スポンサーリンク

吉田豪 小泉今日子インタビューを語る

吉田豪 小泉今日子インタビューを語る 上柳昌彦・松本秀夫 今夜もオトパラ!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

吉田豪さんがニッポン放送『上柳昌彦・松本秀夫 今夜もオトパラ!』で小泉今日子さんインタビュー時のエピソードを紹介していました。

(上柳昌彦)さあ、プロインタビュアー吉田豪さん。いろんな方にやっぱりお話を聞いているんだなあと改めて思うし、吉田豪さんにはこころをみんな開くなという風に思うわけですが。流れてきたのが、小泉今日子さん『なんてったってアイドル』でございます。キョンキョンとは、世代的にはどうなんですか?

(吉田豪)いや、もちろんキョンキョンの方がずっと上ですけど。大好きですよ、そりゃあ。嫌いなわけがない。

(上柳昌彦)もうずーっと、結構前から?

(吉田豪)うーん、でもなんだろうな?ちょっと音楽性が変わってきてからですね。僕。なんか渋谷系とかいろいろやり始めたりした頃に大好きになって。

(上柳昌彦)そういうファンだなって思う人にインタビューする時って、どうですか?

(吉田豪)いやいや、その方がやりやすいです。当然。いかにあなたのことが好きなのか、それを伝える(笑)。

(上柳昌彦)『そんなことまで知っていていただけるんですね』っていう感じになる。

スポンサーリンク

言葉に全く制限がかかってない

(吉田豪)で、そうですね。僕、取材したのが2012年ですね。小泉さんをやったのは。音楽雑誌だったんですけど。『Koizumi Chansonnier』っていうアルバムが出た時で。本当にあのままの人ですよね。あの人も。飾りっけゼロ。本当に不良がそのまま芸能界入って、成功したなっていう感じですよ。なんて言うんだろう?言葉に全く制限がかかってないんですよ。僕、基本発言って全部そのまま出しちゃうんですが、僕が気を使って原稿を直すレベルでなんでも話してくれるんですよ。

(松本秀夫)えー?それは・・・

(吉田豪)このまま載せたらマズいなっていうような。

(上柳昌彦)いろんな、じゃあ実名だったり・・・

(吉田豪)実名から、言葉の表現からなにから。自分を卑下する感じの言葉とかが、まあ本当にすごいハードな感じの卑下の仕方でしたよ(笑)。

(松本秀夫)ちょっと放送には馴染まないような。

(吉田豪)そうです。そうです。それが面白くて。元々、だからなんだっけな?不良で。アナーキーっていうね、昔不良パンクバンドありましたよね?ああいうのを聞いてきた人だし。で、著書にも書いてあって。映画のデビュー作も『十階のモスキート』っていうね、内田裕也さん出演で。一緒に出ているシーンもアナーキーの仲野茂さん一緒にと出てたりだから。『まあ、そういう人ですよね?』って言ったら、『そうそう!本当にもう、いきなりさらわれてさ。あん時もさ』って(笑)。さらわれて、撮影現場に連れて行かれたら裕也さんが・・・事情もわからないままさらわれたら、裕也さんがいたみたいな(笑)。

(上柳昌彦)はー!

(吉田豪)『最初がそれだから、まあ根性つくよねー』みたいな(笑)。

(松本秀夫)(笑)。そのしゃべり方が、なんかうかんできますね。

(吉田豪)気持ちいい人ですよ。で、ショートカットになった理由。その時も衝撃的だったじゃないですか。あれも本人曰く、要は『もう芸能界でなんでもやりたいことをやっちゃって、もういつ辞めてもいいと思っていたから、暴走族が壁に落書きするようなノリで、切ったの』っていう(笑)。『そんなノリだったんすか!?』って。そしたらそれが受け入れられちゃって、続けることになって、みたいな。そういう人ですよね。

(上柳昌彦)それがみんな、いままでのアイドルとちょっと違うぞと。かわいい、かわいいだけの人じゃないぞ。単に顔がちっちゃくて、かわいくてね。アイドルはこうでなきゃ!っていう人じゃあ本当はないぞっていうのがどんどんどんどん出てきた時が面白かったですよね。

(吉田豪)実像がどんどん見えてきて。

(上柳昌彦)最初はだって本当に型にはまったアイドルに見えた・・・

(吉田豪)聖子ちゃんカットでね。

(上柳昌彦)受け答えだって普通のアイドルの人で。やっぱりアイドル像っていうものがあるものを崩さないように多分していたんだと思うんだけど。あれ、だからね、所属している事務所がとても大きな力を持つ事務所ですから。よくそれを許したなとも思いますよね。ある種ね。

(吉田豪)そういう話とかも結構ちゃんと赤裸々に答えてくれるんですよ(笑)。『マネージャーが頭、おかしかったんですよねー』みたいな(笑)。

(上柳・松本)(笑)

(吉田豪)『ホント、デタラメなマネージャーでー』みたいな(笑)。それが夜遊び好きなんで、こんなのいいんじゃない?みたいな感じでいろいろ勧めてくれたりとかして、みたいな。面白かったっすねー。

(松本秀夫)っていうことは、ある種もっと上の人は『彼女は放任に近い方が面白いぞ』って見抜いていた人が・・・

(吉田豪)おっしゃる通りです。事務所の社長さんが面白がってくれて。好きにやれ!みたいな感じでやらせてたっていう。

(松本秀夫)でしょうね。『枠に入れない方がいい。あれ、面白いぞ。あれ、言わせとけ。言葉の制限とか、そんなの、いい。こっちでチェックとかすんな』みたいなの、あったのかもしんないですね。へー!

(吉田豪)あのキャリアで自由に育ってるなってすごい思いましたね。

(上柳昌彦)そうですよね。

(松本秀夫)マネージャーさんとか、何人か、いろいろと入れ替えとかあって。そういう環境が整ったっていうことですね。

(吉田豪)で、『音楽的なお仕事をやっていた時期っていうのは、そのマネージャーがいちばんおかしな時期だった』って言ってましたよ(笑)。

(上柳昌彦)じゃあ、逆に言うとそのマネージャーさんが、『こんなん行っちゃいましょう!』みたいなのを結構やっていたってことですか?

(吉田豪)そうですね。

(上柳昌彦)へー!だからある種、そこに乗っかっていくっていうのもまたアイドルのひとつのやり方ですよね。自分で『あ、こんなのできません』とか『やりたいくないです。方向性違います』とか言わないで、『ふん、面白そう』っつってパーン!ってやっちゃうっていうのが、ひとつかっこいい生き方ですよね。

(松本秀夫)恋愛関係の話しとかも赤裸々にされちゃったりするんですか?

(吉田豪)そこは音楽誌だったんで、さすがにあんまりそのへんはね、踏み込まなかったですけど。でも、新譜の話しとかでも面白かったですよ。シャンソンをテーマにしたアルバムを出すんだけど、シャンソンはよくわかんないから、YouTubeとかでいろいろと検索していたら、『これ、面白い!』って思ったっていうのが早川義夫さんの曲で。元ジャックスの。で、これをカヴァーしてるんですけど、それをだから事務所の若い者とかにギター弾かせてるわけですよ(笑)。

(上柳昌彦)はー!

(吉田豪)若いアイドルとかに。そのへんのセンスですよね。全く早川義夫とか知らない人にやらすっていう(笑)。

(上柳昌彦)ジャックスっていうのはやっぱりね、まあそんなにメジャーではないんだけども、やっぱりひとつ時代を作った人たちを、YouTubeでただアトランダムに見てて、『あ、これいい!』って思うところの感性がすごいですね。

(吉田豪)それ、たしか小池徹平くんにギターを弾かせてるんですよ(笑)。

(松本秀夫)へー!それ、もうご自身で。じゃあ。

(吉田豪)そう。キョンキョンにしかできない組み合わせですよ(笑)。

(上柳昌彦)プロデュース、できるんですよね。

(松本秀夫)クミコさんのね、『わが麗しき恋物語』とかも入ってましたよね。シャンソン。定番も結構ね、歌ってらっしゃる。

(上柳昌彦)はい。ということで・・・

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました