スポンサーリンク

吉田豪と竹中夏海 芸能事務所プラチナムを語る

吉田豪と竹中夏海 宇多丸を語る SHOWROOM
スポンサーリンク
スポンサーリンク

振付師の竹中夏海さんが『猫舌SHOWROOM 豪の部屋』にゲスト出演。吉田豪さんと芸能事務所プラチナムについて話していました。

(吉田豪)(コメントを読む)「プラチナムはやめておけ」。でもそんな言われるほど悪い事務所じゃないですよっていうことですよね?

(竹中夏海)ああ、プラチナムって……っていうか、本当に私、ツイートもしたんですけども。

(吉田豪)してましたよね。「泣いた赤鬼」って(笑)。

(竹中夏海)そうそうそう(笑)。なんかやたら外から怖がられるけども……。

(吉田豪)ビジュアル的なイメージでね。

(竹中夏海)そうそう。怖がられるけど、全然中身はいい事務所だから。本当に「泣いた赤鬼」みたいな事務所で。「現代版『泣いた赤鬼』だよ」っていう風に説明をよくするんですけども。でもまあ、怖がられることで女の子を結果守ることができるのにつながったりとか。なんか「下手に敵に回したくないな」って思ったりするかもしれないじゃないですか。

(吉田豪)うんうん。

(竹中夏海)だからそういう意味では「怖くない事務所だよ!」って私が言って回るのも違うのかなっていう風には思うので。

(吉田豪)「怒らせたら怖いよ」ぐらいの空気は(笑)。

(竹中夏海)本当は全然怖くないですよ。でも、あれだと思うんですよね。なんかまあ、いい事務所とかって判断難しいじゃないですか。なんかまあ、全部芸能界なんて水商売といえば水商売だし。だから難しいんですけど。本当に恋愛と一緒で、別れ際に本性って見えると思うんです。

(吉田豪)はいはい。それはすごい感じます。地下アイドルとかの事務所でよくある。

(竹中夏海)そうそうそう。

(吉田豪)女の子が辞める時の発表の仕方で信用できる事務所かどうかわかる。これはねむきゅんもつぶやいてましたけども。本当にそれじゃないですか。「余計なことまで言う事務所を信用するな」っていう。

(竹中夏海)そう! なんか濁してでも事務所が矢面に立って女の子を守れるかどうかじゃないですか。だから、アイドルネッサンスの……。

(吉田豪)素晴らしい!

(竹中夏海)素晴らしかったですよね。

スポンサーリンク

素晴らしかったアイドルネッサンス運営

(吉田豪)完璧。完璧に「全て私たちが悪いんです」ってやりきった上に、あそこが信用できるのはいまだに公式アカウントでソロの活動のサポートをしつつ、この前にイベントとかにソロでゲストに呼んだらちゃんとアイルネの運営が現場に来て差し入れもしたりとか。「どこまでケアするんだ、これ?」っていう。

(竹中夏海)すごいですよね。すごいですよね!

(吉田豪)なのに、みんな叩いて。

(竹中夏海)そう。「わかってる?」っていう。

(吉田豪)ちゃんとしてますよ、ここ。本当に。死ぬほど。

(竹中夏海)その、「いまあなたたちが安心して事務所、運営を叩けているのは、それだけ女の子を守ってくれている人たちなんだよ!」って気づいてほしい。

(吉田豪)そう。信用できる人たちですよっていう。

(竹中夏海)なんか事務所が発表する言葉に「このメンバーがこういうことに違反したんで」とか「こういうことをしたんで」みたいなのは……。

(吉田豪)本当にクソですよね。

(竹中夏海)本当に、事務所はなんのためにあるんだ?っていう話ですよ。

(吉田豪)いちばんキチガイだと思ったのは最近、ちょっと前かな? 「うちのメンバーがファンとつながって妊娠し、堕胎しました」まで発表して。バカじゃないの!?っていう。

(竹中夏海)最低!

(吉田豪)世界に訴えたら国際問題になりますよっていう。

(竹中夏海)本当ですよね!

(吉田豪)バカじゃないの?っていう。

(竹中夏海)信じられない……そんなことあったんだ。知らなかった。

(吉田豪)ありました。

(竹中夏海)引いちゃう。

(吉田豪)人の人生、潰すんだ……っていう。

(竹中夏海)本当にそうですよね。なんか、守ることはあってもなんで潰すんだろう?って思うんですけど。だから、そういう意味で言うと別れ際の……この人と付き合ってよかったかって別れ際にわかったりとか(笑)。

(吉田豪)わかりますよね(笑)。

(竹中夏海)この事務所に入ってよかったなって思えるか?っていうのは辞め際にどう思うかっていうので言うと、プラチナムは別れ際、超いい男です(笑)。

(吉田豪)へー! 見た目は悪そうだけど(笑)。

(竹中夏海)そう! 「あいつ、見た目は悪そうだけど……」って。

(吉田豪)「お前、潰すぞ!」みたいなことを言いそうだけど。

(竹中夏海)だけど全然……「ああ、もういいよ! 別れたいんだったら。幸せにできなくてごめんね」って言ってくれる大丈夫なところなんで。全然、その後。辞めていった後の活動とか、制限されるところは制限をすごいするじゃないですか。それも全然……。

(吉田豪)しますよ。びっくりするぐらいの期間、制限したりとかね。通常の常識は半年ですけども。「ええっ?」っていう。

(竹中夏海)いやいや、あるじゃないですか。名前を絶対に変えなきゃいけないとか。あれもでも、法律ではないじゃないですか。だけど、暗黙のルールみたいなのがあるから。

(吉田豪)平和そうな事務所が「お前、この先活動したら潰すぞ」って言ってきた話とか、聞くんですよ。で、僕のところに相談が来て。

(竹中夏海)うん。人生相談(笑)。

(吉田豪)「地下アイドルの事務所にそんな力、まずないですよ」っていう(笑)。

(竹中夏海)そうそうそう! 本当にそうですよね。

(吉田豪)「お触れを回すほどの力もないし、潰せるわけもないし。たぶん僕の方が力、ありますよ」って言って。

(竹中夏海)だから、本当に恋愛もそうじゃないですか。そういうことを「お前はできないだろ?」っていう人ほど言うじゃないですか。「お前、俺と別れたらどうなるか、わかってるんだろうな?」とか言う人もいるじゃないですか。でも絶対にそんな力、ないじゃないですか。一緒だなって思って。

(吉田豪)うん。みなさんね、プラチナムは意外と大丈夫です!っていうことですね(笑)。

(竹中夏海)そう。意外と大丈夫。いい男!っていう(笑)。恋愛にたとえるなら。

(吉田豪)はい(笑)。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました