スポンサーリンク

安住紳一郎 甲子園 習志野高校の超攻撃的ブラスバンド応援を語る

安住紳一郎『出演番組を見る際は自分自身を全力で応援する』 安住紳一郎の日曜天国
スポンサーリンク
スポンサーリンク

安住紳一郎さんがTBSラジオ『日曜天国』の中で2011年8月に話したトークの書き起こし。甲子園の高校野球を見ていた安住さんが、千葉代表の習志野高校が見せた超攻撃的なブラスバンド応援について語っていました。

局アナ 安住紳一郎

(安住紳一郎)さて、それから高校野球も始まりましたね。今日は、第一試合で千葉県代表の習志野高校が出てましたが。試合終わって、静岡代表の静岡高校に6対1かな?で、勝ちましたけどもね。よかったですね。千葉習志野。名門高校ですからね。古豪復活か?ということですが。

(中澤有美子)ええ。

(安住紳一郎)この習志野高校はブラスバンドが学校、有名ですからね。

(中澤有美子)あ、そうなんですか。

(安住紳一郎)よくバラエティー番組なんかでも、取り上げられてますけども。全国大会の吹奏楽コンクールでもう、金賞の常連校で。びっくりするぐらい上手なんですが。このブラスバンドを連れて、阪神甲子園球場に行ってますからね。私も中継、朝、少し見ましたけど。すごかったですよ。

(中澤有美子)へー。

(安住紳一郎)まあ、言ってみれば日本一のブラスバンドが応援に来てるわけですからね。うん。もうなんか、効果音付きっていうのかな?なんか劇団四季のミュージカルを見ているみたいでしたよ。

(中澤有美子)(笑)

(安住紳一郎)野球部の選手の一挙手一投足に、オリジナルのメロディーがついているみたいな。ええ。しかも大音量でという。本当、ミュージカルを見ているみたいでしたけど(笑)。

(中澤有美子)ああ、そうなんですか。

(安住紳一郎)ええ。習志野市立習志野高校。吹奏楽部員は総勢198人。

(中澤有美子)うわー!

(安住紳一郎)すごいですよね。習志野高校の全校生徒は970人って言いますから、全校生徒の5分の1が吹奏楽部員ってことですよ。

(中澤有美子)へー!

(安住紳一郎)すごいですよね。私も習志野高校の吹奏楽部のみなさんと仕事で1回、ご一緒しましたけど。石津谷先生っていう顧問の先生がすっごいその、カリスマ的先生で。ものすごいパワーで生徒を引っ張って。また、その先生と一緒に習志野高校の吹奏楽部に入りたい!ということで、まあ千葉県内、関東の中学校から吹奏楽をやりたい!という生徒がたくさん集まるという。非常にエリート高校でもあるんですけども。

(中澤有美子)ふーん。

(安住紳一郎)で、だいたいそういう吹奏楽が優秀だっていうところは、まあ野球部の応援もそうなんだけども、自分たちの音楽の活動をしっかりやりたいということで、夏休みなどはやっぱり吹奏楽部自体のコンクールとか、あるのでね。そっちの方に、シフトというか、ちょっと軸足を置いて。野球部とか他の運動部の応援は、まあちょっとね。1年生とか2年生とか。ちょっと言い方あれですけども。Aチーム、Bチーム、CチームだったらそのCチームにね。入りたての子たちがちょっと、そういうものに駆り出されて。で、まあAチームとかね、いわゆる言い方きついですけども、1軍とかね、2軍のメインどころの演奏家たちはコンクールに向けて練習をするみたいなところがあるんですけども。

(中澤有美子)はい。

(安住紳一郎)この習志野高校は、ふざけんなよ!全員参加だよ!みたいな感じで。198人、地区予選の1回戦から全員駆り出されるっていう。まあ、石津谷先生のやり方なんでしょうけどね。

(中澤有美子)へー!

スポンサーリンク

千葉大会1回戦から198人動員

(安住紳一郎)で、もう千葉大会の1回戦から198人でやりますから。ものすごい音なんですって。

(中澤有美子)本当に総動員なんだ。

(安住紳一郎)爆音ですよね。200人がいきなり、フルボリュームでいきなりバンバンバンバン音鳴らしますから。

(中澤有美子)(笑)

(安住紳一郎)で、ものすごい苦情が出るんですって。相手高校とかから。『さすがに1回戦からその音量はないんじゃないでしょうか?』みたいな。

(中澤有美子)(爆笑)。そうですよね。

(安住紳一郎)まあちょっと街宣車みたいなものが来ているみたいな感じですからね。

(中澤有美子)そっか。そうですねー。

(安住紳一郎)で、もう当然、その地方予選やっている千葉県の球場の周りの住民からもクレームが来るみたいな。『うるさい!やめろ!』みたいな。でもその習志野高校吹奏楽部。『うるさい!と言われる。これ、最高の褒め言葉です』って、ひるまないわけですよね。ええ。

(中澤有美子)(笑)

(安住紳一郎)もうそのコンプライアンスみたいなのが一周しちゃって。もうなんか、行ききってるんだね。普通はもうそこでひるむでしょ?『たしかに、他の高校のみなさんに迷惑をかけてもなんですし・・・』みたいな。

(中澤有美子)うんうん。

(安住紳一郎)まあ、野球の試合がね、きちんと進むことを第一に考えるべきでしょうということでね。そこでグッと下がるんですけども。まあその石津谷先生率いる習志野吹奏楽部はもうその、行ききっちゃってるね。ええ。

(中澤有美子)(爆笑)。気持ちいいですね。

(安住紳一郎)ええ。『うるさい?ああ、そうですか!ごめんなさい!』みたいな感じですよね。でもこれで高校野球ね、全国大会。甲子園行ったわけですから。すごいんですよ。この石津谷先生っていうのは。その習志野の自分の高校の野球部がちょっとね、せっかくチャンスなんだけれども、点に結びつかなかった時なんかは、その吹奏楽部の、『おい、トランペット!いま点が入らなかったの、お前らのせいだぞ!』みたいなことを言うんですよ。

(中澤有美子)へー!

(安住紳一郎)『なに言ってんの、この先生!?』みたいなことですけど。

(中澤有美子)(笑)

(安住紳一郎)そんな精神論、戦前!?みたいな感じですよね。えっ?戦前、戦中、戦後!?みたいな感じですけど。もうそれぐらい気合が入っているという。うん。

(中澤有美子)うわー・・・

タイトルとURLをコピーしました