吉田豪 爆笑問題の超ハードな小森谷徹いじりを語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

吉田豪さんがTBSラジオ『ぼんやり審議会』の中で2017年4月のTBSラジオ・スペシャルウィークを振り返り。『爆笑問題カーボーイ』で爆笑問題のお二人が次の番組を担当する後輩の小森谷徹さんに見せた苛烈ないじりを紹介していました。

(蓮見孝之)さて、ここからはしまおさん、吉田豪さん、プチ鹿島さん3人が注目したシーンを聞いていこうと思いますが。まずは吉田豪委員、お願いします。

(吉田豪)はい。これは『爆笑問題カーボーイ』の中での小森谷さんいじりですね。今回、スペシャルウィークで生放送だったんで、3時台のMCの小森谷さんが大学の後輩ということで、番組のつなぎ。紹介の時にあまりにもハードないじり方をして次の番組につなぐっていう、かなり画期的なことが行われて。ちょっとぜひ聞いてほしいので。

(蓮見孝之)はい。それでは18日(火)の深夜、『爆笑問題カーボーイ』での一幕です。どうぞ!

スポンサーリンク

ハードないじりで番組をつなぐ

<放送音源スタート>

(田中裕二)それからこの後ね、『Fine!!』。小森谷徹っていう我々の、それこそ日芸の後輩で……。

(太田光)ヤリチン野郎だよ。ヤリチン野郎。

(田中裕二)我々の本当の1個下の後輩なんですよ。あっ、いたいたいた。

(太田光)ヤリチン! この野郎!

(田中裕二)恵(俊彰)と一緒に新聞を読んで。

(酒井健太)そうだ。やってる。『ひるおび!』で。

(太田光)あれ、俺らの後輩なんだよ。

(酒井健太)あ、そうなんすか!

(平子祐希)ヤリチンなんだ。

(太田光)女を泣かせてさ。ひどかったんだよ。

(田中裕二)そうなんだよ。ひでーやつなんだよ、あいつ。

(太田光)最低の人間だよ。

(平子祐希)すごい。『ひるおび!』の人だ。

(太田光)よくニュースを解説できると思うよ。

(田中裕二)本当だよ。悪い……「本当に、とんでもないですね」なんて、おめーがいちばんとんでもねえよ!(笑)。

(太田光)(笑)

(平子祐希)笑ってる(笑)。軽薄そうな人ですね(笑)。

<放送音源おわり>

(蓮見孝之)ひどいな、これ(笑)。

(吉田豪)ひどすぎますよね?(笑)。

(蓮見孝之)ひどくないですか、これ?

(吉田豪)このまま生放送、続くんですよ。次に(笑)。

(プチ鹿島)2人揃ってっていうのはすごいですね(笑)。

(吉田豪)そうそう(笑)。

(しまおまほ)これ、最高ですよね(笑)。

(吉田豪)田中さんのスイッチが入っているのがいいですよね。止めないっていう(笑)。

田中さんのスイッチが入る

(しまおまほ)前にも、小森谷さんの番組に田中さんがゲストで出たことがたぶん、スペシャルウィークかなんかであったと思うんですけど、ここまでそんな……もっと和気あいあいとしていて。たぶん太田さんがスイッチを入れて(笑)。

(吉田豪)そうですね。

(蓮見孝之)ちなみに、このいじりに対して小森谷さんがどんな対応を取っているのか、実はこの後の『Fine!!』でこのことについてリアクションをしているんですよね。こちらもちょっと、続けてお聞きいただきましょう。

<放送音源スタート>

(小森谷徹)えー、先ほど「軽薄そうな方ですね」と言われたのが私、小森谷徹でございます。ねえ。本当、爆笑問題の『カーボーイ』。番組のエンディングの方で見ていたらね、いきなり触れてくれたんでね。ちょっと顔を出しましたら、なんてことを言うんだ! ということでございますけども。まあ、たしかに学生時代にはいろいろありました……。
<放送音源おわり>

(一同)(笑)

(蓮見孝之)エンディングからのその、小森谷さんの生ですね。

(吉田豪)もう3時台、全然違う感じの番組なんで。こういう話をする時点でも、結構事故なんですよ(笑)。

(しまおまほ)なんか、ちょっと余裕ない感じ。この後のしゃべりもちょっと余裕がない感じで。「でもいまは……」みたいな感じで。なのでたぶんね、結構言われたくない部類のなんじゃないか?って(笑)。結構優男なんだよね、小森谷さんね。

(吉田豪)「ヤリチン」という単語は絶対に使わないぞ!っていう意思を感じましたね(笑)。

(蓮見孝之)豪さん、これが気になったポイントはなんでしょうか?

(吉田豪)いや、もう完全に田中さんですよ(笑)。田中さん暴走っていう(笑)。

(蓮見孝之)田中さんが制さないっていうね。うん。

(しまおまほ)次の日も話題になってましたね。これね(笑)。

(蓮見孝之)でもこれ、番組と番組のつながりっていいですね。やっぱりラジオを始めて、私も……ほとんどテレビの仕事が入社してからは多かったので、番組と番組のこのつなぎのやり取り。カーテン越し、ガラス越しのやり取りってすごくいいなと思うんですけども。

(吉田豪)『カーボーイ』はスペシャルウィークだけ生なんで、よりこういうダイナミックな感じはこういうときだけ味わえるっていう。

(蓮見孝之)ですね。そういうのをわかった上で聞いてる方もいますけど、時々そういうタイミングにチューナーを合わせて、「あ、これがラジオか」っていうものを味わえる瞬間に立ち会えたら、それ以降も聞いてくれそうな感じもするんですけどね。

(しまおまほ)そうですね。うん。なんかこの感じがラジオなんだっていうのが……杉山(真也)さん、いまカーテン越しを練習中ですよね。

(蓮見孝之)私の後輩の杉山アナウンサー。そうですね。

(しまおまほ)『たまむすび』に行く時になかなか入れないって(笑)。

(蓮見孝之)かなり言ってましたよ(笑)。

<書き起こしおわり>

しまおまほと吉田豪 赤江珠緒休養後の新体制たまむすびを語る
しまおまほさんと吉田豪さんがTBSラジオ『ぼんやり審議会』の中で赤江珠緒さん産休突入後の新体制『たまむすび』についてトーク。産休後2週間で赤江さんがサプライズ登場したことなどについ...
しまおまほ 小森谷徹『生活は踊る』のコーナーつなぎを語る
しまおまほさんがTBSラジオ『ぼんやり審議会』の中で2017年4月のTBSラジオ・スペシャルウィークを振り返り。『ジェーン・スー 生活は踊る』で小森谷徹さんが見せる、軽いコーナーつ...
プチ鹿島『Session-22』籠池インタビューとラジオのすごさを語る
プチ鹿島さんがTBSラジオ『ぼんやり審議会』の中で2017年4月のTBSラジオ・スペシャルウィークを振り返り。『荻上チキ Session-22』国会論戦珍プレー好プレーや森友学園・...
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする