スポンサーリンク

三浦しをん ジェーン・スー お洒落な生活ができない問題を語る

三浦しをん ジェーン・スー お洒落な生活ができない問題を語る ジェーン・スー 相談は踊る
スポンサーリンク
スポンサーリンク

作家の三浦しをんさんがTBSラジオ『ジェーン・スー相談は踊る』に出演。ご自身のお悩み『お洒落な生活が、できません』について、ジェーン・スーさんと語り合っていました。

(ジェーン・スー)それでは、8時台最初の相談は三浦しをんさんからの相談『お洒落な生活が、できません』についてなんですけども。

(三浦しをん)はい(笑)。

(ジェーン・スー)わかる!この話で6時間は話せるね。

(三浦しをん)いけますよね。辛いんです。

(ジェーン・スー)あのねー、私たち、東京生まれ東京育ち。だから俗にいう東京っ子であり、江戸っ子と言えば江戸っ子みたいなところがあるんですけど。

(三浦しをん)私、多摩っ子ですけどね(笑)。

(ジェーン・スー)ああ、多摩っ子なんですね。なんつーの?こう・・・辛いね。

(三浦しをん)辛い。シャレオツスポットとか、縁ないですもんね。

(ジェーン・スー)あの、なんで世の中はあんなにお洒落で圧をかけてくるのかね?

(三浦しをん)ですよね。なんかね、先日Instagram?っていうのを・・・

(ジェーン・スー)ああ、悪の。諸悪の根源Instagram。

(三浦しをん)(笑)。友人が見せてくれて。そしたら、そこにね、すごく素敵なガラスの器に、お湯のみがちょっと大きいぐらいの器に、あのね、そうめんがね、素敵な地層みたいにね、そうめん、きゅうり、そうめん、トマト、そうめん、錦糸玉子みたいに詰められてて。そういう形状でそうめんをお洒落に食べている人の、その食卓の写真みたいなのがいっぱいアップされてたんです。そういう感じのものが。

(ジェーン・スー)おわーっ!

(三浦しをん)で、『あれっ!?』って。そん時、私友達と、家で百均で買ったステンレスのザルにバーン!とそうめんを盛って。百均で買ったプラスチックのお椀にバーッ!ってめんつゆを入れて。水道水で薄めてゾーッ!って食べてたんですよ(笑)。それで、『みんな、そうめんどうしてるのかな?』みたいに思って友達が検索したら・・・大変なことが判明するわけですよね。みんなは素敵な地層みたいにして食べてた。

(ジェーン・スー)あれでしょ?『丁寧な暮らし』でしょ?

(三浦しをん)丁寧な暮らしだった・・・

スポンサーリンク

丁寧な暮らし

(ジェーン・スー)本当にね、あの、丁寧な暮らしもそうだし、あと、あれですよね。やっぱこう、最先端お洒落みたいな暮らし。ねえ。ホテルのさ、どっかで見た・・・わかるよ。やりたくなる気持ちもわかるし、私もやるし、それを責めていない。なぜなら、やりたいけど、できないから。

(三浦しをん)そうなの(笑)。憧れるけど、どうしたらああいう風にちゃんと、ねえ。

(ジェーン・スー)お洒落な生活っていうのは。そんなのしなくていいんだよって、わかっているよ。そんなこと。そうだけど、やっている人の方がなんか人生楽しそうに見えるじゃん!っていうね。

(三浦しをん)そうなんです。そうなんです。あとさ、シャンプーとかリンスを買ってきたボトルのままじゃなくて、かわいい容器に移し替えて使っている人とか、いるでしょ?

(ジェーン・スー)えっ?そんな人、いるの!?

(三浦しをん)ええ。その一手間がかけられないんですよ。

(ジェーン・スー)出た!一手間!

(三浦しをん)あとさ、生理用品の話、していいですか?

(ジェーン・スー)もちろんですよ。

(三浦しをん)生理用品って、まあドラッグストアとかから買ってきて。それを、見えないように紙袋とかに入れてくださるでしょ?

(ジェーン・スー)はい。

(三浦しをん)で、私はその紙袋に入れたまま、中のパッケージを破って、中からひとつづつ出して使ってるんですけど。その生理用品をね、ちゃんと中身をきれいにかわいいカゴとかに並べて、戸棚にちゃんとしまっている人がいるんですって!

(ジェーン・スー)知ってる?私、カゴがあるの。うちのトイレには。

(三浦しをん)ええっ!?まさか?

(ジェーン・スー)で、生理用品をそこに入れて使おうと思って。その、空のカゴの横にいま、紙袋に入ったのが並んでる(笑)。

(三浦しをん)ダメじゃーん!

(ジェーン・スー)いちばんダメじゃーん!

(三浦しをん)違うよー!(笑)。

(ジェーン・スー)なんかね、一手間がかけらんないんですよ。

(三浦しをん)無理ですよ。ねえ。

(ジェーン・スー)あとさ、なんか一手間野郎とかで言うと・・・

(三浦しをん)一手間野郎(笑)。ディスっちゃってる!

(ジェーン・スー)ごめんごめんごめん!一手間野郎で言うとさ、たとえば靴とかをさ、いいクリームで出かける前にキュキュッとする人とかさ。

(三浦しをん)あーっ!私なんてさ、トイレットペーパーを水で濡らしてキュキュッて拭いてますよー!(笑)。

(ジェーン・スー)わかるー!たまに溶けちゃうからね。水ね。

(三浦しをん)そうそう。そうなんですよー。

(ジェーン・スー)なんだろう?まあ、やりたいけどね。お洒落な生活。

(三浦しをん)憧れます。

(ジェーン・スー)なんかこう、お洒落なものに憧れたりする・・・でも今日、すごいかわいらしい爪してらっしゃるじゃないですか。

(三浦しをん)ありがとうございます。そうなんですよ。爪、塗ってもらうのすごい好きで。

(ジェーン・スー)ネイルね。人に何かしてもらうのって、いいですよね。

(三浦しをん)はい。

(ジェーン・スー)やっぱこう、お洒落なお店とかで?

(三浦しをん)近所の商店街(笑)。近所の商店街のネイルサロンで(笑)。

(ジェーン・スー)ちょっと!あのさ、夢がないよ!一応さ、三浦しをんっていう名前があってさ。なんか賞とかもいっぱい取ってるじゃないですか。

(三浦しをん)いやいや、すいません。なんか、六本木とか、そういうところ?漠然としてる(笑)。

(ジェーン・スー)ざっくりだなー!『六本木とかそういうところ』っていう。なんですかね?でも、お洒落に乗れない自分もどっかで好きだったりはするじゃないですか。

(三浦しをん)そうなんですよ。『そんな一手間かけている暇があったら、私はマンガを読む』って思ってます。

(ジェーン・スー)そこで『小説を書く』って言おうよ!一応、言おうよ!

(三浦しをん)そうだった、そうだった(笑)。

(ジェーン・スー)だけど、なんつーの?そんなことをできない自分も好きなんだけど、でもやっぱりどっかでお洒落な生活・・・でもな、なんだろう?お洒落な生活、したいよねっていう話から始まって、かならず最後はお洒落な生活をしている人たちに対するディスで終わるっていうね。

(三浦しをん)そう!(笑)。あの、うらやましさが高じてのね、恨みみたいになるんですよね。

(ジェーン・スー)でもさ、お洒落ってやると、なんか我慢しなきゃいけないじゃん。

(三浦しをん)うん。そうですよね。あの、本とかさ、置き場所に困るでしょうし。

(ジェーン・スー)だってなんか、私、本棚とか買っても、並べる本でまず、お洒落が出ちゃうじゃん?

(三浦しをん)(笑)。そこですよ!

(ジェーン・スー)ねえ。

(三浦しをん)なんか私、表紙がみんな裸体なんだよね(笑)。蔵書が。

(ジェーン・スー)裸体の蔵書が多い(笑)。私はですね、なんか一応海外雑誌とかを面だしできるやつ、あるじゃないですか。

(三浦しをん)ああ、あります!あります!

(ジェーン・スー)あれ、買ったんですけど。ずーっと置いておくもんですから、ホコリがたまって。表紙がペローン!と斜めになっちゃって。

(三浦しをん)(笑)。あ、めくれてきちゃいますよね。

(ジェーン・スー)そうそう。思うんですけどね、お洒落は呪いだよ。

(三浦しをん)呪いだね。

スポンサーリンク

お洒落は呪い

(ジェーン・スー)お洒落は呪い。『お洒落たれ』っていうことで、いろんなものが犠牲になっていって。そうそう。

(三浦しをん)そうですね。あ、私がマンガで全てを犠牲にしてきたようなものかな?マンガを読むことで、全てを犠牲に。

(ジェーン・スー)そうそうそう。

(三浦しをん)あっ、仲間!・・・されたくないだろうね(笑)。向こうは。

(ジェーン・スー)(笑)。でも、三浦さんがマンガに捧げた時間を全てお洒落に捧げれば、相当お洒落な人になると思いますよ。

(三浦しをん)もう大変ですよ、いまごろ、もう。インテリア特集とかで依頼が来ちゃうよ。

(ジェーン・スー)っていうか、来ません?そういうの。

(三浦しをん)『本棚、見せてください』っていうのとかをお声がけいただいて。『無理です!』って(笑)。

(ジェーン・スー)(笑)『無理です。そんなものは、無理です!』。あとほら、『好きな○○はないですか?』みたいなさ。よく女性誌とかでさ、あるじゃないですか。

(三浦しをん)はいはいはい。好きな・・・あ、洋服とかね。

(ジェーン・スー)そうそう。お洒落スポットとかさ。いろいろ。

(三浦しをん)アクセサリーとか、スポット。あと、お菓子。スイーツ!

(ジェーン・スー)スイーツ。

(三浦しをん)スイーツ・・・(ため息)。

(ジェーン・スー)スイーツ、もらうもんだよ。

(三浦しをん)わかんない。わかんないわ。

(ジェーン・スー)わかんないわね。

(三浦しをん)全く。あの、まず、読めないから。横文字が。

(ジェーン・スー)おいおいおい!

(三浦しをん)スイーツの店って。

(ジェーン・スー)ジュヴァンドコフ・・・

(三浦しをん)わかんない!わかんない!(笑)。発音できない。

(ジェーン・スー)でもさ、でもさ、ちょっといいものを知っている自分にもないタイじゃないですか。

(三浦しをん)そうなんです。大人として。大人の女性としては、やはり。

(ジェーン・スー)やばいっすよね。で、そういうのをたまにやっちゃったりするけどね。私も。誰かに持って行ったりして、喜ばれて。『美味しいもの、知ってるわね!』って言われると、うっとりみたいな。

(三浦しをん)うんうん。そんな自分にうっとり(笑)。

(ジェーン・スー)ちなみに、三浦しをんさんが考える、いちばんおしゃれな三浦しをん、どんな生活してますか?作家三浦しをん。どこ住んでる?まず。

(三浦しをん)ああー・・・四谷とかかな?

(ジェーン・スー)四谷。渋いとこ、来たね!

(三浦しをん)(笑)

(ジェーン・スー)これね、でもここに自意識出てますわ。相当、出てますわ。

(三浦しをん)でしょ?でしょ?(笑)。

(ジェーン・スー)六本木じゃないし、港区じゃないんですよ。四谷は、本当にいいものがわかる人しか住んでない的な。出るねー!

(三浦しをん)やっぱり私は・・・住んでないけど(笑)。住んでないのに住んだ・・・

(ジェーン・スー)みなさん。四谷に行っても三浦しをんさん、いないですからね。これ、あれですよね。まず、四谷に住んでる。どんな生活してますか?

(三浦しをん)あのね、なんか広めの、ベランダって言わないよね?たぶん、そういう時。

(ジェーン・スー)ポーチ?

(三浦しをん)ポーチみたいなのがあって。なんかたぶん部屋に寝椅子とかがあると思う。寝椅子って言うの?なんて言うんだ、あれ?

(ジェーン・スー)一人用ソファーみたいな感じですか?

(三浦しをん)そうです。そうです。

(ジェーン・スー)あ、わかったわかった。四谷の、昔ここに浅丘ルリ子が住んでたのよ、みたいなビンテージマンションとかに住んでいる感じだ。

(三浦しをん)あっ、そういう感じ!そういう感じですよ!

(ジェーン・スー)ああ、わかる、わかる!お洒落、お洒落!

(三浦しをん)はい、はい。

(ジェーン・スー)で、服とかはどんな感じなんですか?

(三浦しをん)ごめん・・・もう、無理。

(ジェーン・スー)おい!ちょっと、ちょっと!

(三浦しをん)服!?あ、たぶんネグリジェとかじゃないかな?(笑)。

(ジェーン・スー)ひどい!はい、もうお洒落じゃなーい!はい、ダメだ(笑)。

(三浦しをん)あと、窓辺にはたぶんよくわかんないけど、なんかガラス瓶とか飾ってあると思う。

(ジェーン・スー)あのさ、ちょっとあの、よく知らないことにこんなことを言うのもなんなんですけど。残念すぎる。なんで妄想がそっちに対して、ちゃんと健やかに伸びていかないんですか?

(三浦しをん)ねえ。なんか70年代の少女漫画に出てくる内装みたいだな。

(ジェーン・スー)そう。一条ゆかりが描いたマンガみたいになっている。

(三浦しをん)(笑)。無理ですね。やっぱり、私。お洒落って・・・あ、イメージトレーニングが足りなかったんだわ。

(ジェーン・スー)っていうかね、知らないんですよ。情報として。さっき言っていた本とかだと、本を止めるやつ。ブックエンドみたいなの。あるじゃないですか。あれとかも、百均・・・

(三浦しをん)百均で買った!

(ジェーン・スー)うちも百均(笑)。よく止まるよねー。

(三浦しをん)止まる。あと、かわいい動物の顔とかになっているやつ、あるんですよね。

スポンサーリンク

お洒落な人は、百均に行かない

(ジェーン・スー)そうそう(笑)。もう百均でなんでも揃う。だけど、そうじゃないんですよ。私、思うんですけど、まずお洒落な人。百均に行かない。

(三浦しをん)マジか!?

(ジェーン・スー)行かない。絶対に、行かない。

(三浦しをん)どこで買うんじゃ?じゃあ・・・

(ジェーン・スー)で、びっくりするのが、コンビニにも行かないんです。

(三浦しをん)ええっ!?

(ジェーン・スー)プラゴミが出ない。お洒落な人は。

(三浦しをん)おおう・・・

(ジェーン・スー)お洒落な人は、プラゴミが出ないの。だから、火曜だか水曜に出さないんだよ。あいつら。

(三浦しをん)じゃあ、笹の葉とかになんか盛って食べてるの?

(ジェーン・スー)そういうこと。そういうこと。

(三浦しをん)マジか!?

(ジェーン・スー)笹の葉とかに盛ってあるようなものを買ってくるの。

(三浦しをん)!!!

(ジェーン・スー)本当。これは。

(三浦しをん)もうダメだ・・・

(ジェーン・スー)いや、与太郎の家には・・・また間違えた。与太郎じゃない。名前がディスになっている。(松浦)弥太郎。弥太郎。

(三浦しをん)弥太郎(笑)。

(ジェーン・スー)弥太郎さんの。元暮しの手帖の編集長で。

(三浦しをん)ああ、はい。与太郎って(笑)。

(ジェーン・スー)ひどいよね。名前がディス。弥太郎氏は、いま、クックパッドで働いてらっしゃいますけど。お洒落ですよ。もう『弥太郎』でInstagramでみなさん、ググッてください。もうびっくりするぐらい、息も詰まるような素敵な生活がですね。ただ、私たちいっつもこの話をするんですけど、最終的に、弥太郎好きなんじゃないか?っていう。抱かれたいんじゃないか?っていう。

(三浦しをん)(笑)。やっぱ、憧れ?

(ジェーン・スー)あんなお洒落に住めないよ!だって、テフロンのフライパン、使ってないんだもん。

(三浦しをん)えっ?どういうこと?なに?あ、本当、同様しちゃった。

(ジェーン・スー)だからなんか・・・

(三浦しをん)あ、手のひらでチャーハン作るとか?

(ジェーン・スー)違うわ!だから、なんか○○っていう匠が1枚の鉄から切り出したみたいなやつを。

今日は何を作ろうか。 やっぱりオムレツかな。 成田理俊さんのフライパンです。

松浦弥太郎さん(@yatarom)が投稿した写真 –

(三浦しをん)すげーな。刀鍛冶みたいだな。

(ジェーン・スー)そうそうそう。で、すっごい重いんだけど、やっぱりこれで焼くとフワッとしますみたいな。

(三浦しをん)!!!

(ジェーン・スー)あと、水出し紅茶とか。そういう感じよ。

(三浦しをん)えっ?水!?紅茶?水出しコーヒーは聞いたことあるけど。

(ジェーン・スー)しかも、水出し紅茶の瓶は百均で買わないんだよ。

(三浦しをん)(息を飲む)

(ジェーン・スー)やっぱり百均は便利だけど、お洒落とは遠いんですよ。私、この間っていうか、正直に言います。昨日です。百均で、青竹踏みのプラスチックのやつがあったんですよ。ボチボチのやつが。あ、気持ちよさそうだな!と思って買ってきて。その途端に部屋のお洒落度が一気に下がるっていう。

(三浦しをん)(爆笑)

(ジェーン・スー)あ、これ、結構破壊力すげーな!と思って。どピンクのボチボチを買ってきたんですけど。

(三浦しをん)その色がまた、よくないですね。

(ジェーン・スー)そうそうそう。でも、百均って色、そんなに選べないじゃない。

(三浦しをん)変なピンクがありますよね。

(ジェーン・スー)そうなんですよ。まあでもな、三浦しをんさん、お洒落な生活ができませんって言うけど、その前に、お洒落な生活が想像すらできませんっていう。

(三浦しをん)そういうことなの。お洒落な生活について、学びましょうってことですね。私、いろいろ本とか読むの好きなのに、お洒落なものが載っている本や雑誌は、そういえばいままで一冊も、たぶん読んだことがない。

(ジェーン・スー)本当に!?

(三浦しをん)うん。インテリア雑誌とか、ちょっと本屋さんでパラッと見て。『本の収納についてが書いてないから、使えねえわ!』っつって。買ったことがなかったです。インテリア特集って。

(ジェーン・スー)あ、なんだっけ?なんとかインテ・・・もうここで出てこない。こういう雑誌があるはず。なんか、『ELLE』とかが出してるの、あるじゃないですか。

(三浦しをん)ありますよね。読んだことないです。

(ジェーン・スー)やっぱね、でも四谷で20畳ぐらいのリビングの部屋で、猫足の椅子に座り、ベランダの植木に水をやる、お洒落な服ってまた概念で言っちゃったけど。ネグリジェではない何かを着たものを期待しているファンはいると思いますよ。そういう生活してんだろうなって。

(三浦しをん)そうか。

(ジェーン・スー)近所の商店街でやったネイルではなく。そして今日、ニンジンに乗った、おっさんみたいなウサギのTシャツ、着てらっしゃいますけども。

(三浦しをん)あ、そうですね。おっさんウサギのTシャツ、着ちゃってるからねー。

(ジェーン・スー)こちらは、どちらでお求めに?

(三浦しをん)これ、私の母親が『あんた、ウサギ好きでしょ?お母さん、買ってきてあげたから』って言って。

(ジェーン・スー)(笑)

(三浦しをん)小学生か!っていうね。

(ジェーン・スー)ねえ。お母さんが買ってきてくれたTシャツを着て、ラジオにいま出てらっしゃいます。三浦しをんさん。

(三浦しをん)そうです(笑)。

(ジェーン・スー)私たちちょっとお洒落はねー・・・無理かな?

(三浦しをん)これは諦め・・・いや、諦めません、私は。やっぱり、これからはお洒落について学びますよ。

(ジェーン・スー)お洒落を呪って生きていく。私たちは。

(三浦しをん)そうね。呪いつつ。ちょっとでも、憧れるから、学ぼう。

(ジェーン・スー)行くか。どっか、お洒落なところ。

(三浦しをん)どこ?(笑)。

(ジェーン・スー)ざっくり(笑)。

(三浦しをん)そこから、わからない!(笑)。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました