スポンサーリンク
スポンサーリンク

サイプレス上野 日本語ラップ解説 ECD『MASS 対 CORE』

サイプレス上野 日本語ラップ解説 ECD『MASS 対 CORE』 ザ・トップ5
スポンサーリンク

サイプレス上野さんがTBSラジオ『ザ・トップ5』の中で、日本語ラップ初心者の外山惠理さんに推薦曲を紹介。ECD『MASS 対 CORE feat.YOU THE ROCK★ & TWIGY』について解説していました。

(外山惠理)さあさあ上野さん、お願いします。

(サイプレス上野)はい。さて、このランキングの締めくくりは恒例のこちらのコーナー。『日本語ラップKILLA☆2015 あとちょっと(仮)』。もう少しで『(仮)』が取れるかもしれない。

(外山惠理)嘘?変わるの?名前。

(サイプレス上野)いや、やっぱり惠理ちゃん次第なんで。『(仮)』が取れるかどうかっていうのは。

(外山惠理)えっ、このまま行きましょ。

(サイプレス上野)『(仮)』で行きます?

(外山惠理)2015で終わればいい。

(サイプレス上野)2015で終わらす。いま、仮免許中なんで。惠理ちゃん自体が。

(外山惠理)私がってこと?初めて知ったよ。

(サイプレス上野)まだ『KILLA☆』ではないから。

(外山惠理)なんだ。そういうコーナーだと思った。

(サイプレス上野)日本語ラップの魅力を伝えていって、『あ、本当に惠理ちゃん好きになったな』っていう時にこの『(仮)』は取れるわけですよ。免許皆伝でございますよ。

(外山惠理)わっかりました!

(サイプレス上野)そういうコーナーでございます。さあ、今夜紹介する日本語ラップはこちらです。ECDで『MASS 対 CORE feat.YOU THE ROCK★ & TWIGY』ということで。

(外山惠理)ふーん。

(サイプレス上野)先週かけたMICROPHONE PAGERに所属するTWIGYさんも参加してますね。

サイプレス上野 MICROPHONE PAGER『病む街』を解説する
サイプレス上野さんがTBSラジオ『ザ・トップ5』の中で、日本語ラップ初心者の外山惠理にマイクロフォンペイジャーの『病む街』を紹介。さらに加えてフリースタイルバトルについても話していました。

(外山惠理)ふんふんふん。

(サイプレス上野)で、もちろんお茶の間でもお馴染みになったYOU THE ROCK★。『証言』にも入っていました。

サイプレス上野 日本語ラップ解説 LAMP EYE『証言』
サイプレス上野さんがTBSラジオ『ザ・トップ5』の中で、日本語ラップ初心者の熊崎風斗さんに推薦曲を紹介。LAMP EYEの『証言』について解説していました。

(外山惠理)はい。

日本語ラップ界の大ベテラン ECD

(サイプレス上野)で、そしてこの曲を出したのがECDという、もう本当に大ベテランで。日本のラップの祖みたいな感じに近いですよ。いとうせこうさんよりちょっと年下。なんて言うんですかね?日本語ラップとかぜんぜん浸透してない時にコンテストで優勝したりとかして。その後に、MAJOR FORCEっていうレーベルの主な人でやっていました。

(外山惠理)ほー。

(サイプレス上野)で、その中からファーストも出して、セカンドも出して。これがサードアルバムになるのかな?たしか。『ホームシック』という1995年に出たアルバムがありまして。その中にこの『MASS 対 CORE』っていう。いわゆるMASSって世間的なものじゃないですか。

(外山惠理)はいはい。

(サイプレス上野)に、対するCOREは俺たちだ!っていう曲なんですよね。だからもう、この95年ってこのコーナーでは何回も出てきますけど。まあ、スチャダラパーの『ブギー・バック』があったり、EAST END×YURIの『DA.YO.NE』があったりとかして。あと、m.c.A・Tさんの『Bomb A Head!』とかがあったりとかして。

(外山惠理)ああー、そっか。

(サイプレス上野)その時に、A・Tさんとかをレコード屋とかチャート番組とかが、日本語のラップだから『Jラップ』っていう風につけたんですよ。自分たちで言っているわけじゃないのに、メディアの方が『日本語ラップはJラップ』って。だけど、『俺たちはJラップじゃないぞ!俺たちは日本語でラップをやっているから、日本語のヒップホップ。日本語ラップだ!』っていう風に言っていて。

(外山惠理)うん。

(サイプレス上野)要するに、世間的には本当に老若男女というか、若い子たちが『DA.YO.NE』を聞いてすげー盛り上がったりとかしてるけど、現状のいま、本当の現場でやっているやつらは、まだ地下に溜まっているマグマだ、みたいな。で、そこに俺たちみたいな若いやつらとかがすげー共鳴して。『やっぱそうだよ!日本語ラップがいちばんだから、Jラップなんて言ってるやつらはぶっ壊してやろうぜ!』みたいな。本当にそういう、荒くれ者集団になるぐらいの勢いになっていて。

(外山惠理)うんうん。

(サイプレス上野)全員迷彩の上下とか着てるんですよ。軍隊級に着てるんですよ。『どこ行くの、お前ら?』っていうような格好で、ガスマスクとかつけているやつとかいるんですよ。

(外山惠理)へー。

(サイプレス上野)けど、俺たちは日本語ラップをやっている人たちの軍隊みたいな。悪いことをするわけじゃないですよ。単純に、その姿勢に対して超賛同してて。で、95年にスチャダラパーのアルバムとか、MICROPHONE PAGERのアルバムとかどんどん出て。スチャはやっぱりちょっとメディア側って言っちゃああれなんですけど。そこでけど、スチャのアルバム自体はコアな人たちに対してもすごい圧倒的な支持を受けるっていう。

(外山惠理)へー。

(サイプレス上野)すごいアルバムをあの人たちは出していて。その時にも、やっぱりこっから先、爆発するぞ!っていうのがあった曲でもあるですよね。で、この曲が入っている『さんぴんCAMP』っていうビデオがあるんですけども。これ、歌っている時にタワーレコード側がインストアライブがあったんですけど、音を、電源を落とすんですよ。

(外山惠理)えっ?

(サイプレス上野)盛り上がりすぎてて。

(外山惠理)へー!

(サイプレス上野)俺もその会場、いたんですけど。

(外山惠理)えっ、いたんだ?

(サイプレス上野)いたっす。もうダイブとかしまくってて。なんか溜まっている奴らが爆発して。いきなり音を落とされて。そこでその後、やめるのかな?と思ったら、アカペラで歌ったりとか。そういう熱がすごい、もう食らいまくっていて。で、ECDさんは四街道NATUREとリカっていう人たちをフィーチャリングした曲で『DO THE BOOGIE BACK』っていう、『今夜はブギー・バック』のアンサーソングを出したりとかしてて。

(サイプレス上野)『もともと仲がいいんだけど、いまやっているところは違うから』っていう風に、ちゃんと意識的なことをやったりとかして。それでなんか、そこも俺としてはちょっと複雑な感情というか。仲良くしててほしいのに・・・っていうので、いろいろありましたけど。その翌、96年に『さんぴんCAMP』っていう、ビデオになっているんですけど、日比谷の野外音楽堂でECDさんが仕切った超どデカいイベントがあって。

(外山惠理)へー!

(サイプレス上野)その翌週に、スチャダラパーが所属しているLB Nationっていうのがあるんですけど。『大LBまつり』っていうのも日比谷の野外音楽堂で行われたっていう。

(外山惠理)へー。

(サイプレス上野)1週間で違う派閥同士が日比谷の野外音楽堂を超満員にさせているんですよ。それぐらい日本語ラップはいま、一気に爆発するぞ!っていう。

(外山惠理)でも、そうやって刺激しあってね。すごく。

(サイプレス上野)そうなんですよ。『さんぴんCAMP』の会場にはスチャダラパーのBOSEさんとかみんないたりして。やっぱり表面上はそういう風に感じちゃうんですけど、お互いはやっぱり刺激しあっていて。『大LBまつり』、俺、行けなかったのがいまだにずっと後悔してるんですよ。もう20年ぐらいたったいまでも。『なんであの時、俺、学校のテストを選んだんだろう?』みたいになってきて。

(外山惠理)へー!

(サイプレス上野)『なんなんだ、俺?なんて情けねえやつなんだ?』って。いまだにその時のフライヤーを見て、こうやって泣きそうになってるっすからね。

(外山惠理)あらまあ。

(サイプレス上野)行っておけばよかった!みたいな。

(外山惠理)でも、ダメだよ。学校の試験に行ったから、いまここにいるんです。

(サイプレス上野)そうですね。試験行ったから、いまがあるかもしれない。そうなんです。ポジティブに捉えます。なんで、歌詞にも注目してほしいんですけども。Jラップに
対しての気持ちがどんな感じなのか?っていう曲を聞いてもらいたいと思います。それでは流しましょう。ECDで『MASS 対 CORE feat.YOU THE ROCK★ & TWIGY』。

ECD『MASS 対 CORE feat.YOU THE ROCK★ & TWIGY』

(サイプレス上野)お送りしている曲はECDで『MASS 対 CORE feat.YOU THE ROCK★ & TWIGY』ですけども、どうですか?

(外山惠理)うん。なんか冷静に見てますね。その状況というものを。すごく。

(サイプレス上野)そうですね。ただ文句を言ってるだけじゃなくて、地下室に潜る俺たちっていうのと、あと、普通の人ならビビッて電柱の陰に隠れたくなるような連中が正しい技に今日も挑戦中っていうので。要するに、練習と曲作りはずっとしてるぞっていう。そういうところに共鳴を受けて。だただらしないとか、怖いだけじゃなくて、やっていて、最後に『MASS 対 COREならゲリラ戦 アンチJラップ ここに宣言』っていうのが、なんか学校で『ヒップホップ知ってるよ。「DA.YO.NE」でしょ?』とか言われている俺たちの気持ちを全部代弁してくれたっていう。

(外山惠理)うんうん。

(サイプレス上野)『アンチJラップ、ここに宣言』って、それに乗るしかないでしょ!っていうぐらいな気持ちだったっすね。やっぱり。この曲を作っているのは高木完さんという。プロデューサーでDJでもある。完さん自体はどちらかと言ったらスチャダラパーのプロデューサーでもあったから、そこもまたいびつな感じというか。なんか、そういう感じなんですよね。

(外山惠理)でも、別に仲がよくてもやっぱり、そういうのが・・・

(サイプレス上野)まあ、その時々はあったりするんで。

(外山惠理)そういうところがいいですね。

(サイプレス上野)そうですね。これがあったことによって、またもう1個の方が成長できるし・・・っていう。まあ、やり合いが当時、すごいあったから。見てる俺たちはハラハラドキドキしながら、聞いてしかも楽しめるっていう。ありがたい時代を本当に体験させていただきました。

(外山惠理)ああ、そう。

(サイプレス上野)あっ、だいぶ目が輝いてきて。うれしいっす。なんか(笑)。

(外山惠理)ねえ。なんかね。

(サイプレス上野)だいぶ乗っかってきてくれるようになったんでね。はい。やったぜ!(笑)。

(外山惠理)(笑)

(サイプレス上野)俺、やったぜ!

(外山惠理)(笑)。さあ、今夜もね、楽しみにしてますが。私。

(サイプレス上野)あ、そうですね。1時26分からテレビ朝日で放映される『フリースタイルダンジョン』という番組、ありますんで。2015年のね、最新型のが見れます。

(外山惠理)はい。あのね、そのことでメールが来ています。(メールを読む)『今日の「たまむすび」で赤江珠緒さんが「フリースタイルダンジョンを見て面白かった」って言ってましたよ。これは来週は「たまむすび」に生乱入で山里(亮太)さんを思いっきりディスですね』。

赤江珠緒『フリースタイルダンジョン』の感想を語る
赤江珠緒さんがTBSラジオ『たまむすび』の中で、フリースタイルMCバトルのTV番組『フリースタイルダンジョン』を見た感想を話していました。

(サイプレス上野)(笑)。やってやるかな?

(外山惠理)ねえ(笑)。

(サイプレス上野)いきなりね、山ちゃんをディスるんですかね(笑)。

(外山惠理)不憫・・・(笑)。来週もよろしくお願いします。

(サイプレス上野)はい。ありがとうございます。ということで、『サイプレス上野
の日本語ラップKILLA☆2015』。もうちょいで『(仮)』、取れそうです!

(外山惠理)(笑)

<書き起こしおわり>
https://miyearnzzlabo.com/archives/32118

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ザ・トップ5
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました