スポンサーリンク

NONKEYとサイプレス上野 フリースタイルラップのコツ トップ5

サイプレス上野 フリースタイルの魅力トップ5 ザ・トップ5
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ラッパーのNONKEYさんがTBSラジオ『ザ・トップ5』に出演。サイプレス上野さんとの中でフリースタイルラップのコツ トップ5を紹介していました。

(外山惠理)ここからは、ラッパーのNONKEYさんご提供によるこのランキングからスタートです。『即興でラップするフリースタイルラップのコツ トップ5』。

第五位:三小節目の乗り越えろ
第四位:1人より2人 2人より3人で
第三位:賞金なにに使おうかしら?
第二位:フォースとともにあれ
第一位:恋は盲目

以上、『即興でラップするフリースタイルラップのコツ トップ5』でした。

(中略)

スポンサーリンク

第五位:三小節目の乗り越えろ

(外山惠理)で、NONKEYさんのトップ5ですけども。うかがっていきたいんですが。『即興でラップするフリースタイルラップのコツ トップ5』ということで。五位が『三小節目を乗り越えろ』と。

(NONKEY)あの、結構フリースタイルってご存知じゃない方もいらっしゃると思うんですよ。即興で、要はラップをするっていうことで。いま最近、全体。高校生の大会があったりとか、日本全体、上野が活躍している・・・

(サイプレス上野)『フリースタイルダンジョン』もあったりとか。

(NONKEY)たくさんね、来てると。

(サイプレス上野)ラップのそれが来てますね。だいぶ。

(NONKEY)それで結構、意外と『やりたいけど、やれない』みたいな人が結構いると思うんで。それのために今回、提案させていただいたんですけど。三小節目っていうのは、たとえば『外山さん、ラップしてください。フリースタイル!』って言うと、たぶんニ小節ぐらいはできるんですよ。

(外山惠理)嘘!?

(NONKEY)『私が外山 登るぜ山!』みたいなことは言えるんですよ。

(上野・外山)(笑)

(NONKEY)で、そこまで言った後に、『ああ・・・できない・・・』ってなっちゃうと思うんですよ。で、実はフリースタイルって、『やれる!』って言った人がやれるもので。で、やれるかやれないか?で言うと、その最初の壁を飛び越えてしまうと、それが最初で最後の壁だったと。なので、三小節目をがんばって出せれば、もうフリースタイルはできます。

(外山惠理)へー!

(サイプレス上野)もう一声ですよね。

(NONKEY)もう、よく聞かれるでしょ?だって。『どうやったら上手くなりますか?』とか『どうやったらできるようになりますか?』っていうのは、もう気持ちの問題ですね。要は。『できる!』って言った人が、できる。なので、ぜひその三小節目にトライしていただきたいというのがこの一発目のやつですね。三小節目を乗り越えろ。

(外山惠理)へー!で、四位が『1人より2人 2人より3人で』。

スポンサーリンク

第四位:1人より2人 2人より3人で

(NONKEY)フリースタイルは本当に、いまさっきみたいな感じで、何もない状態でも1人でいきなり始められるものなんですよ。だけど、やっぱり1人でブツブツやっているよりも、やっぱり2人でやった方が上手くなるし。2人よりも3人でやった方が上手くなるし。もっと言うと、百人の前でやった方が上手くなるんですよ。

(外山惠理)ええーっ?

(NONKEY)それはどうしてか?っていうと、反応を見てっていうのもあるし。後は、上手い人とやると、それを吸収できるっていうのもあると思うんですよ。だからもう、我々はお互い上手くなっちゃったなー。

(サイプレス上野)ねえ。だから百人以上が見てる前で、2人でやったりとかしてるから。もう、どうしても上手くなっていくっていう。

(NONKEY)上手くなっちゃうっていう。

(外山惠理)すごいね。いや、絶対に無理だ。十人の前でもしゃべれないもん。

(サイプレス上野)いや・・・(笑)。いままで何万人の前でずっとしゃべってるんだから。いちばんできる人なんすよ?

(外山惠理)いやいやいや・・・

(NONKEY)やっぱ、1人より2人っていうのもそうなんですけど。あと、話題の幅が広がっていくっていう。要は、同じ学校のやつとやっていると、学校の先生の話題とかでいけるけど。じゃあ、違う学校のところになったら、『あれ、どうしよう?』になっちゃうじゃないですか。そうすると、話題も広がるじゃないですか。そうやってどんどんどんどん、ボリュームアップしていくというか。スキルアップしていくというか。っていうのがあります。

(外山惠理)へー!

(サイプレス上野)サイファーとかもそうですもんね。いろいろな地区のやつが混ざった方が面白いっていう。

(NONKEY)なので、ぜひぜひ。男だけでやっているよりも、女の子が混ざった方が絶対に話が膨らむじゃないですか。っていうことっすね。

スポンサーリンク

第三位:賞金、なにに使おうかしら?

(外山惠理)へー!で、この三位の『賞金、なにに使おうかしら?』。

(NONKEY)これはフリースタイルにはバトルってういのもあって。そのバトルっていうのはフリースタイルの技術を競うっていうか。どっちがいいラップをできたか?っていうのを戦うものがあるんですけど。それの大会があるんですね。で、その大会の必勝法としてこれは『賞金、なにに使おうかしら?』っていうのが僕の中にあって。僕が優勝した大会は賞金の使い方を明確に決めていたんですよ。

(外山惠理)へー!

(NONKEY)だからたとえば、『女の子にどこのレストランでどのコースで奢る』とか。

(外山惠理)へー!

(NONKEY)で、俺、レゲエのイベントで優勝した時は、財布の中身からっぽで駐車場に車を停めて行ったんですよ。出れないじゃないですか。優勝しないと。そうすると、自ずと勝つんですよ。だからラッパーは、バトルに勝つとモテるんですよ。やっぱり。

(サイプレス上野)すげーわかる。

(NONKEY)ちゃんと。『この女にあの指輪をあの店に何日に行って一緒に買おう』っていうのをがっちり決めておくと、勝たざるを得ないじゃないですか。そういうことです。

(外山惠理)それで、勝つんですね。

(NONKEY)勝つんです。これはでも、MCバトルだけじゃないと思うんですけどね。

(サイプレス上野)人生、そうですからね。決めてやれば勝ってくるんで。

(外山惠理)ええー?でも、財布にお金持っていないのに車を停めるって勇気がすごい!

(サイプレス上野)まあでも、勝つ自信があったんでしょ?

(NONKEY)もうもう。私の才能さえあればと。そういうことでしょう?

(上野・外山)(笑)

(サイプレス上野)けど、そういう風にNONKEYくんと俺、決勝とかでも当たったことがあるんで。たぶん、お互いに考えていてね。俺は『新木場のスタジオコーストから横浜までタクシーで帰る』って決めて。そん時はNONKEYに勝ちましたから。まあ、相当か金が飛びましたけども(笑)。

(NONKEY)その時は、二位でも賞金がもらえたんで。俺はちょっとそれで・・・(笑)。

(サイプレス上野)お互いたぶん、まあいいぐらいまでいったよな?みたいな感じだったんです(笑)。

(NONKEY)しかもそのバトルが、お互いにけなし合うみたいなバトルじゃなくて、女の子が真ん中にいて、その女の子を口説くっていうやつで。で、なぜか上半身、2人とも裸っていう(笑)。

(サイプレス上野)裸になってやるっていう、壮絶な戦いを(笑)。

(NONKEY)そういうのもありますよ。

(サイプレス上野)そんなことをやっても、タクシーで帰るぜ!っていう。

(NONKEY)それだよ。これ。ラッパーかっこいい!

(サイプレス上野)ラッパーかっこいいっすよ!

(外山惠理)かっこいいね。かっこいい。で、二位。『フォースとともにあれ』っていうのは?

スポンサーリンク

第ニ位:フォースとともにあれ

(NONKEY)これもバトルの時なんですけど。要は、結構メンタルゲームなんですよ。折れたら負け。相手が上手いなって思いすぎたら、『ああ・・・』ってなっちゃうし。自分がトチっちゃったなってなったら、『ううん・・』ってなったら負けるじゃないですか。だから、平常心が。やっぱり暗黒面に支配されたら負けなんですよ。だから、フォースは常に冷静で。もう、自分のあんまり頭のよくない部分が出ないように。自分の気に任せて。フォースに任せて戦うと勝つことができるんですよ。だから俺は、バトルの前には恋愛物の映画を見るんですよね。

(外山惠理)はあ。

(NONKEY)そうすると、すごく愛に満ちた状態で。『ラブ・アクチュアリー』がおすすめです。

(サイプレス上野)(笑)

(NONKEY)『ラブ・アクチュアリー』を見てから、MCバトルに出ると勝ちます。これは、心の平穏が保たれて。愛に満ち溢れた状態で。相手も、もうどんなことを言われても、『お前も愛してるぜ』って言えるぐらいの平穏さがあるから、やっぱり勝てるんですよ。

(上野・外山)ええーっ!?

(外山惠理)『ラブ・アクチュアリー』だって。

(NONKEY)あ、これ違うの?(笑)。

(サイプレス上野)もう、まあね。けど、だんだんその気持ちはわかるようになってきました。昔は血気盛んだった。けど、血気盛んな若者が増えている中、楽屋とか俺たちはだいぶ落ち着いている。だいぶ、『弁当、何個食った?』とか、そういう話を。

(NONKEY)そういう話になっちゃう。

(サイプレス上野)だいぶ落ち着きはらって。平穏は必要ですよね。体調管理とか、超必要です。

(NONKEY)超重要!

(サイプレス上野)超重要。前日に朝までクラブイベントにいたりしたら、絶対に負けます。だいたい(笑)。そんだけ、もう。二日酔いとかは勝てません。身を持って経験してるんで。

(NONKEY)心と体はやっぱり重要だと思います。

スポンサーリンク

第一位:恋は盲目

(外山惠理)ふーん!で、一位が『恋は盲目』。

(NONKEY)これはさっき、オープニングで。全国の方は聞けてない方もいらっしゃるかもしれないですけど。サイプレス上野が言った通り、フリースタイルは楽しいから夢中になりすぎて『フリースタイル!フリースタイル!』になっちゃうんですよ。

サイプレス上野 フリースタイルの魅力トップ5
サイプレス上野さんがTBSラジオ『ザ・トップ5』の中でフリースタイルラップの魅力トップ5を紹介していました。

(外山惠理)うん。

(NONKEY)で、すげー『フリースタイル!』になっちゃった結果、『ラップってそれだけじゃないじゃん』ってことにある瞬間、はたと気づくというか。結構、特にバトルって楽しいんですよ。やっぱり。お金ももらえるし。あと、モテるし。あとはお金ももらえるんすよね(笑)。

(外山惠理)(笑)

(サイプレス上野)(笑)。金が重要だよね。金がね。

(NONKEY)結構楽しくなっちゃうんですけど。やっぱりそこで冷静さを失わずに、ラップってなにか?っていうと、やっぱりフリースタイルだけじゃないので。そこにあんまりガーッ!って夢中になりすぎずに、いろんなことをやってほしいなっていうのを最近思うなって。たぶん同じことを。図らずも同じことを考えていたっていうことなんですよね。でも、面白いんですよ。やっぱり。フリースタイルは面白い。

(サイプレス上野)面白いっすよね。簡単にできるからね。本当に。

(NONKEY)まあフリースタイルは即興でやるから、どうしても正直になっちゃう。嘘がつけないっていうのもあるし。友達も増えたりするし。さっき言っていた、夕陽を見つめるじゃないですけど。そういうのもあるから、ガーッ!ってなりすぎるけど、『いや、待て。君がラップしているのは人をけなすためかい?』っていうことになってきちゃうっていう。

(外山惠理)ふんふん。

(NONKEY)だから、そう考えるとラップもいろんなラップがあるから。そういうのも、全体を見てほしいなっていうのが、お客さんもやる側も思うなっていうのが一位ですね。

(サイプレス上野)いや、間違いない。本当に。そう広がっていってほしいですね。やっぱりもう。戦っているだけの姿でね、『バトル、がんばってください』じゃなくて、いろんなラップがあるんですよっていうのがいちばん重要です。もう。

(NONKEY)やっぱり落語家の方も、大喜利だけじゃなくて、やっぱり本当の寄席にも来ていただきたいですっていう。そういうところだと思うんですね。やっぱり。リフティングが上手い人も、できればサッカーのゲームの方を見てほしいっていう。そういうことだと思うんですね。

(外山惠理)へー!

(サイプレス上野)これもあくまでね、技のひとつですからね。

(外山惠理)ねえ。さっきからさ、『レゲエの大会で・・・』とかおっしゃっていたじゃないですか。それは、音楽に合わせてラップをするんですか?

(NONKEY)それも、そうですね。で、ヒップホップのMCバトルだと、やっぱり即興っていうのが重きを置かれるんですけど。レゲエだと、ぜんぜん別に即興ももちろん込みで、自分が書いてきたリリックがそのタイミングに合っているか否か?っていうのも結構重要だったりするので。僕はレゲエの大会では、フリースタイルはしなかったですね。逆に。自分の書いてきた・・・

(サイプレス上野)持ちネタというね。

(NONKEY)ので、どこまで行けるんだろう?っていう。

(サイプレス上野)それで盛り上がれば・・・っていうのがまあ、ラバダブっていう。言い方がちょっと違うんですけども。

(外山惠理)へー!いろいろあるんだね。

(サイプレス上野)いろいろ形があって。それぞれのスタイルがあるんで。だから順応性というかね。その場に合わせてロックするっていうのが、どちらも必要な要素ではありますけども。

(NONKEY)そうですな。

(外山惠理)へー!面白いな。

(NONKEY)だから、長澤まさみはラバダブに近いですね。その場に応じた・・・

(サイプレス上野)TPOに合わせてるね。

(NONKEY)いや、さすがだ。もう。

(サイプレス上野)で、一気に持っていってるじゃないですか。

(NONKEY)持っていってるもん。持ってますなー!

(外山惠理)(笑)

(サイプレス上野)一位ですからね。

(NONKEY)一位!

(外山惠理)へー!じゃあフリースタイルっていうのにもまた種類がたくさんあるっていう?

(サイプレス上野)まあ、フリースタイルっていうのは即興でやっているラップっていうものがあって。その中で、最近注目をあびているのがMCバトル。MC同士が戦うっていうのがいま、すごい若者に。『高校生ラップ選手権』っていうのとかがあったりとか。いま、『フリースタイルダンジョン』もあって。あと、大会では年末に行われる大会が、もう二千人クラスになっているんですよ。もう最後の決勝大会とかって。

(外山惠理)急に増えたなって思うのってどれぐらい前からなんですか?

(NONKEY)でも、着実に来て、ここ1、2年でグオーッ!っていう。

(外山惠理)あ、そうなんですか。

(サイプレス上野)もともとは99年ぐらいとかにB-BOY PARKっていうイベントがあって。KREVAさんが三連覇したんですよ。フリースタイルのバトルで。そこらへんが1回目の波というか。日本人でもここまでやれるぞ!っていう空気があって。その後、また作っていった感じですよね。本当に。

MC漢・ダースレイダー 日本のMCバトルの歴史とUMBの未来を語る
MC漢とダースレイダーさんがDOMMUNE『UMB×DOMMUNE』に出演。『「UMBへの道 ~MC BATTLE大研究!~』と題して、日本のMCバトルの歴史を振り返り、またUMBの今後の展開について話していました。

(外山惠理)へー!

(サイプレス上野)着実に来ていて。ここ1、2年でちょっとドバーン!と。

(外山惠理)そうなんだ。だから好きな人っていうのは前から好きだったりするかもしれないから、そんなに人数が増えないかもしれないけど。急にっていうのは、やっぱり広まったんですね。

(サイプレス上野)広まり方が急激に来たんですね。

(NONKEY)やっぱりYou Tubeとかインターネットの影響がたぶんデカいと思うんですね。あと、やっぱり人がケンカしてるの見るのって、楽しいじゃないですか。自分はケンカしたくないけど。人がやっぱりね。

(サイプレス上野)それに対してああだこうだ言うのがね。もう、すごい楽しいから。ねえ。できる限り、自分の名前とか検索するのはやめた方がいいっていう(笑)。

(NONKEY)(爆笑)

(サイプレス上野)バトルの後とかには、ぜったいに。あの、ああだこうだ言ってるやつとバトルすることになっちゃうんで。二重苦になるんで。

(NONKEY)特にあの、飲酒時はやめた方がいいっていうね。サイプレス上野さんに言ってあげてください。

(サイプレス上野)身を持ってね。4回ぐらい失敗してますね(笑)。

(外山惠理)うんうん。わかるよ。気持ちはわかるよ。だってさ、好き勝手言ってるからさ、あったま来るよね。

(NONKEY)(爆笑)。おっおっ!?

(サイプレス上野)同じ仲間なんで。俺たち(笑)。

(NONKEY)すっごいわかるよ。本っ当にわかるわ。本当にわかるよ。ねえ。目の前で言いやがれ!っていう。

(サイプレス上野)そうなんですよ(笑)。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました