スポンサーリンク

マキタスポーツが語る 勝ちBBQと負けBBQの違い 焼きそば・ウィンナー問題

マキタスポーツが驚いた 死んだ象を食べるハイエナの衝撃的行動 東京ポッド許可局
スポンサーリンク
スポンサーリンク

マキタスポーツさんがTBSラジオ『東京ポッド許可局』の中で、最近行ったバーベキューの事例から、勝ちバーベキューと負けバーベキューの違いについて語っていました。

(マキタスポーツ)いや、最近ね、バーベキュー行きましたわ。

(サンキュータツオ)どこに?

(マキタスポーツ)山梨の道志村っていうところに。バーベキュー行きましたね。後輩たちとか引き連れて。でもね、短い時間で。昼過ぎぐらいに現場に入って。で、ものすごい勢いで仕上げなくちゃいけないと。だから結構焦ってね。で、バーベキューとかをさ、川沿いでやる時にさ、いつも俺思うんだけど、焼きそばの問題っていうのがあってね。

(プチ鹿島)焼きそば問題、あるよ!

(マキタスポーツ)あるじゃない。焼きそばって、基本的に焼きそばをもう食べてる時ってお腹いっぱいの状態で。でも、お腹いっぱいで焼きそばに対して、『焼きそば、こんなのもう食べたくねえよ』っていうのを非常に言いづらい同調圧力があるわけですよ。で、その中で、だいたい我々は食べたくもない焼きそばを食べているという、『負けそば現象』っていうのがあるんですよ。

(サンキュータツオ)負けそばね。

(マキタスポーツ)そう。だいたい負けそばやってるんですよ。要はその前に、はしゃぎすぎて肉食い過ぎてるんですよ。いつもの量よりもだいぶ食べちゃっているんですよね。だからそれをしないために、事前にものすごくチェックして。後輩たちが買ってくるものの量とかも。足りないぐらいがちょうどいいって。

(サンキュータツオ)それ、ちょっとでも大変な先輩ですね(笑)。

(マキタスポーツ)いや、だけどそれぐらい口やかましくやった方がいいんだって。

(サンキュータツオ)えー、嘘ー!そこはさ、もう任せておけば?

(マキタスポーツ)いやいや、必ず余ってみんな変な顔になるじゃん!なんかおかしな顔になるじゃん!俺、あれが嫌なんだよ。見てられないんだよ。だからちょうどいいぐらいで。ちょっと足りないぐらいのやつ、みなさん、どうなんですか?勝ちそば、ありますか?勝ちそば。

(サンキュータツオ)勝ちそば。

(マキタスポーツ)勝ちそば、ないですよ。だいたい。

(サンキュータツオ)いや、そうですね。たしかに。焼きそばだったらスタートダッシュで行きたいですよね。焼きそば、最初に食べるべき。

(マキタスポーツ)それはお前、早くお父さんを亡くしているから・・・

(サンキュータツオ)関係ないでしょ!ちょっと待って!俺の父親、ツカミに使わないでくれる!?

(マキタスポーツ)いや、ツカミとかじゃない。本当にそう。

(プチ鹿島)早く亡くしすぎ。

(マキタスポーツ)そう。早く亡くすにも程があるよ!

(サンキュータツオ)1人しかいないから、父親(笑)。

(プチ鹿島)恥を知った方がいいよ。

(サンキュータツオ)『恥を知った方がいい』ってなんだよ(笑)。

(マキタスポーツ)いや、お前のペースでやられて、で、『焼きそば、もう食べたいから俺、この端っこのところのスペース取っていいですか?』的なことをお前が言いがちじゃねーかよ。

(サンキュータツオ)まあまあ、言いがち。

(マキタスポーツ)そんなやつは俺はもう許さない!みんながみんなで、あのバーベキューの空間っていうものをちゃんと幸せに。まあいいんですよ。10、満足があったとして、みんな10だったら、ちょっと抑えてみんな7ぐらいで満足できる状態っていうのはないのか?ってことを僕が考えた時に・・・

(サンキュータツオ)たしかに。これ、だから許可局員、たぶんバーベキュー苦手だと思うんですよ。カラオケと一緒でね。割と協調しないといけないでしょ?だからちょっと自分のペースとか自分の歌いたい曲、食べたいもの、ある?みたいなところで。

(マキタスポーツ)じゃあ言いますけど、ウィンナー、そんなに食べたい?

(サンキュータツオ)(笑)

(プチ鹿島)でもさ、そういうことなんだよ。俺、バーベキューってテンション。あれ、実際食べ物のことを思い出すと、そんなに美味しい!っていう。それだけで膝を打つような感覚ってないんですよ。

(マキタスポーツ)ないでしょ?

(プチ鹿島)ものすごく野暮なことを言ってますよ。だってバーベキューってそれだけ楽しむわけじゃないから。それなんですよね。だから。

(マキタスポーツ)だからその勝ち組のバーベキューの人たちって、たぶんもう岩塩とか持って来ちゃったりとかするわけでしょ?

(サンキュータツオ)(笑)。ええー、嘘!?岩塩?

(マキタスポーツ)とか持って来ちゃったりするし。なんだったら、ローストビーフとか。

(鹿島・タツオ)あー!

(マキタスポーツ)もうじっくりじっくり時間をかけて。で、我々普通の一般庶民っていうのは、それはコストコさんとかで買ってきたりとかするんですよ。肉とかって。そん時に、買っている段階でもうテンション上がっちゃってるから、余計に買ってるんですよ。

(サンキュータツオ)余計に買っちゃうね。

(マキタスポーツ)で、『ウィンナー食うだろ』なんつって。

(サンキュータツオ)そんな食わねーんだよ。そうそう。たしかに。

(マキタスポーツ)1本食ったらみんな十分なんだよ。ところが、必要以上にウィンナー買ってきて。ほんでもう、なんかわかんないけど湘南乃風とか聞いて。なんか、テンション無理くり上げてるみたいな気分になってんだけど。普段、湘南乃風聞かねーだろ、そんなに。

(サンキュータツオ)(笑)。まあ、いいじゃん。非日常でいいんじゃないの?

(マキタスポーツ)で、いや、いいんです。途中まではいいんですけど、途中でバテるんですよ。おかしいから。だから最初に管理した方がいいってことでやってみたところですよ・・・

(サンキュータツオ)いや、でもそれマキタさん、座長としてそんなに管理したら萎縮しますよ。若手が。

(マキタスポーツ)いや、それが終わった後に後輩たちからもう、『いや、マキタさんの言うとおりです』と。

(サンキュータツオ)(笑)。マジで!?それ、言わざるを得ないよ。後輩は。

(マキタスポーツ)いや、本当だって。『本当にウィンナーがちょうどよく、まんべんなく行き渡って。ウィンナーがないっていう状態ってなかったです。マキタさん。ウィンナー、焼きそばが本当に勝ちそばになった瞬間を見ました!』っつって。俺、言ってもらったんだから。

(サンキュータツオ)(笑)。それで満足したって話?

(マキタスポーツ)満足ですよ!ものすごく俺は最近の中では、バーベキューって俺、ずーっと黒星続きだったけど。もう初めて初日が出た感じ。

(サンキュータツオ)初日(笑)。結構、やった!っていうバーベキューになったと。

(マキタスポーツ)そう。やったな!っていう感じだったね。

(サンキュータツオ)なるほど。鹿島さん、やっぱりバーベキューっていうイメージないですよね。

(プチ鹿島)いや、でも行く時は行く。

(サンキュータツオ)(笑)。虫歯もね、なる時はなるもんね。

(プチ鹿島)虫歯も、なる時はなる。行く時は行くよ。楽しいですから。

(サンキュータツオ)(笑)

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました