安住紳一郎 和歌山赤ちゃんパンダの名前 命名塾を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

安住紳一郎さんがTBSラジオ『日曜天国』の中で2016年9月に和歌山アドベンチャーワールドで生まれた赤ちゃんパンダの名前についてトーク。リスナー4人と命名塾を開き、その名前を予想していました。


(安住紳一郎)さて、今年の9月の中旬にですね、和歌山のアドベンチャーワールドにパンダの赤ちゃんが生まれました。名前の募集が始まりました。名前の募集が10月1日から11月30日までということで、締切が実は先週だったんですね。私はパンダの名前の考察を近年、続けてまいりまして。このラジオでもずいぶんお話をしてまいりました。かなり精度の高い名前予想という情報をみなさんにお伝えしてきたという自負がありますが……

(中澤有美子)はい、はい。

(安住紳一郎)そして、名前予想にとどまらず、いま現在においては私は命名式の行われる日程まで予想できるという恐ろしいレベルにまで到達しておりまして。

安住紳一郎 和歌山パンダ永明 14頭目の赤ちゃんパンダ誕生を語る
パンダマニアの安住紳一郎さんがTBSラジオ『安住紳一郎の日曜天国』の中で和歌山のアドベンチャーワールドでオスパンダ永明の14頭目になる赤ちゃんパンダが誕生したニュースについて話して...

(中澤有美子)(笑)

(安住紳一郎)先週、和歌山アドベンチャーワールドで9月に生まれたパンダの赤ちゃんの命名式の日程の発表がありました。12月6日、今週火曜日の午前中に行うという発表がありました。私はこの日程を3週間前にすでに予報しております。

(中澤有美子)本当ですね(笑)。ドンピシャリでしたね。
スポンサーリンク

命名式の日程を3週間前に予想し的中させる

(安住紳一郎)10月のスペシャルウィークのプレゼントで和歌山アドベンチャーワールド命名式ご招待という非常にまだ確定していない要素を盛り込んだプレゼントを行ってしまったわけですが、見事にこのプレゼントがどうやらきちんと命名式にご招待できる運びになりました。

安住紳一郎 2016年日曜天国リスナー和歌山パンダツアー概要を語る
安住紳一郎さんがTBSラジオ『日曜天国』の中でリスナーに和歌山アドベンチャーワールドのパンダツアーをプレゼント。生まれたばかりの赤ちゃんの名前予想と命名式の予想、さらには命名者にな...

(中澤有美子)すごい(笑)。

(安住紳一郎)12月6日(火)にアドベンチャーワールド、このラジオをお聞きの方の中から応募してくださった方、4名の方と一緒に和歌山に行ってまいります。しかも、命名者になろうということですから2つ目の予報としては当然、名前の予想ですね。それぞれ4人、私、応募しておりますので。たぶんこの中から1人命名者として後々発表になるんじゃないかな? というところまで来ております。なかなか命名は難しいものがありまして。4人といろいろ話をしてまいりました。仲代達矢さんがお作りになった無名塾という俳優の養成所がありますが、私はパンダの名前を予想する命名塾というものを作りまして……

(中澤有美子)(笑)

(安住紳一郎)4人の塾生とこの2週間、塾内で奮闘してまいりました。なかなか指導というものは難しいですね。

(中澤有美子)無名塾じゃなくて命名塾(笑)。

(安住紳一郎)命名塾。これ、名前だけ聞くとかっこいいなっていうところがありますが、なにをするのか? というと、パンダの赤ちゃんの名前を予想するんですよね。やっていることはかわいらしい。仲代達矢さんのイメージとは真逆という。命名塾。いいですよね? ちょっと、あってもおかしくないという。命名塾。4人の熟成と奮闘してまりました。私の予想、そして4人の塾生のみなさんの思いなどもありまして。まあ、だいたいは私の言いなりになりますが。

(中澤有美子)そうなんですね(笑)。

(安住紳一郎)そりゃそうですよ。私の方が経験があるんですから。また、熟成はいろいろふざけたことを言ったりとかして。すごいんですよ。

(中澤有美子)硬派な命名塾で。へー。

(安住紳一郎)いや、塾生がまだ若いのか知らないけれども。少しちょっと、「それじゃいかんのだな」というところがありますけどね。ええ。9月に生まれたので、長月の”長”をとって、和歌山のパンダは全員南紀白浜の”浜”が2文字目につきますので。”幸浜(コウヒン)”とか”優浜(ユウヒン)”とか。そういう名前になっているんですけども。9月(長月)生まれなので”長浜”と書いてって。「”チョウヒン”ですか?」って聞いたら、「いや、”ラーメン”です」とか言うから、もう……「やりなおし!」って。

(中澤有美子)真剣ですからね(笑)。

(安住紳一郎)「そんなんで本当に当てられると思うんですか!」って。

(中澤有美子)長浜ラーメン(笑)。

(安住紳一郎)またちょっと4人の塾生、年齢が20代の方1人と30代の方1人を中心にちょっと展開してきたものですから。ちょっと私よりも年下ということもありまして、かなりエキサイトするような、そういう時期もありました。無事と言いますか、まあ誰も無事を願ってはいませんけども、4人の塾生の予報が揃いまして、応募を終えましたので明日、明後日の12月6日、和歌山のアドベンチャーワールドに塾生が揃って、アドベンチャーワールドへ行き、命名式典を見て。そして、もしその中で私たちの予想が当たっていれば……たぶんその後は「この中でこの名前に応募した方はいらっしゃいますか?」という問いかけがありますので、素早く手をあげ、前に進み、命名者代表という名誉にあずかる。そういうところに来ております。

(中澤有美子)はい(笑)。

(安住紳一郎)4人の塾生。命名塾の塾生と私のここ2週間の塾での奮闘ぶりをお聞きいただきたいと思います。そしていよいよ和歌山に明後日、出発いたします。今日の1曲目、ウルフルズの『大丈夫』と合わせて、それではお聞きください。

命名塾塾生と安住先生の奮闘

<塾生の奮闘音源スタート>

(安住紳一郎)時間を制するものは受験を制す! 勉強するなら結果を出せよ!

(命名塾塾生)はい……わかりました。

(安住紳一郎)楽しい思い出を作られるのも結構ですけども、あくまで合格を目指していますからね。

(中澤有美子)(笑)

(命名塾塾生)はい。

(安住紳一郎)そうですか。受かりたいんですか? 楽しみたいんですか? 当日、命名者になって新聞記事になる可能性がありますから、それらしい服装でお越しください。

(命名塾塾生)あの、塾長の……

(安住紳一郎)塾長というのは私のことですか? 「しなやかで柔らかい」ということを日中関係に結びつけるというのは若干無理がありますので、ここは「しなやかで柔らかい」のはあくまでもパンダのイメージで帰結させてください。あ、なんか、食べ物を食べてました?

(命名塾塾生)はい(笑)。

(安住紳一郎)そんな気持ちで当てられるの? ここも重要ですから、命を削って書いてください。ご家族とか周りの方で作文が上手な方はいらっしゃいますか?

(命名塾塾生)あ、弟は少し……

(安住紳一郎)弟に書いてもらってください。

(中澤有美子)(笑)

(命名塾塾生)わかりました(笑)。

(安住紳一郎)甘い気持ちで臨んでもらっちゃ困るわけだ!

(命名塾塾生)7:3ぐらいで大丈夫ですかね?

(安住紳一郎)言っちゃっていいの? 9:1だよ。あくまでも、穴扱いだからね、これ。「縦の糸、横の糸、織りなすことで布になり……」。中島みゆきの『糸』の歌詞をイメージして400字以内でまとめてください。合格判定はC判定です。いまご紹介できる物件は……そういう態度、先生は好きじゃありません。もし、違う名前で応募した場合には、破門扱いになります!

(中澤有美子)(笑)

(命名塾塾生)(笑)

(安住紳一郎)かならず合格しますよ。いつやるの?

(命名塾塾生)いまでしょ!



(安住紳一郎)400文字の文章、そろそろできました?

(命名塾塾生)(笑)。すいません、できてません。

(安住紳一郎)……まだやってないの?

(中澤有美子)(笑)

(命名塾塾生)はい、すいません。先生。

(安住紳一郎)どうしてやらないの?

(命名塾塾生)すいません。いま、自転車に乗ろうとしていました……

(安住紳一郎)時間を制するものは受験を制す! 勉強するなら結果を出せよ!

(命名塾塾生)はい……わかりました。

(安住紳一郎)いつやるの?

(命名塾塾生)いまです(笑)。

(安住紳一郎)いつやるの?

(命名塾塾生)いまです(笑)。えっ?

(安住紳一郎)「いまでしょ!」ってじゃあ、言ってもらおうかな?

(命名塾塾生)(笑)

(中澤有美子)(笑)

(安住紳一郎)いつやるの?

(命名塾塾生)いまでしょ!(笑)。

(安住紳一郎)わかった?

(命名塾塾生)はい!

(安住紳一郎)勝つしかないんだよ!

(命名塾塾生)わかりました(笑)。

(安住紳一郎)疑問は持っていい。疑問は先生にぶつけて構わないから。それぞれのメソッドがあるから。

(中澤有美子)メソッド(笑)。

(命名塾塾生)疑問……はい。

(安住紳一郎)いつやるのか、いつやらないのか? いまやるしか……

(安住・中澤)ないじゃない!

(命名塾塾生)はい(笑)。

(安住紳一郎)弟は? 元気にしているの?

(命名塾塾生)あ、してます!

(安住紳一郎)そう。弟にも言って。結果を出すしか……

(安住・中澤)ないじゃない!

(安住紳一郎)わかった?

(命名塾塾生)はい(笑)。

(安住紳一郎)自転車に乗って、どこに行こうとしてるの?(笑)。

(命名塾塾生)えっ? ちょっとこれから雑貨屋さんの壁に絵を描きに行きます。

(安住紳一郎)雑貨屋さんのカフェに?

(命名塾塾生)あ、壁に。

(安住紳一郎)ああ、雑貨屋さんの壁に絵を描きに行くの? 完全にお仕事じゃない(笑)。

(命名塾塾生)(笑)

(安住紳一郎)申し訳ないね。かならず、このやり方で結果が出ますから! 先生を信じてついてきてください!

(命名塾塾生)はい、ついていきます!

(安住紳一郎)ねえ。できるよね?

(命名塾塾生)はい、できます!

(安住紳一郎)あなた、できる子だよ。いつやるの?

(命名塾塾生)いまでしょ!

(安住紳一郎)12月6日の火曜日に命名式があるんじゃないか? と私はにらんでおりまして。その日に出発したいと思います。火曜日ですが、ご都合はいかがですか?

(命名塾塾生)はい。大丈夫です。

(安住紳一郎)12月6日火曜日がいちばん可能性が高いので、この日に出発したいと思いますが、予定はいかがですか?

(命名塾塾生)はい、わかりました。その日に行ってまいります。

(安住紳一郎)じゃあ当日、羽田空港でお会いしましょう。

(命名塾塾生)はい(笑)。

(安住紳一郎)ではでは、失礼します。

<塾生の奮闘音源おわり>

(安住紳一郎)命名塾塾生の結果をお待ちください。

(中澤有美子)(笑)

(安住紳一郎)さて、今日のメッセージテーマはこちらです! 睡眠の話。かなり力入ってましたでしょう?

(中澤有美子)そうですね(笑)。

(安住紳一郎)本気だったのよ。

(中澤有美子)厳しめでしたね(笑)。

(安住紳一郎)結構ぶつかり合いして。

(中澤有美子)追い詰めている感じ(笑)。

(安住紳一郎)なかなか、ねえ(笑)。すっごいよね。ラジオのプレゼント企画で応募して当たって、こんなに詰められるんだよ?(笑)。

(中澤有美子)そうですね。おかしいですね(笑)。

(安住紳一郎)おかしいですよね? 「ええっ? まだ考えていないの?」みたいな。

(中澤有美子)仕事の前に(笑)。

(安住紳一郎)仕事の前に。大変。でも、確実にこれでたぶん、もうほぼ当たりますから。ええ。

<書き起こしおわり>
安住紳一郎 和歌山赤ちゃんパンダ「結浜」名前予想的中を語る
安住紳一郎さんがTBSラジオ『日曜天国』の中でパンダの名前予想の教え子たちが、見事和歌山アドベンチャーワールドの赤ちゃんパンダの名前「結浜」を的中された話をしていました。 素...



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする