KREVA AKLO 宇多丸 音楽劇『最高はひとつじゃない2016』を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 63

KREVAさんとAKLOさんがTBSラジオ『タマフル』にゲスト出演。KREVAさんの音楽劇『最高はひとつじゃない2016 SAKURA』について宇多丸さんと話していました。

(宇多丸)ここんところね、先週、先々週とこのコーナー、ゲストがね。先々週が三浦大知くん。『人間交差点2016』、ゲスト決まり!って。よかったですよ。したら先週、ダースレイダーというね。だんだん、こう・・・言っちゃ悪いけど、金の匂いがしないやつみたいな感じで。まあ、これ以上、金の匂いのしないコーナーにしたくないんでね。これね。もうこのコーナー、そんなにあんまりゲストみたいなのは呼びたくもないっていう・・・ゾローッ!っと入ってきた(笑)。

(KREVA)宇多丸さん、こんばんはー!

(宇多丸)(笑)。わざとらしくて申しわけありません。いらっしゃいませ。今日は、大変豪華な2人がいきなり乱入していただいて。あれだよ?生放送のスタジオっていうのは、知り合いだからって勝手に入っていい場じゃないですからね。これだけはわかっていただきたい。

(KREVA)はい。わかりました(笑)。

(宇多丸)ということで、自己紹介をお願いします。

(KREVA)KREVAです。

(AKLO)AKLOでーす。

(宇多丸)よいしょー!ねえ。ということで、クレちゃんなんか、久しぶりじゃない?

(KREVA)久しぶりっていうか、前に出た時、士郎さんが俺のところに録りに来てくれてたから、ここに来るのはじめて。夢が叶ったみたいな。

(宇多丸)マジで?おおー。そうですか。

(KREVA)宇多丸さん、超久しぶりっすね(笑)。

(宇多丸)そして、AKLOね。久しぶりです。AKLO、いつ出たっけ?前は・・・

(AKLO)前回が、なんかライブしたのを覚えてますね。

AKLO SALU K DUB SHINEが宇多丸に語る『RGTO』制作裏話
AKLOがTBSラジオ『タマフル』でSALU、K DUB SHINEとスタジオライブ!ライブ終了後に宇多丸さんと『RGTO』の楽曲やMVの制作について語り合っていました。 ...

(宇多丸)スタジオライブか。前、あといろいろヒップホップシーンの動向の解説なんかもしてもらって。

(AKLO)そうですね。

(宇多丸)はい。ご無沙汰しております。ということで、なんですか?僕がプレッシャーを感じる後輩2人が並んで・・・

(KREVA・AKLO)(笑)

(宇多丸)俺になんかプレッシャーをかけに来たんですか!?

(KREVA)あのね、今日俺たちはヒップホップとかの話、しねー!(笑)。

(宇多丸)力強く(笑)。

スポンサーリンク

今回はヒップホップの話はしない

(KREVA)うん。なあ?もうさっき、楽屋で士郎さんとかこの番組について、ひたすら褒めてきたんで。しねー。そんな話は。そういう話じゃなくて・・・

(宇多丸)あ、褒めてくれていたんですか?それは。

(AKLO)褒めてました。

(KREVA)すげーな!って。

(宇多丸)そういうのは人目のつくところでお願いしますよ。ハッシュタグつけて、お願いしますよ。

(KREVA)ひとしきりやったんで、もうしないぞと。今回はちょっと、僕がやっている音楽劇がありまして。『最高はひとつじゃない2016』って言うんですけど。それのお知らせにやってまいりました。

(宇多丸)はい。『最高はひとつじゃない』。これ、前もやっていたよね?

(KREVA)そうですね。2011と2014かな?2011に最初にやって、2014に再演して、今回は新作でやるという。

(宇多丸)あ、中身全部変えて。前はブラッシュアップ版というような感じだったんだけど。しかも、要はうちの相方のMummy-Dさんも。

(KREVA)そうなんですよ。なんかDさんから伝言もらってなかった?さっき。

(AKLO)もらって来ました。

(宇多丸)なんですか?

(AKLO)『代わってくれ』って言ってました(笑)。

(宇多丸)『代わってくれ』(爆笑)。

(KREVA)役を?

(AKLO)役(笑)。

(宇多丸)そんな・・・そんな・・・これからやるんだよね?(笑)。

(KREVA)Dさん、今日残されてたから。

(宇多丸)Mummy-Dはね、前、結構美味しい役で出てたりしたじゃないですか。

(KREVA)はい。今回も美味しいですよ。

(宇多丸)どういう内容なのかをちょっと、説明してくださいよ。

(KREVA)今回はタイトルに『SAKURA』ってついているんすけど。桜にまつわる話と、日本の歴史上にあった3つの話と、俺の歌が複雑に絡みあっている音楽劇っていう感じなんですよね。ざっくり言うと。

(宇多丸)ざっくりと。基本、クレちゃんのいろんな曲っていうのが舞台の展開に絡まって、メッセージが挟まってきて・・・みたいな。ちょっと変わった作りだよね。前のもすごい・・・

(KREVA)そうなんですよ。で、全編俺の曲なんですけど、俺だけがやるわけじゃなくて、もちろんAKLOも俺の曲のラップをするんすけど。

(AKLO)そうなんですよ。

(宇多丸)AKLO、初参戦でしょ?

(AKLO)そうですよ。

(宇多丸)っていうか、舞台とかさ、演技とかさ。

(AKLO)そう。それ自体、初なんですよ。

(KREVA)坊主の役なんすけど。

(宇多丸)坊主ってその・・・?

(KREVA)いわゆる、そうです。どんどん上手くなってるんですよ。AKLOが。

(宇多丸)ああ、そう?まあ、かっこいいしね。

(KREVA)そうなんです。でね、こいつ、すっごい嫌なところがあって。

(宇多丸)嫌なところ?

(KREVA)かわいいんすよ。

(宇多丸)かわいい。チャーミング?

(KREVA)そう!チャーミング。そうなんすよ。だから大人気なの。みんなに。『AKLO、かわいいー♪』みたいな。

(AKLO)(笑)

(宇多丸)あのね、そう。AKLOくんはもちろんさ、超かっこいいし、ラップはクソ上手くて。

(KREVA)そう。

(宇多丸)ヒップホップのステージで言えばもうさ、無敵感な男だけど。たしかに人としてのチャーム、あるよ。そこも出ちゃっているやつ。

(KREVA)(笑)

(AKLO)ああ、これはマズいですね(笑)。

(KREVA)なんか『うん』っていうセリフがあったんすよ。それがあまり上手く言えてなくて、演出家の方にいろいろ言われていたから。『お前、あれだよな。いつも「うん」とかあんまり言わないから上手にできないんだよな』ってフォローしたら、『うん』って応えたの(笑)。

(宇多丸・AKLO)(爆笑)

(宇多丸)かわいいね、それは。面白いんだね。

(KREVA)『すげー上手に言えんじゃん!』っつってな。

(AKLO)そうでしたね(笑)。

稽古ヒートアップ with @kreva_drk_dj908

AKLOさん(@aklovision)が投稿した写真 –

(宇多丸)でも、クレちゃんが音楽劇みたいなのをさ。普通、だってこんなことやっている人、いないじゃない?世界的に言ってもさ。なんでこれ、やろうと思ったの?

(KREVA)最初は、武道館かなんかのライブの後に、舞台に関わる人が『いつかKREVAさんを舞台に上げたいと思ってます!』とか言われて、ライブ後、テンション上がっているじゃないですか。『ああ、OK、OK』みたいな感じで。『いつかやりましょうよ』みたいに握手していたら、なんか本当になっていたっていう感じなんですよ。はい。

(宇多丸)ああ、そうなんだ。なんかたとえばさ、音楽表現とかラッパーとしての表現力みたいなののプラスになるとか、そういう?

(KREVA)いや、そこまで考えてなかったっすね。面白いと思えたから、やってみようと思えたっていう感じですね。

(宇多丸)でもラッパーってね、ある意味ラッパーの歌詞の中のあれとかって、強がるボーストの表現とかもそうだけど。まあ、演技じゃん。向こうのラッパーが役者いっぱい出ているのもさ、ラッパーって要は『役者よのう!』っていうところがあるからだと思うから。

(AKLO)なんかセリフとかでも、不自然なところで止めると、よりその感情が伝わるとか。いろいろそういうテクニックがあるんですけど。

(KREVA)おっ、語りだしたね。

(AKLO)それで、教えてもらうじゃないですか。でも、それってラッパー的にもこれ、知っておいた方がいいことだよねと思うこと、いっぱいありますね。

(宇多丸)それこそ、ちょっと間を取った方が効果的に伝わるよとか。

(AKLO)そうなんすよ。

(KREVA)トーンとかな。『そこで上げないで、そこはステイして、次で上げろ』みたいなの、結構細かくもらっていて。で、毎回できるようになっていて。本当に、びっくりすると思いますよ。

(宇多丸)ちょっと嫌じゃない?それでさ、AKLOこれ以上ラップとかさらに上手くなられたら、嫌じゃない?

(KREVA)・・・消しましょう(笑)。

(一同)(笑)

(宇多丸)消す!?(笑)。極端だな(笑)。ゼロイチすぎるからね(笑)。

(KREVA)デジタルすぎましたね(笑)。すいません。でもね、俺の曲とか本当に自分のものみたいにするんですけど。それも聞き所なんですけど、2人でさっき話し合った結果、ここが聞き所なんじゃないか?っていうところ。ちょっとAKLOさんから発表してもらうんで。

(AKLO)小西真奈美さんのラップが、最強。

(宇多丸)おっ!

(KREVA)最高!マジで!これ、マジでヤバいレベル、来てますよ。

(宇多丸)どういう方向でヤバいっすか?

(KREVA)あの、ウィスパーラップみたいなの、あるじゃないですか。あれ、結構やっている人、3人ぐらい辞めるんじゃないかな?っていうような。上手いんすよ。上手いアンド、声が素晴らしいから。

(宇多丸)それで小西真奈美さんじゃ、もう、なにそれ!?

(KREVA)もうね・・・チケット2800円分ぐらい、そこにかかってんじゃないかな?っていう。

(宇多丸)あの、いずれ音楽そのものとしても作品化したくなるような感じじゃない?俺、出たら聞きたいよ。そんなの。

(KREVA)そうなんですよ。いや、ヤバいっすよ。本当にヤバいっす。

(宇多丸)キャストがまた、豪華になってるもんね。

(KREVA)そうなんですよ。内博貴くんね。KREVA meets ジャニーズですよ。

(宇多丸)これもすごいね。

(KREVA)あと、AKLOもそうなんですけど。あと、増田有華ちゃん。元AKBのね、増田有華ちゃん。増田有華ちゃんもめちゃくちゃ上手い。

(宇多丸)もともとだってね、ミュージカルやりたくてっていうのがあったし。

(KREVA)あと、綿引さやかさん。『レ・ミゼラブル』でエポニーヌ役とかやっているんですけど。あと、ブラザー・トムさん。トムさんがね、いままで会った人の中でいちばん自由だね。

(宇多丸)ああ、そう?(笑)。

(KREVA)だけど、『自分たちがやっていた頃はまだ真似みたいなのがあったけど、俺から下のMummy-DとかAKLOとかKREVAとかは、ちゃんと自分たちの言葉にして、自分と同じような音楽をやってくれているから嬉しい』みたいなことを言ってくれるんすよね。

(宇多丸)そういう、ある種、ブラックミュージックの日本の進化形みたいなところでね、先輩でもあるもんね。うん。そして、Mummy-D先生と。

(KREVA)そして、小西真奈美さん。

(宇多丸)すごいなあ、これね。こんなら、Mummy-Dはそりゃあ、そりゃあ、泣きも出るでしょう(笑)。

(KREVA・AKLO)(笑)

(宇多丸)泣きも出るでしょう。これは。

(KREVA)いや、でもね、すっごいかっこいいっすよ。Dさんも

(宇多丸)まあDはもともとね、役者を自分でやりたい、やりたいって言っていたわけだからね。

(KREVA)『ひとつ、夢が叶った』って言ってましたね。

(宇多丸)揉んでいただいて、ありがとうございます。

(KREVA)とんでもないです。とんでもないです。出ていただいて、うれしいです。

(宇多丸)僕もちょっと、日付を決めて拝見しに行きますんで。

(KREVA)ああ、ぜひとも。ありがとうございます。

(宇多丸)ということで、このKREVAプレゼンツ、新しい音楽劇『最高はひとつじゃない2016 SAKURA』。東京公演は東京芸術劇場プレイハウスにて。日程はですね、3月25日から4月3日まで。合計14公演。さらに全国も回ったりするんだもんね。

(KREVA)大阪は行くっすね。

(宇多丸)大変だ。入場料、一般指定席税込み9500円。SAKURAシート税込み2000円。これ、なに?SAKURAシートって?

(KREVA)なんか見えづらいところっていうことみたいですよ。

(宇多丸)ああ、天井桟敷みたいな。

(KREVA)桟敷席みたいな。そうです。そうです。

(宇多丸)SAKURAシートだから、桜の花見のブルーシートのみすぼらしいところに座らせるとか。そういうんじゃない?

(KREVA)(笑)。そういうんじゃない。

(宇多丸)屈辱的な(笑)。

(KREVA)それも良さそうですね(笑)。

(宇多丸)ガサガサッ!ガサガサッ!って(笑)。なるからね。大阪公演が4月8日から4月10日の5回公演。結構回数、やりますね。ということで、チケット現在発売中。詳しくは『最高はひとつじゃない』で検索してください。Mummy-Dもがんばっておりますので。ぜひ、行ってください。

(KREVA)お願いします。

(宇多丸)ということで、じゃあここで1曲聞いてのお別れということで。すいません。あっという間で。

(KREVA)はい。ちょっといろいろ考えた結果、この曲にしたんで。僕が紹介していいっすか?じゃあ。KREVAで『I Wanna Know You』。聞いてください。

(宇多丸)最高でーす!

KREVA『I Wanna Know You』

(宇多丸)はい。ということで私の尊敬する後輩2人。KREVAさん、AKLO、2人を招きいれてですね、KREVAプレゼンツ『最高はひとつじゃない』。音楽劇を紹介させていただきました。いま聞いているのは、KREVAで『I Wanna Know You』。もうね、大好きなんですよね、この曲ね。かっこよすぎじゃないですか?この曲ね。ちなみにAKLOくんも新作を間もなくリリースを控えているということなので。またリリースしたらこの番組で紹介させていただきたいと思っております。ぜひぜひみなさん、KREVAプレゼンツ 新しい音楽劇『最高はひとつじゃない2016 SAKURA』。行ってみてください。Mummy-Dも奮闘しております。

<書き起こしおわり>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする