スポンサーリンク

安住紳一郎 SMAP解散報道を語る

安住紳一郎『出演番組を見る際は自分自身を全力で応援する』 安住紳一郎の日曜天国
スポンサーリンク
スポンサーリンク

安住紳一郎さんがTBSラジオ『安住紳一郎の日曜天国』の中で、SMAPの解散報道について話していました。

(安住紳一郎)さて、今朝起きてびっくりされたと思います。SMAPが解散することになりました。今朝の新聞各紙、記事が出ておりましたが、スポーツ紙は見た限り全紙一面で報じられていました。一般紙も社会面や一面で載せていたようです。今年の2016年12月31日をもってSMAPは解散するとのことです。驚きましたね。

(中澤有美子)そうですね。

(安住紳一郎)東京中日スポーツ紙によると、この9月に期限を迎える事務所とのタレント契約は更新することが既に決まっていたようですが、今朝発表されましたジャニーズ事務所発表のFAXの文面には、「解散したいメンバーがいる状況でのグループ活動は難しいと判断した」としています。それから、12月31日をもって解散することに対しての憶測も広がっていますが。東京中日スポーツと日刊スポーツは「解散コンサートの開催は絶望的な状態で、花道を飾るのは12月31日に行われるNHKの紅白歌合戦での可能性が高い」としていますが、一方、スポーツニッポン紙では「紅白の出場は100%ないのではないか。12月いっぱいでの解散というのはフジテレビで放送中の番組への配慮であり、9月では番組の後の準備が間に合わないので年内いっぱいでの区切りにしたのではないか」と報じています。解散の時期をめぐっては、それぞれ見方が異なっています。

(中澤有美子)はい。

(安住紳一郎)なにはともあれ、ファンのみなさん、そしてSMAP世代のたくさんのみなさんがいるわけですが、たくさんの番組や歌で私たちのここ30年ぐらい……25年、いろいろな番組やエンターテイメントにSMAPの存在がありましたので大変にショックなわけですが。またファンのみなさんはこの半年、なんとか修復を……と気が気でなかったと思いますが。今朝、発表があったということです。SMAP解散のニュースが今朝、入ってきました。

(中略)

(安住紳一郎)SMAPのみなさんとは私も随分と仕事をさせていただきましたので、私自身も少しショックなところがあります。今日の1曲目は私のリクエストです。『夜空ノムコウ』。SMAPのみなさんです。

スポンサーリンク

SMAP『夜空ノムコウ』


※2:20からスタートします

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました