらっています。あとは、フリースタイルダンジョンのモンスターの曲が出るんですけど、そこのモンスターが全員揃ったアー写も撮らせてもらっています。

(渡辺志保)すっげー! もうシーン総ナメっていう感じですけど。でも私もライターのお仕事をさせてもらっていて。たとえば昨年末で終わっちゃたけど『WOOFIN’』とか、その前は『FLOOR Magazine』とかでね、ご一緒させてもらうことが多くて。やっぱりジュンさんが撮った写真に私が取らせていただいたインタビューが載って、それが雑誌の表紙になるってすっごい醍醐味で。本当に、忘れられないセッションの数々みたいな感じで。

(cherry chill will)そうですね。ありがとうございます。

(渡辺志保)私がすごい印象的なのは、三代目J Soul BrothersのELLYさんを取らせてもらった時にELLYさんが表紙で。私はその時、もうお会いするのもはじめてで。やっぱりほら、スターだから。めっちゃ緊張していて、なにを聞けばいいんだろう? みたいな。でもジュンさんはELLYさんと地元がね、結構近いんでしたっけ?

スポンサーリンク

Woofin’ ELLY

(cherry chill will)はい。ほぼほぼ一緒なんで。

(渡辺志保)ということで、すっごいその場をね、ソフトなものにしてくれたっていう。

(cherry chill will)そうですか? それはよかったです。

(渡辺志保)非常に助かりました。ありがとうございます。で、まあね、本当にこれからもどんどん撮り続けていただきたいと思うし、明日からの個展もぜひぜひみなさん、足を運んでいただきたいと思いますし。

(DJ YANATAKE)個展って、1ヶ月やると。明日はパーティーが18時からあるということなんですけど、連日だいたい何時ぐらいから行けば見れるんでしょうか?

(cherry chill will)お店のオープンが18時から26時までの営業で。もともとレストランなんで、食事をしながら、お酒を飲みながら見れるっていう環境なので。土日もやっていますし。

(DJ YANATAKE)たとえばじゃあ、明日も26時まで?

(cherry chill will)お店はやっていますね。パーティーも1時ぐらいまではやっていますんで。

(DJ YANATAKE)なるほど。じゃあ、明日とかね、いろんな人がきっといるからね。

(cherry chill will)ぜひみなさん、来てください。みんなの社交場になってもいいかなと思っています。

(DJ YANATAKE)じゃあ基本的にはcherry chill willさんが撮った写真がいっぱい飾られていると?

(cherry chill will)はい。店内に。

(DJ YANATAKE)もう準備は終わったんですか?

(cherry chill will)ええと……実際はまだ終わってなくてですね(笑)。

(渡辺志保)ジュンさん、今日までLAにいたんでしたっけ?

(cherry chill will)そうですね。ロスに行っていて、夕方に帰ってきたばっかりで。まあ、ある程度は終わっているんですけど。まあ、全部額装を自分でしていますんで。

(渡辺志保)素晴らしい。なるほどね。

(DJ YANATAKE)じゃあ、我々はお客さんとして、なにかドリンクとかフードをちょっとたのめば見れると?

(cherry chill will)基本、入場無料なんで全然自由なんですけど。飲んでもらいながら見てもらえればいいかなと思います。

http://org.nos-tokyo.com/

(DJ YANATAKE)あと、なにか物販じゃないけど、買えたりするものはあるんですか?

(cherry chill will)写真も一部は購入できるようにします。

(渡辺志保)じゃあ、ねえ。お気に入りのアーティストのあのポートレートとかもね、もしかしたら買えちゃうかもしれないと。

(cherry chill will)買えちゃうかもしれないですね。

(DJ YANATAKE)じゃあ、質問の最後ですけど。いずれ、やっぱり写真集とかそういう予定はないんですか?

(cherry chill will)ぶっちゃけ今年の末には写真集を出したいなと思っていて。実際にお話をいただいているのもあって。その中で、ただ写真を出すだけじゃ面白くないっていうので、曲を作ろうかと思っています。

(渡辺志保)曲を作る! すっごーいですね! じゃあ、数年ぶりにマイクを握って?

(DJ YANATAKE)そういう感じ?(笑)。

(渡辺志保)ジュンさんがスピットするのではなくて?

(cherry chill will)スピットはしないんだけど、キャリードみたいな感じっすよね。

(DJ YANATAKE)まあ企画してね。どのトラックメイカーで、どのラッパーを並べて、みたいな。

(渡辺志保)すごい! これ、フォトグラファーを超えたフォトグラファーですね。

(cherry chill will)そんなフォトグラファー、世界を見てもいないですし。

(渡辺志保)たしかにね。いない。ハンパない。

(cherry chill will)やっぱりそのぐらいやらないと、僕のヒップホップ愛はちょっと表現できないなと。

(渡辺志保)熱い!

(DJ YANATAKE)じゃあその際はぜひね、『INSIDE OUT』にまた、その曲をかけにきてください。

(cherry chill will)もう全員連れてきます。

(渡辺志保)おっ! 待っています! いや、ありがとうございます(笑)。じゃあみなさん、明日からの個展、ぜひぜひ足を運んでみてください。私もうかがいます。

(cherry chill will)はい。いらしてください。お待ちしています。

(渡辺志保)というわけで今日2組目のゲストはcherry chill willさんをお迎えしてお送りしました。ありがとうございました。

(cherry chill will)ありがとうございました。

<書き起こしおわり>

RUFF, RUGGED-N-RAW-The Japanese Hip Hop Photographs-ジャパニーズ・ヒップホップ写真集
Posted at 2018.4.4
cherry chill will., 大野俊也(FLJ)(まえがき)
DU BOOKS
タイトルとURLをコピーしました