スポンサーリンク

赤江珠緒 TPP問題を語る

赤江珠緒 TPP問題を語る たまむすび
スポンサーリンク
スポンサーリンク

赤江珠緒さんがTBSラジオ『たまむすび』の中でTPPについてトーク。知りうる全てのTPPに関する知識を披露していました。

(赤江珠緒)(投稿メールを読む)「(メールテーマの)時事ネタですが、農家としてはTPP問題が気になります。でも、よくわかりません。どういうものなのか、わかりやすく教えて下さい」。なるほど。

(ピエール瀧)どういうことなんですか? 赤江さん。TPPって。

(赤江珠緒)じゃあ、これは『(荒川強啓)デイ・キャッチ!』へと……(笑)。

(ピエール瀧)(笑)。そうっすね。まあ、そういうことに……どういうことなんですか? TPP。

スポンサーリンク

結論は『デイ・キャッチ!』

(赤江珠緒)まあ、一言で言うと、うーん……関税が取れちゃうので、有利なところは有利になるし、不利なところは不利になるし。あと、日本みたいに品質がばっちり管理されていない食品が入ってくる可能性もあります。安くはなるけども、大丈夫なの?っていうのが来る可能性もある。

(ピエール瀧)うん。

(赤江珠緒)だから、メリット・デメリット、どっちももちろんある。

(ピエール瀧)はい。で、結論は?

(赤江珠緒)結論は……『デイ・キャッチ!』で(笑)。

(ピエール瀧)結論は『デイ・キャッチ!』で(笑)。

(赤江珠緒)すいません……(笑)。

(ピエール瀧)いちばん、いま強啓さんが驚いている(笑)。

(中略)

(赤江珠緒)岩本さん、今日はメッセージテーマが「時事を薄く斬ってみよう」なんてことになっていますが……

(岩本勉)はい。ペランペランに斬っていきましょうか?

(赤江珠緒)何か、ありますか? 気になっているもの。

(岩本勉)なんでもいいですよ。言ってください。さっきのTPPでも
なんでもいいですよ。

(赤江珠緒)おっ! じゃあ、お願いします。

(ピエール瀧)TPPって関税が取れる話じゃないですか。あれは北海道ってすごく需要が高いところなんですよ。畑にしても。なので、それがすごく問題になっていて。コマーシャルで「私たちは反対しています!」ってやるぐらいです。

(ピエール瀧)あ、道民としてはTPPは反対です!っていうのを?

(岩本勉)はい。まあ、どの団体かは忘れましたけども。電波を使って目一杯うたうんですよね。で、中にはそれで潤う人もいれば……まだまだ議論は尽きないと。だから日本にとって、生活にとって、特に食生活ですよね。やっぱり、それはよくWIN-WINっていう言葉を使いますけども。そうであるべきことを大人たちがしっかり頭を並べて解決しなきゃいけない、人の生活に必要なことですよね。

(赤江珠緒)ほー!

(ピエール瀧)まあ、そうだ。もう非っ常に素晴らしい意見なんですけども……岩本さんに聞きたいのはそういうことじゃないんです。

(赤江・岩本)(笑)

(赤江珠緒)そうですね。びっくりしました(笑)。

(ピエール瀧)今日、お話いただきたいのはそういうことじゃないんです(笑)。

<書き起こしおわり>
※このトークはradikoタイムフリー機能でお聞きになれます!

タイトルとURLをコピーしました