赤江珠緒 赤ちゃんのムロツヨシ化を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

赤江珠緒さんがTBSラジオ『たまむすび』に電話出演。加藤一二三さん、豪栄道似と話していた赤ちゃんが最近、ムロツヨシさん化してきた件について話していました。

(玉袋筋太郎)そんなね、アジアでモテモテの赤江さんも、いまやお母さんですよ。

(赤江珠緒)いや、でも聞いてましたよ。玉さん。誰が富永一朗さんですか(笑)。

(玉袋筋太郎)富永一朗さん(笑)。そうそう。イメージしちゃったの(笑)。

(赤江珠緒)富永一朗さんのあの、おっぱい漫画のね。いや、もう本当にいまね、おっぱいが本当に巨乳になっていますし。で、母乳で育てているもんですから、おっぱいのことがすごい気になるんですよ。で、たぶん安東さんよりもおっぱいのことを考えてる時間が長いぐらい……。

(玉袋筋太郎)ガハハハハッ!

(安東弘樹)それは相当ですよ。

(赤江珠緒)常に、いま考えているんですね。自分で。

(安東弘樹)でもたしかに、かみさんももちろんそうでしたけど、パンパンになって大変そうでした。

(赤江珠緒)そうですね。3時間ごとぐらいにやっぱり張ってきちゃうんで。そういう状況で、やっぱり人様のおっぱいもすごい気になるんですよ。それでこの間、新幹線で移動している時に、田中みな実さんが『anan』で美乳特集というのですごいきれいなグラビアを撮られていたじゃないですか。「これはちょっと研究しなくちゃいけない!」って思って。買って、新幹線で読んでいたんですよ。で、その時は子供も実家に預けていたんで、「ああ、久しぶりの1人だし……」って思って。チップスターなんか食べながらね、読み込んでいたんですよ。

(安東弘樹)はい。

(赤江珠緒)そしたらそういう時に限って「赤江さんでしょ?」とかって声をかけられて。あれもやっぱり、ねえ。選ばなきゃいけないですね。読むものもね。ああいう公の場っていうのは。すごい読み込んでいたんで、すごい恥ずかしかったですけどね。

(安東弘樹)いや、でもね、もう女性はずっとそうでいていただきたいですよ。僕は。

(赤江珠緒)ねえ。本当ですよ。やっぱり研究しないとって思って。

(安東弘樹)で、リスナーからメールが来ているんです。女性の方ですね。(メールを読む)「今日は待ちに待った珠ちゃんホットラインということで、珠ちゃんに質問です。その後、体調はどうですか? 授乳もオムツ替えも慣れてきましたか? そして、ピンクピン太郎ちゃん、生まれた時にはひふみんからの豪栄道似ということでしたが、最近は誰に似てきましたか?」という。

(赤江珠緒)本当に日ごとに乳児って変わっていくんで。加藤一二三さんで、豪栄道に変わって、最近は似てるなと思ったのがNHKのいまの大河ドラマの中の瀬戸方久という役のムロツヨシさんに似ているんですよ。

瀬戸方久(ムロツヨシ)


(安東・玉袋)ムロツヨシ!?

(赤江珠緒)ただ、普段のムロツヨシはそう思わないんですけど、方久の時は髪の毛をギュッとひっつめたり、いまは丸坊主でお坊さんみたいな役をされていて。その時に「あらっ?」って思いましたね。

(玉袋筋太郎)女の子なのにね。

(安東弘樹)全員男性っていうね。

(赤江珠緒)ウフフ、そうなんですよ。ちょっとね、女の子っぽくないんですよね。まだね。

(安東弘樹)まあでも、これからですよ。

(赤江珠緒)ああ、そうですね。髪の毛が生えてこないことにはね、何を着せても男の子にしか見えなくて。

(安東弘樹)赤江さんの娘さんだから絶対にかわいいですって。

(赤江珠緒)そうでしょうか? そうなってくれればいいですけども(笑)。

(安東弘樹)間違いない。(メールを読む)「……これからますます寒くなってくるので、十分に体に気をつけてください」とのことでした。

(赤江珠緒)ありがとうございます。本当にね、急に寒くなりましたもんね。

(玉袋筋太郎)なんかオリジナルの子守唄って歌っているんですか?

(赤江珠緒)あ、そうそうそう(笑)。前回出た時もちょっと、ねえ。歌わせていただいたんですけどね。はい。『恋の御堂筋』を。

(玉袋筋太郎)欧陽菲菲。

(安東弘樹)渋い。なぜ、子守唄で?

(赤江珠緒)フフフ……、それを歌ったりしてましたけどね。

(安東弘樹)まあ、スタッフ曰く「ひどい」っていう。

(赤江珠緒)いや、そんなことないですよ。それは本当によくできているんで。

(安東弘樹)自信作? 一節、歌えたりしますか?

(赤江珠緒)もちろんですけど。前も歌っちゃったんですけど、いいですか? 「あーのひともこのひーとも、首が座っていなかったー♪ 人間、みんなおんーなじー♪ 御堂筋は恋の道♪」。

(玉袋筋太郎)『大阪ラプソディー』じゃん(笑)。寝れないや、これ。子供。寝れません(笑)。

(安東弘樹)赤江さん、ありがとうございました!

(赤江珠緒)いや、あの新作もあるんですけどね。『ねんねこねこねこ』もあるんですけども(笑)。

(安東弘樹)あの、がんばってくださいね。

(赤江珠緒)わかりました。ありがとうございます。

(玉袋筋太郎)お大事に。どうも!

(赤江珠緒)はい。失礼します。

<書き起こしおわり>

赤江珠緒 たまむすび電話出演・出産後の近況と赤ちゃんの様子を語る
育児休暇中の赤江珠緒さんが出産後はじめてTBSラジオ『たまむすび』に電話出演。出産後の近況や無事に生まれた赤ちゃんの様子などについて、山里亮太さん、海保知里さん、薬丸裕英さんと話し...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事