スポンサーリンク

塙宣之『ナイツの漫才の原点は電気グルーヴとテクノ』

塙宣之『ナイツの漫才の原点は電気グルーヴとテクノ』 たまむすび
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ナイツのお二人がTBSラジオ『たまむすび』に出演。ピエール瀧さんに、ナイツの漫才の原点は電気グルーヴとテクノミュージックだという話をしていました。

ナイツ 二人対談

(赤江珠緒)塙さんのお兄様には本当にね、たまむすびで・・・

(塙宣之)だからもう言っているかもしれないですけど、我々兄弟というのは電気グルーヴさんのラジオを聞いて。

(赤江珠緒)ですってね。

(塙宣之)これ、もう本当に、何度もファンだって言ってますけども。電気グルーヴのファンを聞いてCDを買うようになって。そっから音楽を聞くようになって。電気グルーヴが何にはまったのか?って、YMOを聞くようになって。はっぴいえんどを聞くようになってって。僕のルーツが電気グルーヴのラジオなんですね。

(赤江珠緒)へー!

(塙宣之)で、最近、これ2007年ぐらいに漫才としてすごい行き詰っていた時に、もう1回YMOのCDとかを聞いた時に、やっぱり気持ちよかったんですよ。テクノの音楽が。で、これだ!と思って、漫才を書いたんです。で、僕らの漫才って、これよく言うんですけど、テクノなんですよ。

(ピエール瀧)なるほど。

スポンサーリンク

ナイツの漫才はテクノ

(塙宣之)ポン、ポン、ポン、ポン、ポンみたいな漫才じゃないですか。ボケがずーっとこう・・・

(ピエール瀧)同じテンポというか、同じ感じでずっとね。

(塙宣之)それが、瀧さんがいなかったら、あの漫才、できてないです。

(ピエール瀧)(笑)

(赤江珠緒)おおー!すごい!

(土屋伸之)これ、でも本当、ずっと言ってるんですよ。

(ピエール瀧)そうなの?

(塙宣之)ずっと言ってるんですよ、俺。ナイツの漫才はテクノだって。

(ピエール瀧)なるほど!

(塙宣之)バイきんぐの小峠さんはロックが好きなんで。やっぱりロックっぽいじゃないですか。

(ピエール瀧)ああ、そうだね。はいはい。

(土屋伸之)シャウトだよね。

(塙宣之)僕ら、やっぱり無機質なんで。テクノなんですよ。完全に。

(赤江珠緒)はー!まさかのそんなつながりがあるとは。うれしいですよね、瀧さん。

(塙宣之)だからまあ、正確に言えば、卓球さんがいなければ、我々はいま、いない・・・

(赤江珠緒)(笑)。そっちに、そんな正確に・・・そんな正確に言わなくても(笑)。

(ピエール瀧)いつ、それ返そうかな?と思って。ずっと迷ってたんですよ。

(土屋伸之)そこは瀧さんでいいじゃん(笑)。

(ピエール瀧)ただ、その位置で言えば、漫才協会の副会長の上にいま、いるっていうところがすごいじんわり来て。ちょっとしばらく、味わってたんです(笑)。ただ、いまその椅子は自分が座るべき椅子じゃないことにはちゃんと気づいてました。

(赤江珠緒)気づいてました?(笑)。

(ピエール瀧)はい(笑)。

(塙宣之)本当の話です。

(ピエール瀧)いや、まあ、ねえ。

(赤江珠緒)だから男三人兄弟で末っ子でらっしゃって。で、お相撲も好きだし、
野球もお好きでね。もう漫才のネタでも野球ネタ、結構ね。あの、寿限無ももう。たまたま聞かせてもらって、もうびっくりでした。もう。グリーンウェルとか出てくるんですよ。

(ピエール瀧)(笑)

(赤江珠緒)ご存知?阪神のグリーンウェル。

(ピエール瀧)はいはい。グリーンウェルね。はい。

(赤江珠緒)(笑)

(土屋伸之)そこに食いついてくる?(笑)。

(ピエール瀧)なるほど(笑)。出た、グリーンウェル!っていう。言いたい!私も言いたい!グリーンウェルって言いたい!っていう(笑)。

(赤江珠緒)阪神の中の黒歴史みたいになっているグリーンウェルが出てきたりしてね。で、『北の国から』もお好き。やっぱりじゃあ、人情家ですね。うん。そうですか。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました