スポンサーリンク

赤江珠緒 大竹まことへの手土産を語る

赤江珠緒 大竹まことへの手土産を語る たまむすび
スポンサーリンク
スポンサーリンク

赤江珠緒さんがTBSラジオ『たまむすび』の中で、WOWOWのシティボーイズ特番で大竹まことさんと共演した際に手渡した手土産について話していました。

(赤江珠緒)そのね、ファンになったと言えばね、ちょっとこのお話をしていいですか?

(ピエール瀧)どうぞどうぞ。

(赤江珠緒)先週ね、瀧さん、私ね、裏で(ゴールデンラジオを)放送されている大竹まことさんに初めてお会いする仕事が・・・なんて。

(ピエール瀧)ああー、シティボーイズのやつね。言ってたね。

(赤江珠緒)『ドキドキなんですよ』なんてお話をしてたんですけども。これがね、先週の土曜日、WOWOWで放送で、シティボーイズさんのずーっといままで毎年公演されているのが、『今年はもう最後だ』ってご本人たちがおっしゃって。『ファイナル公演だ』っておっしゃって。まあ、ファイナルにはならないと思うんですけどね。結果ね。

(ピエール瀧)うんうん。

(赤江珠緒)それを放送する直前の、放送直前2時間スペシャルっていうのを。

(ピエール瀧)煽り番組ですね。

(赤江珠緒)はい。いとうせいこうさんと私でさせていただきまして。そこで司会ということで。で、大竹さんにお会いすると。いや、お会いしたかったんで。もともとね。『うわー、うれしい』なんて思って迂闊に受けたものの、よくよく考えれば、『いや、これは私が受けるような仕事じゃなかったんじゃないか?』と思って。

(ピエール瀧)俺もそう思う。

(赤江珠緒)(笑)。ちょっと!

(ピエール瀧)シティボーイズ、見たことなかったんでしょ?だって。

(赤江珠緒)いや、でも10本以上見ましたからね。

(ピエール瀧)慌ててでしょ?(笑)。

(赤江珠緒)そう(笑)。でもそしたらね、すっごい面白いのよ。本当に。

(ピエール瀧)知ってますよ!

(赤江珠緒)最高だね(笑)。いや、それでにわかなのにこんな大事な場に。しかもね、裏でやらしていただいてって、これ、立場的にどうなんだ?と思って。ドキドキだったんです。で、まあお会いしたらもちろんご挨拶に行かなきゃと思って。大竹さんがいらっしゃいました。

(ピエール瀧)うん。

(赤江珠緒)もうなんか、大竹さんもね、ニヤニヤされてるのね。『あー、あっ、あっ、はじめまして。赤江です』なんて言ったら、なんかニマーッみたいな感じで通って行かれて。で、楽屋にちゃんとご挨拶に行こうと思って。でも、やっぱりこういう時に手ぶらじゃなんだと思って、なにかお近づきの印に、なにか持って行こうと思ったんですよ。

(ピエール瀧)はい。あれ?気が利くじゃないですか。なにを?

(赤江珠緒)だけど、そういったね、年配の年上の男性になにを持っていいものやら。ただのお菓子とかだと、ちょっとおもしろくないだろうし。もうだいたいみなさん、なんでも持ってらっしゃるだろうし。しかも、うかがったところ大竹さんだけの楽屋じゃなくて、シティボーイズさん3人で、みなさん一緒だと。

(ピエール瀧)一緒ですね。はい。

(赤江珠緒)その場合になんか、お一人にだけ渡すのもやっぱりこれは、なんなんで。

(ピエール瀧)まあね、大竹さんとかお酒飲まないですしね。

(赤江珠緒)あ、そうですか。で、みなさんそれぞれにってなると、どうしたらいいだろう?ってちょっと、だいぶ悩んだんですけど。で、あまり大仰なものを持っていくのもね、なんなんで・・・と思って。結果、自分が愛用していてっていうものがいいかな?って。

(ピエール瀧)あぶねー!あぶねー!導き出した行き先が、危なーい!

スポンサーリンク

悩みに悩んだ手土産

(赤江珠緒)なんでよ?自分が実際に使ってよかったっていうことが、結果いいだろうと思って。あの、悩みに悩んだ結果選んだものが、あのね、すっごくチョコレートのいい匂いのする・・・

(ピエール瀧)すごくチョコレートのいい匂いのする?

(赤江珠緒)スクラブがあるんですよ(笑)。

(ピエール瀧)(笑)。体をゴシゴシやる、つぶつぶしてて、ねえ。

(赤江珠緒)スクラブ。皮が若干取れるっていうね。老廃物が取れるっていう。それと、肌がツルッツルになる石鹸があるんですけど。これを抱き合わせにして・・・

(ピエール瀧)えっ、初老の連中に?まさかの?うん。

(赤江珠緒)(笑)。『大竹さん、あの、裏でちょっと店を出させていただいております、赤江でございます』とか言って行ったらね、大竹さんが『いや、裏はこちらだよ』なんてことを言ってくださりながら。

(ピエール瀧)うん。

(赤江珠緒)『いえいえ、とんでもございません。こんな裏で店を出しているものが、こんなところにお邪魔して・・・』みたいなことを言いながら、『これ、お近づきの印に』って。

(ピエール瀧)『私みたいなもんが』と。はい。

(赤江珠緒)って言って。『チョコレートの香りのするスクラブ・・・』『いらねーよ!』って(笑)。

(ピエール瀧)そりゃそうでしょう。そりゃ大竹さんが正しい。本当に(笑)。

(赤江珠緒)速攻でね。『いらねーよ!』って突っ込んでいただきましたけどね。

(ピエール瀧)そりゃそうでしょう。なんであのおじさんたちを、チョコの匂いにしようとしてんの?

(赤江珠緒)いや、面白いなと思って(笑)。

(ピエール瀧)面白かないでしょ!

(赤江珠緒)だって、大竹さんとかきたろうさんとかが、こう、チョコレートのスクラブ使ってたら。

(ピエール瀧)斉木さんは?斉木さんだったら。

(赤江珠緒)いや、で、斉木さんもその場にいらして。『あ、斉木さんにもどうぞ』っつったら、『なーんなの?チョコレートなの?なんなの?』って。『いや、チョコレートの香りのするスクラブです』『スクラブ?へー!』って(笑)。

(ピエール瀧)そうでしょう?斉木さんは、『あっそう?じゃあ、使ってみようかな?』。その感じでしょ?(笑)。

(赤江珠緒)(笑)。っていう感じでね。いやー、でもすごくね、優しく受け止めていただきまして。

(ピエール瀧)なるほど。仕事、できたんすか?もういまから、電話して謝りますよ。本当に。

(赤江珠緒)(笑)

(ピエール瀧)居所はわかってますから。いま。大竹さんに。『生放送中、すいません』と(笑)。

(赤江珠緒)本当。いろいろオタオタしましたけどね。いやー、でも面白かった。やっぱりきたろうさんがね、『まもなく放送が始まります』っていうカウントダウンのタイマーとかがあったんですけど。『そのタイマーとかを映しながら放送していきますよ』なんて私が説明したらね、『えっ、何?大麻が用意されてんの?』『いやいや、大麻が用意されていたら、全員捕まるでしょ?』みたいにね。

(ピエール瀧)なるほど。

(赤江珠緒)そんなもの、生放送だからいろんなものがありながら。いやー、面白かった。よかったですよ。

(ピエール瀧)いやー、そうですか。

(赤江珠緒)『局を越えてなんかやれればいいですね』なんて。社交辞令も(笑)。

(ピエール瀧)完全に社交辞令でしょ!

(赤江珠緒)いただいたりして(笑)。

(ピエール瀧)局を越えて、なにをするの?いったい(笑)。

(赤江珠緒)本当ですね(笑)。いや、でもご挨拶できてよかったです。ありがとうございます。

(ピエール瀧)そうですか。ちゃんと仕事できて、なんとかなりましたか?

(赤江珠緒)なんとかなりました。フーッていう感じで(笑)。冷や汗かきまくりでしたけど(笑)。

(ピエール瀧)そうでしょう?引き受けりゃいいってもんじゃないでしょ?赤江さん。

(赤江珠緒)本当、本当(笑)。

(ピエール瀧)時に断る礼儀っていうのも大事なんです。社会ってものは。はい。

(赤江珠緒)社会はね(笑)。わかりました。勉強になりました。

(ピエール瀧)お願いしますよ。ねえ。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました