スポンサーリンク

能町みね子イチ押し力士 照ノ富士の魅力を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

能町みね子さんがニッポン放送『久保ミツロウ・能町みね子のオールナイトニッポンGOLD』のコーナー、相撲ガール教習所で伊勢ヶ濱部屋の照ノ富士を紹介。そのかわいらしい魅力を語りました。


(能町みね子)で、今回なにを語ろうかな?と。私、オールナイトニッポンゼロのいちばん最初の回の時に鶴竜の話をしたんですね。

(久保ミツロウ)はい。

(能町みね子)たしかその時、大関に昇進したから、それを記念してたしか鶴竜の話をしたんですけど。だから、1回目に話す人、重要だなと思って。その後、横綱になっているし。鶴竜は。

(久保ミツロウ)うん。

(能町みね子)1回目、照ノ富士の話をします。

(久保ミツロウ)おっ!

(能町みね子)ってことは、照ノ富士は横綱になります。たぶん。言いましょう。なります。おそらく。えー、照ノ富士春雄という名前で、いま、すごく注目されている力士がいまして。とにかく、かわいい!ただ、私かわいい人って、あんまり出世してほしくないっていう複雑な気持ちがあって。

(久保ミツロウ)うん。

(能町みね子)すっごいね、性格がいいとか、かわいい人って、大関、横綱とかになっちゃうと、インタビューに呼ばれなくなっちゃうの。インタビューってやっぱり、あんまり強くない人が強い人を倒したらインタビューを受けるので。だから、強くなっちゃうとさ、いくら勝っても当たり前だから。優勝ぐらいしないとインタビューしてもらえないわけですよ。

(久保ミツロウ)うん。

(能町みね子)だから、複雑な気持ちで。本当は出世してほしいんですけど、まあ、このかわいさが見れなくなっちゃうって思うと、ちょっと寂しくて。で、どうかわいいか?というとですね、私、照ノ富士が所属する伊勢ヶ濱部屋という部屋の朝稽古を見に行ったんですよ。結構最近。

(久保ミツロウ)はい。

(能町みね子)で、それが大相撲の場所が行われている最中の日だったんで。そういう日って、割とみんな軽く調整ぐらいで終わるんですよ。で、だからそんなにガッチガチの稽古をしてなかったんですけど。で、たまたま親方もいなくて。で、先輩力士もいなくて。ちょっとゆるい空気だったんですよ。先輩いると、やっぱり見てるから、真面目にやらなきゃってなるんですけど。

(久保ミツロウ)うん。

(能町みね子)照ノ富士っていう力士と、あと、宝富士、誉富士っていう3人が幕内という地位にいまして。その3人が最後に稽古をするんですけど。もう、なんかこう、遊びモードに入っちゃっていて。で、まずね、下の方の人が稽古してる時から、照ノ富士は稽古に飽きていたの。どう見ても。

(久保ミツロウ)うん。

(能町みね子)下の方のね、まだ若手の人たちがガッチガチにぶつかっている時に、先輩たちはだいたい土俵の外にいて、ダンベルでちょっと腕を鍛えたりとか、腕立て伏せしたりとかやってるんですけど。照ノ富士はダンベルやっているうちにちょっと飽きちゃったんですよ。で、立ち会いの稽古とかしている間に、チラチラこちら側を見るんですよ。見学者、結構いるのね。見学者とか、記者の人とかいる方をチラチラ見て。見ながら、『白鵬やります』って言って。

(久保ミツロウ)えっ?

(能町みね子)白鵬のモノマネをするんですよ(笑)。

(久保ミツロウ)(笑)

(能町みね子)立ち会いとかのね。で、『稀勢の里』とか言いながら、稀勢の里の真似をして。その後、『天井に手、つくかな?』とかやりだして。ジャンプして。背、デカいんだよ。192、3、たしかあるんですけど。そのデカい図体で天井に向かってジャンプとかしてるんですよ。

(久保ミツロウ)うん。

(能町みね子)で、余裕で天井についちゃうから、次、『肘でつけるかな?』とか言って。肘で天井につけるか、ジャンプして。ゴツンってやって、『いったー・・・』とかやってて(笑)。『なんだ、これ?小学生か?』と思って。いま、22才かな?22、3才なんですけど。

(久保ミツロウ)ヤンチャざかり?

(能町みね子)ヤンチャざかり。中身小学生説が流れているんですよ。

(久保ミツロウ)(笑)

(能町みね子)で、照ノ富士っていう190いくつの力士に対して、まあ付け人というか、もう世話役のような感じで、まだテレビに映るようなところでは活躍してないんですけど、駿馬さんっていうね、ちょっとベテランの、すごくちっちゃな力士がいるんですよ。その人がもう、本来なら付け人なんですけど、もうなんかお母さんのようについていて。その駿馬さんがね、162センチしかないんですよ。だから、すっごい体格差で、でも、駿馬さんのことをすっごい慕ってて。そのでっかい図体で。そのかわいい写真集が最近、Twitterに上がっていてさ。

(久保ミツロウ)うん。

(能町みね子)ファンの人が上げてたんですけど。照ノ富士がなんか握手とかしている間で、陰から見守る駿馬さんとかっていう写真集がTwitterに上がっていて。たまんないんですよ。


(能町みね子)照ノ富士と駿馬さんのコンビをこれからも見ていきたいので、私がここでしゃべったってことは照ノ富士はたぶん横綱になっちゃうと思うんですけど。でも、かわいいところはまだまだ見たいなと思っているので。インタビューとか、まだまだ見たいです。だから、優勝して下さい。いっそのこと。そうしてくれればいいんです。っていうことで、初回はこんな話をしましたが、普通に相撲関係のマニアックすぎるメール、めっちゃ待っているので。よろしくお願いします。以上、相撲ガール教習所でした。ごっつぁんっした!

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事